メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |よもやま話 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

旅立ちの時なんだが・・・今月から猫が変わるって・・・

000 DSC_0055_convert_20161119174527

 これは覚えておられる方は多いと思います、この圧倒的なTTバイクはね。

 昨年十一月に持ち込まれたときは、一体どうなることやら・・・と思いましたがね。これでタイムトライアルに出場するのではなくて、ロングトライアスロンに出たいという、ご要望。

 方や一時間前後で決まる競技、もう片方は十一時間にも及ぶ長丁場、その約半分はこいつに乗っていないといけないというね、全くもって似て非なる競技なんでありますがね。

 TT用の自転車をロングトライアスロン車にする・・・、そういう形式があるのではありません、あるのは一人の選手とそれに合わせた段階的な調整ということに尽きるんですが。

 このやたら低い備え付けのハンドル。その上に鎮座するDHバー。まあこれで走れるのせいぜい10分じゃない?

 ということで、ハンドル位置をもっと手前に、そしてより高くできないか?というね、そういうご希望なんだが、TT車というのは、形状が特殊で、その車体専用の特殊パーツが盛られている傾向が非常に高いんです。一般のロードなら、短いステムや幅の狭い好みのハンドルに交換することは、そう難しくはないが、TT車となるとその専用パーツのバリエーションを超えるものは基本付かない、と考えた方がいい、通常はね。

 ほんでもって、アチコチ外して、よくよく観察してみると、フォークを交換することで、ハンドル回りがなんとかなりそうだということがわかった。

 000 DSC_0155_convert_20161219182123

 そしてできたのが、これ。フォーク交換して、長く伸びたアルミコラムにスペーサーをこってり挟み込んで高さを出す、この高さに関してはこれでクリアできたわけだ。

 ところが、DHバー自体ををより手前にすることはできないか?というもう一つの課題は残ったんだな。

 ならイッソ、ハンドルそのもの、DHバーそのものも交換してしまえば、より近くのポジションにできる可能性も出てくる。

 そんなときに一人のお客さんによって紹介された、DHクローザーというパーツ。あとから知ったんだが、知り合いのベンチャー君が開発したというね、実にかゆいところに手の届くやつだったんだなあ。

 000 DSC_0248_convert_20170117171700

 高さを確保した次に、トップの長さも好みの手前に持ってこられた、ということ。これで、寝そべって本を読んでいるような楽なポジションが取れるようになりました。

 実際にこのDHクローザーを使って宮古島のロングトライアスロンを見事に完走した方がいた!なので、それをもって実績と呼んでもいいだろうね。
 
長丁場の際には、楽なポジションという選択をしないと、長続きしないでしょう。しかもそのあとフルマラソン走るんだぜ・・・、ロングトライアスロンは異常だわ・・・。

 そんなこんなが完成してから、これで再度厳密なポジション出しをして、ようやく六月にこぎ着けた。

 六月の中旬に、長崎県の五島列島で行われる大会に出場。十一時間台を切れないか?と狙っている・・・。フルタイムで働いていながら、尊敬するよね。すごいわ。

 みるたびに体ができてくるのがわかる、イヤー感服ものですわ。

 最後の調整をします。こいつにはスラムのEタップというのが付いていて、すべて電子制御・・・というの?

 ただ、完全ワイヤレス・・・というより厳密にはスイッチがワンペア多いので、ちょいとワイヤーがあるんだが・・・、基本ワイヤレス。

 なので、前後のディレーラーから、シフターまですべて独自の電源を持っています。シマノのように一個のバッテリー管理すればいいというのではないので、その分大変ですが、ワイヤレスの長所はまたあるんでしょうな。

 マニュアル読みながら0.25ミリの調整をして、ブレーキの当たりも見て、あとはヘッドのガタ取りかな・・・すべて終わって。

 DSC_0613_convert_20170605194833.jpg

 前後ホイールを外し、緩衝材を入れながら、専用トランクに収納。クロネコ呼んで、五島まで運んでもらうことに。

 当然安くはない自転車なんで、なんかあったときのために50万円の保険をかけた。

 そして長崎県から、さらに奥の五島まで運んでもらって、なんと四千円ちょっと・・・・。安すぎない?大丈夫ですか?

 そういえば五年くらい前に、やはり奄美まで自転車一台送ったら、2200円かだったよ。それも安すぎ・・・だよね。

 なんか心配になる安さ、本当大丈夫なんですか?と思ったら、対策はすでに取られているようだ。

 DSC_0614_convert_20170605194841.jpg

 紙を配られましてね。ヤマト便についてのサービス変更について・・・という。

 もうニュースにもなっているかもしれませんが、クロネコさん、この六月十九日をもって、サービス内容を大々的に変更するようですね。

DSC_0617_convert_20170605194905.jpg

 サイズによる値上げ、配達時間の変更などです。特に暮れ頃になると大変だよね、かつて仮店舗では担当の女の子が泣いていましたしね。再配達の苦労や、時間指定を無視されるなど・・・、過酷な労働条件の中で、末端の方々は大変だったんでしょうな。

 なので、こういうのも致し方ない・・・と思わなくもありません。

 ただ困ったことが・・・、

DSC_0615_convert_20170605194849.jpg


 今までヤマト便で自転車を送っていた店主ら業者としては、今後それでの配送ができなくなるみたいなんですね。三辺合計が200センチまで・・・とするなら、もう自転車はヤマト便のサービス外になってしまうということであります。

 これからどうすんだろう?

DSC_0616_convert_20170605194857.jpg

 どうもらくらく家財宅急便というカテゴリーに変わるようです。約値段は倍になりそうだわ。

 まあ、あまり車体自体を動かすような仕事はしていないので、差して深刻ではないかもしれませんが、こうしたことは今後の仕入れなどにゆっくり影響していくかもしれませんね。

 または、通販の業態なんかもやりにくくなるのかもしれません。そうなると、やはり自転車は通販でなく、フェイストゥーフェイス・・・なんてなっていくのかしら?

 とりあえず、六月十九日までは今まで通りなので、このトライアスロンバイクは九日までには五島列島に着くことになります。

 まあ自転車一台が、街道を走れるようになるというのも、一見して働きは見えないながらも、裏で小走りしながら、怒られながらものを運んでくれる方々がいるということなんでありましょうな、自転車は決して自転車屋だけの力でで走るわけではない。
 
 こう考えると、ネコさんやペリカンさんや、飛脚さん達の動きが尊く見えてきますね、デジタルがいかに発達しようと、実際にものを動かすのはアナログな筋肉や汗なんだよね、ある意味自転車と同じなのかもなあ。

 怪我なく、五島完走、祈っています!


累積読者五百万人突破! 今後の



 昨夜でありましたが、ちょこっとカウンターをのぞきますと・・・、こんな数字が並んでました。

 つーことは・・・?

 五分後に再度開けてみると・・・な、なんと!

DSC_0609_convert_20170530222522.jpg

 累積読者、五百万達成!ではないですか。書き始めて、約十年・・・、多くの皆様方に駄文ながら読んでいただき、本当にありがたく思います。改めまして、ありがとうございます。

 店として、ブログ以外の大した広報をしていないという意味では、本ブログはある意味では当店の生命線でもありますので、今後とも続けていく次第ではありますが、まだまだ精進せねばならないことは多々あるかと思います。

 写真・・・ですが、これはまあ、・・・いいかという感じですね。もう少し工夫すれば・・・という話もなくはないんですがね。ただ、一言写真研究には身が入らない・・・と申しましょうか。不得意なところは、仕方ない・・・でご勘弁かな?と思います。

 それよりも、もっと文体の研究なんていうのもありかと思いますね。書いている本人にマンネリ感がなくもない。ただし、今後とも断定は極力排する、懐疑論者の形式は残り続けると思います。これはこちらの書き手としての姿勢そのものだと思っていますんでね。

  オープンクエスチョンにしておく、ということです。

 あとは、ブログだけではない、展開もね。

 DSC_0612_convert_20170530222530.jpg

 これは先日作成しました、攻めの掲示板です。なんか気がつきましたか?

 DSC_0613_convert_20170530222541.jpg

 夜の掲示板の中に、点滅のライティングを施しました。街灯の下なんで、暗くはない、そのままでも読めるんですが、より目立つようにということです、さすが攻めの掲示板でしょ?

 ここも、内容張り替えなど頻繁に、通る方に向けて発信していこうと思っています。

 あとはここ二ヶ月以内に、長年の懸案であった、看板などが整うでしょう。ブログとは別のアナログでの広告活動も徐々にですが強めていくとね。

 他には・・・。環境を作っていく・・・という活動ともいいましょうかね。

 どうしても、思いがちなのは、個人がいて、その回りにいかんともしがたい環境がある、という見方。「今の時代は」とか「これからの社会は」という言い方に代表されるような概念ですかね。

 これでいってしまうと、例えば大きな環境として、今は不景気!ということになると、もう不景気なんだからしかたなし!となる。個人商店としては、環境としての不景気の前でなすすべなし、お手上げということです。

 こういう感覚を持っている人ってかなり多いんじゃないか?と思います。例えば、個人として会社員をやっている、回りには環境としての直属の上司と同僚があって、各部署があって、その上の上司達がいて、経営者がいての会社という環境の中で、もうがんじがらめ、というイメージなんかが典型かと思うんですが。

 個人がいかんともしがたい環境の中で、ひたすら忍耐しつつ賃金もらって生きるしか、今の時代はこの社会しかない・・・とね。

 店主らの個人事業主というのは、ある意味そうした会社としての外郭のような環境などなく、直に経済社会というものに直に関わっている、何も保証もないので、より弱い立場にいて、不景気直撃・・・・とね。

 いえいえ、でも小さくとも一国一城の主なんでありますよ!

 そういう小さいものが集まって、自らの環境を積極的に作っていくことってできないか?これって非常に大切なんじゃないか?と思うんです。

 公的な援助を公助、自分で守ることを自助。その間にあるのが共助というんだそうですが、この共助で行くこと。

DSC_0618_convert_20170530222607.jpg

 当店ご近所の名店、麺や野口さん。ちょいとお邪魔しました。

DSC_0615_convert_20170530222549.jpg

 つまみ三点盛りとビールなんていただきましてね。ちなみに、先日当店先でやりました、フリマの際にこちらの野口さんから、この三点盛り十人前ほど分けていただいたんです。

DSC_0616_convert_20170530222558.jpg

 これはシンプル系の醤油ラーメン。海の家のラーメンみたいです。六月、七月、八月と当店フリマは、「海のない海の家」になる予定ですが、そんなときにでも、出してもらえたら、うれしいなあ・・・。

 そういうことなんですね。

 店同士が、連携して、イベントや共同企画をやる。そうすると、お互いの常連さん達がシャッフルされて、より大きな動きとなっていく。店同士の連携というのは、店主同士の気の合方なんで、そうして店主を指示する常連さん達の交流というのも意外と自然だったりするんですね。

 金は仲間に使う。仲間の中で金を回す。

 そういううねりを少しずつ大きくしていくこと。不景気だと!政治家や役所を責めるんじゃなく、公助などあてにせずとも、共助で行けることって、まだまだあると思うんですね。

 七月初めには、野口さんと田無にあるFOR BEATさんという店が、共同でイベントやるようです。そんなところに、当店もできることで関わること。

 既存の商店街とかはそれはそれとして、それ以外の関係の中で縦横無尽に各店舗同士が動けるところは動いておいて。それがある一定程度以上になれば、より大きなイベントを自分たちで、内発性を元にした起爆力で企画できるようになるやもしれない。

 そして、地域を巻き込んで、住民自体が、なんだここってこんなに面白いんじゃない!と自分の街を積極的に理解し関わっていく。

 各店と各店に出入りのあるお客さんとがつながることで、擬似的な環境を自分たちで作っていくことができるかもしれない。

 五百万から今度は一千万人目の読者に向かって!というブログの展開もさることながら、まだまだやるべきことは、この店主にも他にありそうであります。自転車屋だからといって、自転車だけをいじっていればいいわけではない。

 それはバーでも、ラーメン屋でも同じなのかもしれません。

 各店舗や人のつながりという共助から、地域を盛り上げていくような環境作り・・・、それに農ある形態が関わってくると、これはもう一つの共同体形成というところまでいくでしょう。

 店主一代でどうこうすることはできないまでも、そういうビジョンに向けて、少しでも動いていくことが、若い世代、次の世代の子達のヒントになっていけば・・・とね。

 外部環境がどんなに変わっていっても、農を基準として、職能でつながっていける共同体ができれば、怖いことはないんじゃないか?なんてユートピアかしら?でも革命なんかしなくてもできるぜ!どうせ革命なんて、テクノクラートの入れ替えで上から(前衛)のものに過ぎないんだろう?

 イエイエ、ついそこまで、そうした生き方への準備が整いつつある、と思いますよ。

 こんな与太話も含めまして、今後とも、本ブログ、当店、そして当店回りの地域と、共同店、すべて含みまして、何卒、よろしくお願いいたします!

斜視 ガチャ目 その後・・・



 先日お話ししましたように、実は四十半ばより、ちょっと出ていた症状がありましたということで。

 それは目についてのことでありました。暗くなると、左右の目の画像の総合が取りにくくなるというのか、なんともいえない違和感のようなものにさいなまれていたんであります。

 もちろんその症状が出てきても、自転車は乗り続けられるし、焦点も合っているので、なんともいえない乗りにくさはあるものの、その違和感の状況を説明するのがとても難しく感じられたんで、放っておいたんでありますが。

 五十を超え始めて、なんと昼間にもそれが出るようになったというのが昨年のこと。ちょっとこれには参ったが、これまた乗れないこともないので・・・何だろう?これ?と思っていたんですわ。

 それがそれが、今度は昼の日中自転車に乗って二十分ほどすると、この症状に。片目つぶるなり、何度も瞬きするなり、色々やって診るんですが、進みこそすれ、治ることがない・・・。

 左右の焦点が合っていないのでは?というヒラメキから、後ろにいたかみさんに「今この目ロンパリになっていない?」と聞いてみると、正面からみると・・・そうかも・・・といわれた。

 そうか・・・この違和感は、左右の目のずれ・・・から来るもの?ということが説明の材料として使えるんじゃないか?ということで、柳沢の名店、マイスターメガネさんに行ってみたという、前回はこの辺までの話だったんじゃないか?と。

 色々計測した結果、左目が横ずれ、右目が縦ズレを起こしていて、これじゃあ大変でしょう・・・ということで、プリズム矯正という方式で何とかしようということになった。

 二年前の計測ではその辺に関する数値は0.5・・・、無視可能な数値なんだそうだ、それが今は1.8と三倍以上にまでなったという。

 老眼が進んだためか、近視がよくなっているとのこと、乱視もしっかり入れて、そして今回外れ矯正のプリズムという新たなメガネの発注をして、一週間待つ。

 DSC_0596_convert_20170522232620.jpg

 早速できたメガネをかけて、ちょいと二十キロほど走ってみる。

 昨日までは、すでに二十分すると出てきた左右のズレとその矯正のための眼精疲労のようなものが、今回に関しては・・・、

 ほぼ一切なし!

 実は乗って時間がたつほどに、ハラハラしていたんであります、いつ出やしないかとね。もし万が一出たとしたら、これ以上の対応がメガネでできるんだろうか?なんていう心配もあったんですが・・・。

 とりあえず、二十キロでは全く問題なし。

 逆に困ったことに、このメガネを外すと横ずれ縦ズレの自覚が、普通の状態でわかるようにもなった。イヤー、目は年取ってんだねえ・・・、いたわらないとな。

 ということで、快適に自転車に乗る!ということに関して、自転車屋だけじゃあダメなんだ!と強く思った次第であります。

 結構な高齢者でも、自転車で飛ばしている方もいらっしゃいますが、皆さん!大丈夫ですか、視力やメガネの調子は?

 若い選手だって、あのサングラス内メガネや、顔のカーブに沿うようなサングラスの独特なフレームでの矯正って、本当違和感なく、安全に乗り続けられるかい?

 眼性疲労は起きていないかい?

 というような、ところにも、配慮していかないと、自転車だけをメンテしていても、安全に走れるとは限らない。

 当店近くにあるマイスターメガネさん、今お使いのメガネをお持ちになって、まずは相談だけでもしてみる価値はあります。いったいこれほどの検査の方法があったのか?と驚くほどの精度の高い検査と見識の中より、最適な提案をしてくれると思いますよ!

 まあ、見えるから大丈夫じゃなくて・・・まずは目をかけてみませんか?

sunglass_convert_20170522232645.jpg

 実際スゲー快適!絶対おすすめ!

経営方針転換!守りから攻めの経営へ!



 このまま座して死を待つよりも・・・、攻めて、攻めて攻めまくって討ち死にした方がましだ・・・なんてことはないんだが。

 当店も、よりこの地域に根付きながら、しつこくやっていこうということの方向転回に入っていこうと思います!

 今この写真、気づくことありますか?

 ぐっと寄ってみましょう。

 DSC_0604_convert_20170520204017.jpg

 これです!わかります?掲示板ができました!金属工房の錬さんより、取り付けていただきました。

 DSC_0605_convert_20170520204026.jpg

 当店および、響き床から地域に向けての発信の場として、この掲示板がアナログバージョンとして今後活躍してくれると思います。ちなみに21日の日曜日、またフリマやりますよ!

 DSC_0610_convert_20170520204113.jpg

 夜になると、ライトも付きます!やる気満々、本気でしょ?これぞ攻めの経営だ!

DSC_0607_convert_20170520204042.jpg

 そして、ここにも・・・。

 DSC_0608_convert_20170520204052.jpg

 木枠に、アクリル板がはめられています・・・。こいつは・・・、

DSC_0609_convert_20170520204102.jpg

 このように、店主のアナログバージョンの掲示板として、今後地域に発信されることになるます。

「子供のヘルメットのかぶり方十中八九間違いです!厳しくご指導いたします!」
「自転車は大抵は治るだけどねえ・・・」
「ホイール替えると世界が変わるって・・・知ってる?」

 相田みつをかよ!ってほどでもないかな、でもそんなつぶやきなどを書いては貼り、剥がしては書き換え・・・なんてことやっていきます。直接ブログを読んでもらうための、あのラーメンマーク?QRコードなんかも貼り付けようかな?

 DSC_0603_convert_20170520204008.jpg

 幟も復活!今のところ二枚、あと二本立てられます!まさに、これぞ攻めの経営!

DSC_0601_convert_20170520204000.jpg

 当店の井戸、自販機であります!ここにも、攻めの姿勢が現れているね。確かに伊藤園ものの自販機では、地域最安なんですね、そういう意味で嘘ではない!

DSC_0600_convert_20170520203951.jpg

 公園に行く道からもしっかり見えるように、側面にも展開。最近公園内の真ん中に、ライバルの伊藤園販売機ができたので、そいつにケンカを売るためさ!

 ということで、今まではネット系を中心にデジタル広報なんぞをやってきた当店でありますが、今後はこのように、店回りにはえぐいくらいのアナログ攻めをしていこうかと思っています。

 あと一月の間に、二年越しのでかい看板ができる予定です!これぞ攻めの経営!

 ということで、21日日曜日、先週はプレ開催でしたか、今週は本開催で、フリマと投げ銭ライブなどを展開して参りますよ

 DSC_0512_convert_20170520204334.jpg

 クラフトビール屋さんも昼前後より

DSC_0511_convert_20170520204326.jpg
 当店からもより手が凝って出し物が出ます!

000 75b95e_06e32ebe912f42ea9365340fdc280eab~mv2_d_3508_2480_s_4_2
 ブラック系のモッチンさん、この人の歌はこれまたすごい!投げ銭なんで、お代は見てのおたのしみだよ!

 ということで、攻めながら、より地域にくいこんでいきます!!!って、看板くらいさっさと作れよ・・・てことなんだがね・・・。

第一回 寄り道フリマ 敢行! 第二回も! そしてイベント目白押し!



 五月と言えば、たぶん最も陽気のいい季節であります。この最も恵まれた季節にないもしないなんてもったいない。

 もっと自転車屋である当店が、いろんな事柄の交差点になっていければいいよね、ということでこの場を活かしてのフリマを今後不定期ながら、やっていこうかと思います。ちょっと前までは月一でやってましたが、もっと頻繁にね。

 そのプレ開催ということで、この14日やってみました。

 DSC_0512_convert_20170515230408.jpg

 第一回にして、なんと近所のクラフトビール屋さんが参加してくれたもんで、出店者は少ないながらも、かなり盛り上がった!といえるでしょうね。

 当店に寄ってくれた方、前を通りかかった会員の方々などが、ちょいと一杯というね。わざわざ自転車を家に置いてきて、くれた方もいるし、当然ですが飲んでからは、自転車を引いて帰った方もいらっしゃいました。

 車やバイクは押して帰るわけにはいかない分、自転車はそれができる、輪行袋持っていれば、公共交通で帰れるという強みがありますね。

 大抵一口で「うまい!」と。そりゃそうです、そんじょそこらでは絶対に売っていない味、ヤギサワバルのクラフトビールはやっぱりうまい!

 DSC_0513_convert_20170515230420.jpg

 あとは、近所の麺屋野口さん、ここのラーメンはいけます!たまに月一くらいで、ラーメンバーというのをやるんですが、それがまたちょうど今週の木曜日、結構楽しいイベントなので、そちらの方も合わせて、注目!

 で、野口さんからは、ラーメン三点セットの提供を受けました。枕木メンマ(かなり太くて歯ごたえあり)、味付け卵(半熟)、チャーシュー。もちろんすべてプロの味ですから、これがまたビールとよく合います!

 野口さんには、今後こういう形でご参加し続けていただければ、と思いますね。

 DSC_0511_convert_20170515230357.jpg

 あとは、ヤギサワマーケット以来、ドーナツ付いていますが、今回はフランクフルトドーナツと、チーズ玉ドーナツで攻めました。

 次回は21日開催予定です。日曜日、暑くなるといいですね。もちろん参加者も募集しますよ!

  この日はなんと!

000_75b95e_06e32ebe912f42ea9365340fdc280eab_mv2_d_3508_2480_s_4_2_convert_20170515230313.jpg

 当店上の響き床で、吉祥寺の愛の伝道師こと、モッチンさんの投げ銭ライブも開かれますんで、是非そちらの方にもお立ち寄りください。

 当店の前、中、そして上にて、大盛り上がりで行きたいと思いますよ。

 それと、五月の響き床はイベント目白押し!

 000 75b95e_934e0bc01a244c2da6e94f6d1edddfa3~mv2

 前回子供を交えての落語会で大盛り上がりだった、瀧川鯉んさんの出演する響き寄席も、また開催いたします。

 七月には、鯉んさんお得意の怪談話の会も、ろうそくに火をともして、やろうか?と今から画策中でありますので、こうご期待!

 地元では早くもご贔屓のいる鯉んさんなんで、是非ご予約などいただければ、確実かと思います!

 さて、来週の21日は、ヤギサワバルの濃いめのビールに合わせて、鶏の唐揚げ黒酢ソース和えなんかにしようかな?

 毎週毎週変幻自在でやっていこうかと思いますので、色々とご期待ください!

 とにかく、みんなでできることを全開でやっていくしかないよね!賛同者募集で参ります!

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター