メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |車体 その他 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

五年待ったぜ!GT



 GTといえば、トリプルトライアングルで有名なフレームであります。通常フレームはダイヤモンドということで、前三角と後ろ三角のダブルトライアングルなんだが・・・。

DSC_1686_convert_20180127222735.jpg

シートステーからシートチューブを通過して、直接トップチューブにつながるところにできる小三角をもって三つ、トリプルトライアングルとしたようだ。

この方が若干強度が上がるのか?な?
DSC_1698_convert_20180127222949.jpg


 しかしこのフレームはマウンテン用なんだが、素材がカーボンだよ。・・・マウンテンバイクてーのは、悪路を信じられない斜度を降りたりする車体なじゃないの?そんな用途の自転車の素材をカーボンで作るのかよ?と思ってしまうのは、店主だけかな?

 落車の様な衝撃に弱いカーボンで、落車を誘発する様な競技であるマウンテンバイクにカーボンでフレームを作るんだ?

 もしかして、ロードのそれとは根本的に異なる何かが、加わっているとか?
DSC_1699_convert_20180127223014.jpg


 よく知らんが、このカーボン製のGTフレームが持ち込まれて、約五年がたっている。

 当店の強力なサポーターの一人、小原氏がどこからか、もらってきて、使えるんなら、若狸の誰かに渡してよ・・・なんていいながらも、俺乗ろうかな?ドロップ仕様がいいかな?700Cにしようかな?と本人その気ありということで、しばらく放っておかれたのが、なんと五年もたっていた、ということだ。

 それが急転直下に、パーツが持ち込まれた。もちろん小原さん本人から。それもまた、ほぼもらいもん、つけられるものはつけて、ないものはそっちで足して・・・というザックリした依頼。じゃあ、道具調べしてから、組み付けていく・・・。

DSC_1691_convert_20180127222820.jpg

 油圧ブレーキじゃないか?TRPのライバル会社の・・・。でもまあ、効かないことはない・・・、相手にとって不足なし・・・としよう。

DSC_1696_convert_20180127222928.jpg

 付いているもの自体はある意味標準的なもので、面白くもおかしくもないんだが、一言で言えば、堅実・・・、もう一言付け加えれば、無難・・・。褒めてんのかよ・・・?

DSC_1693_convert_20180127222900.jpg

 流行といえば流行なのは、前シングルということかな?たまたま、フロントディレーラーをもらい損ねたんで、大森さんが余っていたシングルクランクを取り付けた・・・という落ち。

DSC_1689_convert_20180127222759.jpg

 カーボンなんていう脆弱な素材をマウンテン的に使いこなすこつといえば、もしかして、このサスペンションフォークなのかな?なんて思ったりもする。絶大な働きでもするのかな?

DSC_1681_convert_20180127222701.jpg

 そういうわけで、当店に五年間ぶら下がっていた・・・、つまり三店舗を渡り歩いたGTフレームがようやっと、実車体となって完成したんであります。

それ自身は感慨深いが、できた車体はある意味普通過ぎ、と思うのは店主ぐらいかな?見方かえれば、かっこいいかも・・・。またサスが生き生きとカーボンフレームとの相性が合ったりすると、今までにない様な走り心地が実現するかもしれないね。

 まずは小原先生が数百キロ乗るかもしれない。

 ところが、先生曰く、適当に乗ったら、実費で若い子に譲ってもいい・・・なんてこと言い出している、なんだこの実費というのは?

 もしこの実費の意味が、自らがこの完車に費やした費用を意味するとしたら・・・、フレームはもらい物、ホイールを含むパーツ類もほぼもらい物・・・ということは?

 小物と工賃・・・?

 そうだとすると、スゲー掘り出し物にもなり得るかもしれない・・・。もちろん、その呼びかけは当ブログにて行われるはず、この手のマウンテンバイクファンがいましたら、是非注目の一台・・・になること請け合いだね。

なんせ、この小原先生、心身ともに太っ腹、ウン、いいよ、いいよ、もって来なよ!なんて気前のいいことはかなり高い確率で言い出しそうだ・・・。

 ちょっと今後の展開楽しみにね!

柳サイクルとHGコラボ作品の極意



 ここでは見せません!ハンドメイドバイシクル展に来てください!と言わんばかりのアクションであった。

 どうも、多くの方々より声をかけていただいたという事で、柳さんもHG君も上機嫌で帰ってきた。

 やっぱり・・・、普通のもの作っていても、ビルダーが増えたんで、ダメですねえ・・・と。

 そうか、やはり普通のもんじゃないあれを展示したせいで、相当注目が集まったらしいぞ。

 DSC_1832_convert_20180122214208.jpg

 これね。このツーリング車?マウンテンバイク?という出で立ちがまた、ひときわ人目をかすめ取っていったらしい。

 DSC_1834_convert_20180122214218.jpg

 フラットハンドルだったら、単なるマウンテンに思われたかも知れないが、この開き気味のドロップがまたツーリング好きの心をくすぐったらしい。

 やはりハンドルの持っているシンボル性というのか?改めて強いもんだと実感するね。

 で、前回の記事では、謎めいた記述で、一体何のことやらという人も多かったと思います。一体この車体の何が画期的で、面白くて、バカっぽいのか?答えは・・・

DSC_1837_convert_20180122214227.jpg

 ここなんだな。つまりディスクとホイール。今回このホイールはなんと24インチなのである。ところが・・・

DSC_1838_convert_20180122214234.jpg

 このクリアランスを見よ!げんこつ1個分以上あるのがわかる。

DSC_1839_convert_20180122214244.jpg

 どこから見てもこのクリアランス。勘のいい人はもしや?と思ったかも知れない。

 そう、この車体は、なんと24インチ、26インチ、27.5インチ、そして700c*35までのホイールがはける設計となっているんであります。

 ディスクであれば、少なくとも四種類のホイールがはける。行く場所、使い方、用途などによって、車体一台に、ホイールを履き替えることによって、対応が可能になるという、ある意味画期的な設計思想によって組み付けられている、という事ね。

 これは一人遊びの天才のHGくんと、辛抱強く人の話を聞きながら、それを取り込んで形にできる、柳さんの二人あっての、この一台!という事が言えるんだな。

 DSC_1840_convert_20180122214252.jpg

 パーツ類はHG君所有のものを組み付けたんで、ある意味統一性には当然欠ける。

 DSC_1843_convert_20180122214302.jpg

 ほぼ持ち込みね・・・、少しは社会人なら工房に金落とせ!

 DSC_1832_convert_20180122214208.jpg

 これ早速興味を持ってくれた人に、朗報じゃないが・・・。

 これとほぼ同じフレームを四台デモ車として作成して、ホイール四種類はいたものを乗り比べ、なんて言うことも夢じゃないかもしれない。希望者はクラウドファンディングかなにかかき集めて、柳さんに話を持っていくといいかもね。

 そういうことで、色んなことを感じた展示会だったらしい。今後の展開もまた凝ってくるだろう。既に、また変なDhバイクの構想もあるとかいう、聞いたほとんどの人は、一笑にふすかも知れないが、イヤイヤ、日本の山岳の事情なんかを考えたりした際には、実は意外と面白いかも知れない・・・と店主もそのアイデア聞いて思ったよ。

 日本人の悪いところというかつまらないところというと、すべてについて均等な平均値を求めてしまうということかも知れない。ものにしろ、人にしろね。だから、そこそこできるんだが面白くないものや人であふれている。単なるルーティーンをこなすだけなら、それでいいのかも知れないが・・・。

 ダメなところをなんとかして克服する・・・という小器用さを求めてしまい、思い切って切り落として、あとはそれをどう補助するか?なんて所に発想がいかない。

 まじめで平均値が高いんだが、面白くない。ビルダーが増えていくこと自体には希望は持てるが、そこそこの平均値で、無難なもの、どこで作っても同じようなものしか、作ってないとしたら、そんなもんは単なるビルダーの水ぶくれと同じだ。

 どうも柳さん達はその辺を確信したようだ・・・。これから面白くなっていくだろう・・・、たぶん。

 どこの大手も、レースコンポを開発しては、その劣化コピーとしてのコンポを下位グレードとして並べるくらいのことしかしていない。カテゴリカルに自転車のコンポを作るなんてことなかなかやっていない、やってはいるとこもあるが、どうもダッセー。

 少しはエンドユーザーなどからアンケートの一つもとれよ・・・、もう少し個別に対応できるもの作れ!という欲求も出てくるし、出てきてもいいと思う。

 面白いものを作る、個別対応可能と思いっきりの良さ、なのかもな・・・。

 こちらも精進せねば・・・ね。

マウンテンとクロスの間のそのまた間



 かつてのは鉄のマウンテンバイクの代表的なフレームだったと思います。

DSC_1619_convert_20180114164325.jpg

 リム屋さんなのにねえ・・・。

 こいつをマウンテンバイクとして乗るか?といっても・・・、もう昨今のマウンテンバイクの特殊化はすごいもんでね、まあ、その専門領域にいないと、もう訳わからん状態とも言っていい。

 だから、こいつを思いっきりマウンテンにしてくれといわれても・・・、たぶん困るだろうなあ・・・。

 DSC_1629_convert_20180114164441.jpg

ラグ付きの鉄フレーム、人によってネウチもんだわ。

DSC_1627_convert_20180114164425.jpg

 こうしたいかにも寄せ集め的なもので組み付けると、なんともカテゴライズしにくい、一台ができる。ロードのディレーラーに、今や珍しいクロスレシオのスプロケ、なんかホッとする。

DSC_1626_convert_20180114164417.jpg

 ここはマウンテンのコンポ・・・だね。

 DSC_1623_convert_20180114164400.jpg

 カンチブレーキ、しかもギロチン式なんだが、セッティングによっては十分に効くね。

こいつを引くのが、

 DSC_1621_convert_20180114164341.jpg

 ロード系のブレーキレバー???

 DSC_1620_convert_20180114164333.jpg

 というのもハンドルがこれ、ただのフラットではない。ある意味フラットだと手首に負担がかかることがあるが、このくらい脇に曲がったいると楽だと思う人は多いはず、店主もその内の一人。

 DSC_1624_convert_20180114164409.jpg

 こういうハブが普通に復刻してくれないかな?と思うのは店主だけだろうか?

DSC_1628_convert_20180114164433.jpg

 いかにもロード系のサドルがつている。完全寄せ集めによって、作られているね。

 DSC_1617_convert_20180114164310.jpg

 これがその全貌。フラットバーにすれば、まあ、マウンテン系なのかな?でも今のマウンテンの基準からすると、こいつはクロスバイクに属するのか?

 マウンテンの始まりはビーチクルーザーの改造車だったそうだかどうかは知らんが、そういう意味でも、今思えば移行期の車体ということがいえるだろうね。

 でもなあ、この中途半端勘がまたなんともいいよね。当時のマウンテンとクロスとの間のような寄せ集め号。

 こういう車体を見ると、オオなんともわかっていそうな人だなあ・・・と思ってしまいます。寄せ集めながら、しっかり選んで、自分の足と相談して、ピッタリのもので組み付けている。

 完成形が確立されると、それまでの形態はほぼすべて移行期の仮物みたいなもんだが、それにはそれなりの雰囲気というものがある。そもそもが究極の完成形などがないとすれば、すべてのものは移行期のもの、といっていいかもしれないが。

 ありものから、自分の足と用途に合ったものを組み付けて一台にして乗る。世の中には埋もれているパーツ類がごまんとあり、それらはこうして組み付けられて街道を走るのを待っているんじゃないかな?

 それらの前に、どう組むか?という楽しい悩みがあって、予算という縛りもあり、奥さんの理解という手強い要素もあり、そうしたものをくぐって、実現されていくんだろうなあ・・・。

 こういう路線も当店としては欠かせない重要なところ、影になり日向になりつつ、持っているものからの最大限の一台を組み付ける、そのお手伝いは色々とお任せを!

 もっと大いに中途半端な一台を増やしていきましょう、乗り手が中途半端なんだからそれでいいんです!各々の中途半端さのバリエーションが実現できることが重要で、その現実のことを成熟化、というんだと思うなあ・・・。

406から415へ インチアップのドミノ



 ダホンの小径がやって来た。20インチなんだが、406のホイール。タイヤの種類は豊富だが、いかんせん同じ20インチでも451とは、リムの径が45ミリほど小さいと来ている。

 どこで聞いたか知らないが、より速く・・・という事で、径のデカイ451のホイールを持ってきて、装着して欲しいということだった。

 装着するだけなら、自分でやればいいのに・・・と簡単にはできない、ドミノ倒しというのが、大抵起きるんだよね。

 DSC_1574_convert_20180110205732.jpg

 このタイヤは1.95インチとかかなり太めのタイヤがついていた。なので、結局は似たような径になるんじゃないか?とも思わなくはないが、交換というのであれば、そうしよう。

 DSC_1575_convert_20180110205742.jpg

 前後ともに451のホイールに変更するんだが、問題が二つ出てきた。

 まず持ち込まれたホイール、リアを見ると・・・。

DSC_1578_convert_20180110205750.jpg

 エンド幅が5ミリほど足りない・・・、つまり135エンドのフレームに130エンドのホイールを持ってきてしまった・・・という事だ。まあ、よくある間違いではあるが、問題はそれを修正できるか?である。

 新生105だとすると、シャフトを交換して・・・というのとはまた別の手がつかえそうだ。

 DSC_1587_convert_20180110205814.jpg

 ホイールのセンター出しは面倒なので、両サイドに2.5ミリのスペーサーを挟んでやれば、それで完了となる。薄いワッシャーが二枚・・・みえるかな?

 これで測ってみると・・・、

DSC_1584_convert_20180110205805.jpg

 よっしゃ!135ミリ達成。このタイプのハブは、シャフトとエンドスペーサーが独立しているので、調整は比較的簡単、といえる。

 そしてもう一つ・・・。

 DSC_1581_convert_20180110205757.jpg

 ブレーキ問題ね。これがディスクなら、ホイールの径はまったく問題にならない。リムブレーキだから、問題なのだ。

 既設のVブレーキのシューを最大限上げても、リムサイドには届かない・・・。こうなると、ブレーキの位置そのものを上げないといけない。

 馬蹄のような形の台座もなくはないが、ちょっと仰々しいな。

 あと考えられるのは、シューの可変性の非常に高いブレーキに交換するというのがある。

 DSC_1593_convert_20180110205839.jpg

 今回は、後者でやってみた。値段は安くはないが、ちょっとした高級感あり、そして何よりも剛性もあるのか、よく効く。この手の適応性を優先してしまうと、本機能が減じられる傾向は致し方ないものだが、こいつは効きもいいと来ている、値段の張るだけのことはあるな。

 DSC_1595_convert_20180110205856.jpg

 もちろんリアも交換して、前後ブレーキ完了。

 DSC_1591_convert_20180110205831.jpg

 これにてようやく、451ホイールの装着が完了となる。

 DSC_1594_convert_20180110205847.jpg

 結果的には大したことのない改造かも知れないが、ちょっとした知識と工具と、パーツの知識が無いと難しいかな?とも思えなくもない。

 DSC_1590_convert_20180110205822.jpg

 これで結果的に速くなるかは別として、気分が違うだろうな。先日購入したばかりの、店のお仕着せ自転車だったものが、自分の志向を載せたものに変身したんだからね。

 日本の産業として世界に名をはせているアニメ系のお仕事か?製作に金が回ってないらしい・・・。末端を大事にしない業界は、長続きしない。

 何はなくとも現場の士気が高くなくては、いい仕事はできない、と思うのはもう店主が古い証拠なのか?

 せめて、こもりがちなクリエイター達が、自転車で、心機一転でもできて、新たな仕事への活力にでもなってくれれば・・・と思う。当店の回りには、アニメ業界の方々がどうも多いらしいんでね・・・。

 自転車屋のアニメができるなんていう時には、色んなヒントになることご教示できまっせ!といっておきましょ!

子供自転車を 大人仕様に



 小学生の時子供が乗っていた自転車があって、もう高校生になり、一台完全に空いてしまっている。

 これをお父さんが乗れないか?という話。いい話じゃないですか・・・。

 こう見ると、いかにも少年マウンテンですね。これをお父さん仕様にしていく。

 DSC_1770_convert_20180106220602.jpg

 要になるのが、ここサドルピラー回りだね。でも、通常ここは大人の実用車と同じ25.4なんで、大人用のそれに交換すれば、ほぼ問題は無くなる。
 
 ここをあたかも変更不能の特殊パーツのように偽装しているところが、自転車を学年とインチで買替え需要を得ようとする自転車業界の戦略なんだろうと思う。大手は大変だ、なんせ数千人の従業員を喰わせにゃいかんのだから。

 DSC_1572_convert_20180106220458.jpg

 ここがある意味決定的で、ここさえなんとかなれば、あとはフレームの強度を見るなどして、大人の重量に耐えられそうなものは、大人用転用となる。

 DSC_1575_convert_20180106220522.jpg

 あとは、子供自転車の華奢のブレーキは、しっかりしたものに取り替えた。

 DSC_1769_convert_20180106220554.jpg

 チェーンなどの消耗品もこれを機に交換しようね。

DSC_1574_convert_20180106220514.jpg

 あと、今回の変更でいかにも大人用転用というのがある。

DSC_1771_convert_20180106220610.jpg

 多分だがサッカーボールように付けられたようなカゴ。この形状はそれ以外には、あまり役立ちそうもない。

 しかもお父さんは、教育関係の方。鞄はデカイ・・・、横に広いと来ている。例え通常の大人用の鞄だとしても縦にして入れなければならない、あれって意外とストレスになっている人っていると思うなあ。横の物を縦にすると、中の荷物がゴソッと動くあれね。

 パソコンやら、弁当やら、書類やらが中で渾然となるあの感じ・・・しょうがねえや、と無視はするがじつはねえ・・・というといことありますな。

 その点当店は、意外とそろえているのが各種カゴの形状。店主の裏趣味は実はカゴ集め・・・、ちょっと変なのが出ると実物取り寄せるという変な癖がある。

 今回もドンピシャものを用意した。

 DSC_1576_convert_20180106220530.jpg

 ジャン!学生鞄ようにもつかえる、横長カゴだ!

 たぶん推測だが、さて乗ろうと、鞄を横のままドッシリ据えられた時、なんか今までいかに裏で我慢していたかがわかる瞬間だと思う。カチッとはまる、これだよなあ・・・・と思うに違いない

DSC_1772_convert_20180106220617.jpg

 あとこの意味不明のメーター・・・なんか用立っていたのかな?

 DSC_1577_convert_20180106220539.jpg

 スッキリ外します。

DSC_1573_convert_20180106220506.jpg

 あと、急の雨にも対応ということで、着脱式泥よけを取り付けて完了。

 DSC_1569_convert_20180106220449.jpg

 子供っぽさが残りつつも、機能は大人が乗っても十分な通勤号に変身となりました。意外と丈夫だろうし、またバカにできないくらいに走るんだよね。

 世の中に子供自転車、大人自転車というのがあるんじゃない。その体格に合わせた自転車があるだけだ。大人であっても子供サイズの自転車が合えば、それはそれ。「子供自転車」として作られても、利用する大人の体格に合わせれば、難なく乗り続けられるということだわな。

 そういう風な目で見ると、物置や軒下で埃を被っている自転車達も、実はまだまだ役に立つのかも知れない、実際役立つ場合が多いしね。しかも古ければ古いほどに、ものがいいなんてことも大いにありうるわけで、見方と発想を変えて、その道の餅屋に聞いてみれば、ボロきれも、ボロ屋も、ボロ自転車もみんなスゲー再生力を持っているかも知れない。

 そんな視点の掘り起こしなんかを今年も飽きずにやっていこう、自転車だけでなく、リサイクル軍団を組織して・・・か?

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター