メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り |持ち込み天国! tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

カレラ?ってどんなやつら?



 ウィリエールのアルミ車が持ち込まれ、そして、相方が付いてきた。

DSC_0219_convert_20170122184449.jpg

 カーボンフレームですね、カレラっていうメーカー。鉄フレームから知ってますが、かつてアルミ時代にシマノが使っていましたね、そしてカーボン・・・。フレームメーカーも大変ですねえ、素材が変わるなんていう一大事を超えても作り続けるなんていう、その姿勢がすごいよね。
 
 DSC_0090_convert_20170122184508.jpg

 その名もニトロSLというのだそうだ。意外と新しもん好きの大森社長曰く、「結構評判いいフレームですよ・・・」と。ガチレーサーというより、長距離向きなんだと。
 
 最近そういうモデル増えているよね。エンデュランス向きというの?コチラはカジュアルレーサーという、どうしても衣服のイメージに誘われるようなこと考えてはいるんですが、先を越されていますな。

 要は、パーツ・コンポの載せ替えということのご依頼です。さっきのアルミウィリエールのコンポをそっくりカレラに載せ替えるというね。

 ある意味総持ち込みプラス外しということになります。そして、その際にワイヤー・チェーン類は交換、その他規格違いに対応します、ということです。

 DSC_0243_convert_20170122184429.jpg

 今回の大きな違いは、フロントメカですね。ウィリエールがバンド式だったのが、カレラカーボンは直づけ式という、よくあるヤツね。

 そんでもって、ちょいと一瞬焦って安心したのがここ。

DSC_0089_convert_20170122184517.jpg

 BBまわりね。このエッジのシルバーはなんとアルミのねじ切り、超スタンダードな68ミリですよ!これだけデカいアルミインゴットが入っているならさぞや重いかと思いきや、重くない。

 相手のウィリエールも同じ規格なんで、静かに回して外して、静かに回し入れるだけ。

 それがそれほどの特記事項なのかい?と思われるかもしれませんが、これが圧入式となると、外し方はなんと叩き出しだよ。

 反対からツッパリのあるT字工具を入れて、ハンマーでたたき出すんだぜ!あのなあ、カーボンというのは一点衝撃に弱いんだろう?だったら、例え直接でなくとも間接的にもだハンマー使わせるようなパーツ選ぶなよ・・・というか、そういうパーツ企画すんなよ、といいたいね。

  しかもたたき出されたパーツは二次使用しないでくれ、というらしい。やっぱり支給されていないライダーさん達には、愚直なネジ式の方がいいと思いますよ。

 もし欲しいフレームに、BB回りの選択肢がもしあったら、間違いなくネジ式をおすすめします!まあ、あまりそういうのないだろうがね。
DSC_0088_convert_20170122184530.jpg

 頑強に作られているように見えますね。

 DSC_0087_convert_20170122184542.jpg

 比較的華奢に作られる傾向のあるシートステーですが、しっかりしています。

 DSC_0084_convert_20170122184626.jpg

 アルミのウィリエールと同じスペーサーの枚数を使っています。初心者じゃないので、その辺は依頼者任せに。

 DSC_0085_convert_20170122184611.jpg

 ハンドルもそのまま移植なので、ブラケットの位置もそのまんま。ハンドル交換だと、しかも大方形状も変わっているので、このブラケットの位置はご本人がいないと、中々決まらないところなんですがね。

 DSC_0086_convert_20170122184559.jpg

 このアジャスターは、このフレームにはダウンチューブのアウター受けにアジャスターがないので、こうして外付けにすると、ワイヤー調整の時に非常に楽なんです。

 ついでにいうと、最近のカーボンフレームはワイヤー内臓がほとんど、これが調整時に面倒なことが多いんです。インナーが直に出ているフレームの時は、そのむき出しのインナーを触ることでわかることが多いんですが、内蔵型はそれができない・・・、慣れの問題ではなく、これは調整時間がかからざるを得ないという意味で、内蔵反対!一部露出推奨!なんであります。

 DSC_0082_convert_20170122184638.jpg

 ということで、ウィリエールからカレラへ移植完了!

 金属フレームからカーボンへ乗り換える人にいつもの助言、エンド金具はスペアを必ず持つべし!落車はもちろんのこと、車体自身を倒さないように!あとは盗難かな、乗ったら降りるな!ですね。
 

キャノンデール 頑固でよし!



 持ち込み組み付け、相変わらずであります。

 今回来たのは・・・

DSC_0045_convert_20170109182117.jpg

 キャド10・・・ということは、そう、キャノンデールであります。キャノンデールというとアルミのキャノンデールといイメージが強い。かつて、アルミとカーボンのハイブリッド時代があった際、当然シートステーがカーボンとなると思いきや、このキャノンデールだけは、シートステーがアルミだったことを思い出したわ。

 今やカーボン全盛期からして、さしものキャノンデールも、多少はしぼんでんのかな?とおもいがちですが・・・。

 DSC_0047_convert_20170109182102.jpg

 イエイエ、このキャド10に関しては頑固にアルミで頑張っていますね。まず軽いです。そしてパイプの整形なんかも随所にあって・・・、フォークだけはカーボンなんで、ほぼ二十年前のスペックといえば、そうなんだが、だからなんだ?といわれれば、ちゃんとしっかり走れます。

 モンバントゥーの登坂記録、まだパンターニ破られていないじゃないか?当時の車体はアルミでしょう。

 つまり、トレンドだの、開発だの、素材だの、量産だのいろんな要素が絡んで今の主流を形作っているとは思いますが、すでに機材に関しては・・・、目先をいくら新しくして情報色々盛り込んだとしても・・・、結局は足・・・ということで、機材としての完成度ということに関して見たら、アルミもカーボンも、さらには鉄もさして変わらない・・・のかもしれませんな。

 DSC_0048_convert_20170109182052.jpg

 懐かしい、仕上げ・・・。キャノンデールはTIG溶接の処理がまたきれいで有名だったとも言えるでしょうね。

DSC_0050_convert_20170109182040.jpg

 このシートチューブを裏から見ると、仕上げに関する手のぬくもりようなものを感じますね。ヤスリには柄があるので、完全自在に動かせない状況が出てきたりします。

 DSC_0053_convert_20170109182032.jpg

 整形に関しては、もちろんカーボンには遠く及びませんが、これでも金属パイプだよなあ・・・、というところ見ると、かなり頑張っている・・・ように見えますね。

 さて、組み付けようか?という時に。
 
 一つ問題発覚。

 DSC_0062_convert_20170109182019.jpg

 ヘッドチューブなんですが、左上のへこみ、わかりますか?外側だけのへこみかと思いきや、ヘッドパーツのシールド入らないという、内部にまで影響のあるへこみだったんです・・・。

 アルミフレーム、こうしたへこみはどうするか?難しいよね。

 このくらいなら、半強制的にシールドベアリングを入れることはできますが、入ったら、今度は抜けない・・・抜けにくいという状況になります。

 そして仮に入ったとしても、ヘッドチューブとフォークがほぼ直につくインテグラルでは、こうしたへこみにフォークが干渉して、一部ステアリングに抵抗が出る・・・。

 この予想通りのことが起こりました。鉄なら多少強攻策も考えられますが、アルミに無理に何かやると、ヘッドチューブが縦に割れて、お釈迦にもなりかねない。

 こういう場合は、持ち主の方に、メーカーに問い合わせて、交換してもらうのが最良だと思いますが・・・。

 今回の例ではありませんが、中にはヤフオクからノークレームノーリターンで引き取った方もいるでしょうし、海外から直接取り寄せて、国内の代理店からは相手にされない、ということもあり得る。そうした際に、こうしたほんの少しの気づかないような損傷で、諦めなければならないこともあり得る、というリスクは常に念頭に置いておいた方がいいですね。

 正規値段で国内の代理店を通していたら、そうした心配はあまりないかもしれませんがね、その辺を織り込んでどうしようか?ということ、考えておく必要はあるかと思います。

 で、今回はなんとか当店レベルの技でなんとかなりましたが、実はちょっと冷や冷やですね。

 DSC_0224_convert_20170109181942.jpg

 手元変則は、ティアグラの10速。

DSC_0221_convert_20170109182003.jpg

 STIとリアディレーラーは合わせないとね。

 DSC_0223_convert_20170109181952.jpg

 他ブレーキやクランク回りは105で、という組み合わせ。こういうことも可能ですね。

 真剣には踏んでいませんが、やはり懐かしい堅さ・・・という感じですかね?

 DSC_0218_convert_20170109182011.jpg

 別に、タイムスリップしたわけではない・・・、だって現役だしね、キビキビ走りますよ。でもなんか懐かしさもあるなあ・・・。

 ここ近年、プロ野球で昔のユニフォームでやるなんていうのがありまして、アレ結構見ているのが好きなんですが・・・。

 ツールなんかでも、クロモリフレームとウールジャージの日とか、アルミフレームの日・・・なんていうのがあると、面白いのにね。メカニックや機材係は大変だけどね・・・。

 各メーカー色々工夫して新しいものを、目先を新しくするのに大変努力しているようでありますが、やっぱり足だったということなんでしょう、乗り物はエンジン・・・なんですよ、たぶん。

オール持ち込みでの組み付け!



 前々からやっておりますが、オール持ち込みの組み付け、考え方はショップによって色々あるかと思いますが、ある意味無節操な当店は、未だに常識の範囲での持ち込み組み付けはやっておりますし、今後暫くやっていこうと思っています。

 理由は色々ありますが、その中のごく一部をいうと、持ち込みというもは、すべてその希望者のものでありますから、規格の間違いなどがない限りはコチラが意見を挟む余地がないということなんですね。

 すべて向こう持ち・・・ということは、コチラが思いも付かなかったようなパーツ類がやってくる可能性があるということ。

 ある意味未知との遭遇なんでありますね。今まで、へえ・・・こう来るか・・・と思ったことも何度もあります。

 また、絶対当店周りにはない、最新規格に触れることになったり、組み合わせの勉強など、学ぶこと多し、ということでしょうかね。

 ただでさえ、出不精の店主、各業者さんのやる展示会などあまり出向きませんし、メーカーさんの最新パーツの講座のようなものにも、マニュアル読んでりゃわかるだろう・・・ということで、あまり参加しない店主からすれば、いきなり現物が来るというのは、それはそれでスリリングでいいわけであります。

 DSC_0040_convert_20170106201758.jpg

 ストーク・・・と読むんでしょうか?ドイツのものらしいですね。こういうのも当店内ではほぼ触ることのできない代物なんですが、こうやって実際に手に取ることができるというのも、持ち込みの面白さなんだよなあ。

 DSC_0043_convert_20170106201745.jpg

 ヘッドチューブの中をのぞくと、ヘラでかいたような跡の残る内部。ゲル状の状態で成形して固めたのかな?と色々と想像が付きます。

 DSC_0213_convert_20170106201620.jpg

 昔のエボナイトの電話のようなボリュームですが、中はスカスカ。

 DSC_0214_convert_20170106201611.jpg

 ヘッドパーツの規格なども勉強になりますね。

 で、今回は105のパーツでほぼ組み付けのため、それ自体には新鮮みはなかったんですが。

 DSC_0210_convert_20170106201645.jpg

 これが面白かったですね。

 エイドブレーキ。といっても普通のものじゃあない。少しロゴが見えるのでわかる人にはわかるかな?

DSC_0211_convert_20170106201636.jpg

 普通のエイドブレーキと違って、ナマズのひげのようにくるりと曲線がついている。これがまた人間工学にのっとったのか?どこからでも握りやすい角度にできているんですねえ。

 DSC_0212_convert_20170106201628.jpg

 お・・・指先が届いた・・・というよりも、どこから握ろうとしても、そのどこからもちょうどいい角度に指先が届くという代物・・・。

 これは見事だねえ・・・。こういうことをやるのは、あそこに決まっている・・・。

 ディズナさんですね、東京サンエスさんの取り扱うブランドです。かゆいところに手の届く・・・どころじゃない、本当にここのすごさは、触って初めて気づくかゆさ・・・というところかな?

 それまでかゆいとも感じなかったところに、手を伸ばせるようになってみると、初めて実はそこがかゆかったのか?と後から気づくという物作りをしているんですねえ。

 つまりはかゆさの先回りをしている・・・といった方がいいかもしれません。だから東京サンエスさんの取り扱うものの意味がわかっている人は、かなりの車歴の持ち主か、それとも自転車に対して様々な角度から疑問符を呈することのできる人のいずれかなんじゃないか?と思います。

 このエイドブレーキも実際安くはありませんが、それはそれは試作に試作を重ね、未知のかゆさを見つけるような域まで先に行ってしまっているものかと思います。

 こういうのを使ってしまうと、通常のエイドブレーキには戻れなくなるでしょうね。エイドブレーキというより、連動するギドネットブレーキといったイメージの方がいいかもしれませんね。

 DSC_0215_convert_20170106201601.jpg

 25ミリのタイヤ、トレンドなんでしょうな。いやいや、このエイドブレーキのインプレ取られて、実際の車体はどうか・・・はさておくとしましょうか。

 DSC_0208_convert_20170106201654.jpg

 これから乗り手の方が来てからが、本格的なセッティングになるので、今は仮組み・・・仮縫い状態といっていいでしょうね。がっちがちに硬いかと思いきや、長距離走るのにもいいかもしれませんね。

 エンデュランスロードというジャンルなのかしら?車体全体は軽いし、エイドブレーキが緩く乗せてくれるし、やっぱりこれはこれでもう一つのジャンルなんでありましょうな。

  まあ、ものだけじゃあなくて、こうしたコンセプチャルなことまでものを通じて感じ取れるなんていうのも、オール持ち込みの面白いところか?とも思いますな。

 誰にも邪魔されたくない、自分で集めたパーツで自転車組みたい、とご希望の方、そういう場合にはコチラは黙って組みます、ということで、オール持ち込み、暫く続きます!

電動の未来 メカニックは洗車・・・くらい?



 オール持ち込みで、組み付けるなんてこと、今でもやっています。まあ、色んな考え方があるということで当店はこの道を捨ててはいません。あくまでも「常識の範囲」での持ち込み・・・に限ります、なんてなんともつかみ所のない制限を付けてはいるんですがね。

 今までの皆様方は、すべてその「常識の範囲」でやってこられています。

 今回もカーボンフレームに、なんと電動コンポ。かつてセールス車両にもやっていましたね。

 0002 IMG_20131221_164722_convert_20131221194828

 コチラです、ロックバイクスのロケットという戦闘機に電動コンポを載せていたんであります。

000 IMG_20131221_164736_convert_20131221194657

 ワイヤーでなくて、電線だよね。ここから指示の信号と、動力のための電力が供給されるんでありましょう。確かスラムはワイヤーレスにしているんですね。なので、ディレーラーやシフターなどにいちいちバッテリーを持たせているんですね。

 例えば三箇所に持たせているとすると、三個分のバッテリーの管理をしなくてはならないという面倒くささはつきまといますが・・・、セッティングはもう馬鹿みたいに簡単でしょうね。

 それこそ中学生にでもできるんじゃないの?単に取り付ければいいんでしょ?あと初期設定をしてやればいいんだからね・・・。まあ、もうプロのメカニックの出番はない・・・、なくなるんじゃない?

 今よく言われているのが、10年後になくなる仕事なんていう特集があったりしますね。その中にすでにあるかないかはわかりませんが、ロードレースをサポートするメカニックなんていうのも入ってくるんじゃないかな?

 選手にワイヤーレスのコンポを渡して、自分で付けさせて、初期設定やればいいんでしょ?少なくとも今の人数はいらなくなるでしょう。あとは洗浄屋さんだけかな?故障したら外して、メーカーに送る、そしてパーツ交換で終わりという、チェンジニア・・・というやつね。

 000 IMG_20131221_164729_convert_20131221200340

 まだワイヤーのある電動コンポなら、多少メカが必要かもしれませんけど・・・。それもまあ、時間の問題かな?これを見るとわかると思いますが、バッテリーがダウンチューブについているでしょ?

 こいつを一個外して、充電器に置くだけ・・・。

 今回いじったのは、なんとシートピラーの内側に万年筆状のバッテリーを忍ばせるので、このように外に出なくなった。

 配線は、両STIからジョイントAにいったん集め、そこからBB付近の内部に忍ばせたジョイントBまでひっぱって、またそこからバッテリー、フロントメカ、リアメカと三方に振り分けるというやり方で、すべて内部配線でできるというスマートな奴。

 配線接続してから、バッテリー充電して、各所の動きの確認をしたら、それをフレーム内部にしまい込んで、それが終わってから、はじめてBBを取り付けるという・・・いつもとは逆の手順ですね。

 セッティングも、いたって簡単・・・、ちょっと順序を覚えれば、一気に複数台の組み付けも簡単にできるようになるでしょう。

 イヤー、電動恐るべし・・・。メカニックの仕事を奪うこと確実だね。

 あと10例もやれば、より上達というか・・・要領も飲み込めるだろうなあ、そうなると一気につまらなくなるでしょう。今回は刺激的で面白かった・・・、シマノからのPDFなんか開きながら、ナニナニ?フムフムと確認しながらの作業だったんですがね。

 メーカーがハイテクになればなるほど、その技術の共有は難しくなり、情報も独占されて、中間に立つ店主らのような業者はどんどん必要がなくなっていく・・・。すでに車の世界では起きていると、天才板金の青山君が言っていた。

 機械的な組み合わせと連鎖連動によって動いていた本来の車から、電子制御の訳のわからんものになりつつあるという。下手に中開いたら元に戻せなくなる・・・。

 直すんじゃなくて、交換する。エンジニアからチェンジニアへというのはもうすでに当たり前になっている・・・そうです。

 そう遠くない内に、車はエンジンじゃなくてモーターに変わっていくでしょ・・・。それに自動運転?

 さすがに自転車の自動運転は・・・なんて高く食っているとわからんよね。すでにバランスを計算して、電子制御で横転しない自転車の開発もすでに始まっているやに聞こえます。

 しかし、ある自転車好きの方の名言もあるんだよね、自転車は人類最初で最後の乗り物だって・・・、人類初かどうかはわからんが、将来人工知能を乗せた自転車が開発されたとしても、今のこの自転車自体は、残り少なくなった人類の「自由」を象徴する乗り物として、乗り続ける奴らは必ずいるはずだからであります。

 お好みであれば、電動コンポも搭載しますよ!ええなんだって・・・。その内「エエ?!コチラ旧式コンポ(ワイヤー引き)の取り付けもできるんですか?」なんて驚かれるようなことも起きるでしょうね・・・、たぶん。

 もちろん、ワイヤー引きコンポも搭載し続けますとも!

安全に走れるようにしやんしょう!



 こんな状態で持ち込まれることもあります。

 持ち込み、基本当店は常識的な範囲での持ち込みはOkしているわけでありますが、その形は実に色々ありますな。

 完成車一台丸ごと持ち込みなんてことも。

 いきなり海外のサイトから届きまして、店の入り口で関税を建て替えるなんて事もあります。

 中古自転車一台をアメリカのコネチカット州から送られてきたこともありました。

 かつてよくあったのは、フレーム一本持ち込みで、走れるようにして欲しい、なんていうのタイプ。

 とにかく好きなパーツを時間をかけて集めてきて、足りないものは当店のスモールパーツ類で対応して、理想型を実現化していく、なんて方もいましたね。

 またはある程度まで自分でやってみたものの、専用工具の必要なところ含めてお願いしますなんていうのも。

 点検かねてなどというものもありますね。

 で、今回は自分で途中までやっては見たものの、チョイトお手上げ・・・というところと、足りないパーツがなんだかわからないということもかねて、基本持ち込みを中心に安全に乗れるようにして欲しい・・・というご要望。

 最後はショップに見てもらう、というのもよくありますが、それにも近い形式でしょうかね。

 確かにこんな状態ですと、基本パーツはありそうなんですが、スモールパーツが欠損していたり、部分的に交換した方が良いところがあったりと、まあチョコマカ色々あるわけであります。

 それを素人が一から十まで・・・というのもつらいのはよーくわかります。まあ、そんなときは気軽にお任せよ、ということで、お引き受けします。

 20150630_184647_898_convert_20150630193952.jpg

 チェーン、ワイヤー類の交換はもうある意味定番中の定番ですね。

 あと意外に多いのがBBの交換。特殊工具がいるということもありますし、スクエアテーパーの種類は各種揃えているショップにお任せいただいた方が良いですね。

20150630_184627_861_convert_20150630194024.jpg

 ワイヤーの設置には、シフターとブレーキのセッティングという核になる部分が込みになりますので、慎重に、丁寧にする必要ありですね。

 引いて止まればいい、というだけではブレーキは面白くない。レーサーの場合、スピードの調整の方が主なので、止まることそのものよりも、そうした微調整ができるようなセッティングをしないとなあ、と最近つとに思うわけであります。

 シフトにも色々癖がありますから、時にはスプロケ交換をしたり、以外にあるのエンド曲がり。ワイヤーの調整だけではどうしてもダメな場合、エンドを疑え!これも鉄則ですな。

 20150630_184622_557_convert_20150630194043.jpg

 あと持ち込みで多いのが、ホイールの振れもの。まあ無視しても・・・という程度のものから、一端コイツはすべて緩めて組み直した方が良いんじゃないか?というものまで、色々ありますな。

 20150630_184637_259_convert_20150630194011.jpg

 ニップル回しなど、完組にも対応できるようには揃えています、ものすごい癖ありホイールの場合を除いては、なんとか調整いたしますが、中には緩み止め剤を使用しているものがありますと、実にやっかいですね。

 いろんな考え方があるとは思いますが、乗りながら調整できるようにした方が店主は良いかと思いますね。やはりホイールは狂うものだ、振れるものだということを前提にしておいた方が、対応しやすいですから。

 20150630_184607_449_convert_20150630194054.jpg

 バーテープは迷いましたが、季節とこの車体の雰囲気を考えて、白を選択。さわやかクールミントガムのような車体となって、再出発となります。

 細かい点検と調整をショップがいたしましたので、安心して、末永く乗ってくださいな!と切に思うわけであります。

 いろんな考え方があるとは思いますが、縁あってその自転車に乗りたい!自転車好きの方であれば、常識の範囲の持ち込みはしていただいても、当店はOKであります!

 最終的に、お好みの車体を安全に乗れるように、努力いたします!

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター