メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |やればできたのに・・・後は持久力だったのかぁ・・・ tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
fc2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

やればできたのに・・・後は持久力だったのかぁ・・・



 ブリジストンといえば、真面目でいい車体を作るんだが、花のない自転車ばかり・・・という印象が強いです。

 レーサーでもいい自転車作ると思います、ネオコットなんて最高なんだがなあ・・・、でもある意味工業製品の域をでない、工芸までいかなくても、イタリア〜ンまでいかなくても、もう少しどうにかなるはずなのに・・・あと一つ・・・二つくらいかな?惜しいという自転車を作っているような印象が強い。

 こいつもブリジストンだぞ・・・。

 247952947_4542017645877368_5566670793474550610_n_convert_20211027150905.jpg
 
 シッタ?聞いたことないなあ・・・何だ君は?というところなんだがこいつはちょっと、ブリジストンにしては変わり種だね。

249338388_4542017969210669_5238085482721655977_n_convert_20211027150935.jpg

 シーステーが曲線になっている、ちょっとおしゃれかもなあ。

 それだけではない、ここもまたちょっと面白い・・・

249649010_4542017742544025_7257824007399106646_n_convert_20211027151011.jpg

 トップチューブがちょいと上向き、真っ直ぐではないのね、こういうところもまた洒落ているね。パーツを見るとまた、

249604367_4542016582544141_3780043875714801477_n_convert_20211027150959.jpg

 24インチとか、これまた相当冒険したホイールがついている。22もそうだが、なんとも現状では箸にも棒にも引っかからないような印象だが、こうしたある種中途半端なホイールにこそ、次世代というか新しい自転車の萌芽なんてもんがあるんじゃないのかな?

 そして、この持ち主の方自身が自分で相当いじっていそうだ、結構気に入っているんじゃないのかな?人物的にはクールなため、猫可愛がりではないが。

 249988478_4542017855877347_1590862650478179693_n_convert_20211027151037.jpg

 これ地味だが、ブルックスでしょ?ある意味金かけたよね、それに合わせたのかピラーもニットウもの使っているしね。

 247727335_4542016835877449_6275620154655661206_n_convert_20211027150854.jpg

ハンドルもまたちょっと変わったもの付けているね、これもニットウだ、セミドロというほどワイルドではないが。

250234627_4542016949210771_764767367233354886_n_convert_20211027151104.jpg

 多分だが、このバーコンのシフターも自分でやった感じだね。これはフリクションだから装着は簡単だが、操作がちょっと難しいね。

 249450190_4542017442544055_8601225386828972754_n_convert_20211027150948.jpg

 こんな荷台も自分で付けている、あちこち結構工夫ありだな。それで、なんでもってきたか?というと、ちょっとしたパーツ類の交換ということだった。

 249837414_4542017215877411_7556817263405367792_n_convert_20211027151025.jpg

 すべてここに集約できるね。まずはリアディレーラー、マウンテンもんだが、今のロードコンポと比べルト、かつてのロードもんに近いとさえいえるね。

 247190093_4542017305877402_897974829161446107_n_convert_20211027150830.jpg

 後はスプロケを十速ものに交換、当然チェーンもね、理由はわからない。バリバリ地球の裏まで走り抜くようなタイプではない、クールな印象だね。

 247663010_4542017112544088_1125211479311293131_n_convert_20211027150842.jpg

 スギノかな?これなんかも自分で交換したか・・・どうだか知らないが、まあ徐々に徐々に自分色に染めていっているという感じ、順調順調!

250044491_4542016352544164_6264931137499666805_n_convert_20211027151050.jpg

 散々想像させてしまったかもしれないが、こいつが全体像なわけです。ネ、どこかなんかありそうな車体でしょ?形もシンプルで去ることながら、パーツマニアからしても、色々奇抜なことができそうな基体として、面白そうな車体だよね。

 自転車知らなくても、自分のものに拘りたいという人なら、これにしよう!と思うような一台だと思うんだが・・・、たぶん今は作っていないんじゃないかな?

 やればできるじゃない!とブリジストンを励ましたいね。まあ、バカ売れはしないだろうが、ブランドイメージは確実に変わるんじゃないかな?メーカー内ブランド作ってもいいんでないの?とすら思えますね・・・。アンカーしかないか?

 大企業からすれば、こんなのは冒険なのかしら?かつての自転車需要というのはもっと豊かだったのかもしれないなあ・・・。多少失敗はあっても明るくやっていこうぜ!という勢いのある時代だったのかもしれないね。

 今は失敗できないの?どうなんだろうなあ・・・、なんかやらかしているなあ・・・というイメージを持つほうが、実用自転車だけを作るメーカーじゃないんだから、ずっといいと思うんだが・・・小さくまとまるなよー!
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tanukicycle.blog75.fc2.com/tb.php/4981-e8e128ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター