メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |普通ありえないツーリング車・・・だね tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
fc2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

普通ありえないツーリング車・・・だね



 まあ、そんじょそこらでは絶対に走っていない、ツーリング車がやって来た。ある種の名物おじさまの作なんだが・・・、その輪に輪がかかった感じがまたすごい。

 317797859_5749125388499915_8023364974756984189_n_convert_20221205224823.jpg

 26インチの、完組みホイール。シマノものなんだが、ハブは優秀、そしてデザインも斬新だったと思うが、このスポークとスポークの間の空いたホイールは、調整が大変なのね。リムが頑丈なので、こういう組み方も可能なんだろうが、一度狂うとまあ調整が大変だ。

 わざわざそんなものを選ぶ、しかもご自分で組み直したとか・・・よくやるわな・・・。ツーリング車なので、泥除けも付いている。

 318095073_5749126055166515_7348782351833680083_n_convert_20221205224853.jpg

 リアも同じ形式なんだが、このフレ取り依頼でやってきた。折れたスポークも、同種の別ホイールから外して流用、よほどお気に入りなのね。

 318601117_5749124925166628_158414847181163933_n_convert_20221205224756.jpg

 そして一番の驚きがこれ・・・。ただのドロップハンドルではない・・・、シフターをよーくご覧あれ、オオ!と思うわず声を上げた人は5人ぐらいいるんじゃないか?

 318110797_5749125115166609_4501764562554475335_n_convert_20221205224809.jpg

 そう、10速時代のカンパエルゴパワーをシフター兼ブレーキレバーとして選択しているということ。そしてこれでもしかして?と訝っている人がいれば、あなたも同類ね・・・。

317999925_5749125861833201_497986011144030251_n_convert_20221205225033.jpg

 やっぱり・・・と当たっていた方、あなた同類です。そう、シマノのXTRのリアディレーラーを仕様、シマニョーロでやっているわけです。

 このリアディレーラーって、ロートップという通常のものとは逆の動きをするんですね。それでも使っている・・・。確かに引きシロの間隔は動きは逆であっても同じなんで・・・冷静に考えればそうだと分かるんだが、実際に実行に移すとなると・・・まあよくやりましたねえ。

 何言っているかわからない人もいるかと思いますが、シマノとカンパの間の互換性はほぼ皆無、それをわざわざ取り付けようというんですから、曲者に決まっています・・・。

 ある種店主も同じことしているんですが・・・。

 この調整も結構癖があって、ハンガーの角度を変えてみたり、ワイヤーの固定位置をずらしたりと・・・やれることすべてやって、やっとできる・・・というのがこれなんですね。小細工パーツを取り付けてやり抜けるという手もあるんだが、何もそれらを使わずにやるというのがちょっと醍醐味・・・手間はかかるが・・・。

 317996046_5749126271833160_4717900733201981327_n_convert_20221205225008.jpg

 フロントブレーキが、これまた調整しにくいギロチン系のカンチブレーキ。シューの向き・・・、これも経験のある方の判断なので、このままに。

 317883550_5749126401833147_6442833654233175757_n_convert_20221205224911.jpg

 リアブレーキがXTRのVブレーキ。これに馬蹄が付いている・・・。その理由は、

317994711_5749125518499902_4762767849406335326_n_convert_20221205224838.jpg

 一見細いが、アルミフレームなんですね。アルミだとたわむので、馬蹄を使って強度を上げる、ということなんです。

317844759_5749125721833215_8667162160104739571_n_convert_20221205224932.jpg

 何か余っていたクランク・・・という感じがしますね、あるから使おう・・・。まあ、今までいじった数十台の自転車とパーツがありそうなんで、こういうパーツも唸っているのかも知れませんね。その中から、一番バランスのいいものを選んだのが、これだったのかな?

 317615415_5749124705166650_2114636476659675291_n_convert_20221205224950.jpg

 また、市販では絶対に登場しないある種変態スペックとも言えますね。何かあっても自分で対応できるんなら、これでもいいんです。

 乗り手としても、いじり手としても、自分でなんとかできる・・・というのであれば、こんな自転車も登場することができる・・・。そういう「手」が生じ得る条件と環境を守ること、作ることも、当店の有り様と深く関係があることなんでありしょうな。

 まだまだやるべきことはありそうです・・・。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tanukicycle.blog75.fc2.com/tb.php/5406-3381a4ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター