メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |ロードブレーキ台座のためのシャフト加工 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
fc2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

ロードブレーキ台座のためのシャフト加工



 こういうアダプターがあるんですね、ピスト車体は基本ブレーキ取り付けませんので、街道仕様にしようとするとブレーキを取り付けなければならなくなります。

 その際フォークに穴あけ加工する・・・というのが基本ですが、ピスト車体のクラウンには曲者があったりしますので、穴あけ不可なんてことも起こりえます。

 そうなると、ヨシガイがやっている、フォークに台座を取り付けてそこにキャリパーを取り付けるというのをやることになります。

 それにプラスするところの、第三の選択として、コイツがあるんですね。フォークのコラムの中に、この臼を突っ込んでズラして固定するというやり方ね。

 ちょっとコイツには緩みという欠点がありますので、強くはおすすめしませんが・・・。これに付いていたカンパのブレーキなんですが、コイツをシマノに交換したいという。

 322404146_535608328594485_8333854337391197299_n_convert_20221228175436.jpg

 これね、コイツを取り付けたいので移植してほしい、ということになった。なぜシマノか?というと、ブレーキキャリパー自身に解除の形式が付いているから、ということなんですね。

 なるほど、カンパはブレーキレバーを緩ませることでキャリパーを開くんだが、ブレーキレバーを緩ませられない種類のものだとキャリパー自身の機能の中でを開くことができない・・・。なので、シマノに交換したい・・・とね、なるほど。

 ただし加工が入ります。

322486864_876063316915455_1216751266910976155_n_convert_20221228175452.jpg

 このフロント用のシャフトはフォーク貫通用に長く出来てるので、この台座に取り付けるにはまずはネジ山を奥まで立てないといけません。

 322548079_527763872642571_6130520588990226725_n_convert_20221228175540.jpg

 そして取り付けたあと、最長のところでシャフトを切らないとフォークのコラムに入りません。なぜ最長できるのか?というと、もし元の利用法=ロードフォークコラムへの装着、に戻したい時のことを考えてであります。

 322386242_686035253188408_4831616023974641369_n_convert_20221228175556.jpg

 ハイ、切り取りまして完了。ではコラムに戻しましょうか。

322704413_552153406546606_4005096410414575756_n_convert_20221228175627.jpg

 取り付けは、ホイールタイヤ類への干渉ないように、取り付け、増し締めしていきます。緩むと外れる。ブレーキが外れるなんて洒落になりませんからな。

 322568907_1206151210109049_8864685337015065862_n_convert_20221228175645.jpg

 リアの台座へもシマノ取り付けしていきます。これもデリケートですね、店主も自作でやったことがりますが、コイツはなかなか微妙ですわ。タイヤをこれ以上太くすることはできないでしょうな。

 322397227_732973658449856_9101687896599319745_n_convert_20221228175724.jpg

 この前後のブレーキキャリパーをこのブレーキレバー一本でひくことになります。上下ワイヤーで引きシロが異なってきます。

 前後どちらを先にどう効かせるか?なんてことに凝り始めたら、このブレーキレバーの調整は非常に難しいでしょうな。やってみないとわからないと思います。

 322702801_698463555061868_4712884231904179955_n_convert_20221228175611.jpg

 黒銀のおしゃれ系チェーンを張って、完成です。これにてようやくの完成・・・。

320744545_5679996632097989_6527310912677644015_n_convert_20221228175704.jpg

 NJSのパナソニックのクロモリフレームに、クラシカルなシルバーホイール前後履かせて、ブルホーンバーに癖ありブレーキ・・・。かれこれ15年以上前のブームの際によく走っていたであろう車体の完成ということになります。

 どうでしょう、今見ても、シンプルでかっこいいでしょ?

 なーんてな、それだけ自転車に関する選択肢場増えた・・・ということなんでありましょうな。ブームはこなくていいが、この手の自転車の愛好者はもっといてもいいかとも思う、硬派軟派織り交ぜて・・・。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tanukicycle.blog75.fc2.com/tb.php/5429-44354981
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター