メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |車体 その他 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

マウンテンバイクのクロス化?ほほー、そういう手もあるわけだ・・・。



 サスペンション付きのマウンテンバイクがきた。これをクロスバイク化して欲しい・・・というご要望。一瞬何のことか?と思ったが、了解した。

 クロスバイクって・・・、ロードとマウンテンの間のような自転車というように考えると、なるほど・・・ロード化のちょいと手前に、クロス化というのがあっていいんでありましょうな。納得・・・です。

DSC_0657_convert_20170703201019.jpg

 クロス化なら、できればフロントフォークはリジッドものに交換したかったんだが、今回はこのまんま。このバルブから空気入れてチョイ固めに調整して終わり。

 DSC_0672_convert_20170703201100.jpg

 今回の目玉が、この三枚クランクを二枚ものに交換。

DSC_0659_convert_20170703201026.jpg

 トリプル用のフロントメカはそのまま流用。

 DSC_0671_convert_20170703201051.jpg

 スプロケはそのまんまながらも、

DSC_0654_convert_20170703200956.jpg

 見違えるほどきれいになりました。

DSC_0655_convert_20170703201004.jpg

 チェーンも直して。チェーン直すとなると、

 DSC_0670_convert_20170703201043.jpg

 ワイヤー類もすべて交換。

DSC_0653_convert_20170703200948.jpg

 何度も申し上げますが、ワイヤー・チェーン交換で実はかなりの部分をカバーできるということです。

 DSC_0673_convert_20170703201109.jpg

 サドルも相当ボロボロですね。

 DSC_0656_convert_20170703201012.jpg

 コンコール風の奴です。こいつの使い勝手はあるねえ。

 DSC_0652_convert_20170703200940.jpg

 グリップは、角と一体型のメーカーまで指定されたやつを取り付けました、エルゴンとかいったかな?

 DSC_0650_convert_20170703200929.jpg

 フロントサスの影響で、一見してまだマウンテンですが、内容的にはちょいとクロスチックにもなったといっていいでしょう。

 やはり間にはまた間があるという話。クロスバイクがロードやツーリング車と、マウンテンバイクの間であるとすれば、今回はクロスバイクとマウンテンバイクの間のような自転車という事もいえるでありましょう。

 発想が枯渇したなら、今あるものの間を探ろう。そうなると二次元での発想が動き出す。その内、その間のそのまた奥行きなんてことを考え始められたら、今度は三次元的な展開が動き出す。そこにまた伝統だの未来志向だのの時間軸を入れ始めたら、今度は四次元的展開というのかな?
 
 こうして形式探っていくと、枯渇したところからまた何かが湧き出てくるのかもしれないね。でもまあ、それにもまして、人の話を聞くことだと思う。色々な人の話をだ。聞いているようでいて、実は聞いていないのが人の話。または、かにと同じで、自分の甲羅の大きさに合わせてしか穴が掘れないように、自分の器でしか、相手の話を聞くことはできない・・・。

 では、話を聞く前に、器をでかくしておくことはできないか?いえ、器をでかくするの人の話を聞きながらでしか、でかくはならない。だから促成栽培はできない、ゆっくりじっくりでかくなり、でかくなりながら、より人の話の奥行きにまで入れるようになるのかもしれない。ただ、その際も、常に聞き漏らしについて、配慮を忘れないように・・・。

 人の話を聞くというのは、決していわゆる聞き上手という事だけではない。今政治家でも何でも、人の話を聞けない器のものが横行しているんじゃないか?なんてね。

 それより何よりだ、大敗だの大勝だの過半数確保だの騒がれてながらも、有権者の半分しか投票に行っていないという現実をつきつけたところがあるのだろうか?半分が棄権をしている選挙。

 まさか、自分は投票しないんで、投票権などいらない、などと本気で思っているわけじゃあるまいな・・・。まだまだ、この国は政治的に成熟しているとは言い難い、まだまだ、まだまだだ。

 せめて、自転車だけでも一足先に成熟化・・・させていかねばとも思うが、しかし、自転車のそれは、政治の成熟とは無縁でもなさそうな予感はするんだがね。

ナイチンゲールのご通学



当店の近くに、数名自転車伝道師のような人がいまして、誰に頼まれたわけでもないのに、不要の自転車をアッチから引っ張ってきては、コッチに渡し、ちょっと手入れしては他に回し・・・というようなことを繰り返している人なんですが。

 そういう人に触れれば、不要とされていた自転車がまた息を吹き返して、街道を走れるようになる。救急隊や救急医療がその道のプロだとすれば、それを支えるバイスタンダーという、救急対応のできる一市民というのがあるんですが、この方々はある意味では自転車医療のバイスタンダーのような方々といってもいいでしょうね。

 自転車屋としては、講習なんぞをしながら、こうした自転車のバイスタンダーを増やすことも、埋もれた自転車を一本釣りして生き返らせる活動には大切かと思いますな。

 しかし、まあ針ネズミのようにアンテナを巡らせているのか?よく自転車を引っ張ってきますわ。

 これも、ある職場の奥さんが乗っていたというのを持ってこられたわけです。これを自分の後輩の看護学生の通学自転車にならないか?というご相談。

 身長のことなどで、ちょっとご本人を呼んで色々と確認をして今回ゴーサイン。

 最初は700cではでかすぎるんじゃない?という説もあったんだが、実際またがらせてみたら、今の子は股下が長いね。すんなりOK!

DSC_0639_convert_20170630135854.jpg

 最初は吉祥寺から学校まで・・・という短い距離・・・。もっと乗れるって!とばかりに拐かし、清瀬から学校まで行かせようとしています。慣れれば大丈夫。まずはシングルで試してみよう!もしもう少しギアが欲しいというのであれば、歯を足して、ディレーラーをつければいい。発展性ありの構造ね。何なら夏休み日本一周でもしてきなさい。

 DSC_0635_convert_20170630135829.jpg

 そうなると多少の雨でも行きましょうということで、泥よけでも付けてやるか・・・、本当はダメなんだが特別だ。

 DSC_0637_convert_20170630135844.jpg

 意外とタイヤに沿っているね。
DSC_0634_convert_20170630135821.jpg

 元々付いていた、センタープルを再生。これなかなか雰囲気ありでしょ?

 DSC_0636_convert_20170630135836.jpg

 ちょいと手入れしたら、しっかり効くようになった。

 DSC_0633_convert_20170630135807.jpg

 初心者の割にドロップでいいという。あまり恐がりではないらしい。大体ドロップハンドル乗れる人って、他のハンドルは好き嫌いは別として、ほぼすべてに対応できるはず。まずは慣れることだな。

 DSC_0632_convert_20170630135800.jpg

 これだけは、こちらが決めた。このサドル実はちょいと肉厚で、スリットなどを考えるとまずは初心者に大変むいているサドルだと思われるんでね。このタイプはかくして確保してあるんだな。

 女性にとってのサドルの問題は、深まったら、シャレにならない。これでもって自転車と縁が切れてしまうことだってあり得るからな、その辺はちょいと慎重に対応しないと。でも、こいつなら大丈夫だろう。

 DSC_0630_convert_20170630135750.jpg

 と、経費を抑えて、まずは第一段階通過!ハンドルのバーテープを赤にすれば赤十字に見えない・・・かな?まあ、いい、医療関係の人に自転車を知ってもらうことの意味は大きいからな。

 先日も、近所の理学療法士の方と知り合った。リハビリとしての自転車という可能性も、大海のごとくデカイと思っている。歩くのは大変だが、自転車だったら・・・という例は周りにかなりあるしね。

 西東京のお年寄りは、田舎の軽トラのごとく、皆さんよく乗っておられる。バランスは多少難しくなっても、足腰には優しいということなんだろうな。

 近くの早稲田の運動部の子らにも、膝のリハビリにいいぜ!といっても、これらが定着するには百年かかりそうだ。

 ともあれ、医療関係者に自転車が食い込んでいくこと自体はいいことだ、それも実用車じゃ無くて、ちょいと本気モードの入っているものが望ましい。今回いい先例になるといいなあ。
 

瓢箪から駒?結果オーライなんだが・・・



 これまた癖あり車体がやってきた!

 アルミフレームに・・・シングルギア・・・ブルホーン・・・。

 DSC_0619_convert_20170629202835.jpg

 元々フォーク交換の依頼のために、当店に向かっている途中、なんと事故に遭った・・・。前輪とフロントフォークが曲がってしまった。

 アルミフレームなので、修正は難しい。クラック等が無い事を確認して、これ最初の依頼の通り、フロントフォーク交換、フロントホイール交換をすることになった。不幸中の幸いというのか?雨漏りしたところが風呂場だった・・・というような珍事・・・というかね。

 ある意味事故に遭っても遭わなくても、同じ事をすることに変わりは無いが・・・。痛い思いをしたことだけは余計でしたね。

 DSC_0643_convert_20170629202907.jpg

 カーボンのフロントフォークがつきました。

DSC_0620_convert_20170629202842.jpg

 ホイールも組み直します。

 DSC_0645_convert_20170629202914.jpg

 新しいフロントフォークがディスク対応なんで、ハブの脇にはそのためのスリットが入っています。そして、ダイナモ機能もあるね。

 このキンリンリムは、黒なんだがなんと28h、32h、36hと三種類あるので非常に助かります。実用車系のハブダイナモや、内装三段ハブなんに対応できるというね、非常に便利なリムなんであります。

 DSC_0647_convert_20170629202930.jpg

 リアはキャリパーブレーキなので、前後で機構の違うブレーキが付いています。ほぼ変態系。

 DSC_0646_convert_20170629202921.jpg

 それをなんと・・・、一本のブレーキレバーで引く・・・、これで変態確定!

DSC_0621_convert_20170629202850.jpg

 幸いにもリアは修正ですんだ。でも事故はないに越したことはない・・・。

 DSC_0641_convert_20170629202858.jpg

 気分一新!悪い流れを断ち切っての再生変態号の完成だ!

 しかしお世辞にも、きれいな自転車とはいえないが、自分の好きなパーツを勝手に集めて、くっつけた、嗜好の塊のような自転車だよね。乗りやすいか?乗りにくいか?なんて全く関係ない。他人から見てかっこいいかどうかなんて、これまた全く関係ない。見栄も媚びも微塵もない。

 俺が好きに乗りたいから、俺の乗りたい自転車に乗るまでだ!と車体全身が主張しているような、結果的には骨太な一台に仕上がっているように思う。

 自転車は安全であれば何でもいい!という店主の持論は、まさにこのような、いかにも各人各様な自転車の出現を待っている!という事でもあるわけです。

 自由な発想を練り上げて一つの形にしていくということが、どれほど尊いことか?自由な発想というものがいかに大切か?、そして自由、そのものの本当の尊さ、という事をどこまで自覚できるか?という事、これから試されることかと思います。

 来月から共謀罪が施行されるんだそうだ。意味不明な審議?そして強行採決から一ヶ月しないでの施行。早すぎだろう?他の刑法との整合性はついているのか?

 自分はやましいことはしないので、別に共謀罪ができてもいい・・・、というのは、自分は特に表現すべき事も無いので表現の自由など無くてもいいというのと同じだ、論ずべき事も特にないので、言論の自由など無くてもいい、といっているのと同じなんじゃないかね。

 自転車屋は自転車の自由について徹底して考える!誰がなんて言ったって、俺はこんな自転車に乗りたい!というのであれば、安全確保の上、その計画はできる限り成就させよう!どんどん計画しよう!どんどん共謀しようぜ!

規格外れも芸の内



 ちょいと変わり種がやってきた。

 DSC_0694_convert_20170628204323.jpg

 ラレーと書いてある。今のラレーは一体どこで作っているのやら。このラレーは、ハブなどを見るとしっかりEnglandと刻印されている。しかも昨日今日の風合いではないので、たぶん各国がまじめに物作りしていた時代のものではないか?と推測します。

 DSC_0683_convert_20170628204235.jpg

 このたぶん本国で作っていた頃のスターメーアーチャーですが、実に緩い。アイデアは面白いながらも、緩い。変速してもすぐに落ちずに、完全フリー状態になってから、忘れた頃にシフトする・・・というね。今でもそういうところはあれど、こいつはのんびりしていた時代のもんだ・・・とつくづく思えるものだ。

 と同じくこのバンド系のブレーキだが、これも実に効かない・・・。どうせ砂利道なんだからスピードも出ないだろう・・・なんていうのんきな時代の作りなんじゃないか?と思います。とにかく緩いんだよね。

 シフトはいいにしても、さすがにブレーキがここまで緩いとなると、舗装路全盛の現在にはちょいとつらいということで、キャリパーに交換して欲しいという事になった。

 DSC_0684_convert_20170628204243.jpg

 ここ利用するしかねえなあ。ダウンチューブが低い位置にあるので、これもワイヤーの導線が逆で合った方が、ブレーキ本体にも都合よかろう、ということで。

DSC_0690_convert_20170628204308.jpg

 アウター受けと、止めをひっくり返す。これすべてのキャリパーでできるわけでないので、要注意。

 DSC_0696_convert_20170628204333.jpg

 このように、裏にアルミの板あてがってナットで固定します。

 DSC_0697_convert_20170628204342.jpg

 これみたいに下から引いてやる方がワイヤーがノッタリクッタリしないで、従って短くも抵抗少なくつなげる事ができるという訳なのだ。

 DSC_0682_convert_20170628204227.jpg

 あとこいつ、なんと前輪がそんじょそこらでは外せない事が発覚。まずナットなんだが、イギリスインチとかいう変な規格のため、通常使えるレンチが使えない。なわけでお猿[モンキーレンチ)の力を借りる事になるが、あれは出張や、よほどの時に使うもんで、可動式のものはなんとも使いたくはないもんだ。ネジの頭壊すしね。

 DSC_0687_convert_20170628204259.jpg

 まずフォークのエンドの部分が狭すぎる。これを五ミリほど左右に開かないといけない。小径でフォークも短いのでやりにくいか?と思いきや、ちょい柔らかめの鉄でやんの、このへんも緩いなあ、まったく。

 DSC_0686_convert_20170628204250.jpg

 外してみるとエンドのスリットも中と入り口では違いますね。まあ脱輪防止・・・の効果をねらってのことかね?

 それにしても、外すのがえらい大変だったよ・・・。

 そこで、開いて、このエンドのスリットを太い側に合わせて、削り開く・・・というような事をして、着脱を楽にした。

 DSC_0691_convert_20170628204316.jpg

 なんか規格も明後日のもんだし、作りも適当だし、アチコチ緩いし・・・しょうがねえなあ・・・という一台なんだが。なんとか管理しやすく、走りやすくできると、やっぱりこういうオトボケ一号も、俄然あっていいような気がしてくる。

 こう見ると、手間は多少かかるが、昨日今日の一台でない雰囲気もあるような気がしてくるもんだ。当店がある事で、この辺の自転車ってちょっと変わっているね・・・といわれるようになったら、これこそ街の顔なんでありますよ。

 当店がじゃないよ、走っている自転車自体が、街の顔!ってことなんですよ。

 街というのは、夕方歩いているとわかるように、各家庭からカレーや煮物のにおいがしてきたり、その家特有の声や音が聞こえてきたりする。そこに置いてあるもの、植えているもの、大小の雰囲気などに、住んでいる人のセンスや、皮膚感覚のようなものまでも感じられる、有機的な全体のようなイメージがあるんですねえ。

 もちろんそこに置いてある自転車、走っている自転車、自転車の使われ方なんかにも、その街の街たるものがあふれ出ているはずなんだが、そういうところに絡んでいくような仕事って・・・決して独りよがりではできないはずだし、といって構えているだけでもダメで、仕掛けては引いて、投げかけては耳を澄ませて、という事の連続からできてくるものなんでありましょう。

 そういう活動を、自転車屋だけで無く、建築屋、ラーメン屋、クラフトビール屋、菓子屋、メガネ屋、居酒屋とそれぞれが動き出したら、それらの掛け合いや、呼応、共鳴はうねりとなって、それはそれは街は面白くなるんじゃないか?と思うんですわ。

 だから、いろんな人がいていいし、いろんな自転車が走っていていい・・・いや、逆だ。いろんな人がいないと、いろんな自転車がないとダメなんだ!と珍しく断言しておこうか・・・な?

000 2010110418375613f
※6月30日のチャーシューの会 岡田君と有縁の方も、チャーシューにつられてついでに有縁になろうという方も、是非ご参加ください!前日より、鬼の仕込み始めます。半年はブタが見たくなくなるメニュー考案中!こうご期待!

事故からの生還



前輪が曲がっていますね。

 DSC_0616_convert_20170626120851.jpg

 角度を変えるとこんな感じ。ホイールとしてはもうダメですね。

 DSC_0618_convert_20170626120858.jpg

 事故で転倒した際にできたと思われる、はがれ。剥がれた後が新しい。ここに錆などが浮いていれば、時間が経っている証拠になりますが、これはむけたてですね。

 DSC_0619_convert_20170626120906.jpg

 随所にあります。こうなると、再塗装という見積もりも出てきますね。タッチペンはやはり、いかにも修正したという感じが残る。塗料も焼けるんでしょうね、色がはげる感じを出すのは難しい。

 DSC_0621_convert_20170626120913.jpg

 フォークもいっちゃっている感じも無くはない、ヘッドパーツも。こうなると、目視だけでは確定できない。

 さすれば・・・、

R0017898_convert_20170626174944.jpg

 このように柳さんの協力を得る事になります。治具に固定して、計測し、ゆがみが出ている場合にはそれを修整する。

 R0017901_convert_20170626174953.jpg

 今回、BB付近にゆがみが出ていたとこの事。これを修整してもらいました。

 このように鉄フレームの場合には、一度パーツをばらして、計測、修正して、また組み戻すという事をします。アルミや、カーボン類はこの手の芸当は通じません。

 DSC_0633_convert_20170626120933.jpg

 前輪はハブを生かしての、再組み付け。

 DSC_0634_convert_20170626120941.jpg

 経年劣化のチェーンもこの際に交換。こういう箇所については、当事者同士の話し合いなどを通じて決まってくるところ。

 DSC_0635_convert_20170626120957.jpg

 リアの振れ取りもします。直接当たったところはどうも前輪なんだが、その力が伝わってBB付近も曲がったとすれば、後輪チェックは必然ですね。一つの事故の衝撃がどこにどんな形で出るか?これは慎重に見てみないとわからない。

 DSC_0636_convert_20170626121351.jpg

 ヘッドパーツも交換しておいた。ブロンズ仕上げのものがあったので使ってみる。

 DSC_0630_convert_20170626120922.jpg

 とりあえず、事故の過失割合などまだ未定ながら、できるだけ速く復帰したいという場合には、再塗装など案件は一度ペンディングで、こうして再生して出す事もある。

 それは事故により、保険会社により、当事者同士などにより、大きく変わっていく事情だと思われる。

 補償交渉がすんなりいく場合もあるが、多くはもめる。未だに解決してない案件が二つほど。一つは、弁護士を入れての大立ち回りになっているようだ。

 そしてもう一つは、当店に残高をこのしたまま、メールにも電話にも出ないという・・・。通常なら、直した車体と現金との交換なんだが、分割に・・・という事が、すでに三ヶ月何の音沙汰も無い。事故で病んでしまったのか?事故前から病んでいたものがこじれたのか?

 事故車に関わるということは、こういうことをも意味している・・・という事をご同業の方々と共有したいわけであります。

 それでも当店なりなんなりを通じて、事故はつらかったが、その後少しでもよくなった、といわれるのであれば、やる価値はあるかもしれない、という事は申し上げておこうか。

 000 081031hon

 このフレーム調べてみるとなんと約十年前、塗装外注時代のものらしいですね。
こちらの記事にちょいとその事情が載っています。時間は経っていますが、なんかあるとここから二店舗移動している、当店にわざわざ持ってきていただけるなんて、事故は不運ですが、ありがたい事であります。

 すでに自家塗装ができるようになっておりますので、話が付くようでしたら、またご相談ください。お大事に。


プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター