メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |改造 再塗装 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

たまには板金・・・



 通常部分塗装はあまりやらない方で、部分するなら全体した方が結果的にはいい場合が多いので、そちらの方をおすすめしているんだが。

 こういう場合もある。ヘッドチューブを極大の物に入れ替えた柳サイクルさんからの依頼。施工内容の詳細については、こちらの方を参考にしてください。

 この状態で、できればフレームのロゴはそのままでというので、やはり部分塗装しかない。

 DSC_0715_convert_20170716213328.jpg

 まずは中塗りの色合わせをしていきます。塗料部屋を8往復くらいしましたかね。黄色に、赤に、白に、黒。この四色が見えたんで
デカイ色[量]から作り始めて、徐々にくすましていくイメージですね。

 白と黒を別々に使いますが、実はこうした調色では五段階くらいのグレーがあるといいなあ・・・といつも思いながら、頭の中でグレーを作るつもりで、白と黒を使います。

 あくまで店主のイメージですが、色の濃淡は白から黒へのグレーグラデーション。彩度というのか、重さというのか、その辺が大事ですね。色の重さを同一にする、それは重さであって、色そのものではない・・・、なんとも表現しにくいイメージですが。

 DSC_0716_convert_20170716213336.jpg

 下色はこれで完成。

 DSC_0718_convert_20170716213343.jpg

 下色としては上出来、ただ若いですがね。

 DSC_0719_convert_20170716213352.jpg

 塗り立てのクリアが、本当にクリアに出ています。以下のも新しい塗り立ての状態。これにエイジングを施します。ある意味汚します。

 2000番台のペーパーをかけていきます。そして、荒めのコンパウンドをつかって、他の箇所と同じテカリを出してきます。

 DSC_0731_convert_20170716213400.jpg

 これにて完成!

 なんだ、この三枚の写真は同じじゃないか?と思われる方がいてもおかしくはない、写真下手ですし。でもよく見ると、それぞれちょいとずつ変化しているんですね。

 店主が聞いてもわからない話、レコーディングの際に、アチコチから取ってきた音を合わせて一曲にしていく、これをミックスというのだそうで、これは意味分かる。

 そのあと、マスタリングというのをするのだそうです。それはミックスとは違うテクニックらしいんですが、何をどうするのかがイマイチピンと来ていないんですね。

 でも、こうした色について、多面性があって、それぞれについて、知らない人にうまく表すのは大変なように、音にもそういう多面性があって、それぞれ分野にはそれぞれの専門家がいるということなんでありましょう。

 同じ色なんだけど、それぞれ使う道具や、薬品が全く違う・・・のと同じなのかもしれないね。

 基本、全塗装をおすすめしますが、たまにはこうした板金のような、部分塗装とエイジングなんかもやらないこともない・・・という事でありました。
 

十年越しにやってきた



 これ今から約十年前ですから、旧店舗の前の店舗、旧旧店舗時代、団地の頃作った自転車です。

 DSC_0684_convert_20170711220755.jpg

 初代の頃の磨きフレームですね。この線状のサビが特徴です。これを再塗装してメンテして欲しいというご要望、うれしいですねえ、長く乗っていただけるなんていうのは。
 
 DSC_0685_convert_20170711220803.jpg

 片倉のフレームですね。こいつを赤系統に再塗装。

 DSC_0727_convert_20170711220920.jpg

 好きな色の系統なんで、ちょいと気合いが入ります。

 DSC_0688_convert_20170711220826.jpg

 あとはガタの取れないヘッドパーツ、これを交換します。

 DSC_0725_convert_20170711220905.jpg

 この丹下のNJSってやつですが、クラシカルで、いい仕上げです。カンパを乗せたいクラシカルなフレームにもピッタリだよね。刻印なんかもあったりしてさ。覚えておいてください。

 DSC_0726_convert_20170711220913.jpg

 あとはホイールの振れなんかを取ったりね。十年経ってもそんなに振れていない・・・、ちょっとうれしい。

 DSC_0722_convert_20170711220841.jpg

 そうそうこのフレーム、実は110ミリものだったんですね。当時何でもかんでもピストフレームが出ていた時代なんで、アチコチ混じっていた。

 困ったのは、ハブがデュラエースしかないということ、32hなんて本当に手に入らず、つかまされた人たちはかなり困っていた。だって、カラフルなベロシティーとかいうリム使いたがっていたからね。

 そこで、このハブ細工がしてあるんですが、幅を110ミリに詰めて、シャフトを2ミリ削るという、加工してあるんですね。当然32h。これが当時ちょっとばかし売れたんですわ。ある意味110フレームをつかまされた人たちの救世主になったわけです。

 相当数を地方発送しましたは。木枠で治具作って、なんとかやってたなあ・・・。

DSC_0723_convert_20170711220848.jpg

 こちらも狂いなし・・・。ちなみにこいつはNJSの16Bゴールドという競輪用のリムなんだが、実際はブレーキで挟まれることはないのでサイドは弱いということでキャリパーブレーキには向かないと言われているが。十年乗ってもまだ大丈夫なようだ。

 DSC_0729_convert_20170711220934.jpg

 反対付けのブレーキ、当時からこんなこと、やっていたんだなあ。

DSC_0728_convert_20170711220927.jpg

 あとはパーツを戻していく。

 DSC_0724_convert_20170711220857.jpg

 各所に渋いパーツが使われています。大人の選択としてもいいですわ。

 DSC_0720_convert_20170711220833.jpg

 ちょっとシックに再生完了。これをいい年の大人が乗る。若い子がチャラつくのも悪くはないが、その土台に大人がドッシリその趣味に遊ぶというものがないとどうも軽々しくていけない。

 サーフィンもスケボーも初代は六十を超えたかな?六十を超えたら超えたなりの滑りをしていると、それはそれでいいもんだ。

 十年前など、団地の片隅で一人、自転車組んでいた頃だった。今思うと恥ずかしきことの数々なんだが、締めているとこもあって、ちょっと感慨深い。

 それをまた大事に乗り続けてくれたお客さんがいる。それだけじゃあない、それをまた次の十年に向けて、再塗装再生してまた乗り続けてくれるという。なんとありがたいことだろう・・・。

 ちなみにこのフレームは化け物だ。走る妖気がある、前へ前へと誘ってくるよ、さすが老いたとはいえ、ピストレーサーだ。

 十年後、「前傾きつくなってきたから、プロムナードバーなんてどうだろう?」と相談されても、「いやいや、まだまだ前傾で行きますよ、そうねえ、あと十年はかな?」なんて気張られても、いずれもうれしいだろう。

 そう、自転車とそういう関係を結んでくれる人のために、店主らは自転車を組んではばらし、メンテしては組み直し、をしているんだ、と再確認できる次第。

 次の十年・・・、楽しみなり・・・。ありがたき十年・・・。

色の持つ力・・・はあるようだわ



 もうこれで完全に完成している一台なんですよ。アルミなんですが、激カルです。

 DSC_0554_convert_20170513182509.jpg

 読める人には読めるかな?白地に白でFUJIと書いてあります。ルーベというやつですね。当店も何台か扱いましたが、その頃のものとはマイナーチェンジされていて、多少異なっているようです。

 でもアルミだからといって手抜きなしで、こいつもよく走るよー。

 いえいえ、アルミをなめてはいけませんぞ!フヌケたカーボンだったら、アルミの方がずーっと上いっているものありますからね。また最近のアルミは、出たての頃のただ堅いだけのアルミとは違っていますんで、アルミフレームも選びどころで、足に合ったものが見つかると思いますよ!カーボンだけが最新ではない!これはいえると思いますんで、一台購入予定の方がいましたら、参考にでもなればなあ・・・なんてね。

 DSC_0555_convert_20170513182517.jpg

 機能的にはほぼ完璧なんだが、どうも色が気にくわない。気にくわないといったら、どうも許すことができないものの中で、色というのはかなり優先順位高いんじゃないでしょうか?

 他はいいが、色が気にくわない・・・、確かにこの店主もそうした傾向は大ありだよね。

 プレステージのパイプで好みのスケルトンでフレームができて、好みの奇々怪々な組み合わせコンポで一台組み付けて、その走りがまず平地がずば抜けていて、次は登りもスイスイ行けちゃうような大気に入りのレーサーができたとして、そいつがブタ系ピンクだったとしたら、確実に、即刻に、断固
!塗り替えてやる!

 どんなに好みの車体であっても、ブタ系ピンクの自転車なんぞには、この店主、またがりたくもない!と思うでしょうな。

 まあ、そこまで強烈でなくても、色は重要です・・・、とことん重要ですよ。ということで、こいつの塗り替えのご依頼ときたもんだ。

DSC_0556_convert_20170513182529.jpg

 こいつはコラムまでカーボンだった。各所に本気が見えるが、この白系の色が一変する。

 DSC_0482_convert_20170513182421.jpg

 赤系ね。下にメタリックが敷き詰められている。その上からのキャンディー塗装なのだが。

 DSC_0483_convert_20170513182430.jpg

 ワインレッドよりも、おもいねえ。カシスレッド・・・とも言っていいかな?

 DSC_0484_convert_20170513182438.jpg

 ガーネットレッド・・・といった方がよりいいかもしれない。いずれにせよ、渋系の赤と来ている。まずいなあ~・・・、店主好みの色なんだなあ。

 DSC_0485_convert_20170513182446.jpg

 当初は、FUJIを白抜きに・・・とか、他のライン系の装飾も色を残してという要望だったのだが、そのマスキングの手間などを考えると、とても予算を超えてしまいそうだとうことで、今回は思い切ってもオールカシスでやることになった。

DSC_0486_convert_20170513182453.jpg

 コンポ類は、デフォルトで105が付いている。名実ともに、不足のない一台なのであったが、色だけがというパターン。

 DSC_0480_convert_20170513182413.jpg

 とこういうわけで、色も好みに変身して、ほぼ完璧な一台として、仕上がったということであります。

 そもそもほぼ新車だったのを塗り替えるというのだから、よほど色というもののウェイトの高さというものを実感するわけであります。そして、やっぱり店主の好きな系統の色であると、自分でも気合いが入っていることはわかる。それほどに、色の力はあるということだろうなあ・・・。

 いい色に仕上がったんじゃないかな?店主が乗りたいくらいだわ・・・。

萌黄色二歳塗装プラスアルファ!



 女性が持ってこられた、これは・・・ランドナーでなくて、スポルティーフという種類の自転車ですね。ある意味ロードレーサーとランドナーの間っていう位置づけなんじゃないかな?

 泥よけと、700cというのが特徴なんだそうだ。

 人と人の間を標榜する店主として、間という隙間産業を深めようとするものとして、何かと何かの間・・・という発想には、色々といただけるものがある・・・と思います。

 例えば、スポルティーフと現代のロードレーサーとの間・・・なんていうのもなんかありそうでしょ?それは例えば、かつてのWレバー時代のロードレーサーかもしれないしね。

 古い人はかつてのレーサーだろ?と解釈するでしょうが、新しい人は新ジャンルと思うかもしれませんね。

 または手元変速でありながら、ロングディスタンス用のレーサーなんていうのも隙間の発想かもしれませんね。隙間は空間概念なので、なにも両隣との隙間ばかりではありません、そこには上との隙間もあり、下も斜めも、後ろも前も・・・とね。

 そんな形式的なことを考えながら、そこにどれほどの具体的な案件を流し込んでいくと、何が浮かんでくるか?なかなか興味深いですね。

 さて、このスポルティーフですが・・・。

 DSC_0399_convert_20170429184011.jpg

 このベージュ系の色を萌黄系の色にしたいということでいらっしゃいました。

 その際に、劣化した部分なども含めて交換・・・ということで。

 DSC_0401_convert_20170429184021.jpg

 使い込んだブラケット、半分手にベトつくようです。

 DSC_0402_convert_20170429184029.jpg

 それに蚕の胴体のようになってしまったバーテープ・・・、こういうものもこの際代える。確かに再塗装は新車に匹敵する見た目になるので、劣化したパーツ類は非常に目立ってしまいますね。

 では、塗り替えましょう!

DSC_0511_convert_20170429184133.jpg

 メタリックが基調にある、萌黄。

 DSC_0506_convert_20170429184049.jpg

 ブラケットも新しく、バーテープも白い布系のものにしてみました。耐久性はあまりないながらも、こうしたクラシカルな装いに布テープは似合います。

 これにセラックという、太古の昔、エジプトのミイラを包んだ布に染みこませた、ニスがあるんですが、そいつを染みこませると、堅く長持ちするバーテープに変身します!

 DSC_0510_convert_20170429184123.jpg

 チェーン交換も併せて行います。

 DSC_0508_convert_20170429184106.jpg

 後元々付いていたフロントメカが、ダブル用だったので、それをあり合わせのトリプル用に代えました。もちろんバシバシ決まるようになります。

 DSC_0509_convert_20170429184113.jpg

 ブルックスのサドルですが、一点贅沢ものかな。

 DSC_0504_convert_20170429184042.jpg

 これにて完成。写真じゃわかりにくいですが、実はこいつもシャドーをつけてます。内と外と、上と下などに、同じ萌黄でも濃淡が付いていますので、彫りの深い自転車になっています。陽光の下でも、この色の濃淡が、色そのものにあるのか?光によるものなのか区別が付きにくい。

 ある意味印象派の技法ですかね。ものにはそのもの固有の色などない、あるのはその都度の光の作用によって立ち現れる「色」しかないのだ・・・というね。

 この色は、昔のロードマンを思い出しますね。これに女性が大事乗る・・・。自転車は男の子のもの、だけではないんですね。

 もしかしたら、この方は自転車を自分の個室・・・のように表象しているかもしれませんね。なぜか?

 それはわかりません、なんかそんな感じがしただけです。動く個室、走る個室・・・なんじゃないかな?なんてね。

 夜はまだ気温が低くなったりもしますが、自転車には最高の季節が来つつありますね。この自転車のような若葉を目に焼き付けに、サイクリングなんてどうでしょう?なんて思う前に足は動いているか・・・。

ソーピーランドナー・・・か?

DSC_0331_convert_20170328214427.jpg

 形式としても形状としても、まあほぼ完璧なはずのランドナーがやってきた?

 なんでまた?

 DSC_0332_convert_20170328214405.jpg

 なんか色を変えたい・・・。なら、理解できますね、ほかいじる必要ないもんな。

 で、何色に?

 これがぶっ飛んでいた。なんとラメ入り・・・。一部競輪選手に愛好家がいるようですね。もちろんできなくはないながら、絶対数が少ないので施工例が本当ないに等しいくらい。

 探せば、ラメ材は見つかった。確か・・・、ナガワサか何かの再塗装の際にやっぱり使ったような記憶がある。、ラメ自身がスプレーガンにつまらないように、いつも使っているのとは違う、面を塗るのに適しているデカいやつでやることになる。
デカければ、それは一度に吹く量が多いので、無駄が出る。

 普段の量の倍を使ってようやく吹ききれるか?というくらい、ガボッととられてしまう。おかげで塗装ブースはプラネタリウムか?と思うくらい、キラキラ星状態になる。

 ラメ入りで、ゴールドをイメージした、キャンディーイエロー。それって、風俗系じゃない・・・、スケベ椅子じゃん・・・。

 本当にそれでいいの?多少の抵抗はなくもないが、久々のラメ塗装に、興味もわく。

 DSC_0245_convert_20170328214305.jpg

 結構な量を混ぜて吹いたなあ。外れも大きかったが・・・。

 DSC_0244_convert_20170328214328.jpg

 本当スケベ椅子。ソープ的な展開ですな。でもこれはこれかな?と吹きながらも、だんだん思うようになるというのも、不思議なもんだ。

 DSC_0243_convert_20170328214041.jpg

 確かに再塗装して、化けさせるなら、このくらいやってもいいかもとすら思えてくる。

 DSC_0250_convert_20170328214026.jpg
 
 ほかのパーツアッセンブルは、基本中の基本、隙がない。

 DSC_0249_convert_20170328214137.jpg

 サンエイクシードのラージハブ。現行品の渋い奴。よく回るし、値段だけのことはある。

 DSC_0246_convert_20170328214215.jpg

 ホンジョの泥よけ。自らピカールかけているみたいだ。

 DSC_0252_convert_20170328214100.jpg 

 ブレーキは少し古いが、タイヤも定番だな。

 DSC_0248_convert_20170328214155.jpg

 フロントのキャリアも、もちろんありな一品です。

DSC_0251_convert_20170328214118.jpg 
 ブルックスではないが革サドル。いかにも合ってます。

 
DSC_0247_convert_20170328214012.jpg

 懐かしい、ダイナモライトに、胴長の懐中電灯。これに単3電池入れて、走っていましたね。よくやったわな。

 スタイル的にはほぼ完璧に近いはずのランドナーが、ラメ入りキャンディーイエローとなって、再生した。

 DSC_0242_convert_20170328214347.jpg

 本当にそれでいいの?と思いつつも、まあ、これはこれでありか?とどこかで納得している。

 ソーピーランドナー・・・。これもまた極マニアックで、ニッチな変なブームとなりはしないか?ちょっとワクワク心配しておこう・・・。

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター