メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |特殊系ヘッドのガタが来たよ その1 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
fc2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

特殊系ヘッドのガタが来たよ その1



 お!またキャノンデールだ・・・しかもお得意の特殊規格っぽいな。ヘッドチューブはもう1.5インチもん、元々こいつも相当古いんで、そういう意味で規格の先取りをやっているということは言えそうですね。今の段階で、こいつの代替パーツは作っていないだろうな。

 このヘッドにガタが出たと。サスフォークをリジッドに切り替えてブレーキ踏むから余計ガタが広がってきたらしい。

300781505_5452031118209345_4789379199555601490_n_convert_20220823192055.jpg

 このヘッドチューブの下に、蛇腹が見えますね、そう、ここがオリジナルのサスペンションフォークなんです、油圧ではない、空気圧でやるやつね。

 300756759_5452031264875997_2356499394993546034_n_convert_20220823192130.jpg

 ハイ、これがわかりやすいですね、この蛇腹が上下に動く。それをヘッドパーツの上に付いているレバーでリジッドと切り替えが可能になります。

 299836375_5452031414875982_8123060549607434427_n_convert_20220823192148.jpg

 その下に行くと、ディスクブレーキがついています、油圧ものね、なので効きますから急ブレーキかけたときのヘッドパーツにかかる力が半端ないだろう・・・と思われますね。

 まずこれをどう外すか?

 300370737_5452031558209301_5695061543188916151_n_convert_20220823192207.jpg

 普通のフォークと構造が違うので、外せるものから外して、そして観察して考えるしかないね。

 300070914_5452031874875936_5306936359475229659_n_convert_20220823192227.jpg

 このキャップが取れると、ハンドルステムが外れます。その飛び出たコラムを上から叩くと、

299988543_5452032041542586_5579883917686658841_n_convert_20220823192245.jpg

 フォークが抜けたんだが、他にはない構造ということがわかった。通常ならアンカーボルトなどを使って、そこを締め上げることでフォーク全体を引き上げてガタをとる形式が取られているんだが、このフォークにはその引き上げの構造がない
。ではどうやってガタを取るのか?

 それは謎なんであります。玉押しの受けがしっかりしている、シールドベアリングが奥深くそこに収まる、装着時に、しっかり落とし込む、そしてステムのボルトを締めることで、落ち着く・・・というのかね?

 ただ、長年この手をいじっていると、それだけではどうしても足りないだろうという予感はあり。ネジ、ボルトというもので、機会的に固定しないと少しの緩みが取れないだろうという疑いは払えない。

 というところから、再度どうやってガタを取っているんだろう?と思ってみたんだが、その機構が見つからない。確かにコラムの精度は異様に高い、コラム自体がコンマ単位で太さが決まっている削り出しの構造をしている。もしかして、この精度がかつての型取りなどの精度を保証しているのかもしれない・・・と思えるようになってきた。

 ということで、一旦ばらしたコラムを再度装着する方向で施工する。

299386382_5452032694875854_3555365814163117963_n_convert_20220823192412.jpg

 しっかり差し込んでステムを入れて、前ブレーキをかけてガタの調子を見ると、やはりガタが出る。その原因は?

 300378669_5452032788209178_1199765153851455756_n_convert_20220823192432.jpg

 どうもこのヘッドパーツのズレだね。ガクガクしているハンドルもって車体を前後すると、ヘッドパーツ周りを中心ガクガクする。そうなると小手先の施工ではなんともならないね。

 299799240_5452032384875885_6520288942037311310_n_convert_20220823192332.jpg

 となると、ここに入るであろう新しいヘッドパーツを探すことになる、これなんかいいかもね。1.5インチの内径オーバサイズのヘッドパーツというのがある、これならヘッドチューブに適合して、なおかつオーバーサイズのフォークを挟むことができるということね。

 299483080_5452032544875869_8251500575416697362_n_convert_20220823192350.jpg

 これは入るし、多少の加工もいるかもしれないが、ヘッドチューブ内に入るシロが厚ければ厚いほど、フォークコラムをつかむ精度は上がるという意味でいいとこだらけだ。

 ということは!今回の施工というか、調査はこれにて終了。次回は、1.5インチの上下のヘッドパーツを仕入れて、その玉押し等を次のサスペンションフォークに装着すればいいんではない?ということで、次のパーツが入るまで一旦中止。

 入り次第、大転換が始まる・・・でしょう、多分。この車体も長年面倒見ているんで、こちらも意地になっても街道に戻してやる、規格外?上等じゃねーか!

 というわけで、次の第二弾は変態パーツが入荷してから、ということで!
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tanukicycle.blog75.fc2.com/tb.php/5299-9d1d9c27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター