メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |車体 ピスト tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

120エンドディスクピスト TRPブレーキの調整でござーい!

0000 DSC_1746_convert_20180112085615

 今年早々に組み上がりました、TRPの油圧ディスクブレーキで組み付けました、元パナソニックのNJSフレーム車体でございます。

 この車体の意義ですが、たぶん・・・、5年後くらいに世間様には浸透していくかも知れない・・・ね。なんと言っても、当店は十数年は先んじている店なので・・・エッヘン・・・。

 だから、常に空振りだらけで、だからなんなの?的反応が多い・・・が!中には感受性の鋭い方もいらっしゃるようで、それもありがたいことに当店回りには、相当数といってもいいかもなあ・・・、なわけで、ボチボチ各方面から質問やちょっかいかけが来ている、といっていいですね。

 この120エンドのフレームで、ディスク載せ・・・、まあ、当初は大変でしたが、できてしまえば、なんてことは無い車種・・・といってもいいかもな、柳さんの台座付け技術さえあれば、あとはなんとか・・・なるんじゃない?という話ですわ。

 ただ、問題は、ここ・・・。

 0000 SC_1752_convert_20180109192809

 TRPの油圧ブレーキの調整ってとこかな?そもそも油圧ブレーキの調整なんかできんのかよ・・・という感触もないではないが、それをするのがショップの役割だ。もちろんブレーキ自身がもっている論理の中でどのくらい推論を展開できるか?というこなのね。だからもちろん論理の中での話なんだが、大事なことは、製造者すら気づいていない論理展開って実はかなりあるんだぜ!と一ショップとして思うこと多し。

 とりあえず、取り付けは済んで、実際に走ってみて止まってみてを繰り返すと、まずは安全走行は可能であると判断できた。

 問題はその次なんだよね。安全走行ができるようになるのは最低ライン、さらにその上に、操作性、馴染み、好みをどこまで染みこませることができるか?何だよな。

 組んで終わるなら、ショップはいらない、ある意味素人でもできるからな。

 DSC_1807_convert_20180116213138.jpg

 さて、今回組めたはいいが、店主が気に入らないところが、なんとTRPのブレーキの引き自身にあったのだ。これは困ったことだわな。なんと言ってもTRPのサポート店となっているところで、店主本人が気に入らないのに客に売るか?という本質的な問題があるのだ。

 どこかというと、上の写真を見て、下の写真と見比べてみてね。
DSC_1808_convert_20180116213147.jpg

 ほとんど違いがわからないかと思うが、上が、引く前のブレーキレバー。そして下が引いたところのブレーキ。正確に測ってはいないが、ほんの数ミリしか引けないことになる。

 そこでガッツンとブレーキがかかってしまうとしたら、こいつはブレーキレバーというよりも、ON/OFFのスイッチに近いといってもいい。

 左右共に、引きシロが少なくて、なんとも引けない、店主の好みからいっても、最低に近い引きといっていいんだな。もちろんこうしたセッティングが好きな人も、まれにはいるかも知れないが、まあ、たぶん大抵のロード乗りからしたら、この引きは、「それはないだろう」というものと判断されるだろうな。

 こういう引きシロの調整って・・・どうすんだろう?なんてここでも少し展開したこともあって、もしかして、調整としての空気噛ませはあるんじゃないのか?なんて話も投げたりもした。空気を管理して噛ますことで、その収縮率を利用して引きシロを確保するなんてことできない?なんて、素人ど真ん中の発想もあったね。

 あとは、ブレーキホースのメッシュの発想を逆転させて、逆に柔らかいブレーキホースを使うことで引きを逃がしてやる、なんてことできないか?とか。途中に風船かませばいいんじゃね?なんてのもあったかな?

 同級生の青山君、自動車整備のプロなんだが、車は重いしスピードもあるので、空気を噛ますという判断はあり得ない・・・ということだった。

DSC_1809_convert_20180116213154.jpg

 このようにね、教科書通り、テクトロの本社の研修であったとおり、ブレーキフルードを入れてやると。

 DSC_1811_convert_20180116213203.jpg

 ブレーキの引きはカンカンになります・・・。何度やっても、カンカンになる。だからこれだけやっていてもダメなんであります。そのカンカンを嫌っているのに、繰り返しても意味は無い。

 そうなると、構造を徹底的に考えるしかない。その構造の持っている論理から、外さない程度転がすような推論的な発想から、対策を考えるしかない。

 ここで試していることは、TRPもまったく推奨していない、勝手に店主が自分を実験台に試していることなので、詳細についての説明は省かせてもらいます。

 つまり、よい子の皆さんは絶対に真似しちゃダメ・・・というやつね。

 そういえば、今日、地方のスーパーがここ何十年もその海域でとれるふぐの肝を鍋セットとして出していたというニュースがあった。そこの店長曰く、ここ数十年一切ふぐ毒中毒の話はない、と言いきる。

 ふぐ食協会だったかの話だと、そのふぐの肝に関しては、状況によっては毒を持つこともあるので、やめるように、という通達だったと思う。

 なんか似ているなあ、ブレーキだから、調整間違ったら、命に関わるしね・・・。

 でも、構造をしっかり押さえると、そこからできる応用は、それなりの信憑性があるはず・・・と信じて、まずは店主自らを実験台として、やってみることにした。

 単純には、空気を噛まさず、フルードの量を減らすこと・・・だな。

 DSC_1814_convert_20180116213210.jpg

 もっと引けるようにならねーかな・・・。

 DSC_1815_convert_20180116213229.jpg

 このくらいまで引けるようになるといいなあ・・・と、まあ願掛けのようなもんだな・・・。

 まさに試行錯誤だ、オオ!引きシロとれた!と勇んで自走しに行って、帰ってきながら・・・、あれ?元の固さに戻ってないか?なんてことを繰り返す。

 何が原因だ?リザーバータンクの中には、フルードの増減に適応するようにゴムの膜、ダイアフラムとかいうホットミルクの皮のようなやつがあるそうで、そいつが減りに適応したのか?

 ああだ、こうだ試しては、またオイルを充填して、やっていく内に・・・。

 とりあえずだな・・・、

 DSC_1819_convert_20180116213238.jpg

 こいつが・・・

DSC_1820_convert_20180116213247.jpg

 この程度まで、引けるようになった。

 最初の数ミリからすれば、まさにロードのブレーキ引きしろくらいにまではなってきたかもしれない。

 あとは、店主自らが実験台となって、実戦投入して、ちゃんともつか?という事を検証して、今後のTRPのこの手のロード系ブレーキに応用して行ければいいかな?というところまで来た。

 あとは乗るべし!

 フラットバータイプの引きについては、どこのマウンテン系ショップでもやるだろうから、当店はまずシクロ系のこのブレーキから徹底して、探求モードにはいって、TRPをサポートしていきます!

120エンドディスクピストの突っ込み



 先日、公表いたしました、120エンドディスクピストですが、なかなか反響がございまして、ありがたいことですが、もう少し内容的な突っ込みはないのか?ということで、再度掲載することにいたします。

 すでに135ミリのディスク用のシングルハブは普通に市販されているようですね。サンエスさんとか、サーリーなどで散見できます。それ故に、なぜか知らんが、何でだかわからんが、135エンド使用のディスクピストもどきは、走っていますね。

 元々は29インチというところから来たんでしょうか?出所も、行き着く先もわかりませんが、確かにそういう自転車はありますな。普通に市販されているパーツで、すでにあるような自転車を組むことは普通にできるんで、あまり興味はわかない。

 できれば、組みにくいものをどう組み付けるか?というのが面白いんでありまして、なればピスト車といえば120エンドでしょ?じゃあ、120エンドでディスク仕様は組めないの?しかも油圧のやつで・・・、と考えるのは、ある意味当店としては自然な流れなんであります。

 幸いなことに、柳さんを隣接している当店としては、ガチのピスト車にディスク台座を取り付けてもらうこと自体はチョチョイのチョイなんであります。

DSC_1728_convert_20180112085525.jpg

 フロントは100ミリなんで、ロード用、マウンテン用のものをそのまま使えばいい。このようにほぼポン付け状態なんでありますが、問題はリアハブがない・・・、ありものを改造となると135エンドものを15ミリ短くして使うか?という発想はありでしょう。

 手持ちのサーリーなんかを見ても、実にやりにくそうなんだよね。なれば、ピスト車のエンドを広げる?

 これはやめよう、今回の一番の縛りは120エンドということなんでね、この条件を外したら、そもそも意味がない。

 調べてみると一般のピストハブにアダプターとしてディスク台座を取り付けるものがある様だが・・・、どこかのショップがやっているものなんで、あまりそれに依存したくはない・・・。

 あくまでも市販のものを利用して、120エンドのディスク台座付きピストハブってできないか?なあ・・・?とウツラウツラ考えていたんですが、突然!もしかして!あいつ・・・?というのが飛び込んできた。

DSC_1802_convert_20180112085646.jpg

 この一見何の変哲もない120エンドのピストハブ・・・なんだが。

DSC_1801_convert_20180112085631.jpg

 ひっくり返すと、こんなスプラインが付いている、これ市販品ね。

DSC_1804_convert_20180112085704.jpg

 これは前から、この形で売られているものなんですわ。此処に何を取り付けるか?というと。

DSC_1805_convert_20180112085803.jpg

 このスプライン専用のコグがあるんですね。その理由は・・・、今を去ることピストブームの際に、ブレーキ代わりに、両足でペダルをロックして、チェーンを介してタイヤをスリップさせる、スキッドという止まり方が一つの形式になっていたんであります。

 その際に、このコグに力がかかって、外止めのロックリングをすっ飛ばしてコグが空回りしてしまう=止まらなくなる、という現象が起きたんでありますな。それはチェーンがねじ山で止められているコグを外す方向に動くんで、こういうことが起きるのも時間の問題だったわけです。

 その対策として、こうしたスプラインに専用コグを取り付けることで、コグの空回りを防止したという、過去のメーカーサイドの工夫だったわけです。

 これを見たとき、このハブのメーカーは、これ一個を作っているだけじゃあない訳であります。当然、ロードやマウンテンのハブも作っている。その時、このマイナーに属する様なピストハブに独自規格でわざわざこんなスプラインを削り込む様なことするだろうか?と当然考えるわけであります。

 そのためだけの量産システムを導入する様な手間と時間と金のかかる様なこと、すると思うか?と考えたんであります。

 此処は絶対に既存の何かを流用するだろう、店主がこのメーカーの者だったら、絶対に流用を考える。では、その流用になる様なものは・・・というとディスクしかないじゃないか?とひらめいたんでありますわ。

 そこで、このハブを扱っている会社の若手に連絡してみたんですが・・・、まさかそんなこと考えたこともないんで、回答できないということ、仕方ないので、実際取り寄せてみる。

DSC_1807_convert_20180112085841.jpg

 これがディスクのスプライン。さて、合うかなあ????

DSC_1809_convert_20180112085902.jpg

 まずは思惑通り、ピタッと合ったわけであります。ほらね・・・、やっぱりこんなところに独自規格でやるはずがない・・・。

 第一関門通過・・・したはいいが。

DSC_1811_convert_20180112085927.jpg

 ごらんの様に、はまったはいいが、これで終わり。つまりハブにディスクははまったが、これを固定することができない、状況なんですね。ロックリングの溝が少なすぎる。

 ではこの溝を少しでも確保するためには・・・、今度はディスク側を削るかするしかない・・・。じゃあ、削ろうか?というわけにも簡単にはいかないんであります。

DSC_1725_convert_20180112085423.jpg


 というのも、油圧ディスクのキャリパーというのは、左右に同じストロークのシリンダー・ピストンを持っているので、意外と幅をとられるんであります。

 ただでさえ120エンドと狭い中に、こいつを入れるんですから、あまり手前に引くとディスクの挟めないところに来てしまうし、逆に近づけると、今度は・・・

DSC_1733_convert_20180112085557.jpg

 ホイールのスポークに干渉してしまう・・・。

 そういうことか・・・、この世に135ミリエンドのピストもどきディスク車はあれど120エンドものがないのは、こういう理由があったんだ・・・。とまあ、思い知りましたわ。

 でもまあ、それであきらめたら、元も子もないんで、ホイールの修正やら、ディスク台座の加工やらして・・・、

DSC_1814_convert_20180112085946.jpg

 なんとか、ロックリングもしつつ、つまりディスクローターも固定しつつ、ミリ単位の調整をしつつ・・・、

DSC_1746_convert_20180112085615.jpg

 120エンドの油圧ディスクピストの完成に至った・・・というわけであります。まあ、この120エンド形式のディスクピスト車は、完成車として是非乗りたい!というのであれば、当店にある鬼のように走る鉄ピスト車で組めないこともありません。

 または、ピストフレームが余っているんで、是非こんな車体に!というご要望にもお応えできます。事前の綿密なミーティングは必要になりますね。

 この展開から、例えば、カラビンカやマキノなんかのガチ系ピスト車に・・・なんて展開になったら、面白いかもしれない、と思いますね。

 何も、ピストでわざわざ油圧ディスクにしなくても・・・と思う方もたくさんいるとは思いますが、ちょっとやそっとではないものが走っているというのは、やはりそれはそれでやはり痛快な訳で、まあ、あくまで一つの選択肢として、柳サイクルさんとご依頼お待ち申し上げますので、大いにご検討ください!というわけだ。

120エンド ディスクピストの完成



 こいつは正真正銘のNJSものの車体であったんです。細かいパーツ類は別としてね。しかし古い写真だこりゃ。旧店舗の前の時代、団地時代の二代目狸サイクルの時のものだわな。

 この車体を使って、120エンドのまま、ディスクブレーキ仕様にできないか?というのが今回の課題でございます。

 もう世には、135ミリのシングル固定ディスクハブ、というのはあるようですね。その120エンドバージョンがすぐに見つかるか?と思いきやなんと、ほぼなし・・・。

 アダプターでディスクを付けられる台座があるようだが、できれば汎用品を利用してできるに越したことはない、という事で、今回のチャレンジ。

 ブレーキ類は、なんと言ってもテクニカルサポートをさせていただいている手前、TRPしか考えられませんので、それを使用します、ある意味施工実験もかねています。

DSC_1765_convert_20180109192940.jpg

 なんとまあ、このようにピスト車のフォークに、ディスク台座を取り付けました、もちろん柳サイクルさんのご協力の下です。

 DSC_1761_convert_20180109192923.jpg

 フレームのシートステーにも、台座取り付け、そして補強も入れてもらいました。

 そうすれば、あとは載せるだけだろう?・・・・というわけには残念ながら行きません。

 まず120エンドのローター台座のある固定ハブがない。もちろん専用品ね。あるものを使うか?135ミリようのものを120エンド化するしかない。

 後者は早々に諦めた・・・。

 では前者は?こういう時に働く勘は鋭いわ、まだね。

 あったんだよ!流用できるやつが・・・、まずは基体がないと、改造もできないんで、大喜びなんだが、それからの道がまた遠い。

DSC_1735_convert_20180109192720.jpg

 とりあえず、ホイール組んで、仮載せしながら調整したんだが、どうも思った以上に、ディスクのキャリパーの幅の厚さに、往生しましたわ。

 確かにシリンダーにピストンを両サイドに持たなければならないんで、それなりの幅になりますな。

 この写真でもわかりにくいが、外掛けしたスポークの出っ張りが、シリンダー本体に干渉してしまいホイールが回らない・・・という事態が起きた。

 ケケー・・・、困った・・・。ディスクは固定できたものの、ホイールが回らないんじゃ、話にならん・・・。

 またそこから、色々試行錯誤が始まった。

 DSC_1757_convert_20180109192849.jpg

 とりあえず、このような形に収まったわけだ。もちろん干渉なしに回るよ。

 DSC_1760_convert_20180109192905.jpg

 こちらから見ると、普通に付いているようだが、色々と苦労はあった。

 DSC_1762_convert_20180109192931.jpg

 最終的にはこれ、ホイールの組み直しということで、解消。つまりディスク側のスポークはすべて内掛けで、出っ張りを外す意味で組み直してみたんですが、なんとかかすりもせずにできたようであります。

 他には、書いてもわかりにくい、マニアックな問題はいくつかあったんですが、それもなんとか・・・解消。

 DSC_1754_convert_20180109192825.jpg

 ディスクという以外は、結構正統派でくんだつもり。このヘッドパーツもNJSものだな。

DSC_1753_convert_20180109192817.jpg

 ステムもクイル系。

DSC_1755_convert_20180109192833.jpg

 クランクも、暫く使わなかった、ピスト専用クランクを取り付けてみた。

DSC_1756_convert_20180109192841.jpg

 チェーンもピスト物、黒銀の見た目は悪くない。

DSC_1752_convert_20180109192809.jpg

 そうそう、こいつが油圧のブレーキレバー。長いねえ・・・、ステム短くしようかな?と思うくらいです、でも握りは悪くない。

 DSC_1748_convert_20180109192736.jpg

 そして、こいつがディスクブレーキ専用のリム、DTだぜ!しかもこいつはあの名作585の後釜に来るものだ。精度はいい。ディスクなんで、外周が軽い感じがするね、もちろんまっすぐにちゃんと進む、さすがに後継者だけある。リムブレーキ用もあるので、こいつで手組も大いにあり得るわけだ。

 DSC_1766_convert_20180109192948.jpg

 オフザフロントのバーテープ・・・、昔のもの外してまき直す。こういう感覚わかる方、少ないかも知れないなあ・・・。

 DSC_1745_convert_20180109192728.jpg

 とりあえず、完成、デモ車です。

 再塗装してありますが、正真正銘NJSのピスト車体を油圧ディスクブレーキに改造した、バージョンの完成です。

 余っているピストフレームに油圧ディスクを取り付けてみたい、なんて夢のような願望がある方、なんとか叶えることができますぞ!柳サイクルとのコラボにて、ピスト車体をディスク車体に・・・!


 しかし、昨年十月の台湾行きはデカかった・・・。まさかこんな展開になるとはね。まじめな固定ギアファンは怒るかな?まあ、元々プロ使用の車体で街道走ることからしてふざけた話でもあるので、まじめで安全であれば、おふざけやいたずらは、新たな展開、またはモードへと動く可能性もあるやも知れない、といことで、お許しを!

 もしや、!!!!ときた方は、まずはご相談よりです!

改造ピストロード より気合いが入る!



 こいつは元、NJSのガチのピストでした。そいつをロード仕様に変えたというやつね。

今回、こいつをより気合いを入れるということで、ブレーキ回りを中心に、色々メンテとなりました。

000 DSC_0214_convert_20161228215136

 いかにもピスト改造車というリアブレーキ。板挟みというやつですね。

 DSC_1529_convert_20171228213459.jpg

 それが今回こんなかっこいい板に変身です。

 DSC_1530_convert_20171228213509.jpg

 位置もちゃんとシートステーのところに来るので、ショートリーチのブレーキでも装着可能になります。これはいいねえ。

 000 DSC_0215_convert_20161228215125

 問題はこいつなんだよね。台座を外して、できればフォークに穴開けて・・・という、かつてはかなりあった需要でありますが、最近やっていないなあ。

 でもロードフォークならいざ知らず、ピストのフォークは曲者だらけでね。乗り手の(この場合選手)、そこまでやるか!?という好みてんこ盛りの場合があるんで、大変なことが多い。実は今回も曲者野郎だった・・・。

 DSC_1723_convert_20171228213546.jpg

 こうしてボール盤に水平出す、つまりドリルに対して垂直出すためね。

 DSC_1724_convert_20171228213555.jpg

 そして、ズレないように、小さいドリルからい入れていく。

 DSC_1726_convert_20171228213610.jpg

 表6ミリ・・・、

 DSC_1725_convert_20171228213602.jpg

 裏8ミリと、座繰り10ミリ、埋め込みナット入れるのでね。それで完成して、ブレーキを装着してみる。

 DSC_1727_convert_20171228213618.jpg

 キレイに入るよね、最初からのロードフォークみたいだ・・・。

 DSC_1526_convert_20171228213443.jpg

 見た目もいいよね。直に付いているから、剛性も上がる、いいことずくめなんだが・・・。

 DSC_1527_convert_20171228213451.jpg

 実は、これで車体を転がすと、なんと・・・タイヤがつかえやがった・・・。コンチネンタルの固めのタイヤだから・・・か?

 これが曲者というピストフォークなんだよね。競技規定の21ミリのタイヤさえはければいいように、そのクリアランスで作ってくれ・・・とビルダーにでも頼んだんだろうな。

 23ミリではデカ過ぎるんだと・・・。フォークとのクリアランスもほとんど髪の毛一本ほど、それよりほんの少しカミソリくらい下回ったブレーキアーチにタイヤが部分的にこするという状況・・・。

 かつては山ほど遭遇した例なんで、今更驚きはしないが、またかよ、ケッ・・・、ってなもんだ。じゃあどうする?この手のブレーキ付けの奥義を出すしかねーじゃん。

 DSC_1541_convert_20171228213529.jpg

 細工したスペーサーを重ねて、外形を干渉しない範囲で削る・・・、こんなことを繰り返しつつ、取り付けするんだな。

 DSC_1544_convert_20171228213537.jpg

 結果的にはこうやって付くんだよ・・・大変だけどね。ホイールもコロコロ回るようになったよ。

 DSC_1531_convert_20171228213518.jpg

 あとは自分でまいた種とはいえ、120ミリ化したハブの調整だね。グリスが漏れる・・・とか。この辺もシーリングなどを再度して、様子見ながら走ってもらうことに。

 DSC_1524_convert_20171228213435.jpg

 しかし、このダウンチューブとホイールのクリアランス見ろよ!通常のロードだったら、正面衝突の事故車だよ。でもこのくらいのせっかちなスケルトンが、ピスト車なんだろうな。クラウンの方の低いやつや、21ミリでも10気圧入れたらあたるんじゃない?っていうくらいの低クリアランスものなど、変態号何台も見てきたよね。

 DSC_1521_convert_20171228213427.jpg

 走って快適かどうかは別として、走る一台には違いない。そして、それにまた磨きがかかった。

 来年早々の素人足自慢ピスト大会で、こいつは炸裂する、今回はマジで、年代別一位を取る!この車体なら間違いなし!

あれがああしてこうなった・・・

000 DSC_1304_convert_20171105185019

 このシールドベアリングの交換については、ほぼはじめて、コンマいくつまで指定してくる奇妙な体験をした。裏と表でシールドのデカさが違う・・・そこになんの必然性があるのか?未だにわからない・・・。

 そんなこんなで、奇妙な規格のベアリングと取り寄せて、ガタ取りなどして出て行った、スピナジー系のホイールなんだが・・・。

 こいつがこんな奴に付いた・・・。

DSC_1365_convert_20171204224751.jpg

 ピナレロも、こんなピストフレーム作っていたんだね。本気で踏んだら、結構時計出るかもね。この後輪に収まったんだが。

 DSC_1366_convert_20171204224803.jpg

 こんな感じで付いているが。チェーンがちょいとたるんでいる。まあこのくらいなら、好みと言えるかな?街道であまりキンキンに張ると疲れるんでね。

 しかし・・・

DSC_1368_convert_20171204224820.jpg

 このフレームにしては、攻めが足りないよなあ。

 DSC_1367_convert_20171204224812.jpg

 ほーら見ろ!この引きは、チェーン管理としては緩いなあ・・・。街道仕様だから・・・まあそこまでは・・・という意見もありましょうが。踏めば前出る車体なもんで、できればその性能を活かしていやる方が、こうしたフレームに乗っている甲斐というのもあるもんだ。もったいねーぞ!

 幸いにして、この持ち主の親子コンビは、非常に反応がいいので、すぐに調べるなりして、チェーン詰めの工夫に走るだろうなあ、チェーン切りと半駒などを駆使して、ベストな張りを見つけるだろう・・・たぶん、それなら、それでいいんだが。

 あと、このナット、通常なら15ミリのところ、こいつは何を間違ってか17ミリでありますな。それを知りつつ、一人で工具持って走るんなら、ほとんど問題ないながら・・・。

 仮にピスト仲間と一緒に走りつつ、17ミリのレンチを持たずに走った出先でパンクにでもあったら、不便かもよ。かつて店主も競タマ(競輪選手の卵)と走っていた時、そいつは15ミリのレンチを背中に刺して走っていた。

 そういう時には、店主もロードだったが、時に15ミリでも開けられる、携行用工具を持って走っていたんだが・・・。なぜか?携行工具は自分のためだけでない、仲間のトラブルも想定して持っているに限る、そういう発想が、起こりうるトラブル対策に役立っていくんだが。そうだったとしても、パンクが起きた時、17ミリ持ち忘れていたら、チューブ交換できないぜ!

 ツーリング仕様のやつでない限り、モンキーレンチは持ち歩かないもんな。そんなチッコイことと思うかも知れないが、逆に言えばそんなチッコイことで、出先で思わぬトラブルに陥って、立ち往生なんてこともあり得る、と思った方がいい。

 できるだけ規格はそろえておく、もし規格外のもので、走るというのなら、自分でしっかり自覚的にそれに対して、管理しないとダメ、という事ね。ほとんどが700Cで走るという中で、あえて650cで走るなら、チューブは自分で三本は持っていく!とかね。

 この持ち主君はここが17ミリであることを自覚していたかな?さて?

 DSC_1369_convert_20171204224829.jpg

 なんとかチェーンラインもセンターも出ているねえ。やはりちょっと癖ありホイールで、ナット締めの時にシャフトが動いてズレてしまい、センターが出しにくい、癖のようなものがあるが、これもまあ慣れだろうな。

 いつまで経っても慣れないようだったら、チェーン引きを使うというのも手だよね。

 DSC_1365_convert_20171204224751.jpg

 まずは、走れることをもって、今回はこのままにしてお返ししよう。対策は親子で取ること、これ宿題です!もしどうしてもわからない場合は、ヒントくらいはだしましょう!
 
 自転車は乗るだけ、またはいじるだけでない、時に親子のコミュニケーションツールともなるといういい例なんだと思うなあ。

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター