メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |改造 その他 tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

クランク交換 工具作りから・・・



 この自転車のクランク、BBの交換の依頼が来たんですが。

 DSC_1283_convert_20171015183424.jpg

 ラバネロですか・・・、柳さんと店主の共通の師匠にあたる方の作ですね。ちょいと緊張・・・。

 DSC_1284_convert_20171015183432.jpg

 このアルテグラクランク、BBはの形式。まあ外して交換して・・・という段取りのはずだったのだが。

 DSC_1285_convert_20171015183440.jpg

 さて、このBBを外しましょうと、工具をはめると、これが動かない・・・。こんなことはよくあることですね。

 そういう場合は、別のセレーションにある鍛造工具を突っ込んで、モンキーレンチを引っかけてこじ開ける・・・というのが定番ですが。

 このBBのどこを見ても、これ以外の工具が使える引っかけ部分がない・・・、ということは。この工具で外すしかないという事なんであります。

 実は、正確にはあったんですが、上のように複数爪を一度に引っかけるのではなく、その中の1つの爪にかける形式のものしか無かったんであります。そんな1つ爪のところに過大なトルクをかけたりしたら、その引っかけ部分だけが崩れたり割れたりと破損することは目に見えていますので、それはやりません。

 であれば、延長かまして・・・という手もあるが・・・。

 DSC_1287_convert_20171015183450.jpg

 つまりこのような延長棒をこの工具にはめて、テコを利用して外すというやり方なんだが、どう見てもいつも使うこの延長棒に、この工具を適応することはできない・・・。他の手を考えないと・・・。

 DSC_1289_convert_20171015183501.jpg

 当店のアチコチに置いてある、単管パイプの一部をつぶします。あれ建材だけに強いし固いよねえ・・・。それでもめげずに、万力でつぶしていいきます。

 万力自体は頑丈だが、それを締めていく鉄棒が弱いので、既に緩いS字状態になってしまっています。

 このようにできる限りつぶして、先の工具を当ててみると、やはり入らない・・・残念。ここが入れば、これを延長として使えるんだが・・・。

 でも元元この32ミリのレンチ部分はヘッドパーツを固定するための専用工具なんであります。同じ径のレンチを上下に仕掛けてダブルナット形式でエイヤ、と締める、そのためだけの工具なんであります。

 ということは?

 そう、あまりトルクのかからない、工具、レンチということも言えるんであります、という事は?

 DSC_1290_convert_20171015183511.jpg

 出っ張り部分の少々を削っても、今後の施工にはほとんど問題が無い!ということでしょう!なれば、削りましょう!

DSC_1291_convert_20171015183519.jpg

 イエーイ!できたぜ!これだけでもいいんだが、このBB回りのようなトルクのかかる施工に関しては、多少力に余裕が合った方が、着脱しやすいんだよね。ちょっとの力をテコで数倍化して、それを微妙に行使する・・・というイメージかな?

 DSC_1292_convert_20171015183528.jpg

 とまあ、こんないつもの延長棒も接続できる、という事ね。それで早速外しにかかったんですが・・・。

 本当少量の力で、しかも静かにスーッルと回ってくれました、イメージ通り!

 スクエアテーパーものは昔から、今でもありまして、時代は変わって今の主流はホローテックⅡ。こいつも登場してもうかなり長い時間が経ちましたが、その間にあったオクタリンクものは77デュラ時代のみで、装着期間が大変短く、従って、施工例も少ないので、こうしたエマージェンシーの際の特殊工具なんていうのは今まで作る必要が無かったんですね。なんとか着脱できていたんであります。

 でも内心、もし外せないときには・・・と思っていたのが、今回のこれで、ついであったとしても、体制は整ったので、ちょっとうれしいねえ、というかだいぶうれしい・・・。

 店としては、できれば何でも来なさい!というところにいたいよね、現状ではまだまだなんだが・・・。

 DSC_1293_convert_20171015183539.jpg

 外れた後をタッピングします。これはもう儀式のようなものね。次の施工を楽にするために保険のようなもんだ。

 DSC_1294_convert_20171015183547.jpg

 次のものがホローテックⅡなので、フェイシングしておこう。

 DSC_1296_convert_20171015183555.jpg

 フィルウッズという、高級パーツメーカーといっていいだろうね、そこでもこのタイプのBB作っているのね。やっぱり持った感じなどもいいしっとり感というかズッシリ感といいますかね、素材が違うわ・・・と思います。

 DSC_1297_convert_20171015183608.jpg

 そいつをつけて、後に78デュラのとりつけ完了となったわけであります。この頃まではアルミの地金が良かったよね、その後から何というか、ミラーマンやシルバー仮面の戦隊もののイメージがデュラには付いているように感じますね、そして今もそれが続いている。

 DSC_1299_convert_20171015183617.jpg

 一見何が変わったの?という見立てだが・・・、そうあまり大したことはしていない。

 ただし、それまで確立していなかった対策に対して、対処法ができたという意味では、ショップとしてはデカイ仕事だ、という事は言えますね・・・、これでもなんだがな。

小技・・・だな でも誇っていいかも・・・



 文鎮のような左クランク、アルテグラね。でもこいつが軽い・・・。自転車の高級パーツというのはまあ、奇跡的だよな、と思います。

 軽いのに耐久性がある・・・。軽いのに固い・・・。頑丈なものは耐久性があり、頑丈だけに重い・・・という事は通常でありましょう。

 また重くても柔らかい鉛のようなものはあれど、一定の固さにはそれなりの重量が必要のように思われるが、その予想を遙かに超えて軽い・・・。各社、上位クラスのものはすごいもん作っているなあ・・・と思いますね。

 そんな左クランクだけの持ち込みということは?

 DSC_1196_convert_20171014204308.jpg

 ペダルのねじ山が崩れている。聞いてみると、ちゃんとメダルをはめ込んでない状態で、長いこと使っていたという事だった。

 さしものアルテのネジ土手も人の体重がかかってこじられた日には、ひとたまりも無かったということだろう。ある意味よくあるはなしだ。ちなみに七千円くらい出せば、即左クランクのみの購入もできるところが、シマノの偉大なところ。

※他のメーカーも多分可能かと思うが、「即」できるか?ショップとして発注しやすいかどうか?という点シマノは抜きんでている、と思われる。

 まあ、それで一件落着なんだが、他に修理する方法はあるのか?というと、あるんで、あります!

 DSC_1197_convert_20171014204318.jpg

 修正用のタップがこの世にあるんですから、うれしいねえ。もちろんマイナー中のマイナー工具なんだが・・・。クランクをしっかり固定して、こいつを使って、まずはねじ山を平らにするところから始めます。

 これが時間かかる。さすがアルテアルミだから、固いんだろうと思うがね。これが安いアルミクランクだと、スルスル・・・と回る分、立ったネジ山にエッジのない、二三回ねじ込めば、すぐにボロボロ状態になってしまうだろうな。

 そういう点では安心なんだが、背中に汗がにじみ出るほど、上から圧をかけながらの回し作業が続く。

DSC_1198_convert_20171014204329.jpg

 先端のリーマーによって、ねじ山の崩れたラインが粉となって、内部をツルツルの無垢の状態にしていくようだ。ようやくそれが終わると、リーマーの後に待機しているタップがゆっくりと回り込んでいく。

 DSC_1199_convert_20171014204340.jpg

 筋状の切り子が見えていると思うが、いい素材にタップを切るというのは実にいい気分なのだ、シュルといういい抵抗感、よく研いだ包丁でリンゴの皮がスルスルむけていく感じかな?リーマーで辛抱した甲斐があるというもんだ。

DSC_1200_convert_20171014204351.jpg

 ヨーシ!キレイに切れたぞ!

 っと・・・まてよ。元のペダルのネジ山を更地にして、その上から再度ネジ山切ったとすると、ネジの径が一回りデカくなっているはず・・・。そうなのだ!これではもう一般規格のペダルは装着できなくなる・・・というわけだ。確かにね。

 DSC_1202_convert_20171014204403.jpg

 そこでこういうものを使う。リコイルというやつだ。先程切った一回り大きなねじ山は、このリコイルと入れるためのねじ山だったのだよ。

 DSC_1204_convert_20171014204415.jpg

 このように回し入れていくと・・・。

DSC_1208_convert_20171014204442.jpg

 これが次のねじ山となって、ペダルを迎え入れることとなる。

 DSC_1207_convert_20171014204426.jpg

 これが裏ね。ペダルを入れるときには、後ろから指で固定しながらゆっくり回していけば、まったく問題なくついた。もちろんガタもない、これでまた普通に使えるようになる。

 片側クランクを買い換えるより半値以下で治すことができる、というわけだ!

 こんな小技も、愛着のあるパーツに対しては、非常に重要な再生技術といえるだろうね、ちょいと珍しい工具と、根気・体力があれば可能である、という事はいえますがね。

 と、こんな作業を工房でしている脇に、こんなものが・・・

DSC_1210_convert_20171014204518.jpg

 ジャポニカ学習帳!懐かしい・・・。店主がガキの頃からあった。ちょっと高いが、作りが頑丈で糸がほつれて、紙がバラバラになったことがない、これと当時一本百円もした三菱鉛筆のユニとハイユニというのがあったが、子供でもその使い勝手の良さがわかったもんだ。でもなんでこんなもんが工房にあるの?

 DSC_1212_convert_20171014204533.jpg

 その脇に宿題をする子狸がいた。母、祖母が外で働いていたりすると、二階に人がいない。さみしいんだか、怖いんだかで、下に降りてきては、アチコチで宿題をやっている。

 店主は心の底で、密かにいいぞ子狸!と思っている。

 机がないから、自分の部屋がないから勉強しない、なんていうのはそれ以前の問題でそうなっているに過ぎない。だから後から机を与えても、自分の部屋を与えても、当然勉強などしないのだ。勉強をしない=親のいやがることわざとする、この構図がわからない親は、さらに勉強しろ!塾に行け!と小言と無駄な投資をすることになる。

 問題なのはなぜ、子供がわざと親のいやがることをするのか?その理由のはずなのにね。

 親としてやらねばならぬことをしっかりやりぬくこと、そして、親として絶対にしてはならないことを絶対にやらないこと、これが二大鉄則なのだと思う。この2つの鉄則の間には、親としてやってもいいし、やらなくてもいいことが無数にあるようだが。

 だから、この2つの鉄則を守っていれば、子供はいつどこでだって、どんな条件だって勉学するはずだ。そして勉学自身の論理を身につけた奴らから、自ら率先して学問していくだろう・・・と思う。

 反転するに、お前こそ、その二大鉄則とやらをしっかりまもってくれよ!とこの小さい背中は語っているように、見える。

 緊張するぜ、父ちゃんもどうしようもない大人の一人なんだがな・・・。
 
 「子供は黙って人権宣言」藤原新也

郵便自転車のカゴ移動 奥が深いカゴ対策



 前々から申し上げているように、カゴ付けって、かなりクリエイティブな仕事の部類に入ると思います。

 なんで?と思われるかも知れませんがね。

 自転車に自転車カゴつけるなんて、どこが難しいの?想像的なの?てね。

 そう思う人は、自転車屋というよりも、自転車の集積場に行って、一台一台よーく見てみるといい。

 当店出入りのデザイナー出身者の目で見ても、実用車といわれている自転車類のデザインの豊富なところに改めて驚く、ということがあった。

 普段、自分の脇を通り過ぎていく自転車のバリエーションになど、ほとんど気にもかけない方が大半だと思うが、マジで一台一台見比べる目をもって見ると、その多種多様さには確かに驚くといっていいだろうね。

 そういう意味で、星の数ほどある自転車に、これまたカゴも奥が深い・・・。自転車のカゴだけ見てもその種類は相当のものと断ずるね。意外とカゴは見ているこの店主が言うんだから、間違いない。

 そこにだ、自転車以外の一般のカゴ形状のものも含めるとなると、こちらも星の数ほど・・・といってもいいんじゃないか?と思うね。

 そうなると!だ、星の数ほどあるフレーム・自転車に、星の数ほどあるカゴを取り付ける仕事がクリエイティブにならないはずがない!

 もちろん仕事を限定している、例えば、ある車種の自転車には、あるタイプのカゴがポン付けできる・・・というそれしかやらないというのでれば話は別。

 話は、星の数ほどのもの同士を組み合わせるためには、金具からして、その加工からして実に奥の深い克服点が潜んでいるんであります。

 今回のご依頼は、後ろかご、本物の太めの籐で編まれたカゴ・・・というよりバスケットだね、こいつを前に移動させられないか?という内容なのであります。

 ちなみに上の写真の前の部分をよーくご覧になっていただきたい。板状のキャリアが既に設置されていますね。ここにはたぶん郵便屋さんのあのデカイがま口のようなバッグが置かれていたんだと思います。なので進行方向に落ちないように、台自体が前上がりになっています、この角度で仮にカゴがついたとして・・・、あまりかっこよくありませんな。

 DSC_1189_convert_20171012202947.jpg

 見た目の重厚さからすれば、それほど重くはありませんが、本格的なカゴであるには違いありません。これを・・・

DSC_1190_convert_20171012202956.jpg

 先の前キャリアのここに載せること・・・なんですがね。この写真では平らに見えますが、前上がりであることには変わりない。

 では、このキャリア自身の角度を変えることができるか?と各所を見ると・・・。

DSC_1192_convert_20171012203012.jpg

ボルト止めと溶接ですね・・・。

DSC_1193_convert_20171012203022.jpg

 どこかを緩めて上下にずらしたりできれば、例の板の平行は出せるかも知れませんが、この取り付け状態でからは無理と判断。 

 なれば、この既存のキャリアと取っ払って、別の金具類で籐バスケットを固定する・・・という手もなくはない。実際かなり前だが相当でかいカゴをつけた施工例もあったよね。あ、そう、これこれ!確か、小さい子持ちのお母さん達四人が、春でしたね、外で自分の自転車をそれぞれペイントしていた・・・。あの3.11の日もそうでした・・・。

 ただ、この既設の前キャリア・・・雰囲気が実にいい。やはりこいつを生かせないか?

 キャリアの角度を変えるには、唯一可変なのが、先程のボルト部分。このボルト部分を外して、もう少し前にキャリアを倒せば、前上がりのキャリアが地面に対して平行になる・・・ウムウム。

 DSC_1248_convert_20171012203059.jpg

 このように別金具で前出ししてやると・・・。

DSC_1249_convert_20171012203107.jpg

 ほら、平行になった・・・、であればカゴをのせて、各所を固定する・・・といういつものパターン。

 DSC_1253_convert_20171012203137.jpg

 キャリアの腕を抱き込んでの上面の固定。

DSC_1252_convert_20171012203129.jpg

 こちらが正面になりますね。長い金具で、力を分散。

DSC_1251_convert_20171012203121.jpg

 ただ、置くだけで外れる可能性もありますから、下のキャリアに穴を開けて、下面も固定しておきます。丈夫なキャリアに載せているので、ここは動かない程度の固定でいいかと思います。

 DSC_1191_convert_20171012203005.jpg

 キャリアに付いていた、ライトですが・・・。

DSC_1250_convert_20171012203114.jpg

 真正面の中央に持っていきました。

DSC_1247_convert_20171012203047.jpg

 これにて移動完了!

DSC_1245_convert_20171012203039.jpg

 当然リアはもぬけの空になります。展開によっては、この荷台外してもいいかもしれませんね。

 DSC_1243_convert_20171012203031.jpg

 こういう自転車を置いておくと、当店に来られるお客さん達の受けがいい。この自転車の前で一話が始まります。

 ヤフオクから落としてこられたそうで、コッタードクランクなどはご自分で交換されている猛者でもあります。もちろんタイヤもご自分で交換してあります。

 このタイヤも俗に言うベロ付きのタイヤで、今入手するのもちょいと手間がかかります。装着もまた癖ありなんですが・・・。

 ブルックスのサドルもしかり自転車と調和している。このてのサドルで見た目バランスの取れる車体はまあ、少ないね。

 こういう、素性のわからない、しかもいくつかポイント持っている自転車が街を走る、イヤ、視点を変えるとこうした自転車の走る街は既に絵になっていると言える・・・。

 個々バラバラのようであっても、それぞれのもの達は、街の顔、時代の顔を作っているんですね、そういうことを意識するだけでも、仕事の意義は変わってくる・・・。そして街というのは、そういう我々の生きる場であるのだ・・・。

 ※我々の生きる場とは自治の場でもある、自治を遵守し、その精神を託せる人をしっかり選ぼう!
 ※主義・事情無き棄権者の来店厳禁!(選挙後二週間)

電動化がだめならギア対応で・・・



 これ電動化?できますか?と質問が来ました。高齢の方です、米寿の方と聞いて、驚きました。いろんな意味でね。

 この年になっても、自転車で外に出たいという意欲。高齢者にとっても、とってこそかもしれないが、自転車が不可欠であるということでありますね。身が引き締まります。

 ただ、電動に関しては、サンスターキッドの件もありまして、あのとき色々事情を聞きましたが、どうも後付けでの電動化は、法的にダメらしい。フレームの強度検査をしないとという事なんだが、その検体に数十万かかる・・・というね、通産省の天下り団体だろうなあ、どうせ・・・。

というのも、車体が重いので、電動アシストが欲しいということなのです、高齢の方ならそれも納得ですね。

 購入する際に、この辺では大して坂がないからこれで十分と思ったら、やはり十分ではなかったと、後からわかった。アア、あのとき電動三輪買っておけば良かった・・・と。

 ギアの調整でなんとかなるかも・・・と、アチコチ見ると・・・。

 DSC_1154_convert_20171009175535.jpg

 シマノの内装三段が使われている・・・となると、ギヤ板を交換すれば、アシストつけなくても、ギア比で対応できる!今までの経験上そうだったしね。

 何度お年寄りの、重いから買い換えたい!というご要望を、ギア比対応でいなしたことか・・・。

 DSC_1155_convert_20171009175543.jpg

 ひっくり返して、観察・・・。どこをどうすれば、外れるか?

 DSC_1156_convert_20171009175551.jpg

 既存の内装三段ギアに後付けでシャフトを作って、後輪につなげるね・・・フムフム。

 DSC_1157_convert_20171009175559.jpg

 外してみると、なんと14tが付いていた。これじゃあ重いよね。

 DSC_1158_convert_20171009175607.jpg

 この内装用のギア板は、実はいろんな歯数がスモールパーツとして、売られているんですね、シマノさん奥深し!

DSC_1159_convert_20171009175615.jpg

 18Tを選んでこいつに交換だ!

DSC_1160_convert_20171009175624.jpg

 このコグをはめてリングで止めるんだが、その専用工具がこれ・・・これがなかなか面白い。今までの苦労がなんだったの?というくらいね。

 DSC_1163_convert_20171009175633.jpg

 小さいカップ状の工具を取り付けてそこに固定用リングをはめて、その上から一回りデカイカップを被せて、静かに締め込んでいくと・・・、バチン!とコグの固定となってくれる。

 やっぱり専門工具は偉大である・・・。

 DSC_1166_convert_20171009175649.jpg

 歯が四枚デカくなったので、さすがにテンショナーではかばいきれない、チェーンを数駒足すことに。

 DSC_1191_convert_20171009175706.jpg

 完成です、乗ってみたが、だいぶ・・・だいぶ・・・軽くなっている、これなら気に入ってもらえるかもねえ。

 DSC_1193_convert_20171009175722.jpg

 後方確認用のミラー、これもあるとつい見ちゃうし、これに慣れると、ヤバイ・・・、欲しくなるねえ、困ったもんだ・・・。

 DSC_1192_convert_20171009175714.jpg

 このての自転車に、ダイナモライトはないだろう・・・と思うね。負荷になるから、それを嫌うとギリギリになるまでライトをつけなくなってしまうんでね。次回ご縁があったら、別物に交換かな?

 DSC_1188_convert_20171009175657.jpg

 三輪だから、絶対安心ていうことはありません!自立するからといって、油断してコーナーリングをすると、バッタンと倒れることもあります。三輪には三輪に慣れなければいけない乗り方がありますので、決して油断してはいけません、ヘルメット着用もね。

 納車の時、ことのほか、喜んでいただいて、こちらもうれしくなった。ポジショニングも大変大事、若い子はまだ車体に体を合わせることはできるかもしれないが、一定以上の年になると、自転車の方をあわさないと、無理ですね。

 そういう意味で、セッティングは高齢になればなるほど、大切でしょう、そういう知見て、一体どこまで進んでいるんだろう?皆さん意識してやっているのでしょうか?

 当店近くにある、福祉会館、ここには毎日多くのお年寄りが来られますが、半分以上は自転車でいらっしゃっています。これが現実というもので、この傾向はより進んでいくんでありましょうな。

 高齢者にとって自転車が欠かせない、半分悲しい現実なのかも知れませんが、イヤ、これを相互自立と共助の要としていかないといけませんな、自転車屋ができることはまだまだあるはずであります!

磨きの大森研魔 キャノンデールを越えたか?



 まるで写真スタジオか?と思うくらい、四方八方からライトを当てて確認、点検しながら研魔をすすめていくというのが、大森社長のやり方ですね。

 まあ、丁寧なこと・・・。採算性なんて考えていない、目の前の金属、その性質と癖から最良の手段を考えて、客の要望に応えることしか考えない・・・、まあやっているところを見たら、絶対お値段以上!と確信するでしょうね。

 元フレーム忘れましたが、キャノンデールのフレームでした。それを剥離して、ヘアラインを入れていく。

 磨きの第一は、素材の状態にかかっているといってもいい。同じアルミといっても、千差万別のようです。塗り物として出されているフレームの素材はやはり、荒いように思われる、というのが大森社長。

 最初からローフィニッシュで出荷しようとしているパイプはそれ専用なんじゃない?と思われるくらい、素材の質感が違うのだそうだ。まあ、そんな細かいことは大森社長くらいにしかわからないだろうなあ・・・。

 DSC_1083_convert_20170928200719.jpg

 シートステー・・・、細かい横線が入っていますでしょ?これが大森へアライン。

 DSC_1081_convert_20170928200700.jpg

 クリアをかけています。

 DSC_1076_convert_20170928200628.jpg

 各所によって、ヘアラインの方向が変わるので、その境界なんかどうしているんだろう?近くで見ていてもわかりません、全く理解を超えた作業やっている、それが大森研魔なんですね。

 DSC_1075_convert_20170928200620.jpg

 思った以上に時間がかかって、何度もまた、ご依頼主に確認してもらいまして、一度のOKが、ひっくり返ったりしてから約二週間、ようやく完成というね、本当採算どがいしの施工なのでありました。

 DSC_1084_convert_20170928200740.jpg

 本当よくここまでやりました・・・と、思います。

DSC_1082_convert_20170928200708.jpg

 納車の際に、思った以上だ!と評価もいただき、面目躍如であります。

 DSC_1077_convert_20170928200636.jpg

 このデカールは当店で再現したもの。データはお客さん持ち。キャノンデール愛の強い方・・・でしょう。これは通常の切り抜きの逆、ネガを作って、貼り付けるというちょっと手の込んだやり方をしています。慣れの問題もありましょうが、ネガ貼るのは難しいです。

 通常なら200ミリで収まるところ、約その倍の長さだったもので、カッティングマシンの設定もかなり極端なところまでやりました。というよりか機械をだましてやるといった方がいいかもな。むしろ潜在的なカッティングマシンの能力を知った次第、良かったです。

 DSC_1079_convert_20170928200644.jpg

 まあ、駆動はこんな調子。

 DSC_1080_convert_20170928200653.jpg

 また、この組付けの際にステムとハンドルを交換したとね。

 DSC_1073_convert_20170928200611.jpg
 
 なんかこういうキャノンデールがあるようです、実際に。でも、このキャノンデールは、一台しかない、大森研魔の魔の手と、作品に対する執念に近いものがつぎ込まれています。

 すでに妖気すらたっている、徐々にですが、この手の研磨の依頼が増えています!三年先待ち・・・なんてならないうちに、ご依頼、急いで急いで!


プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター