メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |セール中!完成車! tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

自転車自身のみぞ知る!というやつか?



 当店にしては珍しいくらいの、ごくごく普通な実用系自転車でしょ?なんのひねりもない・・・。

 なんと言っても、宿敵の泥よけが前後に付いている・・・、なくてもいいのにねえ。

 そしてまた、なくてもいいような、袋系のチェーンカバーも付いている・・・。

 全くもって当店らしくはないのだ。


DSC_0157_convert_20161108193117.jpg

 ギアだって、何もないよ!

 内装三段くらい付けろよ!とでも言いたいくらいなんだが、全くもって極々普通のなんの取り柄もない、実用車・・・なんであります。

 いや、取り柄といえば・・・、一つあったか。

 DSC_0160_convert_20161108193038.jpg

 ハブダイナモで、LEDのライト付き。これは取り柄といえば、取り柄だな。特に日の短いこれからの半年間には、非常に役に立ちますね。

 なんていっても、暗さを感知したら勝手にライトを付けてくれるのね。しかも電池いらず、なぜなら走ること=前輪が回ることで発電、その電気を利用しているので電池いらずというわけなのだ。

 しかも、LEDなんて光らせたら、一体いつ切れるんだい?というくらい持つんじゃないか?しかも明るいと来ている。

 二十年くらい前、このくらいに光を得るために単二電池二本の豆球ライトを付けていたんだが、この時期の通勤となると、二週間電池は持たなかった・・・。常にサドルバッグに単二電池のスペアを忍ばせていたんで、重いのなんの・・・。

 それから比べるといいものができました。

 ということで、こいつの取り柄はハブダイナモライト・・・だね。

 DSC_0159_convert_20161108193052.jpg

 あとはカゴ金具がついているので、必要な人は勝手におつけください・・・てなもんで。

 DSC_0158_convert_20161108193105.jpg

 ハンドルだって、ザッツママチャリ・・・ていうやつで、前掲とれるわけもないので、ペダルに大して力は入らない・・・。

 というこいつなんであります。

DSC_0155_convert_20161108193129.jpg

 改めてみても華はない・・・、どうってことのない一台なんだが・・・。

 ただこいつがいると便利・・・なんだなあ・・・。靴でいえば、草履というか、サンダルというか・・・、いわゆる突っかけね。ちょっとの移動に大変いいんです!

 坂のない地域だったらこれでいいんじゃない?と素朴に思ってしまう。

 そもそも、当店にあった新品系のありもので組み付けられてもので、特に何かを目指して作られたコンセプチャルなものではない、単に組み上がった自転車というだけなんだがね。

 作る側に、大した目的意識がなくとも、できあがったものには自然と何らかの論理が内包されている?とでも言えそうなくらいの、ある意味飄々とした、一台として凜として立っておるんであります。

 なんだ君の存在感ってやつは?

 できあがったものは、作り手の意図を超えうる・・・ということも大いにあるんだが、大仰でなくこのくらい地味にやられると逆にこちら側が戸惑ってしまうわね。

 まさに、コチラが作った!のではなくて、アチラができた・・・という状況。他動詞でなく、自動詞的な自存感。

 不思議なやつですよ、こいつは。しばらくは当店にいそうなんだが、フラリとあたかもこいつに意図があるかのごとく、パートナーを見つけて店から消えるんじゃない?という感じ。

 まあ、自存しているんで、それが君にはむしろそうした方が、合っているかもな・・・。マ!そんな日が来るまで、ほんの少しだけ重宝させてもらうわな!

働く自転車 エクストラサイクル付き



 一見して長い!自転車であります。これは通常のマウンテンバイクに、フリーラジカルというアダプターが付いているんですね。

20160830_153207_123_convert_20160830172604.jpg

 このシルバーのフレームでできているのがアダプターになっています。これを今回は26インチのマウンテンバイクにくっつけていますが、どういうカラクリか?というと。

 20160830_153211_822_convert_20160830172504.jpg

 通常この部分にリアホイール、つまり後輪が入っているんですが、アダプターを使って後に延長して、延長した先に後輪が嵌まっているという構造です。

 20160830_153217_672_convert_20160830172227.jpg

 な、わけでチェーンが通常の約二倍いります。多少たるみますが、基本問題ありません。

 20160830_153301_414_convert_20160830172140.jpg

 その上に、スケボーの板のようなものが載っています。長さ約七十センチですので、通常に荷台の約二倍の長さになりますね。

 別にこのスケボー板を載せなければならないわけではないので、ご自分で板を切って防水処理したものを取り付けてもいい。店主の買い物号は幅六十センチ、長さ九十センチの厚い板を取り付けています。

 まあ、幅は六十は越えない方がいいかも知れません、それを越えてしまうと通過したあと車や人と接触する可能性がいきなり増えるでしょう。

 その他、アダプターでこのフリーラジカルの両側面をカバーするバッグ(袋)などもあるようですね。構造自体は単純なものなので、あとは工夫次第・・・ということもいえます。

 ちょっと新しい形の屋台なんかもできるかも知れませんね・・・。

 20160830_153223_871_convert_20160830172553.jpg

 前三枚、後八枚なんで、かなり重いもの積んでも踏み出しは可能でしょう。ちなみに最大積載量はなんと90キロ・・・!ということはその1.5倍くらいは・・・なんて欲張ってはいけませんね、横倒しになったとき大変だ・・・。

20160830_153256_266_convert_20160830172529.jpg

 なぜかサスなんだが・・・、これはまあご愛敬ということで・・・。Vブレーキは効きます、重い荷物を積んでも大丈夫!しっかり止まります。

 これを取り付けたと同時に普通自転車ではなくなります。特殊軽車両というのに分類されるようです。だから普通自転車に適用される道交法とはまた違ってくるらしいですね。身近なものでいえば、歩道の通行はダメになりますね、車道オンリーでね。

 20160830_153236_499_convert_20160830172203.jpg

 元々はドロップで出していたんでありますが、使いやすいように、フラットにしました。

 20160830_153201_149_convert_20160830172515.jpg

 さて、これで何します?

 イェップなどはこれも別アダプターですが、二つ取り付けられますね。双子の兄弟などにはいいですね。別枠のアダプターなどつけると、像の背中にのすような要領で、子供二人を乗せてサイクリングにもできる。
 
 デカい荷台で、買い物代行業・・・、御用聞き配達係、木工と組み合わせると、可能性は広がりますね。ちょいと大きめの小屋を作って、数軒の犬を一度に散歩に連れて行く散歩代行業・・・。保健所との許可の問題とも関係しますが、構築の仕方によって、新手の屋台なんていうのも可能かも知れませんよね。

 要はだ、まずはこんなのを使って、自分で仕事を作ってやってみないか?ということね。起業だよ起業。雇われるだけが仕事じゃない、すぐに求人ばかり見ず、もしかしたらこういうニーズが今の社会にはあるかも・・・という隙間を見つめる目を養うことだね、そうしたことも大事だよ、と。

 もう一度いうよ、雇われるだけが仕事じゃない。仕事は自分で作るものでもある!ということ。その一歩として自転車が必要だ、という場合、相談に乗ります!

 これでツアーに行く、ストリートミュージシャンなんてカッコいいねえ、アンプ、エフェクター、ギター類一式積んでね。

 これに道具一式をセンス良く積んで走る、出張美容室・・・。

 暫くは高齢社会が続くだろうから、出張なにがし・・・は仕事になるかも知れないね。

 まずはこれ、完成車として一台出しておきます、試乗も含めて、是非体験してみてください。アイデア次第で発展性は大いにあり!ということで。

新ソラロックに磨きに塗装



 なんかこんなのができちゃったなあ・・・。

 20160819_183116_873_convert_20160819192416.jpg

 マットな黒塗装の二本立て。

20160819_183205_450_convert_20160819192349.jpg

 すごいパイプも凝っている、作りなんですが、見覚えある人居るだろうなあ、これロックバイクスのロケットというヤツですよ。

000 IMG_20131221_164722_convert_20131221194828

 元はコイツでありました。電動アルテなんかが付いていて、試乗させると、人を夢中にする走りをするんですが、なんか残っていたんですね。

 なら、イタズラして形変えちゃえという乗りです。

 縦黒コラム二本立てその間は・・・、

20160819_183143_816_convert_20160819192303.jpg

 磨きであります。アルミの質は磨きには良かったようです。

 20160819_183133_112_convert_20160819192402.jpg

 ダウンチューブなんて、青竜刀かよというくらい、太いし鋭い。

 20160819_183159_833_convert_20160819192250.jpg

 ただの磨きだけではなく、クリアがけには、ほんの少しスーパーブラックという顔料が入っていますので、若干ですが、薄い黒のスモークが入っています。

 それがちょっとした重厚感・・・のようなものを出しているかな?

 20160819_183051_765_convert_20160819192441.jpg

 コンポはおすすめの新ソラ、黒コンポであります。しかし、最近こぞって黒ばかりだね・・・、シルバーが貴重に見えてくるよ、どうしたんだろうなあ・・・、輪界に何か起こっているのかな?

 20160819_183057_404_convert_20160819192429.jpg

 ソラだけに9速なんだが、だからなんだの9速なんだよね。十分じゃない・・・と思う。

 20160819_183107_378_convert_20160819192336.jpg

 新ソラのブレーキもおっそろしく効くなあ、別の調整しないと危なくてね・・・。

 20160819_183036_542_convert_20160819192232.jpg

  ということで、フレーム加工には手間が掛かっています。でも新ソラがのっています、なので20万なんてしませんわよ!

 多少の試乗も可ということで、アルミのカッチリした自転車お探しの方は、是非試乗にお越しください!

何処行くの?今年の夏休み?



 ありもの組みでの高性能・・・ってやつができました。

 20160728_103514_433_convert_20160728113439.jpg

 激軽ではないがアルミでそこそこ頑丈そうなヤツ。それにクロモリのストレートフォーク。ちょっとやそっとでは壊れません。

20160728_103406_130_convert_20160728113523.jpg

 贅沢!!!手元変速のSTIが付いています、なんと9速・・・。

 20160728_103442_840_convert_20160728113508.jpg

 9速シフターにしっかりと9速のスプロケを入れています。正真正銘な使い方であります。まあ当たり前なんですが、9速のSTIで8速引いたりとか平気でしていましたんでね・・・、こうした寄せ集め感満載の自転車というとなるとつい強調したくなりますな。

 20160728_103505_417_convert_20160728113452.jpg

 前が三枚だよ、三枚!

20160728_103458_836_convert_20160728113342.jpg

 上から見てもしっかり三枚。今段々三枚の自転車がなくなりつつあるようですが・・・といっても、上のグレードからなくなっていくので、下位グレードには残り続けるかも知れませんがね。ともあれ、これだけギア数があれば、行けないところはない、といってもいいんじゃないかな?

 壁のような急坂に来ても、軽いギヤで撫でるように回せば、歩行者に抜かれようが、足を付かずに進むことができるでしょう。

 20160728_103543_466_convert_20160728113423.jpg

 ダボ穴もあるので、キャリアなども付きますよ。つまりは、荷物を積んでね、長距離のツーリングにも出かけられる・・・という車体。

 20160728_103413_779_convert_20160728113411.jpg

 前後に堅実なカンチが付いています。

 20160728_103448_769_convert_20160728113358.jpg

 そこそこシャレていながら、そこそこ効くというヤツね。イヤー、過不足ないねえ・・・この一台。

20160728_103359_818_convert_20160728113255_convert_20160728114714.jpg

 どうです、この夏休み、コイツで遠出しませんか?機能としてはもう十分、あとはキャリアと荷物を載せて出発!

 高校生なんかどうかな?あと一月以上休みなんだぜ!他の学生だっていい、書を持ち野に踏みに出よ!

 こうやって、若い子向けに用意していると、意外とそれとは真逆の方々の目にとまったりする。少子化なのか?店主の見立てがまちがっているのか分からないが、それでも全く問題は無い。

 六万しないんだから、できれば若い子に・・・なんて思っても、意外と若い子が高級志向だったり、一定以上の年齢の方が実を取るような選択をする。

 まあ、本当どちらでもいいんです。コイツに乗って、風を感じて、雨を感じて、自分の小ささを感じつつ、一踏み一踏みの重要さも分かりつつ、飯やビールがトコトンうまい!そういう人間にとっての原初的な感覚を体験してもらえればね・・・誰でもいいんでありますよ。

 もちろん、その手前の緩い乗りでもよし。スマホ・携帯を家において、文庫をポケットに入れて、ちょっと遠い木陰まで昼寝場を探しに行くのもいい。
 
 意外と高機能で、何処でも行けて走れちゃう、そんな一台を夏休みを意識して組んでみました、早い者勝ち・・・と言っておきましょうかね!

実用自転車 いらんかネー



 スゲー、実用車がやって来た。スタッカートのフレームなんですがね。できれば、郵便局の自転車みたいに前三角の自転車の方がいいと思っておられる方・・・、でもね、デカイ荷物を積んだら、断然スタッカートをおすすめいたします。

 前三角の自転車でデカイ荷物を積むと、誰かもう一人が支えてくれないと、動けないんじゃないかな?というのが店主の実感。かつては、相当量の飲料を載せて走っていた経験からであります。

 そういう意味でも、実用に拘るならこのスタッカート、だと思います。

20160711_173724_259_convert_20160711175026.jpg

 これぞチェーンカバー・・・。面倒くさい、できればチェーンむき出しにしたいんだがね、これがまたこれで絵になっている・・・ところが憎たらしい。

 20160711_174159_389_convert_20160711175059.jpg

 コッタードクランクという一昔前の形式。コッタード・・・つまり楔を打ってとめるという形式なんであります。

20160711_173737_331_convert_20160711175228.jpg

 特大バンドブレーキです。

20160711_173731_717_convert_20160711174959.jpg

 不足のない、荷台ですな、何のせます?箱付けても良いなあ。

20160711_173755_742_convert_20160711175011.jpg

 ワイヤーで引かないブレーキ。

20160711_173801_329_convert_20160711175217.jpg

 ロットブレーキと言うんでしょうか?こういう自転車を維持管理するなら、この手のパーツ類も持ち続けないとね。

20160711_173817_548_convert_20160711175207.jpg

 26インチのホイールなんだが、こいつはベロ付きのタイヤで、チューブを抱き込んで嵌めていくタイプのものかな?慣れが必要なんだよね。

 20160711_173806_883_convert_20160711175048.jpg

 こういう自転車には、新聞カゴ並みのやつを付けて、しっくりきます。

 20160711_173845_257_convert_20160711175111.jpg

 課題があるとすれば、このリンはないな。全面金属のチリンチリンにしてやらないとね。

20160711_173838_304_convert_20160711175144.jpg

 このペダルも交換だね。四角い黒いゴム付いたガッチリしたヤツがイイネ。

 20160711_173831_584_convert_20160711175154.jpg

 このサドルもねえ・・・、やっぱり革系がいいかな?多少ひび割れても、縦にスプリングのあるヤツでも良いね。

 20160711_173713_217_convert_20160711175241.jpg

 ということで、とりあえず実用車完成!これで起業するもよし、通常に乗るのもよし、ロケに使うもよし・・・、でもマア、街道走らせてやってね。見るだけ、置くだけではもったいないのよ。

 いつでもしっかり乗れるようにしておきます!いいよ、これ!

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター