メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |通販で購入した自転車屋の点検やるよ ターンだって! tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
fc2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

通販で購入した自転車屋の点検やるよ ターンだって!



 前、コイツをテルンと呼んだら、ターンだというご指摘を受けたことがあった。ハイ、なのでターンでありましょう。ダホンを入れている、アキボウさんが扱っているもので、基本真面目に作られている小径車と言えますね。

 ただダホンとターンの関係はよくわからない。もしかしてブランド内ブランド?それともトヨタとレクサスの関係?わかりませんな。

 で、この小径車をな!なんと!通販で購入したという人が現れた!!!!

 と、わざとらしく驚いてみる。ある意味「命」を乗っける自転車を7部組とは言え、通販なんかで購入するんじゃないよ!という小言はもうすでに10年以上前から上がっているんだが・・・。

 そんな小言などどこ吹く風で、この10年来、自転車だけでない、物の購入はネットから通販を通じて・・・という主流は堂々と、その幅を広げてくるのであります。

 今更自転車を通販で購入するなんてかつての「非常識」を嘆く余地などございません、なんともそんな世事に対応して行くこと・・・、別に強制でもなんでもないんで、相変わらずヤリたくない店舗はシカトしていればいいわけですがね。

 とは言え、アリャリャという自転車も正直多くなりましたがね。ハンドルが逆に付いているなんて、見るようになりましたね。クイックレバーの意味を介していないなんていうのはもう当たり前。シフトの不良もほぼデフォルトでしょうな。

 そんな新車を恐る恐る持ってきては、防犯登録だけ済ませたい・・・という人も増えた。でもマア、その際、おせっかいながらもちょっとした点検はやることに。

 工具を使うような展開になると、工賃もらうこともありだったりね。

 そもそも自転車売る気があまりない当店からすると、「当店で購入した自転車以外診ません」などという戯言は口が避けても言えませんし、言う気もない。そもそも、自転車メンテや改造は、新車などを売るよりも重要なこと・・・と密かに思っているんでね。

 ということで、これはギター侍君(仮名)が奥さんと兼用にということで、通販で購入し、マニュアルみながら組み上げたんだが、なんとも微妙な音鳴りだらけなんで、こちらに診てもらいたいということで持ってきたわけだ。

 マア、シフト、駆動周りはやはりちゃんと調整しそれを動かさないで、運搬するというのは大変なようだ。そして、自転車は一部生き物のようなところがある、これはある意味機械一般にもいえることかもしれないが、機嫌の良し悪しとでしか言いようのない状態になることもある。

 そうなると直すんじゃなくて、なだめるに近い様な事をすることになる・・・うまく説明できないが。

 なので、最後のちょっとしたことで機嫌を直して、その後数カ月間は機嫌よくルンルン走ってくれ!という願かけみたいな心境になることもある。

 その最後のひとつまみ、一捻りが大切なのだ。でもマア、そんなものがなくても、なんとか乗れてしまうというところもいかにも自転車なんだがね。

 そういうことで、アチコチの音鳴りの点検と、組み間違い直しなどをして、安心して乗れるようにしてやる。

 352213356_921277982315887_639219165375911545_n_convert_20230608192357.jpg

 形状が複雑なんで、一体どこのディレーラーか?と思ったら、シマノアセラだった・・・。こんなに手のこんだ形状にして、これって機能的な意味があるのかね?とは思うが、いつもエントリーモデルにも手抜きしないシマノの凄さだね。

 でもな、こんなところに開発費?などかけるんなら、それよりもロードレースのエントリーモデルの105のワイヤー版を復刻させるか、またはワイヤレス版の値段をグンと下げてほしいもんだね、まったく。この状況じゃもう若い子が競技としてのロードレースに立ち入れなくなるんじゃないのか?というのが心配なのだ。

 機材としての面白みはたいしてない車体なので、ちょっと折りたたんでみますか?

 352536645_224559680044049_5583147805346744638_n_convert_20230608192324.jpg

 まずはこのT字のハンドルを折りたたみます。そうこのハンドルのステム部分も緩めるとかなり稼働するようにできていますが。

 352566117_812439483808521_8932147066568721426_n_convert_20230608192229.jpg

 するとこういう状態になりますね。乗っている時こうなるんじゃないのか?という、恐怖心は店主にはあるんだが、まあこれは店主特有の妄想なんで、ほぼ杞憂に終わる事案でしょう。

 そして、このターンのトップチューブにはなんと二箇所のジョイントがあるんです。通常の折りたたみでは一箇所なんだが、このターンは二箇所ある。

 その一箇所をたたみましょう。

352289262_139655865745167_5104454007832955758_n_convert_20230608192506.jpg

 こうなりますね。この折れた第一関節の30センチほど手前にも第二関節が見えますね。これなんですが・・・、

352539727_6586437811388220_2402478306766821845_n_convert_20230608192342.jpg

 コイツを折って、立てるように置くと、

352231772_169885602518239_2005496680636371925_n_convert_20230608192440.jpg

 こんな感じで縮まるように見えますね。相当小さくなった。後は物干し竿をのような・・・

352561868_1016813929480821_2556526957105787341_n_convert_20230608192245.jpg

 このバカ長サドルですが、これも二つクランプがあって、まるで折りたたみ傘の柄のようにスルスルと一気に短くなる、コイツをシートチューブ内に収めると・・・

352752164_965569704757553_6798506636108158723_n_convert_20230608192046.jpg

 こうなります。しかも折りたたむと然るべき場所がカチン!となってしっかりくっつく。なんじゃこりゃ?と調べてみたら・・・

352242223_1257882435119335_3291666737230571859_n_convert_20230608192422.jpg

 こんなものが付いている、なんだと思います?

352230353_1054833579286191_3487593926925355989_n_convert_20230608192203.jpg

 これネオジウムという超強力磁石なんですね。なので、ジョイントを折りながら、然るべきところまで折りたたんでいくと、これらのネオジウムが作動して、パチッととくっつき、コンパクトにまとまるという形を取っています。アイデアですね。

 352556158_249374644463780_454918447670129425_n_convert_20230608192100.jpg

 Vブレーキが通常の位置とは逆の後ろに付いているなんて言うのも、こうした折りたたみのため便宜なんでしょうね。この車体もブロンプトンとまでは行きませんが、折りたたみながら使われることを大変意識した作りになっているということでしょうね。

 352623893_1227206521272524_5325804093855796742_n_convert_20230608192116.jpg

 サドル等のポジションなんかを見ても、かなりの身長差のある者どうしの間でも使用ができるでしょうね。

 このギター侍君も非常に身長が高い方で、奥さんとの身長差もそこそこある、その二人が共同で使うというんだが、可能でしょう。

 ちょっとこういう作り・・・どこか覚えておこう。もっと大きな身長差があっても一緒に使える自転車って一体なんだろうということなんだが、単純にいうと大人と子供が共同で使えるくらいのスペックなんてことも考えておかないとなあ・・・。これ独り言です。

 マア、こんな調子で今後共通販で自転車購入する人たちは増えこそすれ、減ることはないだろうね、このような案件も微増していくことでしょうな。ハイハイ、これも自転車普及の道なのかもしれませんので、なんとか対応していきましょう。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tanukicycle.blog75.fc2.com/tb.php/5598-db9a8820
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター