メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |車体 その他 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

トレイルライドの普及のため 今日も○山隊長は行く!



 店主は正直、詳しい系統の車種ではありませんが、この自転車をこのスペックで組んで走る、その無駄のなさ、合理性を突き詰めた美しさ・・・と言ったら、ちょっと大袈裟か?でもそうした粋は感じられる一台であります。

 DSC_2019_convert_20180326214635.jpg

 シングルか?と思いきや、もう一枚隠れるようにある、ダブルですね。

 DSC_2017_convert_20180326214617.jpg

 リアを見ると、なるほど・・・、後ろも二枚。2*2で4速・・・か、前後のギア歯数の差を調整した2速か・・・、いずれにしろ自分が使うギア比を熟知しているセッティングかと思います。

 店主はピストでそんな遊びをやってたことがありました。チェーンは一本、前後に二枚ずつリンクを付ける。前がデカければ、後ろは小さく、後ろをデカくすると、その分前を小さいリンクにかけ直す、そうすることで登りはより軽く、下りは重く・・・なんてことができるので、そんなピストで長距離乗っていた時期もありました。

 DSC_2014_convert_20180326214600.jpg

 このエンドの六角一本で前後移動ができ、チェーンのたるみを取ることができる、ピストと同じような構造です。

 DSC_2015_convert_20180326214608.jpg

 トレイルに行くので、やはりディスク・・・。エンド幅はたぶん135ミリ、驚いたことに、ディスクキャリパーの台座も一緒にホイールと前後するので、キャリパーとローターの位置関係は変わらず、という事になります。

 先日作った、120エンドディスクはそこまでは手は込んでないが・・・。

 DSC_2013_convert_20180326214551.jpg

 当然前後とも、ディスク。制動はこれでバッチリ。駆動が前後二枚ずつで、行けるコースを走り抜く。ディレーラーもないので、トラブルも少ない。

 DSC_2010_convert_20180326214518.jpg

 指一本でスーッと引ける、やはり油圧は偉大ですなあ・・・。

 DSC_2012_convert_20180326214543.jpg

 フォークはリジッド、フレームのどこを見てもサスペンションは見当たりません。

 DSC_2011_convert_20180326214526.jpg

 秘密はこのタイヤ、29インチを幅の広いリムに履かせて、このタイヤ圧一本でサスとグリップを実現させてしまうという、徹底ぶり。たぶんライディングのテクニックも相当あるんでありましょうな。

 DSC_2018_convert_20180326214627.jpg

 この日もトレイルの帰りに寄ってくれたということでした。

 DSC_2008_convert_20180326214508.jpg

 さいどご覧あれ。自転車を知り、コースを知り、用途を知り、そして何よりも己自身を知るものこそが実現できる、シンプルながら相当高度な嗜好によって組まれた一台、といえるんじゃないか?と思います。

 このお方、この足と頭と体で作ったこの一台を山に持ち込んでは、野山を駆け巡る・・・。でもそれだけではありません。ハイカーさんが主流の山道jに、いきなり重装備のマウンテンバイクが駆け下りてきたら、どれほどの恐怖を与えるか?なんてことを熟知もしておられます。

 ブロックのごつごつタイヤで、決まったコーナーを高速で削り降りたら山道がどれほど荒れてしまうか?なんてことも当然意識して乗っておられるようです。

 自転車での山を駆け巡る、大変自由で楽しい趣味でありますが、ただそれだけでは済まされない、マイナスの影響などもアチコチで出ているようです。そういうことで、マウンテンバイカーは入山禁止!なんていうことになったりね・・・、まあ色々あるんです。

 ロードだって、かつてはサイクリングコースだったところで40キロなんかですっ飛ばして、歩行者と接触事故を起こしたりすると、そこがサイクリングコースでは無くなってしまう、なんてことも起きていますね。

 ひとたび事故などで悪い評判が立つと、「自転車の奴らは!」という単純なレッテル張り、分断や排除の方向に動いていったりもします。

 そういう中で、安全のための、マナーをしっかり守るトレイルライディングルールを起こして、普及活動もなさっています。
 
 自然を大切に、時に修復しながら、地主さん、地元の方々からの理解を経て、歩行者優先でというルールを徹底して、共有の財産である里山を満喫しよう・・・というそういう働きもされているようですね。

 流行らせることは、一定の広告屋からすれば、簡単なことかも知れない。大切なのはそれを継続させ、定着させていくこと、そしてより成熟した形に昇華させていくことなんだと思いますが、そういう一見、目立たない、地道な活動というのはなかなか着目されがたい。

 でもそういう地味ながら要所でもあるところを持ち場とする人がいてくれないと、その分野のありとあらゆるところが荒れて、すさんでくるもんだ。

 そういう意味で、今日も○山隊長は里山の平和と安全を守るために、日夜山野で奮闘中!なのである!

兄も兄なら・・・

000 DSC_1340_convert_20171209170614

 小径兄弟というのが、当店のお客さんにいらっしゃいます。正確には兄に気合いが入っている、弟さんはどちらかというと、引きずられている方かも知れませんが、その弟さんが逆襲に出た。

 この景品に近いANAの自転車に非常に特殊な、注文を付けて帰って行ったのでした。

 その注文とは・・・。

 000 DSC_1342_convert_20171209170625

 このシングルギアを多段にして、よりスピードが出るようにして欲しい・・・という依頼。

 ・・・、この小径に多段を入れる?とんでもなく小さいホイールが付いています。こいつは通常では入手不可能なサイズであります。

 しかも20ホール・・・、仮にこのリムを使わなければならないとすれば、20ホールのハブを探さないといけない。

 エンド幅は・・・、なんと運が悪いことに120ミリだと・・・。

 ほとんどバカヤロー規格なんだが・・・、どうしましょ?

 まずは20ホールのハブは・・・、なんとか見つかった。さて、その次にそいつを120エンドに10ミリ幅を減らさないといけない。

 TNIがなんとも酔狂なんだが20ホールのハブを持っていた。当然、130ミリだよね・・・、当たり前だ。

 じゃあ、加工するしかない。


 DSC_1909_convert_20180323224547.jpg

 左右のエンド幅を決めるナットをフライスで5ミリずつ削る。計算からいうとそれで120エンドになるんだが・・・。

DSC_1911_convert_20180323224607.jpg

 削っただけで装着し戻すと、なんと3ミリしか減っていない・・・。その原因はシャフト自身が長いので、削った分以上の幅が出てしまう・・・。なら・・・、

DSC_1912_convert_20180323224615.jpg

 シャフトそのものまで削らないと、幅は減ってはくれないようだ・・・。上下そろって削ることで・・・、

DSC_1913_convert_20180323224622.jpg

 ほぼ、120ミリ化成功・・・。よくやるよなあ、全く、われながら・・・。

さてこいつでホイールを組み直すことに・・・。

DSC_1997_convert_20180323224655.jpg

 まあ、こんな感じだーね。しかし、よくやったなあ・・・、全く。

DSC_1998_convert_20180323224703.jpg

 11速最大でやったので、ギア比は非常にでかくなります。そして5速に・・・。

DSC_2000_convert_20180323224710.jpg

 後ろから見るとわかるように、ディレラーが、タイヤの太さに干渉してしまい、それ以上内側には入らないため・・・です。

そして、もう一つのミッション・・・。

DSC_1994_convert_20180323224638.jpg

 サドル位置を高くしたいため、柳さんの協力をへて、400ミリのピラー二本をあわせて、一本の物干し竿状態にしてもらった。

DSC_1995_convert_20180323224646.jpg

 しっかりシートチューブにまで挟めるよう、長ーくした次第です。これで乗りやすくなる・・・。

DSC_2005_convert_20180323224726.jpg

 190センチを越える柳さんも普通に乗れちゃいます・・・、しかし、よくやるよねえ、ここまで・・・。

 DSC_1993_convert_20180323224630.jpg

 完成、こいつでもって、静かにお兄ちゃんの自転車を抜かすでしょう。自転車に関して、全般的に兄には勝てないが、この一台については、発想からしても、走りからしても、兄貴には負けられない・・・。

 そんな引きずられ弟君の意地のようなものが形にも出ているように見えます。

 サドルを長くする・・・、今後の課題でもあります、色々と・・・。

 弟君は、静かにお兄ちゃんを抜く・・・、まずはこの一台で・・・だ。しかし、よく完成したよなあ・・・。

おかしな自転車という意味でファニーバイク!



 何々?パナソニックオーダー・・・だと?

 DSC_2189_convert_20180313201854.jpg

 トップチューブが変形している、これは事故車・・・・ではありません。

 かつてはこういう自転車が走っていたんだな、競技会でね。驚いたことに、こいつに付いていたリアホイールが・・・、

 DSC_2195_convert_20180313201957.jpg

 なんとディスクホイールときた・・・。これはかつてのバリバリの競技車体なんであります、しかも前が24インチ、後ろが700cという、世に言われるところのファニーバイクというやつだっんですね。

 ディスクホイールを付けていたところから見ると、タイムトライアル車として走っていたんじゃないか?と推測できます。

 なんとそんな状態で、道っぱたに捨ててあったのを、拾ってきた酔狂は御仁がいたわけだ。しかもよりによって、都内に何百店舗もある自転車店の中で当店に持ち込んでくれたってわけ。

 どうすんのよ?ファニーのまま乗るの?

 いえ、ママチャリになんないかと思って・・・。

 こういう発想は嫌いではない。かなりぎくしゃくする可能性もなくはないが、もとはレーサーだ、ひとたび走れるような状態になったら、そりゃすごいポテンシャルを発揮しないとも限らない、いや、非常に高い確率で発揮するだろう・・・な。

 しかし、よりによってなんだファニーなんだろう?前後700cなら、もうほとんど問題なく、高速ママチャリは完成できる・・・、実用レーサーといった方がいいかもね。

 ファニーというのは前後の車輪のデカさが違う車体、前が小さい、24インチなんて、極端に小さいので、普通に乗っているだけで、下りを下っているような感覚になる、前傾のままでブレーキ握ったら、スピードによってはほぼ確実に前転する。

 そんな乗りにくい車体、フレームを見て、なんでママチャリ化したいと思ったのか?

 その目の付け所は、いつものことながらたいしたもんなのだ・・・。どちらかというとディレクター型だな・・・、ハイセンスで、とんでもない発想と美的センスを持つが、手が動かない・・・。

 二店舗前の旧店舗からの常連さんで、今までにもそこまでやるか?と自分の自転車センスを展開している方でもあるんだが・・・。なので細かい指示が飛んでくる・・・、そんなの自分やれよ・・・・なんて言っても、あの不器用なもんで・・・でかわされる・・・。

 今回も長い仕様書を作ってきた・・・、パーツはほぼ持ち込み、これを取り付けて、元々付いていたあれを、あちらに移動して、そっちについているナニをどこに取り付けて・・・と、パズルだわな。

 でも本人の頭の中には、ちゃんとそうしたイメージが明示されているんだと思う。ったく・・・思い浮かべるだけなら、簡単だよなあ・・・。

 そんなこといわれてもすぐにできるとかの即答は無理なものが意外に多い・・・。

 DSC_2193_convert_20180313201949.jpg

 ママチャリなんで、前はシングルで・・・、持ち込みBBとクランクペダルと付ける。

 DSC_2185_convert_20180313201821.jpg

 そうそう、その前に、いち早く、ファニーでの使用は諦めていた。フォークを交換して700c化すると。確かに実用化するなら、そうしないと疲れて仕方ない。

 DSC_2191_convert_20180313201921.jpg

 リアは、多段・・・、ありものを持ってきた。

 DSC_2187_convert_20180313201839.jpg

 ハンドルは、やっぱり実用系だね。Wレバーの傍らをシフターとして利用。ドロップ用のエアロブレーキを流用。トコトンこいつ、当店からパーツは買わない主義らしい・・・・・。

 ステムを上に伸びているのを利用、前傾のよりまた前傾を求めるフレームなんで、このくらいやってちょうどいい。

DSC_2192_convert_20180313201941.jpg

 これも革を被せて作ったみたいだなあ、本人じゃない・・・と思うが。

 DSC_2190_convert_20180313201912.jpg

 で、この辺からが無理難題・・・に近い。実用車なんで、荷台やカゴはあってもいいが。こうしたスポーツ系の自転車には、それように作られた荷台がとにかくフレキシブルなんで、取り付けやすい・・・というか、実用車用に作られた荷台をスポーツ車に載せるのは、非常に面倒なんだが・・・、時にできないことも多い。

 見た目重視のハイセンスくんとしては、スポーツ車に付けるアルミ製の荷台などがお気に召さないらしい。どうしても、実用車のメッキ系、重くてもそのタイプの荷台がお好みなんだそうだ。

 しかも、できれば、変形させずに、シートピンのところに付けて欲しい・・・だと。

 あのね、実用車用の荷台をスポーツ車に取り付けるなんて、付いただけありがたい訳よ・・・それをどこに止められたらうれしい・・・とまでいうかね・・・。まあ、ディレクターのいうことは絶対でございますから、多少の加工と同時になんとかね・・・取り付けるわけです。

 他の車体と併用したいんで、あまり加工はするな・・・というご指示も・・・、アタッシュケース持った製作系ディレクターでもあるまいに・・・。

 そして、無理難題はまだある。

 DSC_2186_convert_20180313201831.jpg

 前にも荷台だと・・・。ただ、こいつはどちらかというとスポーツ系にもというのか、多少フレキシブルではあったが・・・。

 DSC_2184_convert_20180313201812.jpg

 交換したフォークがたまたまツーリング系だったから良かった、そのダボを利用して下から支える・・・。

  いやいや、注文の多い料理店なんであります。

DSC_2183_convert_20180313201802.jpg

 そして乗ってみるとだな、やはり元レーサーってだけあって、走りやがるんだ・・・これが。かなりの快走感、半端なし。ハイセンスディレクター君の目利きは大したもんだ・・・。店主でも・・・拾ってそこまでは・・・たぶんしないと思う・・・。やはりファニーでイタズラしただろうなあ・・・。

 非常に乗りやすい!ドロップに戻してやってもいいかもしれない・・・。店主なら、やっぱり700cのドロップ化・・・で復活だな・・・。ある意味合いも変わらず・・・だがね。だからというわけでないが、人からの依頼というのは意外性の連続で、それが糧になる・・・という事かも知れない。

 ある意味大変ありがたい、お客なのかも知れない・・・イヤ、ありがたいお客様なのでございます、合掌。

通学自転車に



見事志望校合格!という事で、この春から、この自転車で通学することになりました。

その前にメンテしないとね、という事で持ってこられました。

 20180304_174508_546_convert_20180304224732.jpg

 ブルーノというと、シック系の自転車として確立されていますね。フレームも要所がしっかりと締められて作っているので、ちゃんとメンテしてやれば、相当長持ちするはずです。

 DSC_2097_convert_20180304224816.jpg

 シフトワイヤーがダメになっている、この際一気にワイヤー類は交換してしまった方がいいですね。

20180304_174437_566_convert_20180304224655.jpg

 シフト一本にワイヤー二本です。

 DSC_2096_convert_20180304224808.jpg
 
 スプロケとチェーン類も交換した方がいいでしょう。

20180304_174454_760_convert_20180304224711.jpg

 ワイヤー交換の際には、リアディレーラーの調整も含まれます。新しいワイヤーを張るだけでは無いんですね。

 駆動系が元気になりましたんで、今度は制動系。

20180304_174447_350_convert_20180304224703.jpg

 ブレーキシューなどの交換と、カンチブレーキ本体の調整です。

 DSC_2094_convert_20180304224800.jpg

 そのあとは、周辺系としてのサドル。これを放っておいたら、雨が降った後数日間は、染みこんだ水にいじめられるね。

 20180304_174421_658_convert_20180304224640.jpg
 
 暗めに写ってしまったが、焦げ茶ですね。

 DSC_2093_convert_20180304224752.jpg

 革系のグリップも交換。

 20180304_174431_267_convert_20180304224647.jpg

 よくか話形は色を合わせろといいますが、この辺も合っていると、統一感があっていいですね。焦げ茶のグリップに交換です。

20180304_174407_223_convert_20180304224630.jpg

 あとは通学用のライトと、ちょっとペダルも気になるなあ・・・。カチッとした走りのために交換した方がいいかもしれない。もう少し試乗してから決めていきましょう。

 高校入学か・・・。店主にとってはいやな思い出であります、モロ志望校でもなく、校則が無駄に厳しく、なんか少年院のような所だったんですね。

 でもいくつかの授業は最高でした。試験勉強で始めた倫理社会の資料など、試験範囲を超えて読みふけったのを覚えています。

 そして自転車通学でしたね。一度遅刻があったかな?なので精勤賞で、研究者の英語の辞書をもらった記憶があります。

 友人は作らず、ほとんど単独で行動していました。古本屋って面白いなあ・・・と思ったのもこの頃です。ためたお年玉から、当時はA席3000円という相場だったので、けっこうライブを観に行ってました。あの高校3年間が一番見ていたんじゃないか?と思います。当然自分も観客として気勢を上げていたコンサートが後日ライブ盤になっていることもしばしありましたね。

 決して安定していませんでしたし、その不安定さがアチコチへの興味の源泉だったのかも知れません、常にピリピリイライラしていたように思います。

 全体として、いいイメージは無いんですが、一つ一つの思い出はキラキラしていたと今になって思えるようになりました、まだ皮膚が薄かったんでしょうな、当時のヒリヒリしたような皮膚感覚のようなものが、今も残っています。

 高校時代は、中学校とその上との間の通過点・・・と思っちゃもったいないね、この間が豊かな間としてある、決して大学や就職のための一時の踏み台なんてもんじゃないんだよな、なかなかそう意識するのは難しいかも知れないが。

 だから、あとからでいい、あとからあの時はあれなりの豊かな間として、捉え返せればいいんだと思う、そういう過ごし方をして欲しい。

 青春だなんだと、安っぽいいい方はしたくはないが、あの時は確かに濃密な時間なんだよ、そんじょそこらの大人の時間なんかよりずっと濃厚な時間なんだよ。

 その証拠にね、卒業してちょっと経ってご覧、あれ?今年ってまたオリンピックの年だっけ?ってなっちまうんだよ、そう、四年間がアッていう間・・・という時間感覚になってしまうんだって。だからそうなる前、イッパイ泣いておけ、イッパイ怒っておけ、笑ったり、わかった風に思えるようになるのは年取ってからでもできるからな・・・。

 という事だ!おめでとう!

000_27867107_1441334672644940_8328638925830732578_n_convert_20180228213120.jpg
※3月11日は当店上、響き床でジャズ室内楽という、新たなジャンルの音楽が披露されます。是非おいでください!
ご予約 042-445-0487

このタンナス野郎!確かにパンクレスはそうとうだ・・・



 手持ちのダホンの大改造。その肝になるのが、ホイールの入れ替え、同じ20インチでもHEから、WOへというアップサイズ化しています。確か、同じような依頼、最近あったよね。

 DSC_2064_convert_20180228183438.jpg

 このようになりました、20*11/8というタイヤでスリム化ですね、スピードアップもかねているようです。ホイールサイズの変更に伴うドミノとしては、ブレーキシューの位置が変わるということで、Vブレーキを例の脅威のズラし溝のあるものに交換。

DSC_2063_convert_20180228183429.jpg

 この脅威の溝の長さを見よ!これは色々自分の車体について考える方々の発想の幅を広げてくれる、パーツであるに違いない。いいよね、こういうのってね。

DSC_2069_convert_20180228183523.jpg

 そんでもって、こいつがまたギドネットで引けちゃうというのがうれしい。ギドネットは取り付けの角度によって、引きシロが稼げるという利点があるブレーキレバーでもある、覚えておこう!

 話をホイールに戻すと、このアップサイズさせたホイールのタイヤは、なんと・・・。
DSC_2065_convert_20180228183446.jpg
 
 タンナスなんであります。暫くないと思うと、出てくるとオーダーが続くというのがタンナスの特徴?って感じですね。相変わらず、装着には往生します・・・、でもはめにくい分はズレないんだろうな・・・。

 このご依頼は先日の・・・、
DSC_1741_convert_20180215232051.jpg

 この車体のお方。こいつにも・・・、

DSC_1782_convert_20180215232213.jpg

 タンナスを履かせていたんですね。乗り心地は嫌いではなさそうですが、これは仕事用なんで理解できるが、小径にもね。ただしパンクしないというのは、大分助かるよね。店主も荷物車に使っていますが、もう5年以上、もちろんパンクなし・・・。乗ること自体に抵抗全くなしであります。

 そういう意味で、気づいた人からタンナス・・・という展開は今後大いにありそうだ。

 自転車で通勤・通学というパンクによる遅刻ができない方、ダイレクトメール配布業の方、介護先を自転車巡回される方、つまり仕事で自転車をお使いの方、などには、最適かと思います。通常のタイヤの約二倍ちょっとで、パンクレス・・・、これは考えるべき選択肢であーる!

 DSC_2062_convert_20180228183421.jpg

 あと今回のミッションでは、ご覧のサイズの車体用のリアキャリアを取り付けていたんでありますが、もちろん取り付けは可能なんだが、どうも位置が上になって見栄えが良くない・・・という事で、それを下げられれば、というご要望。

 DSC_2060_convert_20180228183404.jpg

 まともに取り付けると、このような落差が出てしまいますが。

 DSC_2061_convert_20180228183413.jpg

 構造を壊さないところで、ちょん切りなどを敢行し、なんとかご要望に添えました。

DSC_2068_convert_20180228183514.jpg

 内装ギアで、シフターをこんな風に取り付けるなんていうのは、当店の仕事をよく見ていただいているようです。

DSC_2066_convert_20180228183456.jpg

 持ち込みのシングルギア、持ち込みはいろいろと勉強になりますねえ、仕上げも色々だなあ・・・としみじみ・・・。

DSC_1825_convert_20180228193946.jpg

 荷台の位置も下がり、希望放題を盛り込んだ、たぶんイメージ通りの小径車、一台完成!という事だわ。

 まあ、こんな指示を出せるだけでも、乗り手としては相当の知識と、自分の自転車にしたい!という意欲の高い方かと思いますが、できるだけ希望に添えるよう、こちらも日々精進なんであります。


プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター