メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |ピン折ってんじゃねーよ!!! tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
fc2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

ピン折ってんじゃねーよ!!!



 モトベカン、なんか何処かの旅館のような名前のフランスのフレームだそうです。こいつに・・・、

247315650_4520976191314847_3136764590416607298_n_convert_20211020182306_20211020184158df5.jpg

 77・78デュラエースが載っているようですね。

247360120_4520976374648162_2019954341752986988_n_convert_20211020182416_20211020184136123.jpg

 こいつは78デュラエースですね。そういう意味でちょっとモダンな鉄フレームとして機能しているわけでありますな。

247421807_4520976581314808_3198878136717470285_n_convert_20211020182540_20211020184144a5a.jpg

 デュラハブでマビックオープンプロか何かで組んでいるホイールを前後に添えて、その辺かなり堅実なスペックでありますね。

 243038862_4520976484648151_8718534118302189309_n_convert_20211020182133_20211020184121ab2.jpg

 しかも、Wレバーなんて旧態でやっている、確かこのWレバーも二世代くらい?三世代だっけ?前にもう消滅してしまっているものでありますね。

 247164115_4520976821314784_3244162452231883798_n_convert_20211020182234_2021102018415959f.jpg

 なので、ドロップハンドルにブレーキレバーだけですね、シフターはハンドル周りにはありません、当たり前ですな。

 で、このちょっとモダンなフランス製の鉄フレームですが、一体なんで来たの?

 ウーム・・・、

247409815_4520975131314953_557758218336485013_n_convert_20211020182522_20211020184142fe5.jpg

 シートピンがおかしい・・・、こちらはないということで、裏を見ると

247374174_4520975221314944_1686965330461200260_n_convert_20211020182431_20211020184137ea6.jpg

 しっかり入っているということは、シートピンが折れちまったとことだ・・・、めんどくせー・・・。これはもうこちらが焼き付いているから折れたんだとしたら、ちょっとやそっとの回しで外すのは相当大変・・・なんだろうな。

 247423963_4520975301314936_4370759477415574020_n_convert_20211020182602.jpg

 逆ねじ回して取る工具がある、そいつを入れるために、裏からネジに穴を開けるが小さい穴を開けるには、トルクの少ない、静かに回る工具でやらないと、手元が暴れてしまう・・・。まずはこの注射のようなドリルを立てる。

247484780_4520975394648260_7399829565938377557_n_convert_20211020182635_20211020184148256.jpg

 そしてドリルの径を少しずつ大きくしていく、中心がでてくれば、あとはこっちのも・・・。ところが途中で、その逆ネジかまして外す工具を入れるのが大変むずかしいということがわかり、作戦変更。どうも中心にドリルの歯が立ったのでこのまま6ミリのドリルを立てて、ネジそのものをほじって撤去してやろうという作戦を取ることに。

 247192562_4520975694648230_2003427694133230350_n_convert_20211020182249.jpg

 6ミリ貫通成功!いやー実に長い、神経戦であった・・・。

 そして、その裏では、この作戦変更に伴うスペーサーを作ることに。

247346672_4520975504648249_463700723266487112_n_convert_20211020182356_20211020184134d5b.jpg

 6ミリ径のネジを旋盤かけて、同じく6ミリのドリルで抉る。すると当然頭を残して、一個のスペーサーが出来上がる。

247340221_4520975777981555_8241821861192929547_n_convert_20211020182343_2021102018413328d.jpg

 はい!できた、実に地味なパーツだね。でもこいつがないと、新形式のシートピンに強度が稼げないんじゃないか?な?

 246040620_4520975964648203_535817438228336838_n_convert_20211020182152_20211020184159f0a.jpg

 これが新形式のシートピンね、こいつをさっきほじった穴に貫通させて、締めるというやり方、その際に、穴埋めしないと締め付け強度がでないでしょうな。

 247382100_4520975871314879_5181472197349330826_n_convert_20211020182449_20211020184139dc8.jpg

 こうやって、スペーサーを入れることで「面」でサイドを捉えることができる分強度が出るでしょうということね。

 247137783_4520976911314775_2533542117263690101_n_convert_20211020182218_202110201841581cc.jpg

 これにて完了、この形式ならそれなりのトルクはかけられるでしょう・・・。

 247335390_4520976734648126_5722705887878428680_n_convert_20211020182327_202110201841593e9.jpg

 栗まんじゅうのように使い込まれた革サドル・・・、お陰でこいつの固定ができるようになりました。

 こんな小さなパーツというか、箇所を損傷するだけで、快適に乗れなくなるんですね。たしかに、虫ゴム一本めくれるだけで、タイヤの空気が抜け走行ができなくなる・・・、小さいなパーツにも五分の魂だ。

 247470855_4520977147981418_6415975693526819495_n_convert_20211020182617_202110201841460b1.jpg

 ホレ!完成じゃ!もうシートピン折るんじゃないよ・・・。まあ、降りたくて折ったわけじゃあないだろうが・・・。
 
 実に地味なんだが、神経使う施工なんだぜい!
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tanukicycle.blog75.fc2.com/tb.php/4974-1e8f543a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター