メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |車体 ロード tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

切るか?掘るか?それとも・・・



 ブルーノというと、どちらかというとシック系の自転車を得意とするメーカーのようにイメージしていますが、どうでしょう?

 これなんかもクロモリフレームでね。

 DSC_2042_convert_20180328194134.jpg

 でも、旧ファイブアームの105が付いています。その時期それしかないから仕方ない・・・という判断でしょうか。まあそうでしょう。

 DSC_2045_convert_20180328194153.jpg

 でもサドルに革が選択されている。革サドルは重いが、フィット感が好き、というのもあったり、あとは見た目や雰囲気が好き、というファンは根強くいますね。分類すればシック系・・・というよりモロシックですね。

 そんでもって、ホイールが・・・、

 DSC_2038_convert_20180328194049.jpg

 レース系のゾンダが付いています。店主も旧が四つぐらい旧のつく手組ゾンダを持っていまして、そのスポーク数の少なさから、高速域に来たとき、空飛ぶ絨毯に乗っているような感覚にとらわれたことがあります。

 その頃のものとは、見た目も構造も全く異なるものでありましょうが、レース機材としての地位はそのままなんじゃないか?とは思います。どうなんだろう?

 DSC_2041_convert_20180328194123.jpg

 当然リアもゾンダであります。

 このフレームに、意図的に合わせたのか?それとも、アチコチ入れ替えている内に、こうなってしまったのか?謎でありますが。

 こういう自転車を見ると、本当人って様々だなあ・・・と思いますね。まず店主にはこの組み合わせは絶対と言っていいほど、思いつきません。

 全く埒外のものが目の前にある、という事の不思議さ・・・、だから自転車屋は辞められない・・・。自転車の組み方に現れる、センスというか、考え方というか、妥協というか、無思想という思想というか・・・、しばし腕組みをしながら、その前で黙考してしまいますな。

 そんなことよりも施工しないと!依頼内容は単純なものであります。

 DSC_2020_convert_20180328194003.jpg

 これ以上ステムを下に下げられないか?というものであります。てっぺんのボルト緩めて、コラム内に押し込めばいいだろうと考えますが、それができるくらいなら、当店などには持ち込まないでしょう。

 これ以上下がらないというのであります。

 やり方は、あるとすれば、二通り。掘るか?切るか?であります。

 DSC_2054_convert_20180328194204.jpg

 これアジャスタブルリーマーといいます。掘るものの直径をある範囲内で変えることのできる機構をしています。例えば、18ミリ~24ミリ以内とかね。

 ステムが落ちないのにはその直径22.2ミリよりコラム内が狭くなっているということも考えられるので、こいつを広げてやる必要がある・・・という事ね。

 掘ることのメリットは、ステムの高さをその後自由に変えられるということですね。ただしそのためには施工中大変な根気がひつようであるんです。この穴掘りは少し回しては、アジャスタブル調整をし径を広げ、また回しては調整し、途中で切り子を飛ばし、オイルを差しながら少しずつ、少しずつ進んでいかねばなりません。

 かつてやっていたアヘッドのスレッド化加工も、コラムにダイスを立てることもさることながら、そのように作られていなコラムの内径を確保するのが、実に大変な作業なんであります。

 そして、決して安くはないこのアジャスタブルリーマーですが、やはり可動するところは壊れやすい・・・、かつては破損した刃の替え刃があったんですが、今はそれも無くなり、もしも刃に何か起きたら、一本丸々購入し直し・・・というリスクもあるんですねえ。

 さてどうしましょう?

 もう一方で、切るのは簡単・・・単に切るだけ、デメリットは切ってしまった分、上にステムを持ち上げられなくなる・・・というポジションの問題まで発展しかねません・・・・。が・・・、ステムを下げたいがタメのご要望だとすれば、こちらの方がいいかな?

 という事で切ることに。

DSC_2031_convert_20180328194013.jpg

 万力で固定して、グラインダーで落とす。

 DSC_2032_convert_20180328194022.jpg

 ことによっては通しボルトにもダイスを回してねじ山を足す。これ安いやつでやるときは注意です。焼きが先だけで、つまり固いところが先だけで、途中からボロボロとねじの山が崩れてしまうものもありますんでね。

DSC_2035_convert_20180328194031.jpg

 沈めたい分を切り取って装着!

DSC_2040_convert_20180328194058.jpg

 クロモリフレームに1インチのフォークコラムにクイルステム、この辺はシック路線。

DSC_2036_convert_20180328194041.jpg

 こんな感じでまとまっています。何もすべてがシルバーパーツのシック系にまとめなくたって、その内こちらのセンスや、いわゆる定番というものも時代とともに変化していくのかも知れませんね。

 何も統一感だけがモードじゃなかろう・・・。なるほどねえ・・・、勉強、勉強!!!



カーボンフレームとの組み合わせ


DSC_2206_convert_20180324203431.jpg

 知ってはいましたが、それが何物かまではまったく把握していませんでしたね。数年前のサイクルモードに出ていたのは知っていました。

 老舗というより、新興にてがんばっているという印象がありましたが、日本への紹介が遅かっただけなのかも知れませんね。

 いずれにしろ、ノーマークであったことには変わりない・・・。

 こんな車体が突如やって来た、持ち主はなんと・・・大森社長なんであります。

 どうも、カーボン車体に乗ったら強くなれるという勘違いのもと、このフレームをどこかから引っ張ってきた奴がいた、という事だ。

 DSC_2207_convert_20180324203446.jpg

 ところが、届いてみたものを見ると、フレームとピラー一体型のものであり・・・、どうも長さが少し足りないんじゃないか?という事で大森社長に投げた・・・というのがいきさつらしい。

 この一体型は、実は店主のカーボン車体もそうであったし(今は27.2がついているが)、今当店が所蔵しているFUJIのSSTもそうなっている。フレームとしての剛性?と言うのか?一体型のメリットはきっとあるんだろうが、逆に素人が使うとなると、デメリットの方が多いんじゃないか?なんて思ったりします。

 例えば、夏と冬とでは下に履くものの生地の厚みが変わってきます。シーズンによっては、クランク長も変える人いるでしょう。最初はこんなもんかな?と思って乗っている内に、レースにはまり、本格的なトレーニングをするようになると、体がかわって、つまりポジションも異なってくる、そういう場合、微調整がやりにくい・・・というのは、ことにピラー回りについては、あまりいい展開には結びつかないと思います。

 やはり、六角一本でミリ単位を動かせる27.2などの普通のピラーが、おすすめかな?

 また人に譲る段になったときも、今回のような、切りすぎ、短すぎ、ということが起こりえるということね。

 今回どこで落としてきたか知らないが、このフレームもちょっと落とした本人からすると、少しピラーが短いということで・・・、大森社長に押しつけてきた・・・という経緯のようであります。

 この位置が大森社長のポジションらしい。そんでもって、持っているもので組み付けてみた。

DSC_2212_convert_20180324203521.jpg

 クランクはホローテックⅡのもの。このカーボン車体は悲劇的に固くはないが、、もし悲劇にまで発展する固さのカーボン車体を持ってしまったら、例えば、ここをスクエアテーパーのBB、とそのクランク回りにすれば、多少は緩和されるかも知れませんね。

 DSC_2209_convert_20180324203502.jpg

 78デュラですね・・・。たまたま大森社長が持っていたから・・・これを選択したのかも知れませんが・・・。こういうちょっと前のコンポ類も、ある意味選択肢として残してくれればいいのになあ・・・と思いますな。

 新しいデュラエースが発表されると、それまでのデュラエースが廃盤扱いになる・・・これってどうなんでしょうね。事務上、取り扱いや管理自体が煩雑になり得るのかもしれませんが、最新コンポだけでなく、20年前くらいからのもの、選択肢として、つまり現行品として入手ができるようにしてもらえないかな?なんて突然考えてみたんだが、どうだろう?

 そういう中から、いつまでも選ばれる時代を超えた人気のコンポのマーケティングにもなろうものだろう・・・。シマノはそんなこと、やらないかな?ダメか・・・。

 DSC_2213_convert_20180324203529.jpg

 クランクも、ブレーキも何もかも、バリバリ現役で使えますよ・・・、多少古かろうが、一級品というのはそういうものであります。

DSC_2210_convert_20180324203510.jpg

 アルミを前面に出している、ロードコンポとしてのデュラエース・・・、いいよねえ、普通にあってもさあ・・・。

 DSC_2208_convert_20180324203454.jpg

 ホイールはユーラスだそうだ、固いホイールだわ・・・。つまり走ってみても、全く不足のない車体なんだよね。

DSC_2203_convert_20180324203423.jpg

 君は何物なんだい?スゲー面白い車体じゃないが、かなりよく走るよね。軽いし・・・、これといった特徴が無くても、しっかり走ってくれる・・・、やはり名メーカーなのかな?リドレーさんて・・・。

 カーボンフレームが固いとお嘆きの方は、BB回りをスクエアテーパータイプにしてやれば、少しは・・・なんてこともあるかもだし・・・、なんとも乗り味がなあ・・・という違和感をお感じの方は・・・、鉄フォークでオフセット変えてみると見違えるような走りをし出すかも知れません・・・。もちろんホイールなんかも乗り味に相当影響与えることでありましょう。

 それに、各世代ごとのロードコンポを選択肢として、現行品として選べるとしたら、最高なんだがなあ・・・としつこく思ってしまう。

 ただ、最新コンポしか選べませんし、あてがわれた自転車だってどうしようもない・・・と諦めちゃいけません。上にも書いたように、BBや、フォーク、ホイールを変えることで、イメージに近づけることもできないとも限らない・・・。

 大体そういう工夫ができないとなると、全く面白くない、すべてあてがわれたものに乗るしかないなんて、こちらは池の鯉じゃないんだ!餌投げられて、池からパクパク口開けるだけじゃ無いんだ!というところなんかも、今後メーカーに見せて行く必要があるかもしれないね。

 なんたって、我らが乗る自転車なんだからな!

自己検分 汝自身を知れ・・・

DSC_2116事故車_convert_20180317212530

 一見無傷のようですが、接触事故に遭っていますので、点検のために、やって来たんであります。

 DSC_2178解体_convert_20180317212539

 鉄フレームですんで、計測、修正が可能ですんでね。まずは計測のために、すべてパーツ類を外します。

計測1_convert_20180317212558

 柳さんに渡しまして、治具に固定して、要所を計測します。

 計測2_convert_20180317212607

 アルミやカーボンフレームではできない・・・、少なくとも当店回りではできない芸当でありますが、逆にいかに鉄フレームが、再生可能化素材なのか、ということの証明なのではないか、と思っています。

計測3_convert_20180317212617

 事故後の保険会社との見積もりでは、このような検分写真と、計測結果、修正方法などの提示を行います。これ以後施工するか否かは、保険会社との間での折半という事でもあります。あって欲しくはありませんが、万が一事故が起きた場合には、このように自転車の立場としてできる限りのことは、いたします・・・、という事です。

 ただし、こうした計測行為自体で、相当の手間が入りますので、その分の請求はさせていただきます。

 その後、保険会社との間での交渉が進みますと、

 DSC_2187再組付け_convert_20180317212548

 破損パーツの交換、今回などは前後ホイールの修正にちょっと手間がかかりましたが、全交換せずにパーツとしては復帰することができました。フレーム自身も誤差レベルしか狂いがなく、今回の事故によると見られる破損などは見当たりませんでした。

 組み付けて、安全点検のために乗ってみると・・・。実によく考えて組み付けられた車体であることがわかります。

 乗り手は、相当ベテランのサイクリスト。相当ベテランというと、それなりに齢は重ねておられます。なので、若い頃からのご自分の変化を十分に、捉えた中でのスペックとなっていますね。

 DSC_2190_convert_20180317213209.jpg

 保険としてのトリプルをお使いで、たぶん若い頃はQファクターだなんだでこだわりはあったと思いますが、今は長距離を流して乗るために、もしもの際の保険としてのトリプルインナーをお持ちです。ほとんど使ったことはないながら、これがあるのと無いのとでは心理的な負担変わってきますね。大いにありの選択肢であると思います。

 DSC_2191_convert_20180317213217.jpg

 エントリーモデルに機能的手抜きのないシマノならではを使用する発想、ごっつくて壊れにくい・・・、これで十分・・・。

 DSC_2189_convert_20180317213154.jpg

 浅めのドロップハンドルに、フラット部分の長いものを選択、ディズナいいとこ取りですね、しかも登りや、平坦でも披露した際のエマージェンシーポジションに余裕を持たせたエイドブレーキの選択。このハンドルどこを持ってもリラックスして走れる形状をしています。

 もう、一定の歳なんで、決して無理はさせず、快適に長距離をそこそこのスピードで流して走る、ホイールにはちょっと金かけてのそのアンバランスなバランス感覚が、ちょっとやそっとでない、成熟したサイクリストを暗示させてくれます。

 DSC_2187再組付け_convert_20180317212548

 もう一度見てみます?サドルは長年自分の骨盤にあわせて型を付けたブルックス。どこをとっても無理がない、見栄もない、自身にとってここぞ!という金の使いどころが粋で、何よりも自分自身をよくわかっているとしか思えない、自転車の組み方をされています・・・、これには脱帽ですね。

 こういう自転車というのはちょっとやそっとでは組めません。自転車を知り、何よりも自分の分を知る・・・、そういう深い配慮の中からでしか、こうした自転車は生まれてこない。

 金のありそうな高齢者をつかまえて、分不相応なスペックで乗せるなんてことは簡単なことなんです、おだててゆすればいいだけなんですから・・・。

 でも、当店の目指すところは、そういう所ではありません。ご自分をわかっておられる方、予感されている方にとっての最適な一台は何か?というところで、一緒に悩んで作っていきたい・・・ですね。

 でもまあ、この手の達人レベルの方が来られた場合には、すべてお任せで、こちらは手を動かすのみ・・・ですが。

 東京ベントス、というご当地ロードレースのチームに愛情と深い理解を示し、当店のような店にも好意を持ってで入りしていただける、ある意味正真正銘の自転車仙人・・・かもしれない方ですね。

 店主などよりも、より濃い霞をご所望されているようであります、ハハー!!

[Read More...]

点検の春 移動の春



 振れが尋常じゃないホイールが付いていた。回すとチャラチャラと音がする。たぶん折れたニップルが、リム内になるな。

 という事はスポークが折れている。

 ほらハブに、スポークの通ってない穴が見つかる。一本のスポーク折れ、ノーマルのホイールは直しやすい。

 DSC_1900_convert_20180316230716.jpg

 測ると280ミリの黒スポーク。長いやつをちょん切って、ねじ山を立てる。

 そいつを通して、ニップル止め、調整するが・・・。ホイール全体がもう疲れているのがわかる。

 こういうホイールは締めて調整してはダメだ。実際一部締めてみたら、もう一本スポークが飛んでしまった。されば、緩めて機嫌をとりつつ、なだめつつ調整すべし、という事になる。

 まずは周辺を緩めるところから始める、緩めてとれる、おさまる振れというのがある。そして反対側から少し引っ張る、つまり締めるのである。

 まずは緩める、緊張取ってから、その余裕の範囲以下で、締める・・・これを繰り返すんだな。

 DSC_1904_convert_20180316230735.jpg

 もちろん振れを取る前に、ハブのガタを取らねばならない、そのくらいこのホイールは疲れていた。ガタを取らないと、リムが触れているのか?ハブの根元から触れているのか判別付かないわけだ、だからまずはハブのガタ取りが先。

 DSC_1905_convert_20180316230748.jpg

 スポークの折れはないが、振れはあったフロントホイール。こいつも直す。でも限界あるな・・・、前後ともにつかれている。

 DSC_1903_convert_20180316230726.jpg

 あとはチェーンやスプロケの洗浄。軽い落車によるエンド台座の曲がり修正、そしてシフト調整、ブレーキシュー交換と調整・・・、まあこんな感じかな?

 あまり手入れのいい自転車じゃないので、半年以内の内に、整備するのが望ましい。

 この持ち主が、また若い。

DSC_1908_convert_20180316230758.jpg

 この青年、名前を家野(カヤ)という、KHAYAとも書く。ズールー語でホームという意味らしい、漢字の当て字も面白い。この青年十九才、この春岡山の大学に進学する。

 しかし、実に感慨深いやつなのだ。

 今を去る30年前、店主が二十代だった頃、日本で南アフリカ共和国のアパルトヘイト政策に反対する団体に入って、活動していた時期があった。

 まあ、色んなことやったなあ・・・、色んな人とも会ったなあ・・・。

 その中に、とある聡明な女性がいたんだな。彼女は南アフリカ解放のための組織ANC、当時はまだ非合法の組織だったが、それが東京で支部を作ることになり、当時は唯一日本共産党だけが協力してくれたんだな。

 そこに、ジェリー・マツィーラという代表が赴任してきたんだが、その方の第一秘書になったのが、その聡明な女性。英語はもちろん、一人で、様々な事務処理をこなし、アフリカ大使館や日本の要人達と渡り合っていたんだが、それから数年して、南アの人と一緒になったという噂を聞いた。

 アパルトヘイトも終わり、その会も解散になった。

 それから約三十年経って、ひょっこりやって来たのがこのカヤ君なのであった。

 津山君・・・?・・・・もしかして、あの津山さんの・・・息子?

 なるほど、南アの人と一緒になった津山さん、その間に産まれたのがこの子・・・なのか?

 この野郎、なかなか聡明だ。こちらは自転車をいじりながら、手を動かしながら、相当の話をしたんだが、それらすべてに、非常に高いレベルでの理解を示していた様に思う。ちょっとやそっとのやりとりではなかった。

 確か高校時代の地理の時間であったか、今でも覚えているが、佐野先生の南アフリカの授業に影響受けて、日本での反アパルトヘイトの勉強会などにも出始めて、必死にその代表に手紙を書いたりしていたことがあった・・・。

 学生になり、活動がより自由になると、デモ責になって警視庁でいじめられたり、ナイジェリア大使館の大使に集会に出てくれるよう偉そうに交渉したり、国連からで資金と寄付金で「反アパルトヘイト・アジア・大西洋・オセアニア会議」を主催したりと、なんか色々とやっていたわな。

 その30年後、そこで知り合った女性の息子の自転車をいじっているなんてなあ・・・、長生きはするもんだ。

 確かに制度としてのアパルトヘイトは終わった、しかし長年のその影響はまだまだ、これからも続いていくだろう、日本と南アとの狭間に産まれたお前さんは、一体どういう人生を歩んでいくんだい?

  こちらは、あれから三十年、色々変わったことがあったが、芯は実は変わっていないんだ。ただ自転車組んでいるだけじゃ無いんだぜ、内にはパッションは確実に秘めている、そしてそれを実現するための型のバリエーションと、多少の術と関係はもちつつある、忍耐力も多少は身についた。

 例えば、店主は自分の人生を越えていくことに着手しようとしている、これでもな。お前は?どうなっていくんだろう?今わかるのは、どこか非常に高いところまで、お前なら行けるということだ。

 もしまた、そんなところで会えたとしたら、それはまたそれでよしだな。

 でもその前に、半年以内に自転車診せに来いよ、決して管理はうまいとは言えないからな。

 この春、岡山か、行ってこい、全く心配することなく、信じるところに進むだけ、お前さんなら大丈夫だ!

やっぱりベントに



 先日、カーボンホイールをはいた、例の年代物キャノンデールなんですが、このスペックで滑走してもらいました。

 基本、大分いいみたいです、よかった・・・。一つをのぞいては・・・。

 DSC_1827_convert_20180305210113.jpg

 フォークの内側に筋が見えますね、ヘッド回りから異音がしていたという事で、ヘッドパーツを交換し様子を見たんですが、どうも、フォーク自身に寿命がきたようですね。

 そこで交換・・・なんですが。この年代物フレームのヘッドは1インチ、なので、通常であれば選択肢はほとんど無いんですが・・・。

 オリジナルフレームを持っている当店としては、メッキものストレート、ベント、しかもステム形式はクイル、アヘッド両方できるという四通りの使い方があるんですね。

 しかもそれだけではない・・・。

 DSC_1846_convert_20180305210230.jpg

 このように、ストレートではあるが、1インチのカーボンフォークを何本は持っている。さて、今回この三本の中から何を選択するか?

 ベントかストレートか、カーボンか?

 どうも見た目を重視するとベント・・・という事になりましたね。

 DSC_1829_convert_20180305210120.jpg

 まずは交換するフォークを外す。

 DSC_1830_convert_20180305210128.jpg

 下玉押しを外します。先日ヘッドパーツ打ち替えの際にクラウンを整えたあとが見えますね。

 DSC_1831_convert_20180305210136.jpg

 アヘッド用にも転用できるよう2、コラムを長くしているわけですが、こいつを切ります。

 DSC_1833_convert_20180305210146.jpg

 ガイドに通すことによって、切り口が垂直になります。ガイド自身は万力に挟みます。

 DSC_1834_convert_20180305210153.jpg

 切ったあと、外はサンダーにかけて角を落とし、内はバリ取りナイフでバリを取ります。金属のバリはなめてはいけません、それによってステムが入らなくなることもありますんで。

 DSC_1836_convert_20180305210201.jpg

 そんでもって、さっき外した下玉押しを移植しようと思いましたが、入らない・・・。前のフォークが26.4ミリなので、イタリアン・・・。オリジナルフォークは27ミリ・・・こりゃ入るわけない。

 となれば、下玉押しを27.0にしないといけない・・・、ヘッドパーツは下玉押し、ベアリング、ワンなどの複数が、輪投げのように一緒に束になって一つというパッケージングされているので、その中の一つを変えるというのが実に煩雑になるんであります。

 となれば、ヘッドパーツはいじらず・・・、フォークのクラウン回りをいじることに。

 DSC_1843_convert_20180305210221.jpg

 このように、26.4のクラウンレースカッターをかけることによって、イタリアンに変身させます。旋盤があればできますが、未だ当店に旋盤なし・・・、手でやります。

 DSC_1851_convert_20180305210246.jpg

 アルミフレームに鉄フォークがつきました。ベントです。

 このラインがお好きなようでした。

 DSC_1850_convert_20180305210238.jpg

 これにて完成、暫くこれで行くでしょう。

 乗ってみると、クロモリフォークは決して古くはない・・・というか、やっぱり一番安心だね。もちろん今所持しているフォークのほとんどはカーボンですが、一番安心するはやはりクロモリ・・・でしょう。

 まあ、そんなに下りで攻めたりはしませんがね・・・。

 しかし、今店舗開店のお手伝いなんかもしていますが、工具の手配に関して、ヘッド回りって、驚くほどの工具の種類が必要だということを再確認した次第です。

 あんなチッコイヘッドパーツに数えると・・・、外して、入れて、整えて、に6種類は使いますね、しかもインテグラルなんかを入れると、もうきりが無いくらいの工具が必要です、しかも刃物は高い・・・。BB回りも次に必要なくらいですが、開業するのに、こうした刃物類を一式購入するとなると、それは莫大な資金が必要になります。

 BBタップ片方で3000円、両方で5000円とか取る工房もあるやに聞きますが、ある意味こうした事情を考えると、無理もない・・・という事にもなり得ます。刃物は摩耗しますんで、変えないとね、その替え刃がまた高額・・・という、色々とご理解いただけると幸いに存じます。

 まずこれで、この車体のヘッド回り、フォーク回りの異音問題が解消されますように!


000_27867107_1441334672644940_8328638925830732578_n_convert_20180228213120.jpg
※3月11日は当店上の響き床で、ジャズ室内楽という新しいジャンルの音楽が誕生します!是非目撃してください!

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター