メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |耳付きタイヤをはく実用車中の実用車 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
fc2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

耳付きタイヤをはく実用車中の実用車



 かつて築地を走っていたような実用車中の実用車なんだが、タイヤ交換して欲しいということで持ってこられた。

 346289906_179333134694437_3770282355395451788_n_convert_20230511231011.jpg
 
 ブレーキをワイヤーでひく形式ではなくて、鉄の棒(ロット)で引く形式のものだ。店主の子供お頃の実用系の自転車は大抵これだった。勿論子供自転車もね。

 で、この実用車のホイールは独特で、今日の実用車のホイールで代替できない。まずリムの形そのものや、形式が違うんでね。そしてブレーキの形式も共通ではありません。なのでタイヤも代替できない。

 このホイールにあった、特別なタイヤを取り付けないといけなくなる。当然在庫していないので、取り寄せることになる。

 346447180_618215157015879_2676864084687036389_n_convert_20230511231043.jpg

 こんな形でやってくる。あれ?と思う読者もいよう。通常の実用車のタイヤをこのように折り曲げることはできない。スポーツ自転車のタイヤでは、ビードがケブラーのものだとこうした折りたたみができるんだが、通常の実用車のタイヤは硬いワイヤーが入っているので、このように折り曲げることはできない。

 この実用車中の実用車のものはそれができるのだ。では解いてみよう。

 346275786_597682428976485_562906651812608311_n_convert_20230511230954.jpg

 こんな形になる。何やら通常のタイヤより幅が広いと思われるだろう。これは俗にいう耳付きタイヤというものなのだ。その耳に当たるものが通常のタイヤ外側に一周付いている。

 なんでそんなものが必要か?というと、リムテープを使用しないからということなのだ。

 346305234_251502687397005_5410209297548870910_n_convert_20230511231100.jpg

 この耳の一部が両サイド切り取られている。これは、そこにチューブのバルブを通すためなのだ。

 346280614_3527333700813668_244224907548958413_n_convert_20230511231026.jpg

 こんな感じでスリットができるがここにチューブのバルブが通るということね、つまりこのタイヤ一本でその内部にチューブを抱き込む事ができる形式になっているということなのだ。なのでリムテープでカバーする必要もないということね。

 なので、耳付きの内部に一周ビードに当たる縁が存在するのだ。
 
346274721_766109201791622_4574912105360190397_n_convert_20230511230937.jpg

 なので、通常のタイヤ交換の感覚で取り付けることはできない。チューブを内部に丸め込むように包んで、それが解けないように気をつけながら、タイヤの縁をホイールのエッジの中に押し込んでいく。慣れないとちょいとやりにくいが・・・ね。

 ただ、しょっちゅうやっていないので、忘れた頃にタイヤ交換が来る、まあ今となっては手が覚えているが・・・、当初は大変だったわ。

 345934924_570029771939345_7106688826835141609_n_convert_20230511230907.jpg

 なんとか付いたぞ!

 346271499_952368045964204_6567927082799577651_n_convert_20230511230851.jpg

 外からだと全くそんなことはわからないがね。

 345928275_1670346180068026_1476882990626824756_n_convert_20230511230835.jpg

 今回は前タイヤの損傷だけだったが、ついでに後ろも変えてくれ、ということで前後そろって新品ということになった。

 346078859_972139403803187_7810685800638467169_n_convert_20230511230817.jpg

 この車体は働く自転車だ。どういう働きをするか?というと、画伯のロケハンと道具の運搬だね。

 エエ画伯?

 ハイ、そう画伯です!当店周りにおはす、画伯・・・、

346273354_3579363405678219_714732082563613437_n.jpg

 この方であります、当ブログでも何度も出現された木村画伯であります。一年に二度ほど個展をヤリますか、当店近くで秋頃にヤリますが、マア見事絵を描かれます。

 この方の絵には額縁が邪魔になるほど、自然な絵なんです。

 そして何より、この木村画伯は人生を慈しんでおられます、その真意がすべて絵に出ている・・・。そういう方なのであります。

 秋にまた個展をやる際には、当ブログにてお知らせいたしますので、ぜひご用途お急ぎでない方は、一度ご覧になってください。

 そして、こういう、この異形でもある画伯ですが、頭をご覧あれ。ターバン?かと思ったら、

346085958_913344069954978_2302865487342599145_n_convert_20230511230752.jpg

 なんと自転車のヘルメットに布を巻いていかにも画伯風にしてるではありませんか・・・お見逸れいたしましたわね。

 これで分かるわけです、この方がどんなお方であるか、ということがね!
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tanukicycle.blog75.fc2.com/tb.php/5567-6e1a459b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター