メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |ケイタリング やるほどに集積す! tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
fc2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

ケイタリング やるほどに集積す!



 ピットインというと、店主が非常に若い時出入りしていた、新宿のジャズライブハウスなんであります。

 当時は紀伊国屋の裏にあったんですが、移転したと・・・。

 どこに?というと

347564282_253997913959533_3477511380180168920_n_convert_20230519005334.jpg

 新宿三丁目の新宿末広亭の近くに移転していたんです・・・と言ってもだいぶ前のことなんでしょうな。

 ジャズライブハウスの老舗中の老舗になんで?というと、雌狸の大親友の結構披露宴がそこで行われたからであります。

 そして、そこでの食担ということで、店主がなぜか選ばれた・・・、光栄なことであります。

 ただ・・・、普段現場で作って現場で提供するという形式とは違って、いわゆるケイタリングという持ち込み形式となると、マア、色々と勝手が違ってくるんであります。

 まず、作ったものを梱包しなければならない、容器を用意しないと!こぼれないように、そして気候的に腐敗しないように・・・。そして運んだ先で、持ち込んだ器に配置するんだが、場所は勿論限られている。冷めたものはどうやって温めるか?どういう配置が最も適切か?など、普段とは全く異なる配慮をしないといけなくなる、そこが最も大変なことだ。

 347548687_1041043153924589_1227234162526582416_n_convert_20230519005320.jpg

 到着すると、スガダイローさんとい、ほぼ若手ナンバーワンクラスのジャズピアニストがリハーサル中でありました。

 いろいろ試し弾きをしていたなかで、大分長い時間を割いてバッハを弾いていたのが印象的でした。しかし、すごい人を披露宴に呼んだもんだ。

 さて、一部を紹介しましょう。

347560249_945394989918568_7136236489161237124_n_convert_20230519005522.jpg

 鳥の胸肉の冷菜 淡い鶏出汁のソースにクコの実

347447362_260831899761341_3842190964438742691_n_convert_20230519005507.jpg

 口水鶏という料理で、俗にいう「よだれ鶏」というこれも冷菜ですね。

347553216_1243432633226778_4918488738545276625_n_convert_20230519005451.jpg

 トンタンの冷菜。その大親友の相手になる新郎さんがフランス人ということで、大量のバケット・チーズ類を持ち込むというので、こちらは洋風で、オリーブオイルとレモンと塩で食べられるようにしました。

347784809_628219832542447_893190949556242045_n_convert_20230519005436.jpg

 これはリクエストされたローストビーフと言うやつで、まあ切り出すと即無くなるという状態。最初はきれいに並べていたんですが、後半になると、ドカッと継ぎ足し状態・・・。

 347263018_269729175497835_6160055637287929326_n_convert_20230519005404.jpg

 豚の皮と胡瓜セロリの和物。最初は何だ?と恐る恐る少量盛っていっては、二度にはドカンと取りに来る人がいましたね。

 347447319_1329876017558144_1134979802695305194_n_convert_20230519005350.jpg

 辛めを抑えた麻婆豆腐、これについてはタッパーで持っていったはいいが、温める鍋類を忘れ、ピットインさんからお借りしたという・・・。出張にはこういうことも起こる・・・。

 347439191_252945800559432_6652439658581761311_n_convert_20230519005419.jpg

 角切りタンを入れた、チリビーンズ。そう、これらに合わせてご飯を一升二号持っていったんだが、まあ飲む人多いから、残るだろうな・・・と思ったら、早々になくなりましたね。

 その他数種類持ち込みましたが、ありがたいことにほぼ売り切れ状態で、帰りの荷物は大分楽になりました。

 しかし、事前の説明や、段取りなど、実際始まると思うようにはいかないというのは常なることで、そうした事態にも臨機応変に対応できることが、こういう場合必要でありますな。

 あと、口頭で料理の説明もいいんですが、人が殺到するとそうもいかなくなるので、各皿には簡単な説明か何かのカードを置いてもいいかもね、なんて。

 また、今回ライブなどもあって、店内の照明の明暗がだいぶ時間によって異なったんだが。それによって、料理の見え方は全く変わってくるということ。

 そういうことも兼ねて、照明の準備は今後必要かも・・・。すべてが明るい下で行われるとは限らない。最低でも懐中電灯なんかを持っていくというのもありだな。

 そして、メニューも一皿に五品置いても互いに味の混ざらないようなものの考案なんていうことも重要ですね。せっかく異なる料理を用意しても、敷居のない食器ですとそれらが混ざってしまうというのは、作り手としては残念なことなんでね。

 そしてこれもまた次への課題だね。つまりパフォーマンスということね。できたものをセルフで持っていってもらうだけではなく、こちらが最後の仕上げなどを目の前でやって、バーナーなどで炙って、ハイどうぞ!なんてことができたら、それはまたそれで躍動感があって楽しいだろうなあ、とも感じました。

 347642093_192485180372932_4674097348513263528_n_convert_20230519005306.jpg

 当日は、前掛けの作業着で、とても結構式に参加したなんて実感なく、完全スタッフ状態、おめでとう!の一言もかけられず、祝の言葉も一切無しで、行って仕掛けて片付けて撤収!というところだったが、改めておめでとう!だね。

 ちょいと普通に育ってきた子たちからすると、かなり多くの涙を流してきた子だっただけに、幸多かれと祈る。

 多くの涙の果に射止めた相手がフランス人のルイ君だって、何だ今度のルイは嬉し泣きの涙(ルイ)とならんことを!
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tanukicycle.blog75.fc2.com/tb.php/5575-9c111fe6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター