メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |三年たったか・・・s tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
fc2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

三年たったか・・・s



 早朝と言えるほど早くはない頃、店を出る。世田谷の方に向かって走る。途中吉祥寺を通過する。

 そこから、井の頭公園に連なる好きな道に入っていく。

 武蔵野市と、杉並区と三鷹市と世田谷区の境界当たり、実は十数年前、自転車屋だけでなく、店主ができることかき集めて生きていた頃、この辺の農家に大変お世話になったことがあった。

 吉田農園、あの農園長さんは仏さんのような人だったな。もっと長生きしてくれていたら、店主らが企画するイベントには必ず農を絡めてできたはずだ・・・と思うと、その喪失感を直視することはできない、惜しいひたすら惜しい。

 牟礼を超えるとすぐに烏山だ。

 三年前鬼籍に入った、恩師の家につく。

243162933_4495950760484057_1333898129375438717_n_convert_20211012204404.jpg

 酒の好きな先生だった、緑川純米、店主好みの酒なんだが、生きていたら一体飲んでなんといってくれたか。

 そして、思考停止と思いつつも、切り花をもっていく。なんで花なんだ?と思いつつも、足が花屋の前で止まり、一束買ってしまう。

 確か昨年もここで購入したな、その時はかなりぞんざいな対応だったが、今年は丁寧だった、女性店員。

 玄関前において、両手を合わせ黙祷。

 いま店主の中には、ちょっとした資本論ブームが来ている・・・。もし先生がご存命だったら、読めるところから資本論やりませんか?なんていっていたかもしれない。

 勿論今度はちゃんとドイツ語やりますから・・・。もう全く叶わぬ夢だね。

 そのまま帰るか?と思いきや、自転車を南に向かって走らせる。杉並に住んでいた時代、多摩川に出る道で、よく通った道を走る。以前はT字で行き止まりだったが、そこが貫通されて、実に多摩川に行きやすくなっていた。

 245675071_4495950650484068_1820927193425006734_n_convert_20211012204438.jpg

 多摩川につく、一気に空が一気に広がる。登戸だ。個々から、多分そっちの方に向いて、深々と会釈する。

 恩師のちょうど一週間後が命日の、もう一人の恩師の家が多分この方向なのだ。そろそろ一年になるな、鬼海さん。

 「私の写真は、歩行のスピードにあっている」

 「退院されたら、今度は自転車のスピードでの写真は撮れませんか?」

 「イヤー、写真はね、歩行のスピードなんだよ・・・」でも、もしお元気度戻ってきたら、再度自転車のスピードでの写真をお願いしていただろうな。

 10月には店主の生まれた日がある、ついでに子狸の生まれた日もある。そこに二人の恩師の命日が覆いかぶさってきた。

 登戸のお参りを終えて、帰路につこうと、多摩川を遡上し始めると、雨が降ってきた。涙雨か?

 10月か、何と言う月なんだろう、死ぬには良き月なのか?
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tanukicycle.blog75.fc2.com/tb.php/4966-61a5c6b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター