メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |車体 ロード tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

カーボンフレーム救出作戦!



 カーボンフレーム救出作戦!というほど大袈裟ではないんだが・・・。でも、ここがダメならフルな意味でこのフレームが使えなくなる、ということもまた事実でして、このフレームを使い切るという意味でやっぱり、救出作戦といってもいいかもね。

DSC_0547_convert_20170523215958.jpg

 サーベロのカーボンフレームですね。もうずいぶん前のものかもしれませんね。よくある開発費をふんだんにかけて、作り上げたような手の込んだものではないように見えます。

 これはどうも譲り受けたものらしいですね、ヤフオクだったかな?詳しいことはわかりませんが。その際に、ある条件が付いたとか。このフレームの一カ所に破損部分があるというね。

 その指摘を受けて、それを承知で購入したらしいんだよね。なんとかなる・・・と思ったのかな?

 それがどこかと言いますと。

 DSC_0514_convert_20170523215922.jpg

 ここなんですね。わかります?

 フロントディレーラーの直づけ台座の上部に亀裂が入っているでしょ?ここが破損箇所なんです。

 なら取り替えればいい・・・んだが。リベッターじゃない・・・。着脱はそう簡単ではないぞ!仮に外せたとして、サーベロがこの台座だけ売ってくれるとかあんのかね?

 仮にあるとして、ショップで外して、新しい台座付けてくれるのか?いや、ショップは万が一のことを考えて、やりたがらないでしょう。
 ということは、メーカー戻し?さあ、知らねー・・・。

 こんなちっこいパーツの亀裂一つで、先ほど申し上げたように、この立派なカーボンフレームがフルに使えない可能性が出てきているんですねえ。このまま使い続けたら、いずれ台座はダメになるでしょう?どうするの?

 実は、こんな状況のカーボンフレームって、結構あるんじゃない?なんて推測します。すべてとは言わんが救えるもの救い出したいね。

 なので、そんなにカーボン車体に乗りたいなら、まずはこの辺、直づけではなくて、バンド式のFメカ仕様ものを選択するのがいいんじゃないか?というのは、こういう事態を想定してのことなのね。

 大体直づけ台座って、曲がっていたりすることもあるので、それを矯正する工具もないし、金属フレームなら、まだしも、カーボンの薄いパイプにリベットで付いているものなんて、おっかなくて触れないよね・・・。

 そういうわけで、もし欲しいと思うカーボン車体がどうしても直づけだった場合には、「この台座に何かあった場合、ショップさんかメーカーさんで対処していただけるのでしょうか?」くらいの質問はしておいた方がいいよ!

 そしてもちろんエンド金具は多めに確保しておくことだな。

 ということで、さらに、中古状態から譲り受けた車体としては、ショップもメーカーもないだろうなあ・・・、そういうのが当店に回った来たんであります。

 でもなんとかするしかない。

 DSC_0603_convert_20170523220014.jpg

 リベットの頭を落とすことはできる・・・が、頭がないからといって、すぐに外れない。たぶん接着剤とか、塗装とかで圧着されているんだと思います。

 そんなこんなで外したあと、下地をならしたりして。

DSC_0604_convert_20170523220023.jpg

 台座になる金具は、新調した。柳さんに頼んでね、サーベロと同じRのパイプから切り出して、あと台座部分をロウ付けしてもらう。

 それにつや消し黒の塗装をして、さて、これからリベッターを打ち込むんだがね。

 DSC_0605_convert_20170523220036.jpg

 まあ、いろんなやり方あるんだろうが。リベットのようなものは、一本丸打ちしてしまうと、若干のズレなどから他の三カ所に入らなくなるような微妙なことが起こるんですね。

 こいうことは、一般のボルト付けにもあり得るんですが、だからボルトの太さやりも若干大きくバカ穴を開けるんですが、リベットの場合は、どうしても金属をつぶして裏付けするので、一般のボルトナットよりも、取り付け過程でいびつになりやすいんじゃないか?つまりズレるんじゃないか、なんて思いましてね。

 こうして、すべての穴に、ズレ防止のリベットをあらかじめ入れらるように調整します、コンマ五ミリ穴を大きめにしたりしてね。

 そして、そして柄の部分を噛まして、ガチン!というまで引っ張ります。

 DSC_0607_convert_20170523220044.jpg

 なんとか付いたぜ!元々の住民のような顔している。神経使わせやがって・・・。

DSC_0548_convert_20170523220007.jpg

 しっかり乗っかって、使ってみるに剛性も確保できてます。変速効率はいいですね。なんたってクロモリ台座ですから。まあ、様子見ながら使って欲しいですね、変速効率が悪くなったりしたら、リベットが緩んでいるのかもしれませんしね。

 でも、やはり、こういう取り付けに癖のあるものは、レース機材としてどうなのかな?とも思いますね。落車で曲がった場合なんかどうすんだろう?やはり、この点はバンド式のFメカ仕様のものをおすすめしますね。特に、自分で車体を用意しなければならないアマチュアの場合は特にね。

 DSC_0546_convert_20170523215945.jpg

 なんか異彩を放つこのフォーク。これは純正ではないんじゃないか?なんて思ったりして。

 DSC_0545_convert_20170523215937.jpg

 今はやりの浅曲がりハンドル、初心者用には取っつきやすいね、ドロップハンドルへの恐怖心は少し薄めてくれるが、使っている内に半年で飽きるんじゃないかな?なんて思ったり、古いおじさんは・・・。

 DSC_0544_convert_20170523215929.jpg

 まあ、とりあえず、あんだけのちっぽけな亀裂で、このフレームがフルで使えなくなる、というような状況にならないように、各メーカーさん達にしっかり検討してもらいつつも、何かあったら、できることはいたします!と小さいショップは個別対応だ。

 ヤフオクなんかは、使われないものが、適材となって、適所に行く・・・逆か、適所に行くから適材になるんだな・・・、という意味では大いに活用されるべきなnだが、こういうことも起こりえるので、それに対処する術なり関係なりを背負っていないと、大損もしかねないという、リスクはしっかり認知しておきましょうね。

 それさえあれば、まあ、いい制度でないか?と応援いたします!

因縁の車体 アランに化けられる レイダック登場



 よほどのへんてこな企画でも持ち上がらない限り、二度と登場しないであろう、アルミパイプの接着フレーム。

 DSC_0607_convert_20170522014032.jpg

 これはブリジストンのレイダックで、当店因縁のフレームではあるんですが、これほどきれいなのもちょいと珍しいかもね。ジョイント部分をマスキングして、他をキャンディーブルーとかで塗装してやると、フランスの名車、アラン見紛うそのパイプの状態であります。

 こいつをどこから落としてきて、持ち込まれてきたんだが。

 DSC_0522_convert_20170522013903.jpg

 シマノ600がコンポとして付いている。これはやり方によっては、嫌みのないビンテージにも変身するなあ・・・、従って盗難対策も必要になるかもね。

 DSC_0524_convert_20170522013919.jpg

 最初チューブラータイヤが付いていたので、ホイールもチューブラー用かと思っていたので、まずはクリンチャーリムで組み替えるか?なんて思ったんだが、よく見たら、そもそもがクリンチャーでやんの。

 DSC_0526_convert_20170522013927.jpg

 前後ともに、クリンチャーリムで組み替えて・・・なら、リアハブも8速以上にして・・・手元にするか?どうしようか?なんて考えていたんだが、当初の計画はおじゃん。基本メンテとなりました。

 DSC_0523_convert_20170522013912.jpg

 チネリ系のハンドルが付いていたりして、結構前の持ち主はこだわっていたようですな。

 DSC_0602_convert_20170522013944.jpg

 タイヤ交換は新品のものにして、いつもの調整だよね。

 DSC_0603_convert_20170522013953.jpg

 チェーン洗浄やワイヤーの張り替えなど、いつも通り。

 DSC_0604_convert_20170522014004.jpg

 スプロケ・・・これはまあ、7速ものシマノの字が邪魔だが。これは次の課題ということに。リアディレーラーだって、まだまだきれいだよね。あまり乗っていないのかもしれないね。

 DSC_0605_convert_20170522014015.jpg

 シューの調子を見て、ブレーキ調整すると、まあ動く、止まるよね。いいもんというのはこういうもんだ。

 DSC_0606_convert_20170522014023.jpg

 サドルも白いし、夏に向かうのでバーテープも白にしてみた。

 DSC_0601_convert_20170522013936.jpg

 まずは乗れるように、ということで、今回はここまで。Wレバーをまずは使ってみるというのも悪くはない、そのご手元変速等に替えてもいいしね。

 アラン化計画も捨てがたい・・・。手元変速は、シマノ600から探してやれば、きっとマニアには垂涎の一台になるだろうなあ・・・。いやいや、乗るだけでない、いじり手のこちらもワクワクする伸びしろがあるなあ・・・。

 やっぱりレイダックは因縁の車体ではある・・・、次来たらどうしてやろうか?覚悟してろ!

超コンパクトで困ったの巻!



 カーボンのコルナゴの登場。こういうのって、高額ということもあってちょいと緊張しますね。でご要望は何だ?

DSC_0466_convert_20170519205012.jpg

 すんでいる土地柄、山坂しかなく、コンパクトクランクでは足が回らない。そこで46*30なんていうチョーコンパクトクランク取り付けたい、というご希望なんだが。

 このフレーム、カーボンにありがちな、直づけ台座がとりついているタイプなんであります。

 DSC_0467_convert_20170519205020.jpg

 そこで取り付けてみたものの、最も低い位置に取り付けても、これだけチョーコンパクトクランクとの間に隙間が出てしまうという、大問題にさしかかったという。

 さーて・・・ね。

 ならチョーコンパクトは諦めて、かっこの善し悪しは別として、でかいスプロケでもはきますか?マウンテンみたいな、とね。これなら、スプロケ交換だけで、他いじる必要はありません。

 ただ・・・、

DSC_0542_convert_20170519205130.jpg

 すでにでかいスプロケが付いている・・・、これだけのやつ付けても、足が回らない・・・というところから、チョーコンパクトに来たというから・・・、これはやはりスプロケ交換では話はすまない・・・という展開になった。

 でもねえ、カーボンフレームにリベットで直づけ台座が付いているわけで、それを外して、それ自体を下に付けるなんてことは・・・、したくない。リベットの穴が残ってしまう・・・フレームの強度も心配だしね。

 あとは、リベットの穴は既存のものを利用しつつ、今よりさらに下に付くような台座を作って取り付ける・・・という手もなくはない・・・。

 いずれにしろ、カーボンフレームに手を入れるなんていうのは・・・、もし失敗したら・・・どうしましょ?ごめんじゃすまないでしょ?

 参ったね・・・。

 なんかもっと安全に、フロントディレーラーの位置を下げるなんていう方法はないかしら?と考える。

 考えるだけじゃあダメで、現場をきちんと見る、観察ですね。
 DSC_0468_convert_20170519205027.jpg

 じっとパーツを見ていて、ひらめいた・・・。かつて自分のレーサー組むときに、この取り付け台座のねじ山が、全く役に立たず、中身をいじった経験があったのを思い出した。本来なら返品ものなんだが、そんな暇がもったいないから、再度ねじ山を一回りデカイもので切り直して、その日のうちに組み付けて乗った記憶があった。

 何のかんのと、アルミだしね・・・。さらに失敗してもだ、ポテンザのフロントディレーラーなんて安いもんだ・・・よね。俄然元気が出た!んで、加工開始!

DSC_0530_convert_20170519205034.jpg

 ちょいと角度的に複雑なめんがあったので、細かい工程は省きますが、単純に言えば、フロントディレーラーを固定して、ボール盤で穴を開けて、ねじ山を従来の穴の上に切り直すということです。

DSC_0536_convert_20170519205048.jpg

 こんな具合にね、上の銀の穴が店主の開けた穴。取り付け台座に当てる部部も結構な長さと密度があるもんで、その上五ミリのところ再度穴を開けることで、フロントディレーラー自身を五ミリ下げられるという、ことですね。単純な発想です。

 DSC_0532_convert_20170519205041.jpg

 こうしてねじ山切って、今回はご丁寧にリコイルをしましたよ。ちょっと手がかかっていますが。

 DSC_0541_convert_20170519205120.jpg

 そうすることで、ごらんのようにフロントメカの位置がドカンと下げられることができ、

DSC_0539_convert_20170519205104.jpg

 このチョーコンパクトクランクでも、変速が可能になる・・・というね。

DSC_0544_convert_20170519205138.jpg

 あとは、調整して、エルゴでのベストシフトを目指しつつ、完成と来ましたわ。

 DSC_0537_convert_20170519205056.jpg

 相模原の方だと聞きました。確かに回りは坂だらけですね。そういう方にはチョーコンパクトクランク・・・、大いにありでありましょう。

 あとは、そこで実際に使ってみて、フロントメカに不具合が出ないか?強度に問題はないか?耐久性はどうか?などちょいとばかり神経使って、綿密な管理が必要になると思います。

 地域もあるし、年齢もある。それらに合わせた、ギア比なり何なりを作るとき、どうしてもこうした無理筋系の改造も必要になることもある。

 それは依頼者と話し合って、施工内容の説明や、施工後の管理など、今はやりの自己責任!以上の関係を作りながらやっていくものだと思いますね。すでにメーカーの補償など全く期待できなくなっています。

 あとは、依頼者さんとショップとの綿密な関係の中で、今後どうなっていくのかをしっかり見極めながら、今後の技や知識の中に組み込んでいくしかないですね。

 たぶん今回の改造は、カーボンフレームには最もダメージの少ない、リスクの少ない選択だったと思います。

 カーボンフレームと、この直づけ台座のトラブルは、かなりあると思いますし、その対策としては、できる限り直づけものを使わず、バンド式のフレームものを選ぶ方がいいと思いますが、それもまあ、うまくはいかないんでしょうな。乗りたい!と思うフレームが、バンド式とは限らない、むしろ逆の方が多い・・・というようなね。

 とまあ、カーボンフレームには冷たい印象の当店かもしれませんが・・・、でも入ってきてものには、有縁となったカーボン車には、できる限りのことは、するんですよ!ドンと来い!とはいいませんが、本当に困って、他にやってくれくれるところがない、ということが証明できたら、やらないこともない・・・くらいにしておきましょうかね。

Wレバーから一気にエルゴに転身!それもありかもね!



  ナナギサワのフレームのこの自転車ですが、先日この形で再生して、街道に戻っていったわけですが・・・、戻ってきたんですね。

 やはりWレバーでは少々きつい、手元変速にして欲しい、タイヤもチューブラーだと管理が大変なんでクリンチャーにできないだろうか?

 かなり大々的な手入れになるが、そうやることでいっそう乗りやすく、管理しやすくして、より快適にこいつに乗り続けていきたい・・・というご希望。

 当店がのらない手はない・・・。あとはコンセプト、クラシカルな雰囲気はそのまんまなのか?パーツによってはそうでなくてもよいか・・・。

 ご本人曰く、成り行き上そうならざるを得ないのであれば、それはそれでいいということ。別にクラシカルにはこだわらない、改造しているうちにそうなったのであれば、それでいいということ・・・です。

 では・・・まずはホイールなんですが。ここで問題が、この柳沢のフレームが120エンド。両サイドに開いてみてせいぜい126ミリ。それ以上はフレームが堅くて、開きようがないという。

 なればハブの方をいじるしかない・・・。

 DSC_0472_convert_20170518201702.jpg

 ハブに付いている、この金具を少し削って調整するしかない・・・な。

 DSC_0475_convert_20170518201710.jpg

 こいつとシャフトの方を均等に削って、短くする。四ミリのダウンサイズに成功。

DSC_0477_convert_20170518201718.jpg

 削った結果、思い通りのダウンサイズに成功。

 DSC_0478_convert_20170518201726.jpg

 ホイールのセンターを再度出して、装着してみると、ピッタリはいる。狙ってはいたがちょいと感動もの。ミケのハブを使いました。

 DSC_0538_convert_20170518201813.jpg

 こいつからミケのハブに交換してくみ上げたんで、十速が装着可能になりました。

 DSC_0537_convert_20170518201804.jpg

 その結果、このふるいディレーラー、しばしお休みに。

 その代わりに・・・、

DSC_0589_convert_20170518201844.jpg

 十速スプロケに、コーラスのディレーラーがつきました。

 DSC_0536_convert_20170518201757.jpg

 そしてこのギアではあまりのも重いということで、持ち込みクランクにBBごと替えました。

 DSC_0587_convert_20170518201829.jpg

 持ち込みのコーラスクランクにちょいと小さめのギアを付けています。

 DSC_0588_convert_20170518201836.jpg

 フロントメカも交換です。

 DSC_0533_convert_20170518201742.jpg

 このブレーキレバーだけだったのが・・・、

 DSC_0593_convert_20170518201900.jpg

 しっかりエルゴパワーに変わっています。

 DSC_0594_convert_20170518201910.jpg

 ステムは衰えたこともあって、二十ミリ短いものに交換です。

DSC_0535_convert_20170518201750.jpg

 こいつも、クリンチャーに交換ということになる。

 DSC_0591_convert_20170518201852.jpg

 より近代的(?)なミケのハブで組み付け完了です。

DSC_0585_convert_20170518201821.jpg

 まあ、前の状態でもしっかり走れたものの、やはりハンドルから手を離す瞬間にちょっとした恐怖感とまで行かなくとも、不安感がわき出るようであれば、手元変速にしてやった方がいいし、その際、自分の足に合ったギア比にどれだけ近づけるか?なんてことも一気にやってしまうのはいいことだと思います。

 どうでしょうね。これはこれで一つのスタイルになっている、やはり細い鉄フレームには、現行品ではカンパベローチェーのファイブアームが合うね。

 各メーカーさんが新商品を開発するのもいいが、そういう論理とは別に、それはそれで楽しめる、工芸的にも、機能的にも、相応的にも、楽しめるコンポというか形式を実現化させる余裕はもうメーカーさんにはないのかね?

 そうね、今や鉄フレームに合うコンポと言えば、やはりカンパベローチェ・・・くらいじゃない?

 いずれにせよ、これで乗りやすくなれば、より乗られるようになるでしょう。そうなると体も変わるし、食生活も変わる・・・そういう好循環に持って行ける、きっかけに自転車がなってくれればいいんだが。

 それにもまして、鉄フレームはいいね、走ってみてもいいよ。適度な硬さというの?

 この手の車種の再生には、いろんな形式を持っているはずであるし、、この手の仕事は優先順位が高い、ある意味当店の存在意義のかかっているような車体だからなあ・・・。

このっくらいのロードってもしかして・・・



 トーエイのフレームを当店でこの色に塗装して乗っていたところ、軽い事故にありまして、その修復も終わってまた走り出していたんだが、そろそろ一年以上たったので、と定期検診に持ってこられた。

DSC_0560_convert_20170517220506.jpg

 基本そうなると、ワイヤー・チェーン交換とその他全点検などすることになります。

 DSC_0559_convert_20170517220455.jpg

 さびてなくても、チェーンは伸びるものなんだが。伸びは走った距離に比例するので、本来は期間ではなく、乗った距離によってはかるべきでありますが、適度に乗っているのであれば、まあざっと一年に一度くらいは交換しておいたほうがいいですね。

 DSC_0561_convert_20170517220515.jpg

 ハブ周りもホイールも見ておく、グリスの必要があるのか?ホイールに振れはあるか?

 DSC_0543_convert_20170517220427.jpg

 当然前後見ることによりますね。曲がったホイールですと、まっすぐ走るために、体が妥協して変な癖が付いたりします。そうしたものの一切いらない精度のいいホイールは、ホイールが勝手に風切って走って行く感じ・・・かな?

 DSC_0542_convert_20170517220419.jpg

 今回はハブ軸にガタが出て、色々やってみましたが、最後はシャフト交換にて対応。この辺は道具のない素人さんは、手を出さない方がいい。

 DSC_0540_convert_20170517220410.jpg

 おきまりのチェーン交換して、シフトのセッティング。

 DSC_0539_convert_20170517220402.jpg

 ワイヤー交換はブレーキと、シフトの神経を交換するようなもの、当然その両末端の点検も同時にしないと、何の効果もありません。ワイヤーを張るだけなら中学生でもできる、どういう張り方をするかが問題なんですね。

 DSC_0537_convert_20170517220353.jpg

 とまあ、こんな感じで、仕上がるんでありますが、当然試乗してみますね。

 乗ってみるとですねえ・・・、こいつがいいんであります。この手のクラシカル系統の何が苦手か?というと店主の場合はブレーキにあります。

 昔のブレーキは効かない、引きにくい・・・という特徴が往々にしてあると思いますが、ブレーキの引きにはちょいとうるさい店主からすると、ブレーキの効かない自転車はいかに外見がかっこよかろうと、クラシカルであろうと、乗る気が起きない・・・。

 こいつはどうかな?と乗ってみたが効く、イメージ通り効く。

 DSC_0545_convert_20170517220438.jpg

 ブレーキはこいつ使っていますカンパスケルトンの今はなきアテナですね。だからそこそこ、いや、十分に効くわけであります。

 そうなると、この一見クラシカルな自転車も別の様相を伴って、店主の前に立ち現れてくる。

 このふるいロードの形式で、快走ツーリング車っていうのはどうかな?というね。

 DSC_0537_convert_20170517220353.jpg

 もう一度見ますと、革サドル・・・、これは重いが、そういう意味でレーサー的ではないが、革サドルをならしたら、尻が離れないといわれるくらいフィットする、重いが選択の価値はあり。

 急ぐ旅ではないので、Wレバーで行く。セコセコ走るなら手元変速は最高、ただのんびりサイクリングには、Wレバーで十分。

 ブレーキとの相性がよければ、上引きのブレーキレバーも味に見えてきます。

 リアのスプロケの数、これは当店では枚数選択できますんで、三枚、四枚、五枚、六枚と皿屋敷なみに選択ができます。

 基本WOのタイヤなんだが、何ならチューブラーでもいいね。まあ、そんなとこだ。

 あとは塗装に少し凝れば、スゲーのんびり快速号ができるんじゃない?なんて、この自転車を試乗しながら思ったもんだ。

 オリジナルフレームは、まだ数本あるから、あいつらで、この手の快走のんびり号でも作ってみるかな?五十代や六十代の方々が、これだよ!これこれ!と瞠目するようなやつを組んでみましょうかね?

 塗装はかなり渋いよ・・・、そうするよ。

 ということで、こうご期待だな。

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター