メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |車体 ピスト tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

エイメイ ピストフレームから完成車へ



 かつては仕事の七割はこんな依頼だらけだったのに、と十年ほど前のことを思い出しますな。

 ピストフレームを持ち込んできては、これで乗れるようにして欲しい・・・。当時以前、ピストフレームを固定で街道乗るなんていうのは、トラック系の選手か、相当外れた自転車好きかのいずれかだったのに、来る人来る人、肩からピストフレームひっさげてという人が後を絶たない。

 いったい何が起こっているんだ?と思ったら、それが世に言う「ピストブーム」ということだったわけでした。賛否色々あり、また店主自身も持論展開なんてことで、積極的とは言い難くも絡んだこともあり、自転車業が本業に変わるなんてことなども重なり、ちょっと懐かしさなんかもなくはない。

 あれを機に、自転車のパーツ類がカラフルになったなんてことは正の遺産でありましょうな。また、今はもう薄くはなったとはいえ、固定ギアという自転車が一般の方々のジャンルになったというのも、プラスであったと思います。

 ブームというのは一度来ると、去って行く。ちょうどハエが羽音を立ててはやってきては、そして去って行くという音の様子から来たのが、このブームという言葉なんだそうだ。

 ブームが来るとある意味洪水のようなものなので、そこに年度層のようなものができる・・・。その層というのは、その手のセンスに応じてできあがるものなので、大概はまた復活する、去って行った羽音はまた返ってくるという法則のようなものがあるような気がしますね。

 ピストの象徴しているセンスと言えば、一言で言うとシンプル、ということに尽きるでありましょう。このシンプルというのは、対極が華美ということにすると、必ず人のセンスがその間を揺れ動く一つ極であるので、それは滅びることはない、といえるんじゃないかな?

 だから、またシンプル系の自転車車への希求が高まると、ピストの復興らしきものも起こりうる、もちろん手を替え品を替え、細かいバリエーションはあると思いますがね。例えばディスクピスト・・・とかね。

 そんなこんなもあって、今店主の中には、一人ピストブームが来つつある。引っ張り出して乗ろうかな?なんてね。

 そんな中に、エイメイのピストフレームが単体でやってきて、完成車にして欲しいとね。もちろん!なんですが、一つ癖があった。

 こいつ、エンド幅が110ミリであった。通常は120ミリ、このエンドが違うと何に影響が出るか?といえば、足回り、つまりホイールに影響が出るということがいえます。

 通常ピストホイール用に作られているハブでは幅などの関係から、そのまま流用することができなくなる。もちろん最初から110用のハブを使えば?という用に思われるかもしれませんが、そうなると諸競輪プロ用のもの、デュラエースの専用ピストハブを使わなければならず、それがまた36ホールしかほぼなし・・・という、なんとかなりそうで、実はどうにもならないようなフレームなんですよね。

 ブームの当時はピストフレームの中古市場が高騰したために、この手の扱いづらい110エンドフレームまで登場して、各地に相当の被害者というか、困惑者を生み出した、罪なフレームなんですわ。

 そういう中で、110用のハブを作っては、32hのリムで組み付けていたのが、当店でもあったんですね。当時は地方から、ずいぶんと引っ張りがあった。作っては送り・・・作っては送りを繰り返していたなあ。

 今回も久々の改造だわ。一つ縛りをもうけてみた、今回は加工のみで対応しよう、別のスペーサーやナット類は使わないとね。

 サーテ、削るぞ!

DSC_0555_convert_20170530184759.jpg

 回転数をコントロールできるようになったので、この簡易フライスも使えるようになりました。その前までは、木枠でジグを作っては、サンダーに当てて、測りながら削りを入れていたんですよね。


 DSC_0557_convert_20170530184808.jpg

 シャフトのあとは、ナット類も削り・・・、組み付けては幅を測り、また外しては削りを繰り返して、

 DSC_0558_convert_20170530184815.jpg

 110ミリ化成功!チェーン引き分幅広でも問題なし。

 DSC_0561_convert_20170530184823.jpg

 おお、きれいに削れてあるわ。この110ミリエンドの場合、加工はリアだけでなく、フロントのハブもシャフトを8ミリに削らないといけないという意味で、まあ、大変ではある!

 できあがったハブでホイールを組んでやる!

DSC_0615_convert_20170530184856.jpg

 シルバーのシンプル系で今回はやった。

 DSC_0614_convert_20170530184846.jpg

 今回はフレームはいじらず、完全ハブ加工だけで対応してみた。まあ、テーマを設けると、それなりに引き締まるね。

 DSC_0616_convert_20170530184906.jpg

 ちなみにリアハブのシャフトも8ミリね。やり方によっては、両サイド一ミリずつ削る、俗に言う小判型というのがあるが、まあ一方にミリ削りというので今回はやった。中空シャフト出ないので、強度は全く問題ないと思う。

 DSC_0617_convert_20170530184918.jpg

 ナットもスペーサーも薄いよね・・・当たり前だが。

 DSC_0619_convert_20170530184934.jpg

 あとは、ピスト用の台座付きブレーキを前後に付けます。

DSC_0618_convert_20170530184926.jpg

 シートステーに加工するという手もあるが、まずは、板挟みでやってみる。

DSC_0613_convert_20170530184839.jpg

 クランクはジモンティ、このシンプルでクラシカルなやつは使いやすい。値段も馬鹿高くないしね。これロード版とか出してくれないかな?

 チェーンもシルバーで。

 DSC_0622_convert_20170530184943.jpg

 肩の落ちたピストハンドル。久々だよね、ピストハンドル取り付けるの、かつては切らしたことなかったが、今回370ミリのものを取りました。

 ブレーキレバーはディズナの名作です。これマジいいよ!

DSC_0612_convert_20170530184831.jpg

 ハイ、完成!いいでしょ?このシンプルな感じ。走るためだけに作られた、、単純な美しさだけの自転車。

 こんなのを外で撮影していると、ロード乗りの方々が、あたかも羨望の眼で凝視してくる・・・ように感じられます。やっぱり静かなピストブームはそこまで来ている・・・のかもしれませんね。

 これに乗って、あとは踏むしかない・・・そんな単純な自転車が、もてないわけがない!

 時代は、両刀遣い・・・ということで勝手に夢想しては楽しんでいる店主なのでありました!

もしかしてピストロス?まあ乗ればいいんだが・・・。



 オークションだったかなあ・・・、こいつを購入したそうです。

 最低限の状態なんで、これをまともに走れるようにしてほしいということです。

DSC_0588_convert_20170511211143_201705142312386e2.jpg
 
 固定じゃねーかよ・・・。少なくなったとはいえ、当店には来てくれるねえ。ショップによっては例のブーム以来、固定ギアのイメージがよくないのか、ピシッと断れることもあるそうですね。

 固定には固定の効用もあるのにね。ロード乗りだって、固定の効用は大なんだがなあ・・・。

 とにかくホイールを組み替えるか?というくらい調整。ハブがノバテックなもんで、回転はいい。なればホイールの精度を出してやれ!ということだ。

 DSC_0587_convert_20170511211135_20170514231236b6b.jpg

 前輪もね。このノバッテックというハブは、一時取引再起の業者から撤退してしまい、それはそれは焦ったもんだったが、また戻ってきたんで、ほっとしているところ。

 こいつは意外といいやつだ。パラリンピックのタンデム自転車練習用ホイールにも使用したが、全く使用上の問題は出なかった。トラック系の大男が二人乗るタンデム、二人で150キロ前後になるんじゃない?中型力士一人分の重量を支えたホイールの軸をなすんで、強度を測るには十分な重さだと思いますね。

 ガタも出ず回転にも影響は出なかったように思う、アテネパラリンピックのでの話だが。

 そのあとのブームだなんだでもノバテックは大活躍していましたな。なので、こいつが付いているホイールには、ちょいと手厚くしてやりたくなるんですわ。

 DSC_0547_convert_20170511211053_201705142312242af.jpg

 ブレーキもギシギシを取ってやって、

DSC_0589_convert_20170511211152_2017051423124102b.jpg

 シュー交換してやると、まあ効くようになりますね。

DSC_0548_convert_20170511211102_20170514231225f29.jpg

 前後のタイヤも替えますかね。ひび割れているし。

DSC_0586_convert_20170511211127_20170514231235274.jpg

 25ミリのタイヤにしました。今流行っているようですねえ。なんでだろう・・・。

 DSC_0589_convert_20170514231131.jpg

 BBも交換しておきます。多少の油ぎれギシギシだったので、自分で替えにくいところなんで、替えときましょう。

DSC_0588_convert_20170514231118.jpg

 金チェーンで好みもありますが、まあ、このくらいなら成金趣味にはならないと思います。まあ、いいか。

 DSC_0585_convert_20170514231051.jpg

 はい、これで暫くはしっかり走れます!

 とその前に、試乗してみたんですが・・・。いいですねえ、固定ギアは・・・。店主の個体ギアロス?か?

 なら、自分の固定車乗ればいいじゃん、で話はすむんだが。なんかそれだけじゃあない。もう少し、ロード系の多段と、固定系シングルを乗り分けるライダーが増えてくれればいいなあ・・・と思いますね。

 中学生くらいから、固定乗っていたら、さぞやペダリングはきれいになるはずです。そういう円にペダルを回せるライダーが増えれば、何かが起きるよね。

 そういう起爆的可能性が固定にはあるんだがなあ・・・。

 実用車改造車でもいいんで、固定乗る人増やしたいなあ、なんて考えます。

アッチぶつかりコッチぶつかりでこうなった・・・

000 DSCN1024_convert_20121119210650

 今を去る五年以上前、この写真は旧店舗ですねえ、懐かしい・・・。ジオスのシングルがこんな形でやってきました。

 こいつの細かいいきさつと施工内容はこちらに記してありますので、参考まで!

 まあピストフレームに内装三段ギアを入れた、新たなタイプの自転車として、ご紹介したんですね。この組み合わせは、決して悪くはない、というよりむしろ推奨したいくらいね。できれば固定の内装の方がいいけど・・・。

 000 DSCN1050_convert_20121119210544

 ブルホーンバーにして、見にくいですが、リアハブのあたりが内装化されていますね。

 この状態で、数年走ったということなんですが、それがまた、別の所有者に移ったということで、またまたの改造となりました。

 DSC_0462_convert_20170507202121.jpg

 継続的にこんな状態で来たんであります。サーて・・・内装は?

 DSC_0463_convert_20170507202132.jpg

 しっかりされていますが、すでにそのための機構は外されています。これをまた通常の固定に戻して乗りたい・・・というね。

 しかし、一台の自転車をこうして使う人好みにしてまた乗り続けるなんていうのはいいですねえ。

 脱線します。最近ちょいとカチンときたこと。子狸の使う鉛筆が2Bという限定が付いていること・・・。まあ、一年坊主だからまだいいかもしれないが・・・。鉛筆の硬さなんてもんは、その子の筆圧や、好みによって異なる、それじゃあダメなのかよ!と思うね。

 店主がちょいと物書き時代、ワープロではリズムがとれずに、手書きの下書きしていた頃、店主は色々試して2Bの鉛筆を使って殴り書きしていた。二十本近くをまずは削り置きして、次から次へとコクヨの原稿用紙にその芯を塗り込んでいったんだが。

 もし芯の堅さを編集者に規制されたとしたら(絶対にありえんが)、そんなとこの仕事は受けない、絶対に。

 なぜあれだけの鉛筆の種類があるのか?用途もしかり、癖もしかり、好みもしかりだからだろう?鉛筆ぐらい好きなもん使わしてやれや!色々ある装備を試して自分で決める、という非常に大事な、自決権を侵害しておるぞ!と一モンスターは思うのだが・・・。

 もとい!

 次使う方が、自分の好みと用途に合わせて、パーツを変える、実に健全な精神である!

DSC_0464_convert_20170507202141.jpg

 あとは、まあちょいと疲れているなあ・・・。

 DSC_0467_convert_20170507202148.jpg

 錆なども散見できる。

 DSC_0468_convert_20170507202156.jpg

 パーツも曇り、消耗品は代えるべき時を迎えているよね。

DSC_0473_convert_20170507202233.jpg

 ちょいと磨いていやるとこうなる、ワイヤー交換し調整してやると、サイドブレーキアーチの機嫌はよくなる。

 DSC_0474_convert_20170507202243.jpg

 やる気出てきたね。よし、また頑張ってくれ!

DSC_0471_convert_20170507202213.jpg

 またピストハブで、しっかり組み直してやれば、新しい駆動輪ができる。

 DSC_0472_convert_20170507202221.jpg

 もちろんチェーンも、新しくいいオイル・・・、ムオンを入れてやると、絶対に新品以上だな!

DSC_0469_convert_20170507202205.jpg

 リアホイールを代えて、また新たな固定車として蘇る。その他、消耗品は交換され、調整されるべきところは調整が入る。

 これで十分なのだ!

 使う人を中心に、乗る人を中心に自転車は組まれるべきなのだ、その一人に合わせたその一人のための自転車が理想だよね。

 筆記具だって同じだ。自分の使う道具は自分で探して、自分で研究して、自分で選んで、自分で手を入れて、自分で管理するものだ。

 行き着くところ鉛筆の芯の堅さの問題なんかじゃない!そういう人と道具の大事な関係に下らんお節介の介入は必要ない!もっと自決できる人間を育成せよといいたいね。
 
 なもんで、自分の自転車を探している方、邪魔せずお供しまっせ・・・、多少・・・というかだいぶ癖ありだが・・・ね。

やっぱり大手はすごいなあ・・・ いけちゃうピスト



 濃いめのグレーで、決して安っぽくない風体のピスト車です。

 DSC_0514_convert_20170430185429.jpg

 メジャーな字体とは違いますが、ジャイアントです。

 この車体、完成車で五万・・・くらいなんだそうだ。決してそうは見えないのが、すごいとこだよね。

 DSC_0443_convert_20170430185346.jpg

 今回スポーク折れで来たんだが・・・。それはこの値段設定なんで、抜くところはあると思うが、それでもよくこれで組めたもんだよね。量産というのはやっぱり経費の軽減につながるのかな?

 DSC_0515_convert_20170430185437.jpg

 もちろん張り替えて、調整なんだが。

 DSC_0445_convert_20170430185410.jpg

 ホイールだけでなく、ブレーキなんかもほったらかしだったようで、いろんな意味で堅い。しなやかな効きがない、そういうやつをなだめて、洗浄して、シュルッと効かせるようにする。

 DSC_0516_convert_20170430185448.jpg

 ちょっとした丁寧な手入れによって多くのパーツは生まれ変わるもんだ。こういうことはもっと多くの方々に共有していってもらいたいもんだ。

 調整して、ダメならそのパーツ交換・・・、この繰り返し以上以下でもないが、そういうのを一足飛びに、すぐに新車購入へすすめるというのは、当店にはそうしたセンスはほぼない・・・といっていいでしょうね。

DSC_0517_convert_20170430185459.jpg

 パーツの機嫌がよくなる、という擬人化した言い方がピッタリきます。

DSC_0518_convert_20170430185510.jpg

 以前当店で、ブルホーン化してくれたようです。あと次はどこいじろうかな?と楽しく思案中のようです。前後ホイールもよし、クランク回りもよし・・・とはいっても部品点数が極端に少ないピスト車、絞られてきますがね。

 走りへのダイレクトな影響といったら、ホイールかな?見た目の自転車の横の顔といったらクランク回りかな?とかね。

 DSC_0513_convert_20170430185419.jpg

 ということで、全治したピスト車なんだが、試乗してみるに、これで五万か?といういい走りをする。ちょっとはまるなあこれは・・・。面白い!やっぱりシングルにはシングルの味ってもんがあるし、この鉄フレーム・・・くやしいがいいよ!

 さすがこの値段で、こんなものを作って、普及させてしまうのは、ジャイアントの実力なのかな?と認めざるを得ませんが。

 そういえば、当店でもフォーク入れ替えると奇跡的に走る、ピストフレームがまだ数本あったんだよね。あんなのを持ち出しみる、というのもいいかもしれないね。

 別にブームなどというものはいいが、ちゃんと自転車乗り達の選択肢として明確に残ってくれていればいいんだよ。そして忘れられそうになったら、あのシンプルで、ダイレクト感のある固定ギアって、見た目だって、内容だって結構いいんだぜ!と再度空気を吹き込んでみたくもなる。

 確かにシングル固定って・・・やっぱりいいよ!一本引っ張り出して、なんか組み付けるか・・・。

ディスクで固定?! なんていう店主はもう古いんだろうなあ・・・。



 フォークが片方しかない、唐傘のお化けのようなレフティーていう自転車があって、この黒々とした一台は、その見た目からしてもバッドボーイと呼ばれているらしい。このドロップ化は当店を通過している。

 DSC_0439_convert_20170428180930.jpg

 シングルギアなんだが、このディスクブレーキ仕様のシングルギア車を、固定車にしたいというご希望なんですね。

 エンド幅が135ミリあって、ディスク台座のある、固定ギア用ハブなんて・・・あるのか?135ミリなんていうのは、シャフト入れ替えとスペーサー調整でなんとかね、後はピストハブに細工してディスク台座にできるようなアダプターかなんかないかな?

 そもそもこのハブはどうなってんだ?

DSC_0461_(2)_convert_20170428181022.jpg

 なるほど、フリーコグじゃなくてもフリーなのは、幅は薄いながらもハブにフリーの機構がのっているタイプのやつなのね。

 そうすると・・・、このフリー内部の機構を壊せば、固定になる・・・んじゃないか?なんて考えてもみたんだが・・・。内部に溝をきざんで、そこにロウを流すとかね。ただ元に戻せないのはなんとも気分はよくない。

 それでは・・・ダメ元で、ディスク台座付き固定ギアハブなんかを探してみよう・・・ということで・・・持っていそうな業者の中を見てみると。

 ある意味拍子抜けするくらい、見つかっちゃいました。普通にあるんだよねえ・・・。

 DSC_0461_convert_20170428181044.jpg

 これね、サーリーとか書いてある・・・。当店でも、とれちゃいます。あまり当店のイメージピッタリじゃあないかもしれませんがね。

 DSC_0462_convert_20170428181057.jpg

 このようにディスク台座があって、反対を見ると・・・

DSC_0463_convert_20170428181217.jpg

 このように溝が切られています。ただ、これを見るにフリーコグ用につくられていますね。 まあ、ロックリングを逆ねじ用とは異なる別物にすれば、問題ないが。

 とここまで来ると、こいつで再度後輪を組み付ければ、後は完成ということに。

 DSC_0449_convert_20170428180955.jpg

 こんな感じですね。スポークはすべて黒、DTで再組み付けしましたよ。意外とスポークがやれていたんで、流用はしませんでした。

 DSC_0448_convert_20170428180947.jpg

 もちろん前後ともにディスクブレーキのままです!これが今風?それともストリート風とでもいうのでしょうか?

 DSC_0452_convert_20170428181011.jpg

 ただハブがストドロ形式なのに、どうやってテンショナーなく・・・すんでいるのか?と思ってみたら。

 DSC_0451_convert_20170428181003.jpg

 クランクのBBにその秘密があった。BBソケットがエキセントリック対応になっている。つまりはたるんだチェーンは、このエキセントリック、つまり中心軸がセンターからわざとズレている形式のものによって、そのたるみが吸収される形式となっている。

DSC_0446_convert_20170428180939.jpg

 固定ギアのディスクブレーキなんて、今まで聴いたことなかったが、今製品が出ているということは、すでにジャンルとして成立しているんでありましょうな。

 まあ、勉強勉強。しかし、店主も「古い」人間になったもんだ・・・。これからどんどん新しいものへの対応力が鈍くなって、その辺はわからないので、若いのに聞いてみて・・・となっていくんだろうなあ。

 ただし!それじゃあ、ただのサボりじゃない!といわれないように、こちらとしては、この「古さ」のセンスをより研ぎ澄まして、若い子たちにはまだまだ踏み込めない、領域へとより深化していく必要があるんでしょうね。そーでねーと、年寄りであることの意味がない。

 その辺はまだまだ自信はなくはない。あるタイプのものへの深化、そのための努力のようなものは怠らないように行かないとね。

 そうしないと、何よりも店主本人が面白くない・・・からね。新製品などにはもうピクリともしないが、古きを温めるにはまだ若い、吸収すべきことはまだまだ、まだまだ、ありそうであります。

 自分の持っているピスト車をディスクブレーキ仕様にしたいなんていう方・・・、柳さんと組んだらできるようになりますんでね、ピンと来た方から、ご連絡お待ちしています!

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター