メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |よもやま話 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

出張北京! その2



 これも優しい朝食だったなあ・・・。ワンタンです、ワカメのようなものも結構食べるようですな。

DSC_1980_convert_20180324184445.jpg

 味付け卵、これは固いです、何でも食べる印象の中国ですが、生卵は食べないということです。

 DSC_1979_convert_20180324184437.jpg

 これが揚げパン、甘くありません、砂糖も置いてあるので、かけるのは自由みたいですが、かけている人はあまり見かけないね。かじると塩味、スープとの相性も悪くはない。

 ゆっくり胃から起こしていく、これいいねえ・・・。

 さて、本日は何するか?
DSC_1975_convert_20180324184353.jpg

 パーツばらして、洗浄、注油、元に戻す・・・なんて、ビンテージ系では欠かせない作業をやってもらいました。

 DSC_1977_convert_20180324184417.jpg

 日本でなら、灯油につけて、汚れを浮かして落としますが、北京ではガソリンスタンドに灯油は売られていないようです。大気汚染対策で、石炭なども使用不可になったようですな。冬の空がキレイになったとか。

 なので、今回はスプレーオイルなどを布に染ませて、キコキコ磨く、あるものでできるところまでやる。細かいところは、千枚通しの先に布巻き付けて・・・。

 DSC_1978_convert_20180324184426.jpg

 戻しも、時々戸惑っていましたが、見本を見ながらなんとかしっかりと戻す、こういう作業は重要だよね。

 DSC_1984_convert_20180324184502.jpg

 次は、オリジナル系のフレームでデモ車を組み付ける・・・はずだったんだが。

 DSC_1987_convert_20180324184529.jpg

 なんとこの標準形のBB取り付け工具がなかった・・・。

DSC_1986_convert_20180324184521.jpg

 ちょうどこの中間の大きさが欲しかったんだが・・・ないので仕方ない・・・。作業はここでとめる。

 DSC_1988_convert_20180324184537.jpg

 次に、カップアンドコーン式のBBの手入れなんかを考えた。これができないと、ビンテージ系をいじるのはほぼ無理になります。なので肝になるような外し、洗浄、調整、グリスアップ、戻し・・・となるはずが・・・。

 これも、このための専用工具が無いことが発覚・・・。こういう不足分を指摘できるというのも、今回の目的ではあるが・・・、作業ができないのはもどかしい。

 この手の年代物は、例え工具があっても、着脱できないことの方がむしろ多い、そうした場合どうするか?なんてことの実習もできればやりたかったんだが・・・。

 暫く向こうのサイト首っ引きで、あれが必要、これ必要、あれない?これない?の応酬が飛び交った。

 DSC_1991_convert_20180324184555.jpg

 元々、若いメカの李さんは、マウンテンが得意ということだった、なので油圧ディスクなどは扱えるとか。あとはカンパに関しては、ほとんど経験が無いということなので、ワイヤー交換などやってもらった。

 DSC_1989_convert_20180324184546.jpg

 バーテープを外して、交換していくんだが、ワイヤーの頭の入れ場所など、ちょっと苦労していた感じ、でも基本はさして変わりは無い・・・。

 そうそう、カンパのワイヤーの入手にも、ちょっと手間取りそうだわ。純正ワイヤーは何で?というくら高額・・・、スタッフの一人が、カンパの中国代理店の人と昵懇ということだったが、それでも高い・・・。サードパーティのクラークのようなところがないか?この辺もアチコチサイトをのぞいては、大変なようだった。

 入手に難易、可不可に関しては、日本よりも大変そうだが・・・、こうした基本的なパーツ類は、ゆくゆくは向こうですべて調達できるようにしないとダメなので、ちょっと最初の内は苦労してもらうことに。

  しかし、アチラでは日本での消費税に当たる業者が国に払う税がなんと・・・17%!ともある。なので、仕入れも戦々恐々だ。税込みか否かで、17%セントの差はでかすぎる・・・。

 こういう所も国境をまたぐとデカイ問題として、降りかかってくるねえ・・・。


 DSC_1976_convert_20180324184403.jpg

 一通りはできそうだし、仕事が丁寧だね、応用もきく。今回の記事では触れなかったが、8速7400デュラのSTIに7速スプロケのシンクロ場面なんかがあったんだが、色々試して、トップ殺しで見事調整させていた。

 他にもやり方はある・・・と確信したものの、その押しつけはしなかった。全体として、日本からわざわざ教えに来たんだ、という接し方は一切しなかった。自転車一台が組み上がるのには、何通りものやり方がある、安全に組み付けられれば、そのどれもが正しいはず、なので、こちらのやり方を押しつけず、逆に向こうから盗んでやろうという気持ちでやっていたんだが。

 色んな意味で面白かった・・・。

 ブレーキの配置が、中国では左前が基本らしい。ワイヤー交換の際、李さんはすべてそのようにセッティングしていた。

 トーインの話もした、理解はしていたが、セッティングの経験は無かったようだ。

 またフロントブレーキワイヤーには、短いという理由でオイルは差していなかった、店主なら差すが・・・。

 たぶんこの子なら、ちゃんとこちらでカリキュラムを組んでおいたら、3日もいれば、相当いい経験になるだろう・・・と思ったな、いずれ実現するのかな?

 まだまだ、色々とやらねばならないこともあるようだ・・・、新店舗の予定地を見て、震撼した・・・、あれはまあ・・・大変だぞー!

北京出張



 北京出張の翌朝、わいわいガヤガヤして賑わう、朝食屋さんへ行く。たぶん古今東西、どこへ行ってもおばちゃんというのは元気のいいものだろうと思う・・・。

 ご覧のような豆腐のスープ。色は濃いが味はいい薄さ。まずはこうして胃から少しずつ起こしていく感じ。なんか染み渡るねえ・・・。

 DSC_1957_convert_20180322221701.jpg

 スープをすすりながら、包子をいただく。そこそこ食べても200円・・・くらいか?インフレ進んでいるとは聞くが、こういう所は昔のまんまらしい。しかし、値段を聞くとまあ、驚くね、なんの肉だかわかんねー・・・・。

 DSC_1958_convert_20180322221708.jpg

 さて、昨年7月お邪魔して、自転車を軸とする生活提案型ショップのREなんでありますが、今年はまた一大展開を図る、そのための下準備として、いわばバックヤードを確保しにきた・・・と言えばかっこいいが、ちゃんと自転車をいじれるような場所を作るために、ちょこっとやって来た感じ・・・。

 DSC_1960_convert_20180322221717.jpg

 まだまだ改装途中でありましたが、コーヒーショップと物販を中心にしていた一階を自転車のメカニックを中心とする場に変えていくということらしい。

 DSC_1962_convert_20180322221757.jpg

 オオ!既にこんなものまで、確保されている、相当やる気だね。

 DSC_1961_convert_20180322221725.jpg

 立派な万力付き作業台もあった。引き出しを開けてみると・・・。

 DSC_1963_convert_20180322221809.jpg

 パークツールのかなり本格工具類が収まっていた。当店にないものもあって、ちょっと使い方なんかで店主も勉強できたものもあっりましたね・・・。

 DSC_1964_convert_20180322221819.jpg

 レンチ類、トルク系もあったね。ケミカルも徐々にだが集まりつつあった。

 DSC_1965_convert_20180322221827.jpg

 最初に振れ取り台もあったが、ホイールをいじるツールもあるね。ここでも、手組み仕込むことになるのかしら?いいことだよ・・・。

DSC_1966_convert_20180322221835.jpg

 工具類は、壁にかけることを推奨しましたが、どうなるか?は店のイメージとの関係で決まってくるのかな?レンチなんていうのは、サイズ通り並べて引っかけておくのが一番、使いやすいよね。

 DSC_1967_convert_20180322221843.jpg

 しかしパークールは高いが、それだけのことはある。ただ、それを最初からそろえるとなると、結構負担も大変だろう。特に刃物はいように高い、高すぎる・・・というので、他のメーカーも当たってみようということになっている、頼むぜ、岩井商会さん!

 でもまあここまで集まってくれば、あとは不足分を足していけばいいね。

 DSC_1972_convert_20180322221924.jpg

 今回は、不足の工具やパーツ類を指摘すること・・・あとはちょっとした技術指導・・・という事かな?

 早速でてきたのが、先の万力。ワゴンとの位置関係。実は理想的にはワゴンのエッジギリギリのところに設置したいんだが、構造上それは無理という事になったので、上の写真のように、フォークを固定しても、ワゴンのエッジに干渉しないように、オフセットをしてやらねばならない。

 店内を色々物色してみたら・・・、

DSC_1971_convert_20180322221915.jpg

 こういうボール紙でできたL時の素材を使って、このようにフォークの下が作業台ワゴンのエッジより外に来るようにオフセットしてやってみる。

 DSC_1970_convert_20180322221907.jpg

 厚紙なので、母材にも傷が付かない、厚みは使っていけばつぶれていくが、まずはこれからスターとかな?よりよい道具類が見つかれば、適宜取り替えれば良い。

 そして、早速教材になるべき問題が連続したわけだ。まずはビンテージ車体のフォーク、片側は9ミリ渠で正常なんだが、もう片方が、落としたか何をしたかは知らないが、フォークのエンドが曲がって内側に入ってしまっていて、ホイールを抜くのが半端じゃない・・・。

 そこで、一度力尽くでホイールを外したあと、つぶれたエンドの部分を、削ることに・・・。

 ところが棒ヤスリがない・・・。まあ、こうした欠損部分を探すために来たんだから、それはそれでよし。

 ネット商売が日本以上に発達しているかの国では、細かいものなど、すぐにネットより発注して、翌日到着なんてことがザラらしいんだが、今ほしい!ということで、みんなで、自転車飛ばして購入しに行くことに。

 まあ、想像つくと思うが、アチラの交通事情はすさまじい。無秩序の中の秩序が見つかるまで、市内の自転車走行は難しいね・・・。でも慣れると、なんとかなる。流れを見る目ができる。これを称して、北京でのサイクリングをサイクルサーフィンと名付けようか?

 潮の流れ・風の流れを見極めて、波を乗り越えてサーフィンするように、車の流れ、人の流れ、バイクの流れを見極めて、さらなる先まで越え出て走り抜ける・・・そういうサイクリングであります。

 最初に着いた店は、なんかは薄暗く、ぶ厚いシートをくぐって店内に入ると、脇の九官鳥が大鳴きして、驚いて出てしまった・・・。

 ちゃんとした工具屋の店の佇まいは、ホームセンターが発達する前の日本の工具屋そのもの・・・と言えばそうだな・・・。小箱が重ねてお置かれている・・・あの佇まいね。

 早速入手して、使ってみることに。

 DSC_1969_convert_20180322221859.jpg

 李さんといいます。少年のようだが、子供がいるそうだ。彼はかなり手が動くし、実に丁寧、応用も効くという意味で、将来楽しみなメカニックだね。

 あとは場数だな。当店に短期研修もありかもね、当店とくいの行儀の悪い施工を体験してもらえるだけで、今後のREの自転車部門を背負っていけるんじゃないか?と思いました。

 DSC_1973_convert_20180322221935.jpg

やはりメッキは固いね。交代しながらエンド削りをしました。こういうことは一緒にやらないとね。

 まずは李さんの腕に見込めるものがあるので、店内にあるビンテージ系なんかをいじってその感触や、技術なども見せてもらうことにいたします。

 そんなこんなで、あっという間に一日が過ぎた・・・。

                                                                  つづく・・・

今年は白だ・・・でいいや・・・



 そういえば、税金の季節であったことをすっかり忘れていた。事務処理する気がわかなかった・・・。

 通常なら青色申告でやっていたんだが・・・。貸借対照表と損益計算書を作って、提出していたわけであります。控除も高いのと、事業主としての信頼性も上がるというメリットのために。

 でも、今年は白色申告で行こうと思います。売り上げも正直ないし、そこまで手間をかけてまでのメリットもない。

DSC_1871_convert_20180314230251.jpg

 損益計算書にかわって、収支内訳書とかいうのを提出するようだ。ささっと書いて・・・、

DSC_1872_convert_20180314230300.jpg

 郵送して終わりにしよう。マイナンバーも書き忘れちゃうかも知れないな、気をつけないと・・・。

 領収書とか取っておかないといけないらしい。でも、税務調査とかで仕入れ先を秘匿しておきたい場合、黒塗りでもいいのかな?もし税務調査をきっかけに、当店の取引業者の秘密が漏れたらどう責任取ってくれるんだろう?

 そんなことはない、とはいうかも知れないが、今の官を信じることって、できますか?

 財務省によると、なにやら価格と金額は違うみたいだが、申告書にはどちらを書き込めばいいんだろうか?価格か?金額か?

 しかし一体、この国が近代日本になって以来、150年という節目の年に、それまで積み上げてきた様々な信頼の大系の核になる部分をここまでズタズタにした出来事が、有事を抜いてあっただろうか?と思う。

 そしてその顛末というのはまだ早いのかもしれないが、少なくとも口先に登っている内容を聞くに、責任ある立場の人間から逃げをうっていこうとする、という事実である。残念ながら、誠に残念ながらこの国はやはりそういう「美しい」国であったということだ。それは覚えておこう。

 ドウトクだの、アイコクだのとのたまう御仁に限り、最も不道徳で、非道義的で、国というものを私有化をしている連中であることを覚えておこう。

 そして温厚な店主もさすがに頭にきています。ダメ、全くダメ・・・。ダメダメダメ!

 なので反原発(また再稼働しているし・・・バカな国)の時以来、久々に、官邸回り、議事堂回りのサイクリングでもしようかな?と考えています。暖かくなってきたんで、春の夜長、たまには主権者として、政治させてあげている方々の様子でも見に行こうか?と思っています・・・。

 公私ともに理由も合いまして、今年は白でさっさと仕上げて、郵送します・・・、マイナンバー書き忘れないようにしないとなあ・・・、昨年忘れちゃったしね・・・。どうせ大した収益もないのに、あんなに手間かけての書類作りや管理などがばかばかしくなりました、もちろん納税の義務はしっかり果たしますよ!実際相当果たしていますもん消費税などで・・・。だからこそ、主権者として、ご機嫌伺いに参るのであります。

 諦めてねーから行くんだぞ!捨ててねーから行くんだぞ!大いに関心あるから行くんだぞ!俺の国だから行くんだよ!

緊急のお知らせ!3月12日 (今夜)ヤギサワバルにて 鹿の会 ジビエの巻

000 DSC_0961_convert_20170826125300

 突然のお知らせで申し訳ありませんが、3月12日、当店近くのヤギサワバルにて、鹿肉、ジビエの会を行います!

000 DSC_0966_convert_20170826125315

 これで、ヤギサワバルさんとのコラボは3回目となります。

DSC_1863_convert_20180312160311.jpg

 牡鹿半島の野生の鹿が手に入ったようです。こいつを使って・・・今夜展開します。

 DSC_1862_convert_20180312160302.jpg

 これは鹿肉のシチューですね。野菜と赤ワインで煮込んでいます。

 あとは、スペアリブの塩焼き。

 首肉のミートローフ。

 そして、鹿肉コロッケ・・・。という感じですね。

 あまりに急で、そんなこと言われたって・・・という方々がほとんどかと思いますが、鹿肉の味はいいですねえ・・・・、という事で、万障お繰り合わせの上、是非是非!ご来店ください!お待ちしています!

写真・・・動画・・・大切なんだろうなあ・・・

DSC_1850_-_コピー_convert_20180307221942

 当店二階の響き床、この11日には、ジャズ室内楽という新たなジャンルの実験が行われますので、是非おいでください!という事なんだが、本日ここにこんな仕掛けがされていた。

 白い布・・・。

 DSC_1853_-_コピー_convert_20180307222011

 いつもより強めのライトが・・・。はてはて・・・?

 DSC_1856_-_コピー_convert_20180307222033

 ヌヌヌ?白い布の前に自転車が、柳さん作のフレームだ。まあ、これでわかると思うが・・・、

DSC_1852_-_コピー_convert_20180307222001

 写真撮影をやっていたのだ。下にレフ板が見える、助手を使っての自転車の写真撮影・・・プロか?

 DSC_1855_-_コピー_convert_20180307222023

 助手はなんと柳さんだった・・・。そしてカメラマンは・・・、柳さんの妹さん・・・、いいカメラ持っていました、レンズも2種類は使っていたかな?

 DSC_1857_convert_20180307222042.jpg

 色んな角度から、一体何枚撮ったことやら、まじめにやろうとするとすごい手間なんだなあ・・・と実感。

 普段、本ブログを読んでいただいている方には、店主の貧弱な写真だけで、本当に申し訳ない・・・、大反省なんであります。

 まあ、店主も多少光や影なんかを考えることはありますが、手ぶれ、ピンぼけは日常で、もううまくなろうという要素まるでなしの体たらく・・・。

 かつて物書きでもあったことから、写真はその筋任せで、全くやろうとしなかった。編集とカメラと三人で動くことが多かったが、その内編集と二人での行動も増えてきた。カメラマンを雇えなくなってきたんだろう、経費削減。

 編集がカメラ担当だった。カメラ自身が良くなってきたという事もあったんだろうなあ・・・。それでも店主はカメラには一切触れなかった。自分は文字担当なんで全くのノータッチ・・・。

 本ブログも写真は掲載しますが、それは文章のついでのようなもんなんで、写真自体は見えたもんじゃない、それはわかっている。カメラは十分すぎるくらいのもを義弟からもらったが、マニュアル・・・あるが熟読せず・・・、多少ましに撮れればいいが、やはり本腰が入らない。

 まあ、当ブログレベルだったらそれでもいいが・・・、宣伝・広報という所に入ってくると、写真や動画の影響力はそれはそれはデカイものかと思う。

 プロとまで行かなくとも、かなりのレベルまで自分で撮るという方々も多くいる。三脚使って・・・、シャッタースピーで落として・・・、望遠使って・・・と、お疲れ様でございます。

 動画なんかのイメージはしっかり浮かびます、絵コンテはかけませんが、絵をかける人が横にいれば、かなり具体的なイメージを言葉にして展開を考えることは不得意ではありませんが、イザそれを実際の映像にしようとすると、全くのお手上げ・・・。

 結構器用に、自分の旅の動画をやっている子なんかに聞くと、いや簡単ですよ、編集ソフトで・・・・なんて言うんだがね。

 ある意味根っからの活字・言葉人間なんだと思う。まんがは絵が邪魔だ、絵本も絵が邪魔、だから子供の頃からあまり絵本は好きでなかったように思う。図鑑派だったな、完全な。

 字で読んだものが、映画化されて良かった例は、「砂の女」と「遠雷」くらいなもんだ。あとはぶち壊し、店主の想像力以上の映像だったのは先の二作以外に、ほぼないと言い切れる。

 ラジオが大好き・・・。たぶん学生時代からのながら聞きなどの影響で、ラジオ脳、言葉脳というのができてんだと思う、だからそれ以上のものは邪魔なんだな、まあ音楽は別だが。

 決して、映像や写真が嫌いなんて事は無い。むしろ好きなんだが・・・。奥行きのある映像や、写真というのはいいものだ。それは単に見るのではなく、これも変ないい方かも知れないが、無意識に読んでいるんだろう・・・と思う。

 まあ小理屈こねて、苦手な写真の勉強をしない理由、向上へと向かわない理由を言っているだけかも知れないが。

 スラムのように、フロントディレーラーが弱っかったら、思い切って、切り落として、お化けみたいなスプロケと得意のリアディレーラー対応で、とんでもない自転車を作ってしまう方が面白いかも知れない。

 どこでもそこそこ高水準というシマノ式は確かに、利便性は高いと言えなくもないが、特徴が無くて面白くもおかしくもない・・・。

 そうか、だったら店主はスラム式に思いっきり振るか?写真はピンぼけ、手ぶれのオンパレードであっても、文章はいずれの詩人か、大作家の流麗な名文のごとしを連ねるを目指すべきなのかも知れない・・・。

 永井荷風でもまた、模写、書き下ろそうか?

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター