メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |車体 ロード tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

クランク交換 ちょっとドミノ



 ツーリング車・・・なんだが、700cで、どうも泥よけが付いているらしい。という事はスポルティーフ、ということですね。

 この手の落ち着いた自転車となると、どうしても年配の方というのが大体相場なんだが、今回は、学生・・・しかも高校生っていうんだから、驚いたよね。

 DSC_1724_convert_20171224174106.jpg

 これ丸ごと一台、なんとか購入したらしいが、どうもこのクランクが気に入らないときた。ギア比でもなく、機能でも無く、完全に見た目として、気に入らないらしい。

 そこで、金を貯めたんだと。相当貯めたらしい。そして、一気にクランクとBBを持ってきて、交換してくれ!ときた。

 するのはいいが、ドミノが起きるんで、手前で工賃は言わないよ。恐ろしく加算されることもあるんで・・・。なんてことは高校生にいっても仕方ない、最後は有り金置いていけでいいか・・・と。

DSC_1726_convert_20171224174114.jpg

 まず外さないとこうはできないが、外しはちょっと大変だったぞ。六角にフィキシングボルトがメチャクチャ固かった・・・。よく一人で開けられたと思うよ。

 たぶん、自転車屋のいくつかはこの段階で、外せない・・・と断る店も出てきておかしくはない、そんな程度の固さだったなあ。

 まずは外して、タッピング。これだけでも五千円取る店もあるらしいね。自転車屋って儲かるんだ・・・、転職しようかしら?

 DSC_1727_convert_20171224174121.jpg

 これをしたのは、このフェイシングのためと言っても過言ではない。次のBBが並行を重要視する形式なんでな。これだけでも数千円取る店もあるとか・・・、そんなことしたらクランク交換にいくらかかるんだ?

 DSC_1730_convert_20171224174129.jpg

 理想的じゃねーか・・・ムフフ。

DSC_1731_convert_20171224174137.jpg

 そしてもっと理想といえば、こうして手塩にかけたBBソケットには、このように手だけでBBを装着できること。もちろん増し締めはしますがね、工具で。

DSC_1732_convert_20171224174145.jpg

 そんでもって、右クランクを通して、そこに左クランクを噛ませて、中心のフィキシングでこちらに引き寄せ、ボルト二本で、右クランクに心棒に固定する・・・とね。

 この際トルクレンチでトルク管理を!

 特にスギノはした方が良いよ。というのは・・・今を去る八年くらい前、この手のスギノクランクを取り付けていたら、なんとボルトが途中で折れやがった・・・。

 折れた上半分は回して取れたが、下半分はしっかりクランク内部に食い込んで、しかも頭がないもんで簡単にとれる手段なしと来た。

 これには参った・・・、折れただけなら、別ボルト使えばいいが、折れたものがクランク内に残っている・・・、下手するとクランクごとの交換になってしまう・・・。

 そこで、問屋から直接スギノに連絡したところ、営業のものが出て、「それはオーバートルクでしょう」の一点張り。つまりトルク管理しないで締め込んで折れたのはそちらのせいだということだ。

 じゃあ、聞くが、一体何トルク以上でわざわざ折れるようにつくってんのか?と。通常に一般工具で、人力で締め込んで折れるボルトがあるのか?ある一定以上で折れないと、母材が割れてしまう、カーボンのようなデリケートな箇所ならいざ知らず、アルミのシャフトにアルミを噛ませるための、むしろこのトルク管理は低トルクを危険視する方向だろう?なのにボルトが折れるのか?

 焼きが入っていない安いボルトなんじゃねーの?

 かつてシマノも、同じような対応だったそうだが、釣り客は大人が多いんで、そんな対応ではやっていけないということで、丁寧になり、それが自転車にも伝播したという事だった。それに比べてスギノは・・・というある問屋の言い分だった。いいものも作っているんだけどねえ・・・。

 でここからがドミノその1。

 DSC_1735_convert_20171224174153.jpg

 リンクの歯数が小さくなったので、フロントディレーラーとの距離が開いてしまった・・・。こいつを少し下ろさないとね。

 DSC_1736_convert_20171224174201.jpg

 そして、ドミノその2、同じくリンク歯数の現象で、チェーンも多少長くなっていたようだ。

 DSC_1480_convert_20171224174000.jpg

 一コマつめて、ミッシングリンクに交換。チェーンの掃除がしやすくなるぞ。

 DSC_1737_convert_20171224174209.jpg

 これにて使えないギアはなくなったが・・・。

 11速対応のクランクに8速用の太いチェーンを使っているので、シフトアップしてチェーンがアウターに近づくと、リンク内部の引っかけ用のセレーションがアウターに引っかけようとチェーンに作用してくることがわかった・・・、これはまあ、仕方ないな。

 DSC_1479_convert_20171224173952.jpg

 グレー系のクランクが、シルバーに変わった。しかもこれ結構高額だっただろう?随分貯金して、一点豪華主義でもって、購入したそうだ、高校生が。

 どこでどうせしめたか知らんが、他に使わず、ひたすらため込んで、満を持して大枚はたく、いい使い方だと思うぞ。

 DSC_1481_convert_20171224174008.jpg

 BBも脇からせり出して、剛性を上げたし、フロントディレーラーも調整完了だ。

 DSC_1483_convert_20171224174016.jpg

 ウーン、泥よけなんかが付いている、好きならしい。今度泥よけ太郎がいる時に来れば話し合うんじゃない?

 DSC_1485_convert_20171224174033.jpg

 いずれホイールをシルバー出て組みするなんていうのもありだな。ずっと先でいいが。

 DSC_1484_convert_20171224174024.jpg

 ロングアーチなもんで、これをセンタープルにするなんていうのもいいだろうな。

 DSC_1487_convert_20171224174050.jpg

 大人になったら、絶対革サドルにするよな、こいつ絶対。

 DSC_1486_convert_20171224174042.jpg

 何使うんだかね。今度こいつで京都に行きたいと言ってたな。

 DSC_1478_convert_20171224173943.jpg

 ほんの一点ばかり、今回は横の顔、クランクを交換して、大変地味に満足げ。この冬休み、どこか行くな。ガラスに映った自分の自転車に気を取られて、事故起こすなよ。

 この子なら、こいつをそれこそ自分の成長に合わせて、変えていきながら四十年とか平気で乗りそうな予感がしてきた。店主はもうその頃はいないだろうが、こんな高校生が60近くになって、イヤー、ガキの頃から色々いじって、乗ってんだよ・・・と、店の前で若い子に自慢している・・・。

 そういう店が・・・、その頃にもあり続けてくれたらいいよな・・・と、若い子には期待しないが、ちょっとそんなことを考えた。

ニシキのアキラ君再び登場!



 大分反響ありました、ニシキのロードですが、この持ち主である謎のアキラ君に対する憶測も随分と飛び交っていたようであります。まあ、この辺のオールドタイプのクロモリロード好きというのは限られている、とも言えるので、あいつかな?イヤ、はたまたあいつかな?そういえばあいつニシキ売っていたよなあ・・・。最近あの野郎ニシキ購入していたなあ・・・。など、かなりローカルな情報まで刺激したようであります。

 DSC_1638_convert_20171212222945_20171217214229658.jpg

 もちろん彼の趣味はニシキだけではないようです、クロモリロードが好き、サンツアーなんかも大好きなようですね。

 その謎のアキラ君が、また登場して参りました!

 であるからして、今回彼自身の真の姿を彼の許可を得まして、ここに公開!することにいたします!

 じゃーん!!!!

DSC_1454_convert_20171217213254.jpg

 残念ながら、公開はここまでという事であります。というのも、このアキラ君、機密を扱うお仕事なんかもしているので、面は割れない方がいい、ということなんですねえ。謎はますます深まります。

 なので、ご本人の特定はできないまでも、この雨蛙グリーンのニシキに乗っている人を見つけたら、たぶんこの界隈では、彼くらいなもんでしょうね、ばれちゃいます。

 と、この謎のアキラ君なんですが、その謎を解く一つの鍵があります。

 DSC_1456_convert_20171217213302.jpg

 これ、靴なんですね。それもトレランの靴・・・。

 そう、彼は実はランナーでもあるんです。しかも、すごいことにサブスリーを目前にしている、ランナーさん。すごいよね。

 ここで彼に関する極秘情報一つ、来年大分あたりでフルマラソンの大会があるらしいんですが、それに出場します。目標タイムが三時間一桁台・・・。す、すごい!よね。

 安易に三時間切りますなんてこと言わないところがすごい。それだけギリギリ追い込んでいるということです。ちなみに彼曰く、体重一キロにつき五分のアドバンテージがある、という事らしいですね。

 そんな走る彼でもあるんですが、ここに課題一つ。マラソンと自転車両立させている彼だからこそできる、ランナーの皆さん達に、トレーニングとしての自転車を指導するという、重要な役目というか、彼しかできない貴重なソフトをお持ちなんですね。

 しかも、大の自転車好きと来ている。実は先日紹介した、自転車の神様におちょくられている人、いましたね、実はその方はこのアキラ君だったんです。

 再度おちょくられネタ一つ。

 DSC_1445_convert_20171217213223.jpg

 彼が入手した、たぶん神様から与えられた、ビンディングペダル。これがなんとハンドルで有名だった、サカエのものなんですね。

 DSC_1447_convert_20171217213230.jpg

 ちゃんとパテントもとられています。このビンディングなんですが、いっこうに流行らない中で、姿を消したものらしいですね。その内の一組が彼のもとに来たんですが、まあこれが役に立ちそうも無い。
 
 これを見れば一発でわかると思います。

 DSC_1450_convert_20171217213246.jpg

 クリートがこれなんですね。この写真じゃわかりにくいかな?よく見るとわかりますが、こいつ一枚の平面な板ではなくて、下に90度曲がっているんです。

 て、ことはどういうことかと申しますと、このクリートを靴の裏に取り付けて、歩くとなると、横から見るとTの字のかたち、天狗の下駄じゃないが、一歯の下駄と同じようなカッコになるわけです。まず歩きにくいし、足くじきそうになるし、一方クリートは削れるか、割れるかで、まあ大変使いにくいものになっているんですわ。

 誰も振り向かないような、パテントのペダルをつかんだのが、アキラ君というのがまたおちょくられネタなんでありますね。当店が引き継いだので、いつでも置いてありますので、どうぞ手にとってご覧ください。あまりの使い勝手の悪そうな感じに、思わず吹き出します。

 まあ、そんな自転車の神様に愛されつついびられている彼なんですが、将来的に、副業レベルで自転車屋・・・でもできればなあ、という夢を持っているようですね。

 いいと思うよね、彼には先程言ったように、大海にランナーという魚がウヨウヨ泳いでいるわけであります、彼独自の視点から、こませをまけば、もう入れグイ状態になるのはほぼ間違いなしなんですよ。そのためには自転車がいる、という事で自転車を二の次にできるという強みがあるんですね。これは実に強い、大変強いいい傾向なんだと思います。

 自転車屋は、自転車を組み付けて、治して売るだけじゃあもうダメなんですよ。そんなことしたって、強い大手がいるんだから、値段でやっても量でやっても、勝負にならない。

 同じ土俵ではない、自分で作ってきた土俵を持っているやつが最後は勝つ!隙間を見つけて、その奥に入っていくこと。

 数年後には、彼はもう先生と呼ばれているでしょう、自転車をトレーニングに取り入れて、市民レーサーがサブスリーを達成したんですから(未来ね)。

 なので、将来自転車屋を開きたいと思っている君、いや、別の商材でもいい、飲食でもいい、小売りの商売で行きたいと思っている君、もう立地のいいところで口開いていれば、物が売れる時代じゃないからね!

 どこの、誰に、何を、どう、届けたいか?その心は?この問いにすべて答えられないうちに、安易に商売などに手を出してはいけません。既に、格安の情報が満ちあふれ、それらを日本国中津々浦々どこにでも運ぶ術はできているわけですから。

 それ以外の、圧倒的に面白くて、興味深い、何らかの体験や物語が連なっていないと、最安のものから売れて、ハイ、おしまい、です。

 商売を始める前から既にそのための土台を持っているアキラ君、その内、ホイール組みからはじめて、クロモリロード組付けなど、当店内で勝手に修行しているかも知れないね。そうなんだよ、彼はあと自転車さえ安全に組み付けられればいんだから、楽だよね。

 世の中にその逆は山ほどいる、自転車は組み付けられても、それを商売ベースに持っていくための物語のかけらもない連中がね、それから比べれば、実にラッキーな展開だ。五年後が楽しみだわな。

DSC_1458_convert_20171217213313.jpg

 あばよ!またな!

ニシキのアキラ君登場



 以前もこの方、ニシキのフレームを持ってきて、再塗装のご依頼をいただいた。今回も・・・

DSC_1638_convert_20171212222945.jpg

 ニシキでやって来た。なので、仮名ニシキのアキラ君としましょう。しかしこの自転車も凝っている。

 DSC_1639_convert_20171212222952.jpg

 トリプルバテッドのクロモリフレーム・・・、一体どこから探してきたんだろう?コンポがほぼ総デュラエース・・・と来ている!アキラ君はまだ若いので、これは最初から彼の所有物ではなかったことは確実に言えると思う。

DSC_1637_convert_20171212222937.jpg

 Wレバー、真剣にスピードを追求するなら、もはやダメだが、流して走るにはまったく問題は無い、むしろトラブルがほとんど無いというのが最高にいい。特に段の付かない、フリクションタイプのものとなると、ワイヤーを張っておけば、あとは乗り手がやるので、調整すらほとんど必要ないくらい。

 DSC_1633_convert_20171212222930.jpg

 6速時代のものですね。

 DSC_1632_convert_20171212222922.jpg

 男のギアだよね・・・、インナーだって44だもんなあ・・・。こんなギア比のWレバーで、かつては山岳コースを走っていたんだから、ある意味すごい時代だったと思うな。

 DSC_1628_convert_20171212222859.jpg

 お決まりの上引きブレーキ。このワイヤーの飛び出しがなんともレトロ感なんだが、かつてはこれが本気モードだった。

 DSC_1629_convert_20171212222908.jpg

 そして、まあ、効くとは言い難いブレーキ。雨降ったら、フルブレーキしても、峠の下りで止まってくれるか心配なくらいだわな。

 先のブレーキレバーとこの手の組み合わせ、見た目はいいが、ちゃんと止まらないブレーキはあまり好きでない店主。この辺さえクリアされれば、この手の見た目の組み合わせなんかは、最高なんだがなあ・・・と思うが。

 DSC_1631_convert_20171212222915.jpg

 ペダルと特殊規格、アダプターがないと、今のペダルは使えません。

 DSC_1640_convert_20171212223000.jpg

 まず外すと、このデカイシムまで外れてきた。外された方が・・・、

DSC_1642_convert_20171212223008.jpg

 なんとも間抜けだわな。今のスルーアクスル・・・を連想しますな。これもまあ、過渡期の規格なんでありましょう。

 DSC_1644_convert_20171212223016.jpg

 シムを外すと、この通り、通常規格の別のペダルに交換しましょう、という事だった。

 DSC_1627_convert_20171212222851.jpg

 この手の年代物のレーサーをどうやって乗りこなすか?なんていうのが、自転車世界の成熟化の一つのポイントになるように思われますな。別にモロビンテージのパーツを使わなくとも、現行品でも、この手の自転車はいくらでも作れますんでね。

 しかし、この後輪の振れがすごくて、走ると、車体はまっすぐ走っているのに、後輪だけ蛇行しているんで、置いていきたくなりますな、でもその辺きっちり、アチコチグリスを入れて調整してやると、これが動く。そりゃそうだ、かつてはレース車体として、かっ飛んでいたんだろうから。

 もう少し要所を締めて、持ち主のアキラ君に返してやらないとな、いつまでも乗れるようにしておいてやらないとな、空に太陽がある限り!

ちょっとうらやましいなあ・・・



 いい奴が来たんだなあ・・・。

 DSC_1317_convert_20171210230354.jpg

 レミントンという、クロモリロードなんだわ。元競輪選手が所有していたものらしい。この依頼者さんも、ある意味自転車の神様が近くにいそうな・・・というか、正確に言うと、自転車の神様にもてあそばれている人・・・といった方がいいかな?まあ、よくよいもん、変なもん含めて自転車に関するものが集まってくるお人でもある。

 DSC_1319_convert_20171210230411.jpg

 今回はホイールの依頼ということできたんだが。どうもコンポ類を一式、シュパーブなんて面倒なもので整えたい、という事だ。ちなみに、こうした際に、コチラが額に汗してシュパーブ一式中古市場から探してやるほど、店主はお人好しではない。組みたいんだったら、自分で持ってきてね、組むのはコチラがやりますから・・・と、自ら相場には手を出さない店主なのであった。

 DSC_1322_convert_20171210230419.jpg

 デオーレのハブだといやなんだそうだ、そこで持ってこられたのが、シュパーブトラックハブ・・・。中空シャフトにして、クイックつけてと、リムまで持参。

 ところがイザ組む段になると、ハブとリムのホール数が合わない・・・。自転車の神におちょくられている・・・。

 でも捨てる神あれば、拾う神もあるということで。

 DSC_1614_convert_20171210230436.jpg

 こんなションベンゴールドリムと・・・、

 DSC_1615_convert_20171210230443.jpg

 お見事!シュパーブの本ちゃんハブをどこか地方で手にいれてきたようだ、いい神様に拾ってもらえたね。

 DSC_1617_convert_20171210230500.jpg

 リムも定番中の名リムなんだが、色がねえ・・・どうも・・・、ドリン剤飲んだ時の真っ黄色のションベンみたいな感じで、やっぱり自転車の神様にもてあそばれているよなあ・・・。

 DSC_1616_convert_20171210230453.jpg

 リアハブもシュパーブ!お見事です!ただ・・・、勇んで持ち込んだ8速のシュパーブ純正スプロケなんだが、ハブが7速用だったもんで、仕方なく一枚外して、7速仕様に変更。本当この自転車の神様はちょっと意地悪だなあ・・・。

 DSC_1618_convert_20171210230507.jpg

 黄色で合わせたバーテープ、なかなかいい・・・、しかもこいつ今は無きオフザフロントだぜ・・・。この神に憑かれているお方も偶然なんだがオフザフロントのファンのようで、何本か隠し持っている・・・そうだ。ヌヌヌヌ・・・。

 このオフザフロントが無くなって以来、店主にはお決まりのバーテープが無くなってしまって、大変困っているんじゃ!先日網実戦投入しなくなったハンドルを整理していたら、オフザフロントをまいたハンドル一本発見!

 早速キレイに外して、いつでもスタンバイオーケーにしておいた・・・。本当貴重なものになったよね。

 DSC_1624_convert_20171210230553.jpg

 見事にシュパーブのオンパレードだぜ!

DSC_1622_convert_20171210230546.jpg

 こんなの使っていると、現行ブレーキがききすぎる感じになるなあ。

 DSC_1619_convert_20171210230515.jpg

 チェーンリンクに特殊加工がしてある、凝ったものだな。競輪選手の名前の刻印まである。競輪選手には珍しく自転車の好きな選手だったのかも知れないね。意外かも知れないが、大半の競輪選手は自転車嫌いなんだぜ!

 このクランクも名クランクだよね、この前一人関戸橋をやっていたら、165ミリ、175ミリ、170ミリの3種類が出てきて、泣きそうになった。何がホローテックⅡだ!!!スクエアテーパーで十分じゃ!ただ、こいつのコンパクト版があったらなあ・・・、しかたねえ、650cで使うか・・・、ブツブツ、これが一人関戸橋なのだ。

 DSC_1620_convert_20171210230524.jpg

 シュパーブの真骨頂といえば、リアディレーラーだな。これがまあ、あの時代に何で?というくらいのできだよね。この距離から見ても、アルミのポワッとした質感が伝わってくるだろう・・・。

 DSC_1621_convert_20171210230531.jpg

 上からのぞくと、今どこのディレーラーにも付いているぶっといスプリング、それがない!四角いパンタグラフだけ・・・。

 だから言っただろう?もの作りも、政治も、野球も一強というのは絶対に良くないのだ!そっちがそうなら、コッチはこうだ!というのがないと、何がないって、面白くない!!!!

 だから、シマノ一強を揺さぶるものがあれば、応援する!決してシマノが敵だとかそういうことではない!一強として、唯一の発信源になった瞬間、その分野がクソつまらなくなる!ということを言っているに過ぎないのだ。

 DSC_1625_convert_20171210230603.jpg

 しかし、何が悲しくてこんなサドルを自ら選んだのかね?これは通称鰹節と呼ばれている、ド固いサドルの典型だ。競輪選手が200メートルを最速で踏み込むだけのために作られたサドルと言っても過言ではない。

 ケツがうるさくない店主からすれば、むしろ好きなサドルなんだが、こいつを馴らすのは通常なら結構大変かも知れない・・・ぞ!それを知らないで、自らこれを購入したって、まあ、やっぱり自転車の神様から完全にからかわれている・・・お人なんだろうな。しかし、本当底意地の悪い神様だこと・・・。

 DSC_1613_convert_20171210230427.jpg

 試乗してみたんだが、メチャクチャ、いい自転車だわ・・・。カッチリしていて、前に進むためのいいしなりもあってね・・・。ツールでも数日、こうした鉄フレームとWレバーの旧車でレースする日もあっていいんじゃないか?と思うがね。現役の選手が乗っても、いい走りをするよね、絶対に!

 鉄フレームって・・・奥深いね、本当奥深い。アルミ・カーボン乗り継いだ人たちにこそ、次は鉄だぞ!と小声を大にして言いたいね。

 まあ、相当いたずら好きで、意地も悪いが、最終的には自転車愛に満ちた神様にかわいがられている・・・という事が、わかる名車であった・・・、うらやましき奴だわな・・・。

十年越しのメンテナンス



 この写真見て、オオ!と思う方は、相当古い狸サイクルをご存じの方と思います。

 今の店舗から数えて、三つ前の阿佐ヶ谷団地時代の店舗です。狸サイクル2店舗目の店先です。この記事は10年以上前のものになりますね。

 うれしいことに、再度メンテのご依頼をいただきました。

 DSC_1479_convert_20171122235522.jpg

 前後ホイールは、持ち込みで交換しました。かつての記事にあるように、16Bゴールドで組んでいたんですね。十年サイドも陥没せず、無事任務を終えました、お疲れさん。

 マビックのヘリウムかな?ポン付けですが(振れは取りましたが)、赤同士でなんとも相性がいいですね。

 DSC_1480_convert_20171122235531.jpg

 かつての山岳用のホイールですね。こいつのタイヤを見ると。

 DSC_1486_convert_20171122235604.jpg

 ヴィットリアのラリーです。昔は激安だったのが、今はそこそこの値段しますね。しかり、ラリーということは?

 DSC_1475_convert_20171122235512.jpg

 そうです!チューブラーです!特にこだわりは無いようですが、チューブラーを使い続けるということで、スキンサイドものがいいということでした。しかもリムテープでなくて、セメントでというんで・・・別の意味でのこだわりか?

 DSC_1482_convert_20171122235539.jpg

 かつてのはサンツアーの5速でしたが、ホイールが変わって、8速のスプロケに出世しました。もちろんチェーンも交換しています。シルバーのきれいなやつね。TAYAというメーカーです。

 DSC_1483_convert_20171122235547.jpg

 前後ともに、ブレーキシューを交換。普通に効くようになりました。

 DSC_1485_convert_20171122235555.jpg

 ワイヤー類もすべて交換。この辺までやれば、かなり、いい状態に戻ります。

 DSC_1489_convert_20171122235619.jpg

 サドルの革張りは別の機会にすることにしました。

 DSC_1491_convert_20171122235628.jpg

 8速のWレバーものに変身です。昔はこうした車体で、レースしていたんですね。今のレーサーとは形は相当違いますが、乗る奴が乗れば、今も負けないくらいの迫力はある。

 ただ、自転車の形状としては、これはこれで独特な雰囲気を残している。何も当時のウールジャージを着なくても、かなりカジュアルな服装でも、こいつとは合いそうだ。

 一歩現役から退いたかつてのロードレーサーは、カジュアルなレーサーとしての形式を既に確立しているようにも感じられますな。手元変則でないという意味で多少は不便ながらも、そんなに先を急ぐでもなし、ちょっと余裕をもって、と言いつつ切れのある走りを残す・・・。

 そういうジャンルの自転車として、さらに積極的に再生できないか?なんて感じるんであります。

 思われているほど鉄レーサー自身は古くはない。ナウでヤングな現代的スティールパイプで組んだら8キロ台のレーサーだってできる。足のあるやつだったら、しっかりそのレーサーで戦えるはず、今でも!

 と同時にこうした、別のイメージでのレーサーとしても再構築できるとしたら・・・、やはり鉄フレームは最強だよね。

 30年後、今のカーボンフレームがクラシカルに感じられることってあるかな?アラン以外のアルミフレームでクラシカルな良さを体現しているものってある?

 いや、あるかもしれないが・・・、即座にある!といえる鉄はそういう意味でも最強なのである!と思いますぞ!

 これで、10年後・・・それより手前にまた、おいでください!大切に大切に、レーサー乗り続ける方を、当店は大切に大切にいたします!

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター