メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |改造 その他 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

実用車を固定化するの巻



 この自転車を持ってこられて、ブルホーン型の固定車にできないか?というご依頼。できますとも!

 そもそも、その前に、漠然と固定ギア車に乗りたいというご希望があった。

 何度か当店に来ていただき、いろんな選択肢があることを説明。まだ十分、固定車事態を把握していないこと、自転車の段階的な発展に興味があることなどを考慮して、今回はその初期段階中の初期、基本いらないパーツを取り去って、固定ギア、ブルホーンバーを装着する、というところで止めておくことにした。

 DSC_1238_convert_20171105203817.jpg

 荷台や、泥よけなどは取ります。

DSC_1265_convert_20171105204207.jpg

 どんどん外していくよ!

DSC_1239_convert_20171105203831.jpg

 カゴもいらない、、もちろん前の泥よけも。

DSC_1254_convert_20171105203929.jpg

 ただ実用性ということで、ハブダイナモが付いていることもあるので、ライトはそのままにしておいた。

DSC_1241_convert_20171105203901.jpg

 チェーンカバーも外す!

DSC_1260_convert_20171105204038.jpg

 今回は、クランクはそのまま、当然BBも。

DSC_1237_convert_20171105203800.jpg

 見せどころと行ったら、ここだろうな。あのバンドブレーキの付いているところを外して、そこに固定ギアをはめる。

 DSC_1262_convert_20171105204120.jpg

 このようにね、当然対岸にはフリーのシングルギアが残っているので、万が一、戻したいという事があっても、ホイールを外して、ひっくり返してチェーンを張れば、元のフリーに戻ります。あまりそうした例は聞きませんがね。

 DSC_1261_convert_20171105204058.jpg

 で、前に元もついていた、ブレーキを後ろに移動、バンドブレーキ外したんで、これやらないといけません。

DSC_1255_convert_20171105203950.jpg

 前傾ポジションになり、軽量化もするので、スピードは出るでしょう、なので、前ブレーキはちょいといいものに交換。

DSC_1259_convert_20171105204024.jpg

 今回の改造は自転車そのものだけでなく、ポジションの変化も織り交ぜているので、こうした足の長さに合ったピラーの選択は欠かせません。サドルはそのままだけどね。

 DSC_1257_convert_20171105204004.jpg

 そして見た目のインパクトとしては、最大級な変化、ブルホーンギドネットかですね。これで前傾を確保!

DSC_1253_convert_20171105203916.jpg

 意外とかっこいい!初期型固定車のできあがり!

 まずはこれで固定になれることです。そして気をつけなければならないのが、固定になれた頃・・・ドキッとすることが連続するんです、大抵は。

 そのあとは・・・、前後ホイールの700c化はありかもしれませんね。手組の固いホイールにかえると、まあなんだこれ?今までなんだったんだ?になるでしょうな。

 そのあとはクランク回り。ギア比・・・今言っても、実質軽いも重いも、その意味自体がわからない。だから乗るだけ乗って、ギア比の実質を理解することですね。

 その後、クランク交換などして・・・。

 もし、数年以内に、いいフレームとご縁があれば、一気に載せ替え!というのもありでしょうな。これを称して、段階的固定化計画と申しましょうか。

 乗っていない実用自転車があるなあ・・・というロード乗りの方、乗っている実用車でもいいんで、こうやっての固定化なんてやってみない?通勤なんかで固定乗って、週末ロードに乗り換えたら、驚くよ、きっとね。

 という事で、固定化自身は意外と難しくない、手間はかかるが、手持ちの自転車でできるというわけなんで、この入り口はよーく覚えておいてな!
 

コマイ多段化 しかしやるなあ・・・



 この状態で、持ち込まれたんでありますよ。しかもわざわざ遠方より。

 DSC_1363_convert_20171030183131.jpg

 自家塗装らしいですね。隅から隅まで丁寧です。

 DSC_1148_convert_20171030183055.jpg

 この辺のクランクはまあ、当たり前かも知れませんが・・・。

DSC_1147_convert_20171030183046.jpg

 なんでデオーレのVブレーキが付いているんだ?

DSC_1361_convert_20171030183931.jpg

 フロントにも付いています。これは娘さんのためを通り越して、お父さんの改造目的の一台とも、大いに言えるような車体のようですね。奥様もあきれ顔だったのが、印象的です。

 DSC_1362_convert_20171030183940.jpg

 幼女用の自転車のブレーキなんて、大丈夫かな?と思うくらいの白いプラの華奢な作りが多いですが、なんと堂々としたテクトロレバーがつけられています。

 この自転車で峠でも下る気かな?

 DSC_1146_convert_20171030183023.jpg

 そして、シングルフリーの付いているこのホイールを、多段にできないか?というご相談。

 最初から新しいハブで組み直すんじゃだいぶかかる・・・、このハブ等を利用して、という事になる。

 DSC_1358_convert_20171030183113.jpg

 6速のボスフリーを入れるために、大分センターを寄せないといけません。そうするとフリー側はスポークを詰めねばならず、ハンフリー側はちょっと長めのスポークが必要になるという、込み入った手仕事になってきます。

 なんとか寄せて、6速入れて。

 DSC_1359_convert_20171030183121.jpg

 台座のついたディレーラーを挟んで共締めします。ディレーラーの下プーリーと地面との距離は近いですがね。

 この改造依頼の目的は、スピードアップ。ただこのボスフリーだと、軽くなって登坂にはいいものの、平地のスピードとなると・・・、前のクランクを交換しないとダメかもしれませんねえ・・・。短いクランクで、どこくらい歯を増やせるか?なんて。ことによっては、大人クランクの途中穴開け、ペダル穴タップ切なんてことも必要になるかなあ・・・なんて思ったりね。

 DSC_1357_convert_20171030183104.jpg

 これは将来、改造主であるお父さんが、子ども達が乗らなくなった後を引き継いで、なんとかして乗り継いでいくんじゃないか?と思いますね。小さくて頑丈そうなフレームなので、大丈夫じゃないかな?

 スリッパのように、チョコチョコ乗りにはいい自転車になりそうで、街角に自販機を設置する仕事、不動産の調査、ロケハン、タウンウォッチングなどのお仕事なんかにも、ちょうどいいスピードで転がせる、面白いジャンルの自転車になるでしょうね。

 何も目的地から目的地へ素早く移動するだけが、自転車じゃあない。その道の過程を楽しむという自転車があってもいいよね。

 という事で、まずはこの辺で、一区切りなんだが、まあ、この先、この自転車は二転三転するでしょうな・・・。わざわざ遠方から、当店選んできてくれたお方が、そう簡単に納得するはずはありません、静かでしぶとい変態さんに違いないはずですから・・・ね。


※ 先日公表いたしましたが、サイクルモードチケット残り一枚となりました!お急ぎください。

22519378_1297497950352137_7755999938515879771_n_convert_20171030203114.jpg
※ともう一つ、この4日、狸サイクル上の響き床にて、恐れ多くも、日本屈指のベーシスト、早川岳晴さんのライブが行われます。今回は、ベースソロを基本軸にしつつ、近所のチェリスト、日舞フラメンコ、店主嫁ベリーダンサーという、柳沢在住の才女三人と、モダンダンサーと舞踏系の二人、計五人との絡みが展開します。

 日本を代表するベーシストと四人の娘+一人息子という、なんとも今まで無いような組み合わせでのパフォーマンス。これは是非ご観覧くださいませ!月に一度、いえ、今年一度の大イベントといっても過言ではない!是非是非、目撃にいらしてください!

雨よけ 日よけ自転車 場合によっては・・・



 前後子のせの電動自転車がやってきたんですが、こいつに取り付けてもらいたいものがある・・・という事だ。

 DSC_1317_convert_20171028190921.jpg

無駄にでかくて重い前子のせを外して、代わりにカゴとつける・・・。まあ、こんなことはなんてこと無いのね。

 DSC_1335_convert_20171028191043.jpg

 こんな調子ですよ。取り付けてもらいたいものは、こんなんじゃない。もっと手の込んだもの。大がかりで目立つ、ことによっては、ブレイクするかも知れないな・・・、とすら思えるもの。

 実は、旧店舗時代に、近所のマッドサイエンティストが作って持ってきた経緯がある。それとは直接関係の無いところで、製品化されたみたいだ。

 ただ、カゴの取り付け話でもしているように、実用車と一言言っても、フレーム形状からパーツから、実に千差万別、それらに一律、ピッタリくっつけられるものなど、まあ、むりでしょうね。なので、当店のような店の介在がどうしても必要になる。

 DSC_1318_convert_20171028190930.jpg

 これなんですよー。

 なんかこの十月って、雨ばっかり・・・という印象が強いですね。晴れれば絶好のサイクリングシーズンなのにね。

 さて、取り付けるか・・・。

 DSC_1329_convert_20171028190948.jpg

 つけたてのメッシュカゴの脇にまずは一本・・・。

 DSC_1330_convert_20171028190956.jpg

 対岸の脇にもう一本取り付けます、ボルトナットですね。ただ土台がメッシュなんで・・・、この辺はもう少し平面を大きく使った取り付けの工夫なんかも必要になってくるかもですね。

 DSC_1332_convert_20171028191013.jpg

 そして、荷台の後ろに金具を取り付け、そこの左右に一本ずつポールを取り付けます。この段階で、ア!わかった!という人もいるだろうな。

 DSC_1333_convert_20171028191022.jpg

 そう、こんな感じかな?塩ビのパイプがアーチ状になって二本前後にかかっているという状態。

 DSC_1334_convert_20171028191031.jpg

 これですね、前はビニールで前面が見えるようになっている。天井は防水布で直射日光の日よけになっています。

DSC_1331_convert_20171028191004.jpg

 凝る人はここにワイパーを設置した人もいたなあ、例のマッドサイエンティスト・・・。ちょっと幅が狭い感じませいませんか?

 横から雨が吹き込んできそうな感じもしますでしょ?雨の中試走しましたが、走っている最中は豪雨に近くても、雨水が吹き込んでくることはありませんね。止まったら、それはまあ・・・多少はね。

DSC_1328_convert_20171028190939.jpg

塩ビ管のようなものを利用して、わざとグニュグニュに作られています。前ハンドルを切るときに、よじれてステアリングができるようになっているというわけですね。ちょっとベビーカーに似ています。きっちり作るよりグニャグニャ作って、ショック吸収させるような。

 ただ、この施工例もこれがほぼはじめてのため、今後は使いながら経過を見つつ、より実用性の高い方向へ持って行けたらなあと思っています。金具の工夫なんかも重要だろうな。

 あとは、ビニール部分なんかの交換には、テーブルクロス材が利用できそうだし、全面のプラバンは、ペットと言われる、ペットボトルから作られた透明板を加工すれば交換できるでしょう、天井のクロスは・・・?この手の消耗パーツなんていうのも、このメーカーさんは扱うのかな?構造自体は難しくないので、今後これをまねて自作する人も増えるかも知れませんね。

 駅やマンションへの駐輪時にまたちょっとした不具合なんかもあるかもしれませんね・・・。

 一人乗りなら、もっと簡素なものでもいいかもしれない、ちょうど頭の上あたりまでで・・・。弓なりのパイプ二本ですむかも・・・。

 シートに広告印刷したら、スポンサー料でただで設置できるようにするなんてどうかな?

 などと、この手から派生して、どういうもの、どういうことができうるか?なんてこと考えるのも老化防止にいいね・・・。

 もしかして、条件が許される人から、ちょっとしたブレイクになるかもしれないね、確かにあまり風の無い雨の日や、夏の炎天下には、快適かも知れないからなあ・・・。塩ビ管で試作するか?

BB外し 次への可能性



 やはり、当方のブログで掲載いたしますと、それに関する施工依頼が続く傾向はあるようですね。BB回りの施工に関する記述、工程なんかをやっていると、アア、また来たか・・・というね、偶然かも知れませんがね。

 もし偶然でないようなら、新車売れた!また新車売れちゃいました!!!と嘘記事書けば、新車が売れるのかな?まあ、嘘記事とそうでないものを読み分ける、読力は当ブログの読者層の方々は相当のものをお持ちのようなので、ばれて、相手にされなくなるでしょうな。

 このシクロ系の自転車もBB入れたはいいが、外れない・・・という事でやってきました。

 DSC_1218_convert_20171027153652.jpg

 テーパータイプのものが一見普通に付いているようですが・・・、焼き付きかな?と聞いてみると、どうもねじ山を少しズラして、力尽くで入れてしまい・・・イザ、外そうと思ってみたら、まったく動かなかった・・・という。

 ウーン、わからなくもない展開です。ズレたねじ山でここまでねじ込むことは珍しいですが、あれ?なんか固いなあ・・・と思いながら半分くらい力でという事、初期にはだいぶあったように記憶しています。

 なので、この辺に関しては、しっかりタッピングしたものは、大半は手で回して入る、という原則を自分に課して守っていますね。そうだと多少のズレはすぐに気づきます。ズレると工具を使わないではすぐに回らなくなりますからね。

 工具の選定・・・します。

 DSC_1340_convert_20171027153747.jpg

 上のものと下のもの、一見同じですが・・・。BBからの距離が違いますね。上は距離があります。なので下を利用することにします。上はそのまま取っ手があって使えますが、今回の件では延長棒かましても、難しい。

 下のものもできるだけBB近くに設置して、かつそれを外せない状態に固定して、そこにモンキーをかまして、まわす。

 DSC_1221_convert_20171027153708.jpg

 少しずつ力をかけて回していくと、やはり、ソケットに垂直に入っていないことがわかりますね。これはだいぶ無理をしている。と同時に、反対側、つまり左ワンに何も入れていないというのが、相当影響している。左を最初に入れておくと、それがガイドになって曲がらないんだが、色々あるねえ。

 時間をかけて外しまして、ねじ山が荒れていますんで・・・。

DSC_1222_convert_20171027153721.jpg

 曲がった道を修正します・・・、しかしこのホーザンの修正工具もつきあい長いね。もちろん左のタップを入れてから、それをガイドに、右ねじ山を修正していきます。

 DSC_1219_convert_20171027153700.jpg

 次は、こいつを入れたいようです。今回の装着はコチラにおませください!

 DSC_1336_convert_20171027153729.jpg

 グリスをしっかり入れて装着完了。

 DSC_1337_convert_20171027153738.jpg

 この形でお渡しすることになります。今後そこを中心にこの車体は再生されるんでしょうな。

 しかし、組付けは自転車を成立させるには、もちろん欠くことはできません、が。

 野球は投手が投げないと始まらない・・・・、確かにね。でもその前に、捕手がミットを構えないと投げられない。みたいなもんで、再生自転車に関してはまずは外さないと始まらない、という大原則があります。

 外せない限り一歩も前に進まない・・・、だから外すことをもって第一スタートとなすというような。

 「ちゃんとした」自転車屋さんに就職して、「ちゃんとした」研修を受けた方なら、無垢フレームにパーツ類を組み付けるなんて行儀のいい修行から入るんでありましょうが。

 店主のような、作り直し、改造等から自転車に接近した人間は、組むより前に、外しの行程をどうしても避けることはできないという宿命にあったわけであります。

 外せた!という事は再生可能を意味します。外せない・・・、はそこでの死を意味します。

 だから蘇生・再生のために、必死で外さねばならない!絶対条件は外すこと!外せたら、なんとかなる!外せなかったら、もう終わり!

 今思うと、ある意味極限状況だよね・・・。外せなければ諦めねばならないんだから。一台を生かせるか、鉄ゴミにするしかないか?自転車好きにとっては天国か地獄の選択になるわけで、それはもう、どうしたら外せるか?それに一意専心していくことになりますわな。

 そんなこんなの執念が、外す技、外し専用工具、頑丈な万力とその設置・・・なんてとこに発展していったんでしょうな。

 まあ、子供の遊びの延長なので、苦労したとか苦心したとか言うほどではないんだが、今思うと、そういう背景があったことはあったなあ、と思いますね。

 そんなわけなんで、とりあえず、再生前の外しでお困りの方は、重症にならない前で、できれば当店にお持ち込みください!

クランク交換 工具作りから・・・



 この自転車のクランク、BBの交換の依頼が来たんですが。

 DSC_1283_convert_20171015183424.jpg

 ラバネロですか・・・、柳さんと店主の共通の師匠にあたる方の作ですね。ちょいと緊張・・・。

 DSC_1284_convert_20171015183432.jpg

 このアルテグラクランク、BBはの形式。まあ外して交換して・・・という段取りのはずだったのだが。

 DSC_1285_convert_20171015183440.jpg

 さて、このBBを外しましょうと、工具をはめると、これが動かない・・・。こんなことはよくあることですね。

 そういう場合は、別のセレーションにある鍛造工具を突っ込んで、モンキーレンチを引っかけてこじ開ける・・・というのが定番ですが。

 このBBのどこを見ても、これ以外の工具が使える引っかけ部分がない・・・、ということは。この工具で外すしかないという事なんであります。

 実は、正確にはあったんですが、上のように複数爪を一度に引っかけるのではなく、その中の1つの爪にかける形式のものしか無かったんであります。そんな1つ爪のところに過大なトルクをかけたりしたら、その引っかけ部分だけが崩れたり割れたりと破損することは目に見えていますので、それはやりません。

 であれば、延長かまして・・・という手もあるが・・・。

 DSC_1287_convert_20171015183450.jpg

 つまりこのような延長棒をこの工具にはめて、テコを利用して外すというやり方なんだが、どう見てもいつも使うこの延長棒に、この工具を適応することはできない・・・。他の手を考えないと・・・。

 DSC_1289_convert_20171015183501.jpg

 当店のアチコチに置いてある、単管パイプの一部をつぶします。あれ建材だけに強いし固いよねえ・・・。それでもめげずに、万力でつぶしていいきます。

 万力自体は頑丈だが、それを締めていく鉄棒が弱いので、既に緩いS字状態になってしまっています。

 このようにできる限りつぶして、先の工具を当ててみると、やはり入らない・・・残念。ここが入れば、これを延長として使えるんだが・・・。

 でも元元この32ミリのレンチ部分はヘッドパーツを固定するための専用工具なんであります。同じ径のレンチを上下に仕掛けてダブルナット形式でエイヤ、と締める、そのためだけの工具なんであります。

 ということは?

 そう、あまりトルクのかからない、工具、レンチということも言えるんであります、という事は?

 DSC_1290_convert_20171015183511.jpg

 出っ張り部分の少々を削っても、今後の施工にはほとんど問題が無い!ということでしょう!なれば、削りましょう!

DSC_1291_convert_20171015183519.jpg

 イエーイ!できたぜ!これだけでもいいんだが、このBB回りのようなトルクのかかる施工に関しては、多少力に余裕が合った方が、着脱しやすいんだよね。ちょっとの力をテコで数倍化して、それを微妙に行使する・・・というイメージかな?

 DSC_1292_convert_20171015183528.jpg

 とまあ、こんないつもの延長棒も接続できる、という事ね。それで早速外しにかかったんですが・・・。

 本当少量の力で、しかも静かにスーッルと回ってくれました、イメージ通り!

 スクエアテーパーものは昔から、今でもありまして、時代は変わって今の主流はホローテックⅡ。こいつも登場してもうかなり長い時間が経ちましたが、その間にあったオクタリンクものは77デュラ時代のみで、装着期間が大変短く、従って、施工例も少ないので、こうしたエマージェンシーの際の特殊工具なんていうのは今まで作る必要が無かったんですね。なんとか着脱できていたんであります。

 でも内心、もし外せないときには・・・と思っていたのが、今回のこれで、ついであったとしても、体制は整ったので、ちょっとうれしいねえ、というかだいぶうれしい・・・。

 店としては、できれば何でも来なさい!というところにいたいよね、現状ではまだまだなんだが・・・。

 DSC_1293_convert_20171015183539.jpg

 外れた後をタッピングします。これはもう儀式のようなものね。次の施工を楽にするために保険のようなもんだ。

 DSC_1294_convert_20171015183547.jpg

 次のものがホローテックⅡなので、フェイシングしておこう。

 DSC_1296_convert_20171015183555.jpg

 フィルウッズという、高級パーツメーカーといっていいだろうね、そこでもこのタイプのBB作っているのね。やっぱり持った感じなどもいいしっとり感というかズッシリ感といいますかね、素材が違うわ・・・と思います。

 DSC_1297_convert_20171015183608.jpg

 そいつをつけて、後に78デュラのとりつけ完了となったわけであります。この頃まではアルミの地金が良かったよね、その後から何というか、ミラーマンやシルバー仮面の戦隊もののイメージがデュラには付いているように感じますね、そして今もそれが続いている。

 DSC_1299_convert_20171015183617.jpg

 一見何が変わったの?という見立てだが・・・、そうあまり大したことはしていない。

 ただし、それまで確立していなかった対策に対して、対処法ができたという意味では、ショップとしてはデカイ仕事だ、という事は言えますね・・・、これでもなんだがな。

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター