メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |車体 ロード tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

自らを知る 自転車に乗る



 このダウンチューブ、メガチューブですね・・・、という事は?アルミの磨き号かな?と普通は思うだろうな?

 DSC_0992_convert_20170904231413.jpg

 ただ、この辺の溶接が・・・アルミには見えにくい、むしろ鉄か?なんてね。

 DSC_0990_convert_20170904231356.jpg

 このなまめかしい磨きの妖しい光を放つこのメガチューブ・・・、あの溶接に・・・、パナソニックオーダー・・・と来て、もしピンとくる人がいたら・・・結構パナフェチ・・・といってもいいかもなあ・・・。

 そう、今作っているのかしら?できたときは、それそれは意欲的な作と思った記憶ありですね。

 その名をコブラ・・・と言ったと思います。

 パナソニックコブラ、その正体は・・・チタンであります。

 当時チタン愛に満ちていた・・・、実は今も嫌いではありません・・・、店主の隠れた愛車の一つはチタン車ですから。当時このコブラが出たての頃は、結構心を動かされましたね。いい物作りしているなあ・・・と思ったものです。

 展示会でパナその人に褒めたところ、当時近代ツールを出場した唯一の日本人選手に、「やわらかい」と酷評されて、「でもね、大半が選手でもない人が踏むんですよ!私もこれで琵琶湖二周しましたが、疲れなくて最高のフレームです!!!」とがんばっていたなあ。

 それが二十年の時を経て、当店にやってきた。主なご用はここ。

 DSC_0995_convert_20170904231428.jpg

 ダウンチューブと角度をほぼ同じくするステム・・・。

 DSC_0993_convert_20170904231421.jpg

 このアルミの磨きステムの作成依頼に来られたんであります。もちろん大森研魔の社長の作ですよ、見事にチタンとマッチしていますでしょ?

 この角度・・・、でもこれって、自分を知っている人のポジショニングとして、ロードもこういう乗り方がある!という好例だと思うんですよ。よくわかっていらっしゃる、ご自分自身も自転車も。

DSC_0996_convert_20170904231437.jpg

ハンドルとサドルをほぼ同位置に持っていっている。自分の体力と、この自転車で何をしたいか?という事をしっかり把握されているからこそ・・・だと思いますな。

 DSC_0997_convert_20170904231445.jpg

 パーツを見ると、これまた見事に寄せ集め。持っているものから組みました・・・という成熟選択・・・。

 DSC_0998_convert_20170904231454.jpg

 ガクッと古い名作が付いていたり。

DSC_0999_convert_20170904231501.jpg

 とりあえず、コイツ使えるから使っておこう・・・というものまで。

 DSC_1000_convert_20170904231509.jpg

 不思議なフォークも付いていましたね。これもチタン製・・・、ドイツものらしいですが・・・。店主もどこかで、チタンフォークを見たことあります・・・、トライスポーツあたりかな?かなりニッチな選択かと思いますが、安直にカーボンをつけないで、こうして探して選んでの姿勢に、この車体にかけるそれとない強い愛のようなものを感じますね。

 DSC_0989_convert_20170904231348.jpg

 ある意味カジュアルロードの達人・・・といってもいいでしょうな。自らがどのようなものであるか?そして自分にとって自転車とはどういうものであるか?というそのバランスを見事なところで取っている一台、こんな一台は一朝一夕では組付けはできません。

 長い時間と成熟の時を超えて、ポワッと現れる希有な一台ともいえるものかと思います。

 奥行きの深いものこそ、その奥深さを体現できる人がいないと、そのものは成立し得ません。ものの成熟は人の成熟を抜きには存在し得ない・・・。そんなことをそれとなく痛感させてくれる一台とでもいえましょうな。

 もの作りは、人作りにまで間接的に届かないと、いけません・・・と言われているような話であります。

 なるほど、また重大な課題一つですな、人作りに届くようなもの作り・・・、なるほど・・・、なるほどです・・・。

準ビンテージ・・・といってもいいかな?



 今をもはばたくキャノンデールでありますが、こちらもかなり歴史のあるフレームといえるでしょうな。

 カーボン全盛期の時代にも、各所アルミにこだわるところなんかも筋金入りでしょうね。コイツはかつて、当店経由で組み上がりまして、今回はイベントに向けてのメンテということで、ちょっと戻ってきた。

 DSC_1009_convert_20170831193930.jpg

 1インチのヘッドチューブ回り。これがかつては普通でありましたが、今やオーバサイズの全盛期、下ワンに至ってはコイツのまさに1.5倍のものまでもが登場して、もはや茶筒の太さ、効きのいいブレーキングをガツンと効かせてもビクともしない様になりましたね。

 ハンドル・ステム回りも31.8なんていうのがもう普通で、出たての頃はなんてまあ、大袈裟な・・・と思いましたが、使い慣れてくると、今度は1インチも旧式になると、なんとも繊細で頼りない印象になってくる。

 見た目はほっそりといいんだが・・・、どうも頼りなく感じなくもない、使い慣れるということはそういうことなんですね。

 DSC_1004_convert_20170831193852.jpg

 かつては、いや、今でも競輪はこの様式で、あのレスラー並みの奴らがステムへし折るぞ!とばかりにもがいている訳ですが・・・。おっと、今回ワイヤー類はすべて交換しましたよ。

 74のSTIが付いています。たまにちょいと不具合が出ますが、まだ・・・行けそうです。厳密な意味でのレースは無理ですね。草レースになら、まあ・・・なんとか。

 DSC_1008_convert_20170831193921.jpg

 数世代前のシマノ600が付いています。これはこれで・・・いい。

 DSC_1006_convert_20170831193913.jpg

 これにチョイスしたパーツが、この無印、大森社長の磨きであります。マイクロシフトね・・・。実はこういう場合、こっそり使ったりするにはもってこいなんですよ、ここだけの話。

 DSC_1005_convert_20170831193900.jpg

 そして、この手の準ビンテージに欠かせないクランクといえば、シルバーのファイブアームもの。もしカンパベローチェまでフォーアームになったら、もうこの手の自転車の現行品バージョンは絶滅しますね。考えるだに恐ろしや・・・。

 他何をやってもいいから、カンパはファイブアームを保護する世界的義務がある。それを反故にしたら・・・、わかってんな・・・。

 DSC_1000_convert_20170831193829.jpg

 チェーンの徹底洗浄から、例によって、ムオン・ケイテンをさす。この評判は上々なり。特に踏み出しでハッとわかるんで、サイクリングや練習、レースのさい先で、非常にいいイメージを足に与えてくれる・・・。

 この水準のものがこの量で二千円しないんだから・・・ね。しかも丁寧に一コマずつにしますので、一回の量もしれている。おすすめもんでありますな。特にレーサー諸君!ギア数枚軽くなるよ・・・と言っておこう。

 DSC_1002_convert_20170831193836.jpg

 それなりの主張と思いを込めて組み付けた車体が、こうしてイベントなどきっかけに、戻ってきてくれるのはうれしいものだわね。
 
 特に、非常に古くもないが、今や完全絶滅種であるような準ビンテージもんで、それなりの工夫が乗っているものが、街道走っていたんだ・・・と思うと、感慨深いもんだ。

 自転車はメンテしながら乗るもので、組み付けてからがつきあいが長くなるはずだが・・・、まあ、こうして戻って再メンテを重ねていく形式をありがたいとして、よしとしましょう!
 

尻ぬぐい大いに結構 でも要授業料!

DSC_0969_-_コピー_convert_20170831172055

 自分で組んでみたが、どうも限界ということで、持ってこられた。

 こういうのを尻ぬぐい系施工と言います。多くの店は嫌う傾向にあるように思います。それにはそれなりの故はあると思います。

 たぶんゼロからの出発ならいいが、素人がいじっているので、マイナスからの出発だからいやだ・・・という事かと思います。確かに大変ですからね。でも、自分で自転車をいじって自分で管理していこうという人が増えた方がいいことは確か、そしてそのためにはこうしたフォローは欠かせることはできない・・・わけであります。

 なのでやりますが、それにはしっかり授業料は必要です。

 自転車の製作をできるだけ安価にしたいために、自分で組む・・・、まあそういう動機はありなんだろうが、ただそれだけのためだったら、ある意味間違っている。

 できないにもかかわらず、人に頼むと経費が発生するから、自分でやる=できない・・・という簡単な結論からだ。

 とにかく自分で組んでみたいから!という基礎的願望があれば、なんとか協力したいと思うが、それたただ単に安くしたいがため、だけだとしたら、この尻ぬぐいに経費がかかってしまうことに了解してもらわない限り、その先には進めない。

 自家塗装と、まあ、やりたがり屋さんだったんだろう。

 DSC_0987_convert_20170831172148.jpg

 外したスモールパーツ類もこうして持て来ている、ただ、それらがどこにどう付いていたか?については当然覚えていないようだ、小さいから仕方ないね。

 DSC_0974_-_コピー_convert_20170831172140

 まずはヘッドパーツが、割れていた。このまま走っていれば、割れから水やその他が侵入するだろう。ヘッドパーツは小さいパーツでありながら、着脱には何種類も工具が必要なので、こういうところはこちらに任せてもらった方がいい。
 
 DSC_0990_convert_20170831172207.jpg

 メッキものがついた。

 DSC_0971_-_コピー_convert_20170831172106

 だいぶ昔のRX100のディレーラーで、7速を引く。シフターは・・・。

DSC_0972_-_コピー_convert_20170831172113

 8速の旧ソラ。7速と8速はシンクロするということで組めないことはないが、変則組であるに違いない。

 DSC_0994_convert_20170831172233.jpg

 こちらはさして問題は無かった・・・が。

 DSC_0973_-_コピー_convert_20170831172121

 フロントにはだいぶごねられた・・・。同じくRX100のフロントディレーラー。今のものと比べると、当時のものは華奢で、剛性がない。と同時に、精度が厳密でない分、組み合わせの応用範囲は広いともいえるが・・・、より多くの応用性をメカニックに求めてくるところが、腕の見せ所といえばそうだが、面倒なところでもある。

 ある意味旧車を扱うということはそういうことなのだ。素材自体のいい加減さに乗じて、どこまでこちらが仕掛けられるか?によって組み合うかそうでないかが決まってくる。ある意味生き物みたいなもんだ。

 最初はアウターにかかりもしなかったフロントディレーラーが、徐々に動き始める。もちろん単純なインデックス調整だけではないよ。

 DSC_0993_convert_20170831172224.jpg

 確かにしっかりした癖を持っている、いわゆる二段がけというやつだ。一発で半上げして、さらに二発目でかけ上げる。チェーンのリアの位置によって、その状況も多少は変わってくるが、基本二段がけで利用可能になった。手間かけさせやがって・・・。

 DSC_0998_convert_20170831172250.jpg

 ちなみに、このアウター受けは前後逆に付いていた。そして、各種スモールパーツ類もあったりなかったり・・・、これがマイナスからのスタートという意味ね。

 DSC_0992_convert_20170831172215.jpg

 ヘッドパーツの次に工具を要求する箇所、BB付近も今回はこじ開けてグリスアップしておいた。これで三年は・・・大丈夫かな?

 DSC_0997_convert_20170831172242.jpg

 ブレーキのトーインなんかもちょいと細工しておいた。

 DSC_0988_convert_20170831172155.jpg

 色々寄せ集めて、まともに自転車を走らせるようにするには、それなりに何かはいりそうだ、それが経験なのか?作業勘なのか?観察力なのか?それらすべてなのか?わからないが、一朝一夕ではちょっと無理なようにも感じるよ。

 とりあえず、完成、二人合わせての半日仕事だった、授業料とはそういうことだ。

レース前こそ・・・なんだが



 デローサが来た。

DSC_0963_convert_20170825103235.jpg

 カーボンですねえ。鉄フレームだと漂う気品が、カーボンだとこうなるんですね。床屋さん・・・を思い出します。

 DSC_0943_convert_20170825103205.jpg

 競技の前に、DHバーを自分で取り付けようと思ったら、シフトワイヤーのアウターと一緒に共締めしてしまったらしく、

DSC_0942_convert_20170825103157.jpg

 アウターがつぶれてしまい、インナーを圧迫し、シフトがうまくできなくなってしまった・・・という事らしい。

 ワイヤー交換なんだが、この頃のカーボン車体は、パイプの内部にワイヤーをくぐらせるなど、結構大変なのだ。

 それと、レース前なので、各所を見て欲しいということで。これ大半はご自分でやる人が多いんでしょうかね?レースに出るくらいだと、自転車も結構いじれる・・・というのは、かつてはその傾向が強かったんですが、今は個人差がすごいような気もします。

 自分でいじれないなら、一度はショップにチェックというのも大ありだと思いますが。

 DSC_0945_convert_20170825103213.jpg

 どうもスプロケ・・・、

 DSC_0968_convert_20170825103313.jpg

 チェーン回りが来てますねえ・・・。チェーンをキレイに洗浄して、オイルの差し替えだけでも、敏感なライダーなら、ギア一枚は軽く感じますと来る。本当そうなんだよね。練習の時はまあ、いいわ。適度な洗浄と注油でね。だって、毎日、走るんだからな。

 でも、レースや、記録会、競技会となると、チェーン洗浄は徹底した方がいいと思うよ、ギア一枚軽くなるんだからね。

 DSC_0969_convert_20170825103321.jpg

 灯油につけること三回・・・。まあ、よくまあここまで汚したね、つまり走ったね、練習したねとなる。チェーン交換してもいいかもしれないが、今回は徹底洗浄だ。

 DSC_0970_convert_20170825103329.jpg

 風呂上がりのようなチェーン。コイツを張り直す。こうした場合に、ミッシングリンクはいいねえ、着脱が楽でね。

 DSC_0971_convert_20170825103337.jpg

 そして、チェーンオイルの名作、ムオンとケイテンのいずれかを、チェーンのコロに一つずつ、落としてなじませる。

 本当、マジでムオンになるよ・・・。

 DSC_0964_convert_20170825103243.jpg

 再度、DHバーを取り付けるが、これは仮付け。ご本人が来てから、レースの性質、ご本人の体格・性格、意気込みなどを聞きつつ、調整することになると思います。

 このDHバーの取り付け、ポジショニングも、本当難しいよね、ポン付けで適当に流していると、本番で実は使えなかった・・・なんてことにもなり得ます。

 DSC_0967_convert_20170825103305.jpg

 駆動系は、基本105系統・・・ですね。

DSC_0966_convert_20170825103257.jpg

 まあ、よくあるパターンですねえ。

 DSC_0965_convert_20170825103250.jpg

 ここは・・・、もしレースに出続けるのであれば、将来的には最低105レベルにした方がいいでしょうな。実際調整したが、効かないし・・・ね。

 DSC_0960_convert_20170825103221.jpg

 あとは、これ練習モードなんだろうから、荷物が多い。本番に合わせて、こうしたものすべて外して、走ってみることも重要だよね。ある意味全然違うから・・・。

 それと、決戦用のワッパもお持ちならば、本番前にそれにて長距離走っておくべし!リムがいつものと違うと、ブレーキングの調子がつかみにくかったり、イメージとずれることがある、下りのコーナーなどで、そんなことが重なると落車なんて事にもなりかねないからね。

 まあ、レースの前には、一度ショップにというのは大いにありだ!そんなタイヤじゃあ、レースに出るには失礼だよ・・・なんて、買わされることになるかもしれないが、それが単なるもうけ主義なのか?それとも、それなりにレースを知っている店であるのか?見抜くのはライダーさんです!

 お互い精進だ!

君の好きな色・・・一緒にサイクリングな



 この形状を見るに・・・、これは店主も鉄フレームの五本の指に数える、BSのあれだろう、あれ?

 DSC_0947_convert_20170818221442.jpg

 そう、名作のネオコット・・・だよね。これは名フレームだと思いますね。今一本・・・実は当店に眠っているんですが・・・なんか起こしたくなりますね・・・。

 DSC_0942_convert_20170818221400.jpg

 名作の鉄フレームネオコットに、新旧のアルテグラなんかを載せて、いいセンスで組んでいると思うんだが・・・。

 DSC_0944_convert_20170818221417.jpg

 実はシートステーだけ、別塗りになっているね。これは下りか何かで枝を挟んで、ホイール、シートステーが部分的に破損してしまったのを柳さんの技で、新たなシートステーが付いたという訳らしいんだが、そこの色をわざわざ、こうして塗り分けているんだよね。

  聞いたとこによると・・・。君の好きな色だったらしいじゃないか。

 DSC_0945_convert_20170818221425.jpg

 お父さんは君の好きな色を再現したいために、見本まで持ってきて、それはそれは熱心に、このおじさんに説明してくれたよ。

 でもね、色見本手知っているかい?同じブルーでも、少しずつどこか濃くなって行くような、グラデーションになっているんだよね。

 そこで、お父さんはある色を差して、この色にして欲しい、と言うんだよ。こっちじゃ無くて、この色なんですってね。

 おじさんはちょっと困ったわけだ。少しの濃さの違いが出ているだけの色見本で、なんで、ここまで微妙な色の違いにこだわるか?っていうことがわからないと、ちゃんとした色が作れないんだ。

 DSC_0943_convert_20170818221409.jpg

 そうしたら、お父さんなんて行ったと思う?この青にはグレーは入れないでくれ・・・とね、そう言ったんだよ。これには驚いた、ある色を見て、その色を構成している各種の色を分析するのって大変難しいことなんだが、君のお父さんの目はどうもその辺にはだいぶ長けているようだ。写真か何かやっているのかな?

 そうか、なるほどね、微妙な色味の中にグレー的なくすみを排除したいということね、それでだいぶおじさんは助かったんだよ。

 DSC_0946_convert_20170818221433.jpg

 そして、最後にお父さんの一言は決定的だったよ。それで一気に晴れた・・・という感じかな。なっていったと思う?君の好きなこの色を最後にお父さんは「さわやかなブルーにして欲しい」と言ったんだな。

 おじさんは君とはまだ会ってはいないが、聞くところによると六歳の君が好きなさわやなか青と言ったら、これなんじゃないか?と一気にわかったような気がしたよ。

 といってもね、一回塗り終わったあと、もう少し濃い方がいいかな?と塗り返したり、その塗り替えしたあとに、また細工したりと、ちょっと君の好きな色に関して、おじさんは年甲斐もなく緊張したんだが・・・、まあ、なんとかお父さんの合格点はいただけたようだ。君から見てどうだい?気に入ってもらえたかい?

 DSC_0939_convert_20170818221342.jpg

 君の大好きな色が入ったこの車体は、君の分身のようだ・・・とおとうさんは言っていたよ。

 だから、この車体に乗っているときは、いつでもお父さんは君とサイクリングしているのと同じような気持ちなんじゃないのかな?と思うよ。だから、おじさんも今回はがんばったぞ、細かいところまで手を入れ直したりしてな。

 いつまでもお父さんとサイクリングしろよ!そして、もしまたこの車体に何かあったら、柳さん達と総力を挙げて再生してやるから、いつでもおいでな!

 親子水入らずのサイクリング、いつまでもな、いつまでも!

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター