メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |色々あったピスト車だね tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
fc2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

色々あったピスト車だね

422867373_7166036120142161_6194784259396882085_n_convert_20240125211459.jpg

 もう今を去ること十数年前になるかな?浜田山のメキシコ系の店のオッサンから譲り受けたんじゃないか?と記憶していますが、どうでしたかね?

 ウノピスタと書かれています。こいつがあの訳あり・・・というか癖ありの110ミリエンドのピストでありますね。これは今でも競輪公認の規格だと思いますが、一般のピストフレームよりも10ミリエンドが狭いだけじゃあない、というところが癖ありなんですね。

 ホイールのシャフト幅が8ミリといういわゆる、輪切りにすると小判型のシャフトなんですね。なので、ホイールについては全く互換性がありません、前後ともに。

 なので、特殊加工が必要になるという意味で、癖ありピストフレームと言っているわけですが・・・。幅が狭い分空気抵抗も少ないだろうとか、小判型のシャフトがエンドのスリットにピッタリはいるので、シャフトの空回りがしないとか、それなりの利点はあると思いますが・・・ね。

 422797957_7166036270142146_7099512739238591697_n_convert_20240125211418.jpg

 今回前輪を盗まれたということで持ち込まれてきたんだが、癖あり車体なので、通常のフロントホイールのシャフトを一ミリ削るという加工をした・・・、数日前の記事にあるようにね。

422357732_7166036313475475_2983288141104266554_n_convert_20240125211239.jpg

 ここなんですが、フォークにしっかり収まっているので加工部分は見えませんが。

 422798268_7166036343475472_8346202569462684003_n_convert_20240125211426.jpg

 シングルフリーで走っているようですね。

422419988_7166035743475532_8682648508436453336_n_convert_20240125211401.jpg

 チェーン交換はご自分でなさるということなので、このままに・・・。交換したらオイルは頻繁に打ったほうがいいね、ピストって部品点数も少ないので、管理が楽。固定であろうがフリーであろうが、シングルであるので、誤魔化しが効かないところも潔い。

 なので、タイヤに空気を適切に入れる以外・・・、チェーンをきれいに保っていいオイルを差すということ意外、他にメンテする点がない・・・とすら言えるかも知れないね。

 なので、金かけるところは、まずタイヤ!チェーン!そしてチェーンに差すケミカル!という三点をちょいと贅沢してやれば、かなり機嫌良く走り続けるんじゃないか?というのがピスト車体なのであります。

 422402662_7166035696808870_3534695048611451293_n_convert_20240125211346.jpg

 フロントブレーキも台座で取り付けるくらいのガチピストフレームだね。

422444082_7166036190142154_8502879658729166796_n_convert_20240125211409.jpg

 板ブレーキにロングアーチものの後付ブレーキもガチピストの証拠。かつてはリアだけ蝶ネジ(手で着脱可能)でつけて、ワイヤー一本ヘナヘナのアルミ簡易レバーで街道練習していたもんだが・・・、今は昔だね。

 最近あまりすれ違わないが、今はしっかり選手も前後ブレーキつけて走っているんだろうね。

 422893943_7166035920142181_6789486730181655223_n_convert_20240125211511.jpg

 当時は、このようなピストにBMXのブレーキレバーを取り付けるのが何故か流行ったんだな、多分ニューヨーク辺りのメッセンジャーがやっていた発想を輸入したんだろうな。

 当時のヨシガイさんも、ハンドルの経の違いをものともしないスペーサーなんかも取り付けて、作っては売り切れ、作っては売り切れのなかで、とても忙しかったんじゃないか?と思います。

 あのブームは今思うと、輪界にちょっとした起爆剤を与えたかも知れないね。自転車本道から来るというよりも、傍らにあった別のセンスを持った人との間に生まれたブームだったよね。

 自転車一筋からではほぼ絶対に生まれてこないセンスであった、という意味では、やはり隣接の他分野とコラボというのがいかに閉塞状況を打破するために大切か?ということが分かる。

 さて次はどことのコラボかな?・・・店主の大の苦手な衣料系とのコラボなんて本格的に始まったら、これはすごいことになる・・・だろう。果たしてついていける業界人はどれだけいるんだろうか?しらんが・・・。

 店主は着物というか、新和装とのコラボなんて面白いかもなんて思ったりね・・・独り言。

 422817387_7166035980142175_7334565704657132917_n_convert_20240125211435.jpg

 ピストハンドルを使っていますね。バーテープは鱗状態になっていますが、これも自分で取り替えるでしょう。ハンドルは自転車の立て正面の顔なんで・・・例えば本皮のバーテープをまいてそれが使い込まれていい脂で茶色くピカピカだったりしたら、これはもう高級車にも間違えられます。

 そのくらい角度によっては存在感を表すのが、このバーテープというものだ。なので抜かりなく巻くように。

 422409484_7166035786808861_5315899486544877083_n_convert_20240125211353.jpg

 このサドルも手入れ・・・というよりも、雨ざらしにしないとかの基本を守れば、惨めにはならないでしょう。今更革サドル・・・、いや革バーテープとのコラボなら、高級車偽装でやっても面白いかもね。

 422156561_7166036070142166_2324389859206779663_n_convert_20240125211230.jpg

 こいつは・・・そうそう、今まで何度も盗難されながら、戻ってきている強運のピストでもある。杉並あたりで、夜な夜なご主人様を待っている時酔っ払いとかに拉致されたこと数度・・・。毎度もうダメだ・・・と思ってもヒョコッと戻ってくる・・・。そういう意味で牛のようなやつかも知れないね。

 こいつだって、もうちょいと銭と手間を掛けてやったら、ちょっとした高級車に株あげできるだろうなあ、と思う。そうなると盗難の危険も高まるが、危ないところに長時間停めなければ問題はない・・・。

 お互い生きていくだけで大変な時期で、これがいずれより良くなるとも、にわかに信じられないが、終わらない坂はない!という自転車の鉄則ってなもんで、それを願いつつ、動かすところ動かして、待つ!または呼び寄せる!だな。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://tanukicycle.blog75.fc2.com/tb.php/5838-4db5aa42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター