メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |車体 ロード tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

リベンジ半ば・・・ボテッキア



 前回の大陸メンテにおいて、こいつボテッキアですね、これがメンテ不発に終わったという事がありました。

IMG_0206_convert_20180609225145.jpg

 このフィキシングボルトがなんと7ミリなんていう、多分ISO規格にもないんじゃないかな?際物ネジで、当然こじ開けるレンチもなく、泣く泣く断念だったわけであります。

 その際に、大陸にて、この7ミリレンチものが取れるか?という事でチャレンジしてもらったんだが、どうもこの短期間では無理だったようだ。
 
 その代わり、前回帰国してからの一週間の間にこちらではミスミより取り寄せができたんで一本持ってい行ったわけだ。

 IMG_0208_convert_20180609225231.jpg

 例によっての若いメカニック、肖さん7ミリレンチにて、取り外し決行!なんだが、これが等のフィキシングボルトと、そのまわりの蟹目ナットとの関係ですんなりとれない。

 IMG_0209_convert_20180609225243.jpg

 もう一人のメカニック李さんと協力して、なんとかボルトナット系は外す・・・。その過程を見ていて・・・アリャリャ・・・もしかして・・・と、いやな予感・・・。

 IMG_0210_convert_20180609225343.jpg

 次はコッタレス抜きで、抜こうと、工具を正ネジで回そうとするが、入っていかない・・・。どうもいやな予感は当たったようだ・・・。

 そう、カンパの一時気まぐれ規格なんだろうね、クランクの中心に刻まれているねじ山が逆ねじになっている形式のやつ・・・、かつて二度くらいあったな、一方は海外から工具を探して外してみた、もう一つは自転車所有者が持参してきたかな?確か・・・。

 そいつに当たってしまったらしい・・・。

 そこで、若い彼らに質問。

 手持ちの工具で外せない=メンテ不可の旧車は売るべきか?それとも店に所持しておくべきか?

 売ってもいいが、買い手には乗るよりは展示車として利用するようお願いする。

 日本国内、イーベイなどをつかって逆ねじコッタレスを見つけ出してから、売る。

 このまま店の展示車にする・・・。

 更に質問、適切な工具が見つからない中、すごい熱心な買い手が現れたとする、その人は当然乗りたがる、どうします?

 やはり乗るというなら売らないほうがいい。本車体のメンテに関する店としての不可対応部分を正直に話して、それでも乗りたいか?否か?について相手に再検討させる・・・。

 なかなか、思考的フローチャートのできている二人であります、旧車を売るということは、その後のメンテ含めての、新車には起こらない困難についての責任ということも伴う、そういうことを肝に銘じて欲しい、というこちらの願いであります。

 ただ、ひょいと思いついた・・・。

 この旧車、もし工具が見つからなかった場合(実はイーベイには存在するが高い・・・)でも、乗ることを前提にしたお客に対して、売ることのできる選択肢を一つ思いついた・・・。

 クランクのねじ山を正ネジに切り直すというやり方であります。当店でも五回くらいは試したことのあるやり方ね。施工例としては、こちらに紹介されていますので、覚えておられる方もいるかも知れません。

 もちろんこういうやり方で開けた場合は、一回りデカイ特殊コッタレスを今後使い続けることになりますし、7ミリのフィキシングボルトは使えますが、まわりの蟹目ナットは使用できなくなります。

 そういう意味で、ビンテージとしての価値は下がるかも知れませんが、旧車を乗りこなしたいという方には、こういう施工もお薦めできるというのが、ショップの提案力ともなるので、そういう鍛え方もあるという話。

 北京のREにはその他様々な種類のビンテージものがあるので、それらすべてメンテ可能にするのは大変かも知れないが、それができるようになったら、最強だろうし・・・、逆にそれらを教材として、自転車メンテ学校なんて形で開校できるんじゃない?とも思ったりしてな。

 IMG_0213_convert_20180609225413.jpg

 というわけで、今回は7ミリという珍しい工具でボルト外しまではできたが、逆ねじコッタレスがないという理由で、ボテッキアへの接近はここまでと・・・残念だが、ビンテージには良くあること、という事にも慣れて欲しいね。

 昼休みをとる・・・。このREの工房は、カフェと併設されているので、休みにうまいカフェラテが出てきたり、この手の軽食も出てきたりと、働きやすい・・・。このパンも同じ建物の三階で焼かれているもの。担当者は、ウーさんといいます。もと、科学者からパン職人に転向された方で、これもまあ、奇跡的にうまいパンを焼かれます。上のサンドイッチは、中身もさることながら、パンのテクスチュアにほとんどすべて持って行かれますわ、すごいパンだよ。

 IMG_0216_convert_20180609225537.jpg

 途中でこんなことやって遊んだり、通訳さんを入れて話したりと、かなり色々わかるようになってきた。二人のうち、一人は辛いものダメ。もう一人は、生魚はやはり苦手、どうしても火を通したくなる、寄生虫なんか大丈夫?と聞いてくる。

 何か百年以上前の話を思い出した、来日した中国人に、いい刺身を出したら、喜んで、鍋にしゃぶしゃぶして食べていたという、供した日本人はがっかりしたそうだ。ある種、食文化というのはそのくらい保守的な側面がある。銀座の寿司屋に座って、最初から最後まで大トロを注文するという中国人はやはり主流ではなさそうだ。

 あと、この質問は驚いた・・・、「日本人て、魚の味で川魚か海の魚かわかるんですか?」。確かに、ある意味非常に高い確率でわかるよね・・・。それを彼らは心底驚いていたようだ。

 もしかして、モンゴル人は肉の味で、その羊が雄か雌かわかるとか・・・いう類いの驚きかも知れないね。

IMG_0212_convert_20180609225355.jpg

 そんなことやっているうちに、外からお客が来たりもするようになっている。自転車ショップとしても、徐々に認知されつつあるのかな?という実感。

 この赤いトレックの所有者は、ハムストリングが異様に発達していた、もう少しサドル後ろに下げれば、いいのになあ・・・、なんて内心思ったりもした。もちろん、客のまで、彼らに恥をかかせるような指摘はしない。

 翌日、乗り手の体型、志向などによって、自転車自身のメンテと同時に、乗り手・ライダーと自転車とのフィッティングに関する提案というのも重要なポイントかと思う、という提案はしておいた。

 そんな指摘をしながら、やはり教えることって、最大学ぶことだなあ・・・と実感・・・。

 やはり自転車の世界は、も?深いもんだ。店主も先生興しにされているようだが、まだまだだね。
 

どう活かす?実に創造的な・・・



 どこからどう入ってきたやら、こういう自転車が迷い込んできました。こいつをどうしたいか、イメージは決まっていたようですね、それにどう拍車をかけて、面白くしていくか?その辺が、店の関わるところの意味ともいえるかもね。

 まず・・・、

DSC_0157_convert_20180602113907.jpg

 このチューブラーホイールをどうするか?クリンチャーでしょ!でもどういう?

DSC_2371_convert_20180602114007.jpg

 こんなブルーのハブをつかって・・・、

DSC_2370_convert_20180602113958.jpg

 ブルーリムなんてどうでしょう?というご希望、意外といいぞ!

 DSC_0158_convert_20180602113914.jpg

 やはりこれはチューブラーかクリンチャーか以前ですね、多少フレームが古くても、ホイールまわりをしっかりしてやると意外と走るというもんなんですね、銭と気のかけどころ・・・といえますな。

 DSC_2372_convert_20180602114015.jpg

 後ろも組み直し、基本ピストハブ・・・。多段も残したかったようだが・・・。

 この古いリアハブを使うという選択肢もあったんですが・・・、スポーク本数が、かつての主流の36本、その数のブルーリムはありません。大体このスポーク問題が、流用をできにくくしている・・・と思いますね。

 DSC_0163_convert_20180602113938.jpg

 このヨレヨレのドロップ・・・、ここにも強い要望が・・・。

 DSC_2377_convert_20180602114058.jpg

 白系のフラットハンドル。白に赤に青・・・、床屋さんかな?

 DSC_0162_convert_20180602113930.jpg

 元々付いていた、今風のフロントブレーキに対して、レトロ系リアブレーキ。こいつは揃えようと、

DSC_2375_convert_20180602114041.jpg

 多少曖昧さも残しつつのご希望は、多段にもできる、シングルフリー・・・というもの。ボスフリーハブで組むという手はあれが、今主流から外れいてるタメ、選択肢はほぼない・・・といっていい。

 通常のフリーハブで、シングル残し・・・というのもできなくはないが。多段フリーを一枚で回すことのリスクはそれなりにある。フリーボディーのセレーションを壊してしまい、前後移動可能な完全フリー状態になってしまう可能性は高い。

 既に、ピストハブを使ってしまっている・・・。

 DSC_0160_convert_20180602113922.jpg

 付いているクランクは、ダブル・・・。なるほどねえ・・・。

 前二枚の、後ろ一枚の・・・・多段?という手はなくもない。

DSC_2374_convert_20180602114032.jpg

 前をキレイに磨いて、BBの手入れして、ダブルのまま使います。

 DSC_2373_convert_20180602114023.jpg

 ディレーラーをテンショナーとしてつかって・・・。

 DSC_2376_convert_20180602114050.jpg

 Wレバーで引く・・・。まあこれは具体化させた提案として、判断を仰ぐしかないね。できることとできないこと、がんばったらできること、できないことなどを考えて、古い車体をどのようにして、次の持ち主よりに近づけるか?

 まあ、こんなことが間に入る面白さ、でもあるましょうな。もしこれで良ければ、これで良し。ダメなら、また話し合って、提案しあって、落としどころを探すしかない・・・。再生も大変だし、だから面白いのだ。

 DSC_2369_convert_20180602113945.jpg

 とりあえずとはいえ、できた車体がこれですぜ!どこにも走っていないよ、こんな粋なじいさんのような車体・・・ないよね。

 こういうのが面白いんだよねえ・・・・。仮に、これを土台に際組付けがあったとしても・・・、この自転車の勢いのようなもの、再生するぜ!という中からの意志のようなものの持っている力はすごいよね・・・。

 だから改造、再生自転車はやめられない!

 眠っている自転車を、あなたなりのやり方で起こしましょう、お手伝いします!

※本日これから、ちょこっとまた大陸に行って参ります!今月下旬に向けての開店準備のお手伝い・・・というか、北京観光だ値!留守は大森社長がしっかりやってくれますので、こちらもよろしくです!

ターコイズ650c その後・・・



 あのマジョーラっぽい角度による変化を狙った、ターコイズでありましたが、フレームの状態からなんとか完車まで・・・という感じですかね。

 DSC_0217_convert_20180530190724.jpg

 650cという事もあって、デカメのクランクが付くんだが、こいつはデカイね。スギノ75の・・・ロード版とかいうのかな?130ピッチのくランクです。57*41なんかが付いています。

 BBもテーパー角が異なるので、専用ものを使いますが、もの競輪とは違う安価バージョンも出ている、スギノは一体、この75型クランクで、何を狙ったものなんでしょうね。

DSC_0225_convert_20180530190824.jpg

 その他コンポの中心は現行アルテグラです。

 DSC_0218_convert_20180530190733.jpg

 ほらね、なんともマウンテンライクなコンポでしょ?ディレーラーもスプロケも。今後のロードレーサーってどうなっていくんでしょうな?

 DSC_0224_convert_20180530190815.jpg

 キャリパーは持っていた、105を付けます。

 DSC_0222_convert_20180530190758.jpg

 STIのブレーキ部分に関しては、引きは断然良くなっています。これは電動からの置き土産かな?変則の効率も申し分ありません。その辺はぬかりのない、シマノさんです。

 DSC_0221_convert_20180530190749.jpg

フレーム自体は、クロモリですが、フォークはカーボンです。同色に塗っていますが・・・。

 DSC_0223_convert_20180530190806.jpg

 コラムは超長めに残しています。切ることはあとからいくらでもできる。でも切ってしまったら意外と大変なのが、この辺なもんでね。

 DSC_0219_convert_20180530190741.jpg

 このサドルは高低の調整ができるやつです。オフィスのイスなどにありますね、解除して腰を浮かすとサドルが上がり、座りながら解除するとサドルが下がるという仕組み。マウンテン系で必要なようで、そちらから来たようですが、膝に故障のある人が自転車に乗る際には、これは大変便利でありましょうね。

 膝に負担かけないために、一定の高さにサドルを持っていかないといけません。ただ、とっさの停車とかで足がすぐに地面に付かないとこれもまた不安という方、老若男女にかかわらず、この需要は大きいと思いますね。

 このサドルのシステムをもう少し実用車用にも利用できるようにしてもらえないのかな?それができれば、結構需要としても伸びる・・・と思うけどね。

DSC_0215_convert_20180530190716.jpg

 はい、これが全容です。もっと天気が良かったら、このターコイズなんちゃってマジョーラが鮮明に写ったんでしょうが、仕方ない。

 体格の小さい人にバリエーションのある日本だけに、この650cは貴重だし、ある種スタンダードの一つとして、確立しないと・・・と思うんですが、なかなか主流にはなりませんな。

 当店にも・・・あと何本ぐらいだろう?珍しいことも手伝ってか、こいつばかりが出て行く、もう残りも少なくなっただろうなあ・・・。

 他にまだ、色々つくらしいが・・・、まずは一端これにて完成ということに!

これはリベンジだわ・・・またも大陸へ!



 柳さんのフレームを預かって、大陸組をする予定だったんだが・・・、どうも詰めが甘い・・・、反省しきりの帰国なのであった、実はね。

 この下玉1.5の打ち込み工具がなかった・・・なので、下玉押しなし。今大陸で発注しているが、いつ届くかな?

 IMG_0106_convert_20180529232155.jpg

 持っていった、チューブも、向こうに在庫してあるチューブも700*28が無かったため、空気なしのタイヤ・・・、ダメだなあ、これじゃあ・・・。

 IMG_0109_convert_20180529232212.jpg

 アルテグラコンポを取り付ける予定なんだが・・・、カーボンコラム用のアンカーこれも持ち込み忘れと、アチラの在庫なし・・・。取り付け不可の状態、アリャリャリャ・・・。

 スペーサーも持っていかないとね。自転車は完成に近づくと、調整パーツ類がどんどん小さくなってきたりする、飛行機も着陸時が重要なように、自転車も完成間際の細かい調整が、色々と大変なことがある・・・。

 慣れない工房でやることの、大変さを思い知るね。当然あると思ったパーツや工具がない・・・、なれば作るかといっても工作機器がない・・・、あとちょっとなんだが、そこまで届かない・・・。

 普段は使い慣れた、自分の工房でできることの良さを痛感、と同時に毎日現場の変わるところで仕事する方々のすごさを思ったりもした、例え慣れているとはいえだ・・・。

 IMG_0110_convert_20180529232222.jpg

 こんな太いクランクが必要なのか?それともデザインなのか、全く不明・・・。これは車体選ぶよね。

 IMG_0111_convert_20180529232230.jpg

 マウンテンコンポのようなディレーラー、このスプロケも見ても納得だよね、ロードコンポはなくなりつつあるということ・・・。

 IMG_0112_convert_20180529232240.jpg

 TRP!を使います。これはオイル引きです!とはいえ最短のオイル引き、このキャリパー内だけのオイル引き。キャリパーからブレーキレバーの間はワイヤー引きという構造です。

 これも、ローターの在庫なし・・・。あと前輪用のキャリパー取り付けも台座がいるんだが、その台座はあれど、それをとめる平ネジがない・・・、これも現地で発注してみる。

 IMG_0113_convert_20180529232249.jpg

 太いチューブに対して、華奢なリア三角、黙っていたら、カーボン車とかに見られないかな?

 これは鉄フレームです。

 IMG_0114_convert_20180529232257.jpg

 革サドルを使います。

IMG_0105_convert_20180529232145.jpg

 様子のいいフレームに、意欲的な組み合わせで挑もうと行ったのはいいが、細かい詰めが甘くて、ここまでが今回の限界・・・、これはリベンジするしかないな・・・。

 市販車のフレームなどは、よほどのことが無い限り、そんなに癖がないものも多いが、柳さんのような唯一、一本ものというのは、ちょっとその辺の事情が異なります。

 それにワイヤー引きのオイル引き・・・なんていうブレーキもね・・・。

 ですので、ここは乗りかけた船、途中で降りてはメカが廃るよね。

 という事で、これは開店前に、一度自費ででもリベンジしに行かないといけませんね・・・。

 これは早いほうがいいね。いや、慣れない工房での作業かここまで消耗されるとは思わなかった・・・。そしてネット環境が良くないので、確認したいことが瞬時にできない・・・。

 携帯も国内物なので、日本とのやりとりが非常にやりにくい・・・。

 イヤー、再度スモールパーツ類のリストアップからはじめて、今度は、しっかりリベンジしないと・・・いけませんんわ。これでは何しに大陸に行っているのか意味がわからなくなります。

 いやいや、、色んな事があって、帰国後も色々と本当に参っているんですわ・・・。これを克服するには、積極的に動いて、まずは自分自身で自分の動きに対して、自信が持てるようにしないと、何も始まらない・・・。相手方のせいにするのは簡単だが、そんな最低なことはできない。

 自分の実力のなさを直視しつつ、よりよき指導者にいかにしてなりしか?と作業と施工を通じて、示していかないといけませんね。

 という事で、計画には全くなかった、自費での大陸行きですが、再度近いうちに実現させないと・・・。またちょっくらご不自由おかけするかも知れませんが、よろしくお願いしますね!

サンエクシード 課題あれどまずは合格・・・かな?



 仮組み中の鉄フレーム。

 IMG_0094_convert_20180528201839.jpg

 テーマを申し上げると、サンエクシード組・・・ともいえます。このクランクも、レトロ系、でもいやらしく高くはない。このくらいなら付けてもいいかと思う・・・、疑似クラシックながらこういうものがないと、自転車文化の膨らみもなくなってします。

 現行品のトップグレードなんて、もはやロードコンポというよりも、マウンテンコンポとすら見間違えます。なにやら、新生105が出るようですが・・・あまり期待できませんね。どうせ、なんちゃってマウンテンコンポでしょう・・・。

 どんどん使いにくくなりますね、機能的にではなく、見た目重視という観点からですが。

 IMG_0095_convert_20180528201848.jpg

 シールドベアリングは今っぽいですが、ラージフランジで、昔のツーリング風、悪くないでしょ?

 IMG_0100_convert_20180528201943.jpg

 まだチェーンは引いていませんが・・・。リアもラージフランジです。

IMG_0101_convert_20180528201953.jpg

 サンエクシードのプリントがされていますが、限りなくマイクロシフトに近いですね。でもまあ、こうしたものがあること自体はありがたし。

 IMG_0103_convert_20180528202003.jpg

 シフトはWレバーです。ウーン・・・、カンパが12速とかはしゃいでしまい・・・、もう10速ベローチェの復刻はないのか?

 手元変則の適当なものが・・・どうなるんだろうなあ・・・、ここだけ結構深刻かも知れないです。

 IMG_0096_convert_20180528201916.jpg

 メッキ系、シルバー基調なんですが・・・、こだわりすぎかしら?

 IMG_0099_convert_20180528201935.jpg

 こうしたクラシカルなパーツ選択なんだがその意味が、こちらの意図なりにわかってもらえるか?それとも全く違った文脈で、受け入れられのか?無視されるのか?

 IMG_0093_convert_20180528201827.jpg

 蓋を開けてみないと、全くなんとも言えませんが・・・、スイッチは押すしかない!というところで行くようです。

 普通にこいつ東京でもおしてみたくなりますね・・・。今後台湾より、面白そうなパーツ類が続々入荷予定・・・なんじゃないか?小さい店も、アチコチと組むと、ちょっと仕事の幅が広がってくる、主流とは違う方向にも動かないと、本当マジで自転車が一様化してしまう、がんばらないとね!


プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター