メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |車体 ピスト tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

事故からの完全生還

000 DSC_0630_convert_20170626120922

 先日、事故車だったものをまずは安全に乗れるようにして生還させた車体でありました。前回りが重点的にやられていたんで、フロントホイールの組み直し、ヘッドパーツ交換、フォーク・フレームの計測修正して、あとは消耗品を交換して、街道に戻してやったんだが。

 000 DSC_0618_convert_20170626120858

 各所に事故によってできたペイントの傷が残っていたわけだ。

 000 DSC_0619_convert_20170626120906

 事故の見積もりを取る時に、どのレベルで取るか?というのが車体の経年などや、状況によって変わってくる。

 もし持ち主が、まあ古い自転車なんで、また安全に走れるようになればいいんです、というのであれば、多少の傷の修復は見積もりには入らなくなります。

 または、購入したばかりの新車で、完全に元に戻してほしい!というのであれば、当然修正塗装、または全塗装、傷の付いたパーツ類の交換なども含まれることになります。

 そして、実際の事故は、この両極の間に入るというのが、大半といっていいでしょう。

 ある程度古くて、事故のよると思われる傷が付いたなんて場合は、再塗装の扱いは見積もりにあげるべきか?否か?

 もちろん、持ち主さんの意向や、事故の状況などにもよるので一概に言えることではありませんが・・・。

 そういう場合には、ペンディングという手があります。

 とりあえず、見積もりには計上しておく、あとは、そして注にて「これをしないと走れない、というものではないが、車の傷が補償の対象となるところから、とりあえず、計上しておく。あとは、両者の話し合いにて解決されたし」と一筆入れておくことにしている。

 車の補償は、相当量の実績からかなり事務的に処理されるようにできているようだが、スポーツ系自転車に関しては、まだ確立されているとは言い難い。

 かつて、スポーツ車の事故に関して相手の保険屋が「自転車なんて五年も経てば償却でしょ」と一言実用車扱いしたところ、まとまる話がまとまらなくなったことがある。そういう意味でも、まだスポーツ自転車の意味自体がこの社会では確立されていないのかな?と思う。

 スポーツ系自転車の地位向上のために、この手の補償交渉にも、徐々に肩を入れて堂々と請求していくような展開があってもいい、もちろんユスリ・タカリに関与する気は全くないがね。

 そんなこんなで、今回のこの案件、どうやら、再塗装の予算が付いたようだ。
DSC_0890_convert_20170730185321.jpg

 色は赤茶・・・というのかな?

 DSC_0891_convert_20170730185329.jpg

 細かい修正というのは、むしろ手間がかかる場合がある。

DSC_0892_convert_20170730185339.jpg

 色を合わせるというが、時間が経って焼けた塗料の質感を出すのは難しい。

 DSC_0893_convert_20170730185347.jpg

 ボカシといって、修正箇所とそうでない間を焼けのグラデーションを入れる・・・というのか?または、エイジングと言って、古めかしく見せるテクニックなどもあるが・・・ね。

DSC_0888_convert_20170730185313.jpg

 まずは、ほぼ完璧再生おめでとう!

 事故は起こしたくて起こす人はいないと思うが、どんなに気をつけてもかぶってしまう、もらってしまう、という事はある。それでもそこに、自らのなんらかの関与の可能性がほんの微塵でもないか?と疑い猛省することが、より事故を遠ざけることになるのではないか?と思いますがね。

 とにかく、これを機に事故と縁を切りましょう。

大ギア小ギア



 通勤仕様なんだが、どうにも重い・・・と。もちろん車重じゃありません、ギアが重くて、後半が大変という話。

 そういえば、今店主の日常使いの固定車もチョイ重で、後半特に左膝に来る。これ、どうにかしないとな、と思っているんだが。

 似たようなことを感じる人はいる。トレーニングで使っている場合には、ギア比はその目的に合わせるのでそういうことはほぼ無い。膝に来るなんていうのは、とてもデリケートな問題なので、細心の注意をしてギア比を決めていくと思うんだが・・・。

 日常使いになると・・・、

 DSC_0634_convert_20170620214308.jpg

 前ギアはデカイ方がかっこいいよねえ・・・と思ってしまう。この禅というギア板は、結構高級品、その48Tなんて付けてしまうと、これを外すわけにはいかない・・・。

 そうすると、残る選択肢はただ一つ。

 DSC_0635_convert_20170620214317.jpg

 大ギアを小さくすることができないなら、ギア比を下げるためには小ギアをでかくするしかない。そうなると、チェーンの量が増えてその分重くなるが・・・、48Tの禅を使い続けるためには・・・まあ、それしかないだろう。

 DSC_0638_convert_20170620214333.jpg

 小ギアは16Tが付いている。ということはギア比は3、三倍速ということになる、これはある意味競輪入門一つ手前ってことになるね。

 日常使いには重い・・・。せいぜい2.・・・の真ん中くらい出ないとね。

 小ギアコンテナをジャラジャラ探して見つけたのがなんと・・・、

DSC_0639_convert_20170620214342.jpg

 ジャーン!!!なんと20T・・・ギア比一気に2.4に。まあこのくらいじゃないの?膝の痛くなる症状などを聞くと、このくらいが無難だと思いますね。

 DSC_0640_convert_20170620214351.jpg

 当然チェーンはこのように足りなくなりますので、継ぎ足さないといけません。

 DSC_0641_convert_20170620214402.jpg

 こうやって合わせてつなげて切るんですが、何にこだわるか?というと、やっぱり・・・。

 DSC_0645_convert_20170620214552.jpg

 これです、できる限りホイールベースを長くすること、つめつめにする・・・。

DSC_0637_convert_20170620214325.jpg

 あとは安いタイヤがほつれていたんで・・・、これを交換。

 DSC_0647_convert_20170620214609.jpg

 まあ、高級というよりエントリー系なんだが、あてがいぶちのものよりはずっといいです。

 DSC_0646_convert_20170620214600.jpg

 大ギア君は交換せずによかったね、そのまんま。

 DSC_0644_convert_20170620214542.jpg

 前のホイールもうしろと同じように、ディープになる予定だとか。盗難の危険は高まるが、まあ、それなりに楽しめるでしょう。

 試乗では、ギア比の軽さはいいようです。少し走り込んで様子を見ましょう。また、タイヤもずっといいとわかったようで。

 ピストは特に部品点数が少ないので、タイヤの善し悪しはある意味決定的かもしれないね、まあ、ロードもなんだが・・・。

 このように固定に乗る人も、普通に一定以上の方々がいればいいんだが・・・、もう少し走っていてもいいなあ、と思いつつ・・・、確実に選択肢の一つになったとは思いますがね。

エイメイ ピストフレームから完成車へ



 かつては仕事の七割はこんな依頼だらけだったのに、と十年ほど前のことを思い出しますな。

 ピストフレームを持ち込んできては、これで乗れるようにして欲しい・・・。当時以前、ピストフレームを固定で街道乗るなんていうのは、トラック系の選手か、相当外れた自転車好きかのいずれかだったのに、来る人来る人、肩からピストフレームひっさげてという人が後を絶たない。

 いったい何が起こっているんだ?と思ったら、それが世に言う「ピストブーム」ということだったわけでした。賛否色々あり、また店主自身も持論展開なんてことで、積極的とは言い難くも絡んだこともあり、自転車業が本業に変わるなんてことなども重なり、ちょっと懐かしさなんかもなくはない。

 あれを機に、自転車のパーツ類がカラフルになったなんてことは正の遺産でありましょうな。また、今はもう薄くはなったとはいえ、固定ギアという自転車が一般の方々のジャンルになったというのも、プラスであったと思います。

 ブームというのは一度来ると、去って行く。ちょうどハエが羽音を立ててはやってきては、そして去って行くという音の様子から来たのが、このブームという言葉なんだそうだ。

 ブームが来るとある意味洪水のようなものなので、そこに年度層のようなものができる・・・。その層というのは、その手のセンスに応じてできあがるものなので、大概はまた復活する、去って行った羽音はまた返ってくるという法則のようなものがあるような気がしますね。

 ピストの象徴しているセンスと言えば、一言で言うとシンプル、ということに尽きるでありましょう。このシンプルというのは、対極が華美ということにすると、必ず人のセンスがその間を揺れ動く一つ極であるので、それは滅びることはない、といえるんじゃないかな?

 だから、またシンプル系の自転車車への希求が高まると、ピストの復興らしきものも起こりうる、もちろん手を替え品を替え、細かいバリエーションはあると思いますがね。例えばディスクピスト・・・とかね。

 そんなこんなもあって、今店主の中には、一人ピストブームが来つつある。引っ張り出して乗ろうかな?なんてね。

 そんな中に、エイメイのピストフレームが単体でやってきて、完成車にして欲しいとね。もちろん!なんですが、一つ癖があった。

 こいつ、エンド幅が110ミリであった。通常は120ミリ、このエンドが違うと何に影響が出るか?といえば、足回り、つまりホイールに影響が出るということがいえます。

 通常ピストホイール用に作られているハブでは幅などの関係から、そのまま流用することができなくなる。もちろん最初から110用のハブを使えば?という用に思われるかもしれませんが、そうなると諸競輪プロ用のもの、デュラエースの専用ピストハブを使わなければならず、それがまた36ホールしかほぼなし・・・という、なんとかなりそうで、実はどうにもならないようなフレームなんですよね。

 ブームの当時はピストフレームの中古市場が高騰したために、この手の扱いづらい110エンドフレームまで登場して、各地に相当の被害者というか、困惑者を生み出した、罪なフレームなんですわ。

 そういう中で、110用のハブを作っては、32hのリムで組み付けていたのが、当店でもあったんですね。当時は地方から、ずいぶんと引っ張りがあった。作っては送り・・・作っては送りを繰り返していたなあ。

 今回も久々の改造だわ。一つ縛りをもうけてみた、今回は加工のみで対応しよう、別のスペーサーやナット類は使わないとね。

 サーテ、削るぞ!

DSC_0555_convert_20170530184759.jpg

 回転数をコントロールできるようになったので、この簡易フライスも使えるようになりました。その前までは、木枠でジグを作っては、サンダーに当てて、測りながら削りを入れていたんですよね。


 DSC_0557_convert_20170530184808.jpg

 シャフトのあとは、ナット類も削り・・・、組み付けては幅を測り、また外しては削りを繰り返して、

 DSC_0558_convert_20170530184815.jpg

 110ミリ化成功!チェーン引き分幅広でも問題なし。

 DSC_0561_convert_20170530184823.jpg

 おお、きれいに削れてあるわ。この110ミリエンドの場合、加工はリアだけでなく、フロントのハブもシャフトを8ミリに削らないといけないという意味で、まあ、大変ではある!

 できあがったハブでホイールを組んでやる!

DSC_0615_convert_20170530184856.jpg

 シルバーのシンプル系で今回はやった。

 DSC_0614_convert_20170530184846.jpg

 今回はフレームはいじらず、完全ハブ加工だけで対応してみた。まあ、テーマを設けると、それなりに引き締まるね。

 DSC_0616_convert_20170530184906.jpg

 ちなみにリアハブのシャフトも8ミリね。やり方によっては、両サイド一ミリずつ削る、俗に言う小判型というのがあるが、まあ一方にミリ削りというので今回はやった。中空シャフト出ないので、強度は全く問題ないと思う。

 DSC_0617_convert_20170530184918.jpg

 ナットもスペーサーも薄いよね・・・当たり前だが。

 DSC_0619_convert_20170530184934.jpg

 あとは、ピスト用の台座付きブレーキを前後に付けます。

DSC_0618_convert_20170530184926.jpg

 シートステーに加工するという手もあるが、まずは、板挟みでやってみる。

DSC_0613_convert_20170530184839.jpg

 クランクはジモンティ、このシンプルでクラシカルなやつは使いやすい。値段も馬鹿高くないしね。これロード版とか出してくれないかな?

 チェーンもシルバーで。

 DSC_0622_convert_20170530184943.jpg

 肩の落ちたピストハンドル。久々だよね、ピストハンドル取り付けるの、かつては切らしたことなかったが、今回370ミリのものを取りました。

 ブレーキレバーはディズナの名作です。これマジいいよ!

DSC_0612_convert_20170530184831.jpg

 ハイ、完成!いいでしょ?このシンプルな感じ。走るためだけに作られた、、単純な美しさだけの自転車。

 こんなのを外で撮影していると、ロード乗りの方々が、あたかも羨望の眼で凝視してくる・・・ように感じられます。やっぱり静かなピストブームはそこまで来ている・・・のかもしれませんね。

 これに乗って、あとは踏むしかない・・・そんな単純な自転車が、もてないわけがない!

 時代は、両刀遣い・・・ということで勝手に夢想しては楽しんでいる店主なのでありました!

もしかしてピストロス?まあ乗ればいいんだが・・・。



 オークションだったかなあ・・・、こいつを購入したそうです。

 最低限の状態なんで、これをまともに走れるようにしてほしいということです。

DSC_0588_convert_20170511211143_201705142312386e2.jpg
 
 固定じゃねーかよ・・・。少なくなったとはいえ、当店には来てくれるねえ。ショップによっては例のブーム以来、固定ギアのイメージがよくないのか、ピシッと断れることもあるそうですね。

 固定には固定の効用もあるのにね。ロード乗りだって、固定の効用は大なんだがなあ・・・。

 とにかくホイールを組み替えるか?というくらい調整。ハブがノバテックなもんで、回転はいい。なればホイールの精度を出してやれ!ということだ。

 DSC_0587_convert_20170511211135_20170514231236b6b.jpg

 前輪もね。このノバッテックというハブは、一時取引再起の業者から撤退してしまい、それはそれは焦ったもんだったが、また戻ってきたんで、ほっとしているところ。

 こいつは意外といいやつだ。パラリンピックのタンデム自転車練習用ホイールにも使用したが、全く使用上の問題は出なかった。トラック系の大男が二人乗るタンデム、二人で150キロ前後になるんじゃない?中型力士一人分の重量を支えたホイールの軸をなすんで、強度を測るには十分な重さだと思いますね。

 ガタも出ず回転にも影響は出なかったように思う、アテネパラリンピックのでの話だが。

 そのあとのブームだなんだでもノバテックは大活躍していましたな。なので、こいつが付いているホイールには、ちょいと手厚くしてやりたくなるんですわ。

 DSC_0547_convert_20170511211053_201705142312242af.jpg

 ブレーキもギシギシを取ってやって、

DSC_0589_convert_20170511211152_2017051423124102b.jpg

 シュー交換してやると、まあ効くようになりますね。

DSC_0548_convert_20170511211102_20170514231225f29.jpg

 前後のタイヤも替えますかね。ひび割れているし。

DSC_0586_convert_20170511211127_20170514231235274.jpg

 25ミリのタイヤにしました。今流行っているようですねえ。なんでだろう・・・。

 DSC_0589_convert_20170514231131.jpg

 BBも交換しておきます。多少の油ぎれギシギシだったので、自分で替えにくいところなんで、替えときましょう。

DSC_0588_convert_20170514231118.jpg

 金チェーンで好みもありますが、まあ、このくらいなら成金趣味にはならないと思います。まあ、いいか。

 DSC_0585_convert_20170514231051.jpg

 はい、これで暫くはしっかり走れます!

 とその前に、試乗してみたんですが・・・。いいですねえ、固定ギアは・・・。店主の個体ギアロス?か?

 なら、自分の固定車乗ればいいじゃん、で話はすむんだが。なんかそれだけじゃあない。もう少し、ロード系の多段と、固定系シングルを乗り分けるライダーが増えてくれればいいなあ・・・と思いますね。

 中学生くらいから、固定乗っていたら、さぞやペダリングはきれいになるはずです。そういう円にペダルを回せるライダーが増えれば、何かが起きるよね。

 そういう起爆的可能性が固定にはあるんだがなあ・・・。

 実用車改造車でもいいんで、固定乗る人増やしたいなあ、なんて考えます。

アッチぶつかりコッチぶつかりでこうなった・・・

000 DSCN1024_convert_20121119210650

 今を去る五年以上前、この写真は旧店舗ですねえ、懐かしい・・・。ジオスのシングルがこんな形でやってきました。

 こいつの細かいいきさつと施工内容はこちらに記してありますので、参考まで!

 まあピストフレームに内装三段ギアを入れた、新たなタイプの自転車として、ご紹介したんですね。この組み合わせは、決して悪くはない、というよりむしろ推奨したいくらいね。できれば固定の内装の方がいいけど・・・。

 000 DSCN1050_convert_20121119210544

 ブルホーンバーにして、見にくいですが、リアハブのあたりが内装化されていますね。

 この状態で、数年走ったということなんですが、それがまた、別の所有者に移ったということで、またまたの改造となりました。

 DSC_0462_convert_20170507202121.jpg

 継続的にこんな状態で来たんであります。サーて・・・内装は?

 DSC_0463_convert_20170507202132.jpg

 しっかりされていますが、すでにそのための機構は外されています。これをまた通常の固定に戻して乗りたい・・・というね。

 しかし、一台の自転車をこうして使う人好みにしてまた乗り続けるなんていうのはいいですねえ。

 脱線します。最近ちょいとカチンときたこと。子狸の使う鉛筆が2Bという限定が付いていること・・・。まあ、一年坊主だからまだいいかもしれないが・・・。鉛筆の硬さなんてもんは、その子の筆圧や、好みによって異なる、それじゃあダメなのかよ!と思うね。

 店主がちょいと物書き時代、ワープロではリズムがとれずに、手書きの下書きしていた頃、店主は色々試して2Bの鉛筆を使って殴り書きしていた。二十本近くをまずは削り置きして、次から次へとコクヨの原稿用紙にその芯を塗り込んでいったんだが。

 もし芯の堅さを編集者に規制されたとしたら(絶対にありえんが)、そんなとこの仕事は受けない、絶対に。

 なぜあれだけの鉛筆の種類があるのか?用途もしかり、癖もしかり、好みもしかりだからだろう?鉛筆ぐらい好きなもん使わしてやれや!色々ある装備を試して自分で決める、という非常に大事な、自決権を侵害しておるぞ!と一モンスターは思うのだが・・・。

 もとい!

 次使う方が、自分の好みと用途に合わせて、パーツを変える、実に健全な精神である!

DSC_0464_convert_20170507202141.jpg

 あとは、まあちょいと疲れているなあ・・・。

 DSC_0467_convert_20170507202148.jpg

 錆なども散見できる。

 DSC_0468_convert_20170507202156.jpg

 パーツも曇り、消耗品は代えるべき時を迎えているよね。

DSC_0473_convert_20170507202233.jpg

 ちょいと磨いていやるとこうなる、ワイヤー交換し調整してやると、サイドブレーキアーチの機嫌はよくなる。

 DSC_0474_convert_20170507202243.jpg

 やる気出てきたね。よし、また頑張ってくれ!

DSC_0471_convert_20170507202213.jpg

 またピストハブで、しっかり組み直してやれば、新しい駆動輪ができる。

 DSC_0472_convert_20170507202221.jpg

 もちろんチェーンも、新しくいいオイル・・・、ムオンを入れてやると、絶対に新品以上だな!

DSC_0469_convert_20170507202205.jpg

 リアホイールを代えて、また新たな固定車として蘇る。その他、消耗品は交換され、調整されるべきところは調整が入る。

 これで十分なのだ!

 使う人を中心に、乗る人を中心に自転車は組まれるべきなのだ、その一人に合わせたその一人のための自転車が理想だよね。

 筆記具だって同じだ。自分の使う道具は自分で探して、自分で研究して、自分で選んで、自分で手を入れて、自分で管理するものだ。

 行き着くところ鉛筆の芯の堅さの問題なんかじゃない!そういう人と道具の大事な関係に下らんお節介の介入は必要ない!もっと自決できる人間を育成せよといいたいね。
 
 なもんで、自分の自転車を探している方、邪魔せずお供しまっせ・・・、多少・・・というかだいぶ癖ありだが・・・ね。

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター