メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

両足をどう付けるか? 工房行ったり来たり



 トレックのクロスバイクがやって来た。

 DSC_2231_convert_20180416201138.jpg

 ディスクブレーキなんかを取り付けている。

 DSC_2234_convert_20180416201154.jpg

 ある種、新世代のクロスバイクで、アクティブなんだろうなあ・・・。Vブレーキ仕様は、ちょっと古い・・・というところに押しやられるのかね?

 DSC_2233_convert_20180416201146.jpg

 前三枚、どこにでも行ける自転車として、大変汎用性の高い自転車として、従って、多くの人たちに買ってもらえるボリュームゾーンの車体として、設計され、コスト計算されて、発売された自転車なんでありましょうな。

 DSC_2227_convert_20180416201117.jpg

 こいつにトゥピークの荷台が付いています。こいつの縦筋には、溝が付いていまして、その溝にうまく合わせるように、トゥピーク専用の子のせカゴが乗せられるんですね。

 そう、こいつを一時、子育て仕様にしてほしいということ、単純には、両足スタンドを付けて欲しいという、依頼なんでありますね。少子化なのか?一般化したのか?理由はわかりませんが、かつてのママ狸ん系の仕事は、今は随分減ってきています。

 たまには、こうしたことについてやらないと、作業勘が鈍ってしまうよね。

 ではどのようにして付けるか?なんだが、これが複雑だ。

DSC_2218_convert_20180416201106.jpg

 これが付ける前・・・、ただでさえ立体構造しているクロスバイクのエンドまわり・・・、これに比べれば、一般の自転車なんて、のっぺらぼうのようなもんだな。平面でつるっとしてる、だから両足スタンドがすんなり入って縁に引っかかりがつく、あとはナットで締めるのみ・・・、いわゆるポン付けなんでありますが。

 ご覧のように、シートステーとチェーンステーがエンド金具にがっつり溶接されています、しかも溶接のビードあともしっかり盛り上がっている・・・、ただでさえ立体的なのに・・・。

 DSC_2216_convert_20180416201040.jpg

 それに輪をかけて、外枠に飛び出るように、荷台の下支えまでが取り付けられている。首都高じゃないが、完全立体交差状態、こんな所に両足スタンドが取り付けられるのか?

 それを取り付けるのがママ狸んの技なんだが・・・。その前に、取り付ける足場を作らねばならないわけ。上見るとわかるように、クロスバイクというだけあって、クイックレバー方式になっています。

 まさか両足スタンドをクイックで止めるわけにはいかない。

 なれば、中空シャフトを交換して、やらないといけませんね。

 シマノさんのありがたいことに、各種長さの異なる鈍重なシャフトを用意してくれているんでありますね。ガッチリ鬼締めしてもビクともしないような、文鎮のごとき、重いシャフトね・・・。

DSC_2236_convert_20180416201212.jpg

 ハイこうして、クイックでなくナットでガッチリ締めるタイプにしてしまう。これではじめて両足スタンドの足場ができるというものであります。

 DSC_2237_convert_20180416201222.jpg

 あとは、エンド金具にあわせて、折るところ折って、伸ばす所を伸ばして、切り取るところを切り落とすなどの加工を繰り返します。

 現物に当てては、削り、当てては削りを繰り返す。

DSC_2238_convert_20180416201232.jpg

 大変見にくいですが、ちゃんと荷台の下支えの分の所を回避、この場合ダボにあわせてえぐっていますね。

DSC_2239_convert_20180416201243.jpg

 取り付け部分など、大分加工しているので、強度については、製品当初のものではありません。その辺なんかの説明もしっかりして、よーく理解していただける方でないと、こうしたことは施工できません。常に乗り降りのときに、確認して、加重によって、金具等に破損はないか?チェックするくらいの、慎重な方でないと、施工はお断りします。

 DSC_2235_convert_20180416201203.jpg

 これにて、子供の乗せ降ろしについては、今までの二本足スタンドなどよりも、安定感が増したという事で、やりやすくはなったかと思いますが。

 これもまた、絶対に油断してもらってはいけません。できるだけ壁と親の間に、自転車が来るようにセッティングして、そこで、子供の乗せ降ろしをすること。そしてまた、子供を乗せたまま絶対に親は自転車から離れないこと。

 どんなに安定感があるといっても、親が見えなくなったパニック状態の子供のむずかりに勝てるスタンドなどない!と考えた方がいいでしょう。

DSC_2229_convert_20180416201125.jpg

 お父さんが子供を乗せて、保育園等に連れて行くのかな?それもいい時間ですね。店主はよく子狸を乗せて、しりとりやりながら通ったことを覚えています。「リンゴ!」「ゴ・・・ゴか・・・、ゴーマンかましてよかですか?なんてどう?」「なに?だめー!」「そうか・・・ゴ・・・ゴ・・・、ゴスロリ!」「何それ?」「知らない・・・」

 こんな会話していたなあ・・・。「タニシ!」「タニシ?お前タニシなんて知ってんの?」「貝だよ」「そう、知ってんだ・・・、シか・・・、シね・・・・うーん・・・、紳士協定!」なんてわざと二つの言葉の連なりや、難しい言葉を使っていたんだが、その二日後・・・。

 「うるうどし!ハイ、今度はお前の番、シだよ・・・シだぞ」「シ・・・、シか・・・、紳士協定!」と四歳児が叫んでた。

 子供に言葉で手加減しないこと・・・。わからないならわからないなり、奴らなりの精一杯、背伸びして子ども達は言葉というものを捉えに来るものだ、その背伸びによって、ふくらはぎが鍛えられるのと同じ、あいつらの言語感覚の何かが鍛えられていくはずなんだな。文脈解釈力・・・なんかもね。

 子供を運搬するんじゃなくて、子供とサイクリングをするために誕生したママ狸ん、多少需要は減ったといえ、その精神はしっかり受け継ぎつつ、地味ながらもこうした施工を理解力のある親御さんと確保していくこと。

 もちろん最後の一台まで、続けて参ります!

ワンポイントルージュ君 その後



 先日、ご紹介したワンポイントルージュ君ですが、サドルやペダルを足したら、完成するか?と思っていたんですが、甘かった・・・。

 問題があったんです、でかくはないんだが、放っておけない状況でした。

 DSC_2155_convert_20180413215353.jpg

 ここなんですね、ヘッドにガタが出ているんです。そんなものは取らないといけません、絶対に取らないとね。

 通常ならステムを緩めて、ヘッドキャップを締め上げれば、ガタは止まるんですが・・・。こいつはそのステムに当たるところが、被せ型のもので、それも長いときている。

 DSC_2323_convert_20180415193847.jpg

 スターナットは遙か下に埋め込まれていながら、この白い煙突状の被せステムがあるため、通常のネジでは、その下のスターナットを捉えきれないので、締め込みが不十分で、ガタが出てしまう・・・、そもそも元の状態はどうだったんだろう?と聞いてみても詳細わからず・・・でして、どうしましょう?

 長い6ミリのボルト、200ミリくらいのを探せば・・・といっても、すぐにはない・・・。

 DSC_2313_convert_20180415193750.jpg

 右が6ミリなんだが、短くて話にならない、左は8ミリで、こいつは十分長いので・・・、これを利用して、引き上げボルトを作るしかないか?

DSC_2314_convert_20180415193759.jpg

 8ミリのボルトの角を落として、サンダーで母材を回しながら斜めに落としていくんだが・・・、こういう作業をするたびに、卓上旋盤があればなあ・・・とつくづく思うんだが・・・。

 誰か使っていないのないかな?

 DSC_2316_convert_20180415193806.jpg

 落とした角にダイスを食い込ませて、ソロソログリグリ回していくと、こんな感じで6ミリ1.0ピッチのねじ山ができる・・・。まあこの辺までが限界だね、それ以上やるとダイスがバカになりそうだ。

 DSC_2317_convert_20180415193815.jpg

 フォークのコラムに、被せステムを置いて、その長い中に今作った超長ボルトを入れて、キャップを通して、締め上げる・・・。うまくいったかな?

 DSC_2318_convert_20180415193823.jpg

 前ブレーキをかけて、車体を揺すぶ利ながら、ボルトを締めていくと、ガタがピタリと止まるところが来る。やった・・・!

 その段階で、被せステムのボルトを締め込んで、緩まない状態にして完了。

 DSC_2326_convert_20180415193913.jpg

 あとは完成へとひた走る。グリップを付ける。

DSC_2325_convert_20180415193903.jpg

 26.8のピラーにサドルを載っけて、これで座れます。

DSC_2324_convert_20180415193855.jpg

 ワンポイントルージュにあわせて、赤メタリック的なペダルを付けます。

 DSC_2319_convert_20180415193831.jpg

 事故でフロントフォークがダメになり、ヘッドまわりのパーツ類も散逸してしまった自転車だったが、これでなんとか完成であります。乗ってみると、フレームはカッチリしているし、フォークとのバランスも取れています。ミニベロ恐るべし・・・といってもいい。もっと本気で走らせることもできますが、まずはお嬢さん、お母さんに気に入ってもらうことかな?

 ある種事故からの生還車体であるに違いない、捨てられずに、これから第二の人生ならぬ車生が待っている、実にスリリングだよね、しっかり走れよ、お前はまだまだ行けるんだから・・・。

でこぼこパーツでシングル化



 もと多段をシングル化して欲しいという依頼は、一定あります。ある意味常に一定あると言っていいかもしれませんね。

でも、その前に確認事項です。確かにシングル化は、見た目もシンプルになりますし、メカまわりのトラブルが、著しく少なくなるでしょう、という意味では優れた改造ではありますが、そもそも多段であったものを一枚にしてしまう、つまりギア比を自分で一つに絞ってしまうという事であるため、ある意味自分の自転車を手間と時間と銭かけて、「不便」にしてしまう、という改造でもあるという事をお忘れ無くとだけは言っておかないと・・・ね。

 DSC_2158_convert_20180414201805.jpg

元々ボスフリーだったんでしょうな、このホイールは。なのでボスフリー外して、シングルコグを入れてやれば、問題はほぼ解決なんだろうが、なんでうちに来たのかな?

 DSC_2157_convert_20180414201757.jpg

 元々トリプルか何かで付いていたBBシャフトに、いきなりシングルクランクをはめたものだから、チェーンリンクが外に付きすぎて、奥まったリアのボスフリーとの間で、チェーンラインが出ないと・・・いうことできたらしい。

 DSC_2156_convert_20180414201748.jpg

 見ると、そのシングルのクランクは、黒いプロ競輪用のデュラエースが付いていた・・・。なんてこったのちぐはぐパーツ・・・。なんでここに競輪用の高級パーツがつんでしょうか?

 そもそもBBシャフトが四角だからといって、はめればつくというのは、この辺に関してはなしだ。

 このスクエアテーパーのデュラエースも、おなじみスギノの75クランクも、スクエアテーパーの角度が異なる、ISOテーパータイプのBBを使わないと外れてしまう危険性があります、やめましょう!

 でもどうしようか?

 まあ、長年やっていると、変なものもたまっているんでしょう・・・、なんとISOテーパーのシャフトだけ見つかったんで交換・・・。

 DSC_2233_convert_20180414201846.jpg

 ある意味奇跡だよね、ほとんどこんなことは起こらないと、言っておきます。もしこのデュラ高級クランクを使いたいなら、同じく高額のスギノ75用の高級BBか、ハッタのそれを使うしかない・・・という事なんですが、今回に限りたまたまシャフトの見つかったという事なんであります。ラッキーとしか言いようがない・・・。

 DSC_2235_convert_20180414201859.jpg

 見えにくいがシャフト交換された、BBなのだ。

 で、それで一件落着にはまだ早い。多少はクランク奥に入ったが、でもそのチェーンラインというのは出てはいない、もう少し内にクランクを寄せるか?それともリアのギアを外に持ってくるしかない。

DSC_2231_convert_20180414201837.jpg

 クランクはもうこれ以上内には入れられない。リアコグを外に持っていくしかない・・・。
  
ではどうしてリアを外に持ってくるか?スペーサーの移動であります。右にあるスペーサーを左に移動させる。そうすると物理的にリアのコグは外に出る(右に寄る)・・・、でもそうするとその分ホイールのセンターがズレてしまうことになります。

 なので、ズラした分、ホイールのセンター出しをしてやることになります・・・、まあ当たり前なんですが、こんなことでも手間がかなりかかる・・・んですぞ!

 DSC_2228_convert_20180414201821.jpg

 そんなこんなで、まあ、チェーンラインというやつが出たかな?というね、実に地味ながら、見せ場もないながら、重要なお仕事の終了です。

 DSC_2230_convert_20180414201829.jpg

 しっかり黒のデュラーエースが装着されています。一点豪華主義とでもいいますか?ちぐはぐですが、かつてはこんなのばかりだったといってもいい。

 やたら、NJS・・・というやつを部分的にも使いたがる人がいた時代の話であります・・・。そういえば先日の北京での、田さんという中国人の自転車担当の人も、NJSは好きなようでしたな。

 飛び火している・・・、という事と、確実にその層ががあるということね。北京市内は本当に坂がないので、シングルは向いているでしょう・・・、または多段でも小数段ね。後ろ三枚・・・、以上!とか。 または、後ろ一枚、前二枚とかね・・・、そんなことの提案なんかもしてみたら面白いかも・・・。

DSC_2226_convert_20180414201814.jpg

 アアーア・・・、不便になっちゃった・・・。でもそれを越えての何かがあるから、シングル化なんでしょうな。

 確かにシンプルといえばそうだが、それ以上に潔いんだよね。覚悟ができている、もう一枚しかなギアがないんだから・・・。そういうやせ我慢の美学なんかも背負っているのも、シングル・・・という事かな?

 ハイやりますよ、今後とも、多段のシングル化も、シングルの多段化もね・・・。

合わせ技にて再生

DSC_2151_convert_20180413215335.jpg

 この小径車、正面衝突か何かは知らないが、フォークが完全に後ろにずれてしまっていた。なので、作り直し。

 柳さんの作品です。そこの赤いルージュ系の色を配しましてね、以後はお母さん、娘さんの自転車になるようであります。

 DSC_2153_convert_20180413215343.jpg

 このようにポイントを合わせると、なんともいいですね。女の子らしくなりました、その分店主らしくはありませんが。

 元々はドロップが付いていたようですが、娘さん達が乗るので、より親しみやすい、わかりやすいハンドルにということで。

 DSC_2155_convert_20180413215353.jpg

 フラットハンドルにして、シフターもさして癖のあるものでない、普通のものにして欲しいと。なんか愛情たっぷりで、娘さんやお母さんに自転車を好きになってもらいたい、そういうお父さんの心遣いのようなものが感じられましたね。

 DSC_2150_convert_20180413215325.jpg

 当面のサドルもありますが、その辺なんかもちょっと考えてもいいかもしれませんね。

 ペダルの色なんかも、ちょっとポイントにしそうです、あとグリップもかな?

 そこそこでいい、大体誰かが強烈に何かにはまると、大抵その反動を食らう家人が出てくるのは当然だ。なれば、シレッとしつつ、裏で目立たずも、ちょっとした粋な配慮をしていた方が、円満に結ばれることの方が多いかも知れないね。

 どうだ!いい自転車だろう?高かったんだぞ!今のお前にはもったいないくらいだ!さあ、乗れ、せっかく買ってやったんだから、大事に乗れよ、いいか、乗るんだぞ!!!

 こんなこと言われて、ハイハイ、などと乗る子供なんていうのは、今や星飛雄馬くらいなもんだ・・・って古すぎ。

 どうせ、乗れ!乗れ!といった数だけ、子供なんぞはほぼ確実に遠ざかる。嫁さんなんかもそうかも知れないね。

 サイクリングしようぜ!なんていうよりも、天気もいいから、自転車でアイスクリームでも食いに行かないか?うまい店見つけたんだ・・・、という方がいいかもね。

 とにかく、強烈な感染力でもって、人に伝染させて、腕力でもって、広められる人もいるが・・・、それは例外に近いかも知れないし、またそれも相性の問題もまたある・・・だろうなあ。

 そうでは無い、急がば回れ式の、遠隔からの静かな伝染というのもあるんだろうなあ・・・。特に親とは反対に行きがちな子供などには、こちらの方が絶対に有効でありましょうな。

 そういう意味で、店主も自分から、子狸に自転車乗れ!とは言わない。次に貸す自転車も、向こうが言い出したら、考えるが、よほど実験的な意味でも無い限り、こちらから自転車を渡すことは、たぶんないだろう・・・。

 しかし、フォークの塗り分けというのもいいもんだわな・・・。または、折りたたみものや、デモンタブルものなんかの分割塗り、というのも、ちょっと面白いようにも思えてきたこの頃。

 あわせはこちらではなく、お客好みに任せることにして、色んな色のフレームとフォークを置いておく、好きな組み合わせで組んでみて、というのもあってもいいかもしれませんね。
 
 塗り分けね・・・、また考えることが増えたわ。

面白い自転車だなあ



 こんな自転車を、女性が持ってきた。

DSC_2200_convert_20180412211343.jpg

 ゴルディー?どうもルイガノ一種なんだそうだ。

 結構気に入って乗っていた、自転車好きのご亭主と色々いじったりもしていたらしいんだが、置き場が外にされて以来、なんかちょっと・・・という状態に。

 まあ、そこはご夫婦の問題なんで、外野は何のことやらわからない・・・。

 DSC_2199_convert_20180412211333.jpg

 結果こんなになってしまったらしい。そこで、再度手入れをし直して、しっかり乗りたいということで、持ってこられました。今度は室内保管を確約。

DSC_2206_convert_20180412211603.jpg

 こうして変えるもの変えてやると、また輝き出しますな。

 DSC_2207_convert_20180412211614.jpg

 チェーン交換の効果は絶大、走りに深みのある人は、ケミカルにも少し気を遣うと、これまた効果は倍増です!しかし、後ろのタイヤすごいね。アメリカ国旗だよ。なんとかスキンとかいったかな?昼と夜とでガラがかわって見えたり、蛇皮のプリントだったりで、登場当時は少し騒がれたかも知れない。そんなのがお目見えか。

 DSC_2201_convert_20180412211416.jpg

 ワイヤー類がメチャクチャで。これがこうだと、シフターとブレーキングがダメなわけで、走行の半分がダメだというなってしまう。

 DSC_2202_convert_20180412211426.jpg

 もう折れて、引けなくなっている。交換だな。

 DSC_2203_convert_20180412211541.jpg

 シフターなんかはしゃれているんで、これらを活かして、機能回復すると、結構面白い自転車だと思うなあ。

 DSC_2209_convert_20180412211629.jpg

 ワイヤー4本オール交換。当然ブレーキ、シフターの調整も含まれるんで、かなりまともになる。

 しかし、この自転車の何が面白いか?というとこのハンドル、ドロップなんだが、位置が高くて、さして戦闘モードには見えず、セミドロ・・・的な緩さがなんともいいね。

 DSC_2211_convert_20180412211659.jpg

 アルフォンガという、ちょっと雰囲気のあるブレーキレバーに交換したが見事的中。

 DSC_2210_convert_20180412211643.jpg

 ブレーキシューも交換して、まあ生まれ変わったな。

 DSC_2204_convert_20180412211552.jpg

 こんな感じで完成したんだが・・・、こいつも間の妙というか、大変面白い自転車として、再生している。マウンテンのフレームで、タイヤが太く、ギア比も十分。

 攻めてないセミドロ系のドロップハンドルが、緩さと同時に、ちょっとだけ走る気を見せている感じがなんとも好感持てるねえ。

 実際、ゆったりの長距離ライディングなんかには、相当向いている・・・・と思いますね。

 自転車いじりの好きなご亭主、勝手にいじらせているようで、実はその奥さん、本当は自転車乗るのが、静かに大好きなんじゃないか?ただ目立たずに好きなもんだから、ご亭主としては、どうせオレにつきあってんだろうなあと、高をくくっているのかも知れない。

 だから、外置きされたとき、相当カチンときたんじゃないか?両者痛み分けで、知らしめてやろう・・・と、これまた静かなリベンジが始まったのに違いない。

 そして、その自転車好きのご亭主が、改造依頼で、当店に来たとき・・・、そういえば・・・、静かにブツブツ、目立たなくブツブツ、不平をぶつけていたようにも聞こえてきた・・・。

 自分だけ、手をかけて、お金かけて・・・、あたしの自転車は外の置かれて、ほったらかしで、あたしもその気なくしたんだけど、でもあんただけ自転車いじって、ひどくない?

 ちょうど、その改造が終わったとき入れ替えるようにやって来た奥さんなのでありました。相変わらず、静かに、要所を指摘して、メンテ依頼、ちょっと迫力あったぞ。

 これは良くなったら相当乗るだろうな、置きながらのリベンジが、今度は乗りながらのリベンジに行きそうだ。でも完全機能回復で機嫌が良くなったら、表向きは、楽しく夫婦そろってのサイクリングだろう、多分。

 一緒の寝室に寝ても、夫婦なんぞは所詮は、同床異夢・・・。お互い様だよね・・・、そんなことも乗り越えて、いずれは偕老同穴・・・?さあ、亭主のことなんかわからない、女房の事なんてさらにさらにわからない・・・、わからないわからないで気づけば、どさくさで同じ墓穴・・・というのが真相なのかも知れないね。

 まあ、お互いお気に入りの自転車で、「仲良く」サイクリングしてくださいな。

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター