メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

ディスク系 改造実用車 売り出し!



 保管してあったいくつかのフレームから、一つを選び出し、あとは好きなものをくっつけた、改造実用車であります、その完成!

 今回の特徴は、

DSC_1845_convert_20190217174516.jpg

 これ!

DSC_1844_convert_20190217174509.jpg

 ディスク仕様であるということです。実用車系でのディスクといえば、店主の子供の頃にちょいとありましたね。それからズーッと姿を見なかったんだが、こうして復活だ!

DSC_1848_convert_20190217174543.jpg

 当然リアもディスクだぜ!

 ホイールにはローターを乗せる台座があるが、車体、フレームの方には?

 DSC_1858_convert_20190217174646.jpg

 こんなふざけたアダプターがあることを、常連さんから教えてもらった・・・。

 もちろんポン付けは難しいが・・・。

 DSC_1857_convert_20190217174636.jpg

 しっかり固定してやれば、制動力は落ちない所が、街乗りならこれで十分ですな。

 なんでディスクなの?という事については、あまりないから・・・くらいか?雨の日にいいよ・・・とか、合理的な理由を付けることはこの際しません、あまりないから、珍しいから・・・という事だけにします。

 さして、店主はディスクブレーキ好きでもない、実用系では暫くは珍しいからでしょうね。むしろ子育て号なんかに、特にフロントを油圧系にしてやりたいと思ったりします、これは例えば女性が重い自転車をフルブレーキでとめる場合、油圧だと楽、小指でも引けちゃう、そして効くディスクは効きますからね、構造上ジャックナイフも起きませんし・・・、そしてこれこそ雨に強い、というわけであります。

 子育て自転車に油圧ディスクを付ける合理的な理由は山ほどありますが、一般の実用自転車には、珍しい、見た目がいい、かっこいい・・・でいいでしょう。

 DSC_1847_convert_20190217174535.jpg

 8速多段を付けてやる、けっこうどこでも行けるぞ!

 DSC_1850_convert_20190217174602.jpg

 街乗りなら前シングルでいいね。しかし、この大したことないクランクがちょいとかっこよく見える。

 DSC_1855_convert_20190217174627.jpg

 ちなみに、BBはいいもの使っていますが・・・。

DSC_1849_convert_20190217174554.jpg

 チェーンが黒銀交互のしゃれものなんで、少し高級感出しているかな?と言うところ。

 高級感といえば・・・、

 DSC_1851_convert_20190217174611.jpg

 今回は何を血迷ったか、革サドルなんかと使ってしまった・・・。

DSC_1853_convert_20190217174619.jpg

 ハンドルはわかりやすく、フラットに、今後ブルホーンなんかも出てくると、一体何物?というへんてこりんな自転車が堂々と現れることになるだろうなあ・・・。

DSC_1842_convert_20190217174500.jpg

 店にあるだけで、お客の目を引く、ディスク系実用車、ペダル抜きにて、発売開始!

 当店はこれでも自転車屋なんだぞ!


今年は会場違うよ!ハンドメイドバイシクル展



 もうその時期か・・・・?というより、今年は遅いだろう、例年一月じゃなかったかい?

DSC_1834_convert_20190216194434.jpg


 そう、ハンドメイドバイシクル展が今年も開かれます。毎年科学技術館だっけ?武道館の近くだったよね、ところが今年は会場が変わったらしいので、気をつけて!

DSC_1835_convert_20190216194443.jpg

 東京流通センターです、第一展示場、全く違うところです。大田区の平和島の方ですから、勘違いしないでください!

DSC_1833_convert_20190216194425.jpg

 入場無料で、約一週間後、二月の23、24の土日となっている。これも間違わないように。

 これはその名の通り、ビルダーさん達の祭典だ。なので、メカニック系の店主らの出る幕ではない・・・。

 となると、出展は?

 そう、柳サイクルさんが、こちらに今年も出展することになります。

 尋ねてみると、今回は三台出展するといいます、その内の一台をちょっと遠目でご紹介しちゃおうかな?

 DSC_1837_convert_20190216194452.jpg

 まあ、ロゴですね、柳サイクルさんです、当たり前・・・。

 日々パイプに火を入れて、フレーム製作、修理、加工、等に勤しんでいる柳さんでありますが、徐々にですが、忙しくなってきているようですね。あらゆること、小さいこと、細かいことから、でかいことまで、縦横に対応するんで、その認知度が高まってきたんでしょうね。

 それと若者への浸透も図ってか、インスタグラムなどにも食指を伸ばしている、店主も大いに誘われているんですが・・・。

 そう、4000近い記事があってその数倍の写真があるんだから、そこからインスタに上げればいいだけ・・・とよくお誘いを受けます・・・頑張るか?老いては若に従え・・・?

 あと、彼は車体、フレームばかりを見ているのではなく、ビルダーでありながら、その自転車、フレームの背景まで、目配せをしている、こんな所も単細胞のフレームビルダーとは一線を画すんでありましょうな。

 そして、自ら乗る実践を通じて、自分のブランドのイメージの核となる車体を確立しつつある、未だ途上ながら、そうしたブランディングに磨きがかかりつつあるという所が、現状といえるんじゃないか?と思います。

 頼まれれば何でも作りますし、作れます。柳さんの技術はその地点には到達しています。でも、それじゃあ、他のビルダーと変わりない、どんな自転車を世に広めたいか?その背景、ソフトを含めて綿密に考案しては、フレームを設計し、自ら走り、また改良を通じて、徐々にポイントを絞っていっている感が、近くで働いていてヒシヒシと伝わってきますね。

 だから、お客が付いていくルのがわかる。お客は単にパイプの火を入れてフレームを作るだけのビルダーを求めてはいないということ、何かとてつもない発信力・発案力のあるところ、そしてそれらが作り出す奥行きのある世界・物語に感染して、それを信じて、彼に作ってもらいたいとなる・・・。

 今、兼業もしている身でありながら、ビルダー専門プラスαになるのも、そう遠くはないだろうと思いますな。発注が込み合って、半年先、一年先になる前に、彼の世界をのぞいてみるのはいかがかな?

 DSC_1838_convert_20190216194501.jpg

 当たり前だがヘッドバッチも柳さん。この小さい写真だけから、何が読み取れる、色つきケーブル・・・、アヘッド形式・・・、それにフロントキャリアのようなものが見える。ちなみにキャリア類も柳さんは自作する・・・。

DSC_1839_convert_20190216194510.jpg

 縦に伸びる、まっすぐなシートチューブ・・・あたりまえか・・・。それとはちょいと対照的な、シートステー。ちなみに塗装は当店が協力させていただいた。

DSC_1841_convert_20190216194519.jpg

 ここでは多少ぼかしますが、このシートステーのラインは柳ライン・・・と勝手に呼ばれている、彼の特徴の一つで、今回のラインは、今までのラインとはひと味異なるそうだ。

 詳細が知りたい方は、直接会場でおたずねください。

 と同時に、柳由来のフレームに乗っている若人達よ、当日会場集合!もちろん可能な子達はね、その足で、柳フレームのなんたるかを来場の皆さんに大いに語ってほしい。若い君がだよ!君が!

 柳サイクルは、今まであったビルダーよりも、これから勝負に出て行くビルダーなんだから・・・。

 ご来場お待ちしていますぜ!

落車と修理と外注と



 こいつは、以前当ブログでも紹介した一台であります。この前に、普段乗っていた実用自転車に乗り直す。というのは距離だとか、行き先とか、今までこの自転車ではこの辺まで、と勝手に決めていた範疇を取り払ったようですね。

 そしたら、自転車の持っている機動力に腰抜かすほど驚いたという事らしい。翻ってエンジンとしての自分も決行いけている、と。

 そんなこんなで、昨年初夏にレーサーがやって来たようだ。実はまた、この歌姫、宮古島の元競輪選手から練習用ピスト車体も預かっている。ある種自転車わらしべ長者のようなところがあるな。

 来たレーサーもじゃんじゃか乗っている。といって、実用車も乗る。そして今年は固定の年なんじゃない?なんて店主を喜ばすようなこともいう・・・。

 今後の展開が、面白そうだな。

 で、こいつでもってしょっちゅう、多摩湖周辺を走っているらしい。行く時は一日二回だって行くことがあるそうだ。

 そのルーティンの中で、初めての落車の事故に遭ったらしい。といってもごくごく軽度のね。本人にも相手にも怪我はほぼなし。ところが自転車には、目立たないが、けっこう手を焼く状態の障害が残ってきてしまっていた。

 症状からいうと、右のSTIがダメになっている、ろくにブレーキも引けず、シフトダウンがまったくできない状態になっている。

 フルスピードから前面直撃状態になると、さしものSTIだって、相当破損する。そのためだと思うが、シマノセールスでは、左右別々に購入できるようになっている。

 ところが、事故の状況を聞いても、さしたる力が一瞬にしてかかったような所はない。実際に破損箇所が大して見当たらない。にもかかわらず、シフトができず、しっかり手前にブレーキも引くことはできない・・・。

 一体何が起きたの?

 こうなったら、観察しかない、徹底したね。

51933377_458120044724938_5614239472460759040_n_convert_20190215172216.jpg

 よく見る、とにかくよく見る。そして、何がシフトをブレーキングを邪魔しているのかよーく見ることしかない。

 すると、あった・・・。

  この写真でもわかりにくいだろうが、丸で囲ってあるところ。ここに、通常では出張ってはいない金具が飛び出ている。原因はこいつだ。

 この金具が、通常はレバーの内側にあることで、レバーを倒せば、この金具も一緒に倒れ、それがシフトに影響するということ、つまりシフトの本体を司る金具であるということがわかった。

 そしてそれが正規の位置に無いことで、ブレーキの引きを同時に邪魔していたということだ。

 原因は以上、という事は、この金具を正規の位置に戻すこと、という事になるわけだが・・・。

 事故の弾みで飛び出てしまったものなので、また反対に逆の大きな力を掛けないと戻らないことになる。

 ご存じの方も多いと思うが、シマノのSTIって、実にカッチリできていて、バラしてパーツ交換して戻すなんてことができないようになっている、その辺はカンパとは真逆なんだな。

 だから、バラしてさらなるスモールパーツの取れないシマノとなれば、ちょっとした落車でも交換という事になりかねない。

 で、今回のこれとなると、やるだけやってみて、ダメなら交換・・・という事かという状況で始める。

51895300_318976142062346_99299248746528768_n_convert_20190215172204.jpg

 事故の瞬時にかかったそこそこの力で曲げられた小さい金具、こいつを元の位置に戻すんだが、常識的には、事故にかかったときと同じ力を真反対からかけなければなおらない、ということなのだ。どこかを緩めればシフターの角度が開いて、金具をお仕込むようにして元に戻すなんてことはできない。

 その金具の大本を曲げて、それでできた隙間に押し込んでいくような荒療治にならざるを得ない。

 そして、そして万が一、押し込めたらまた再度金具を立てなおして、事故時にできたような位置に戻らないようにすること、目指す内容は単純ながら、金具が折れないように、ゆっくり静かに荒療治を続けていく。

 で、なんとか戻ったんだが、今度は、戻したつもりでも微妙に変わってしまったであろう、金具の角度による、シフトの癖を何度も何度もやりながら、確かめていく。

51493008_987724608092410_1522695708933619712_n_convert_20190215172118.jpg

 普段は、自分で写真を撮りながら、作業の記録を取っていくが、今回は持ち主の歌姫による撮影、外注だな、なのでいつもの本ブログとはちょっと異なった感じになっている。

 たまには外注もいいもんだが、雰囲気が変わってね、なるほど・・・。

 癖は今回の荒療治で少し出たようだね、外側に向かってシフターを倒すように押し込む・・・、なんていう感じかな?

 通常使用レベルには回復、シフトが直ったと同時にブレーキも普通に引けるようになる。

 今回の事故は、人身にもほとんど怪我もなく、自転車もなんとか元に近い状態に戻ったもので、不幸中の幸い、ということでいいのではないか?と思う。

51715784_377165633113868_4872013027144105984_n_convert_20190215172130.jpg

 まさに外注したが故の写真、今までこんなタイプのものはなかったね。フーン、面白いもんだ。

 今までなにかと、一人でやって来たわけだが、こうして時に分担したりすると、違った角度から当店を見ることができるね。

 そろそろ番頭さんをおいて、少し後ろに引きながら、それとはまた別の世界を豊かにするなんて言うのもありなのかも知れない、とも思うことあり。

 いい意味で変わり続けなければいけない、そのための外注なら今後ともありなのかも知れないね。
 
 

どうしてくれようか?実用自転車の制動法・・・



 どこからか持ってこられた、古い実用自転車。これだけ見ても味があります。

DSC_1713_convert_20190214233731.jpg

 トップチューブの下にアーチのチューブがある。デザインとしても、いいが、おそらく強度を上げるための工夫なんだろうと思う。それにしてもセンスはいいね。

 DSC_1714_convert_20190214233741.jpg

 シートチューブにもそれに沿うように、アーチ型パイプが配置されている。

 どうもかつて、リアカーとか、サイドカーを引っ張っていた自転車らしい。そりゃ強度は必要だわな。

 DSC_1715_convert_20190214233752.jpg

 ヘッドチューブのヘッドバッチには、カワムラと書いてある。

 DSC_1716_convert_20190214233802.jpg

 一体何年前の車体なんだろう?

DSC_1725_convert_20190214233950.jpg

 こうなるとなにもかも・・・といえるかもしれないくらい、味があるものだらけだね。こういうのを、倉庫中だけに置いておくとか、人目の付かないところに保管するとか、況んや捨ててしまうなんていうのはもったいない話である。

 今どう逆立ちしても作れない、こうした車体をどうしたら、乗り続けられるか?を考える方が遙かに面白いし、それこそ成熟化という名にふさわしい。

 活かし方は何通りもあるが、今回この車体についてはできれば原型をできるだけとどめての再生、というミッションが付いた。

 DSC_1720_convert_20190214233841.jpg

 年代物のクランクだが、これも様子がいいね。

DSC_1721_convert_20190214233853.jpg

 どうも固定らしい・・・となると、一つ謎が解けた。

 DSC_1726_convert_20190214234007.jpg

 この車体、どこを見渡しても、ブレーキらしきものが見当たらない。もっといえば、取り付けられる、形式すらないように見える。

 DSC_1718_convert_20190214233825.jpg

 フロントフォーク回りにもブレーキを取り付けている、気配がない。

DSC_1717_convert_20190214233812.jpg

 このホイールのセンターもかなりいい加減なようだ。だから言わんこっちゃないじゃないが、この手の古い自転車のメンテの際には適度に整えつつも、突き詰めすぎないことが重要です、きりなくなりますし、別ドミノの発生することもありますからね。

 DSC_1723_convert_20190214233921.jpg

 さてさて、ブレーキの痕跡を探すが、この自転車にはなかなか見当たりません。このホイールにはバンドブレーキはつきませんしね。

 といって、ホイール組み直したら、原型から離れてしまいます。

 DSC_1722_convert_20190214233909.jpg

 シートステーにも取り付けにくい構造になっています、先のアーチのやつが邪魔してきます、そしてここにも付いていた形跡がない。

 DSC_1724_convert_20190214233934.jpg

 チェーンステーにもブレーキの痕跡は見つからない。もしかして固定だったから、マジでブレーキいらなかったのかな?

 でも、仮にリアカー引いていたなら、下りにはいったりしたとき、固定だけで制御するのは大変だろうなあ。

 またこのホイールも、旧車そのもので、リムサイドを挟んで制動することができないタイプのリムを使っている。つまりリムのサイドでなく、内部を引き上げて止めるタイプのものだ。

 なので、今主流のリムブレーキのたぐいはつかいにくい。かといって、ホイール組み直してしまうと、味は全く変わったものになってしまう。

 DSC_1727_convert_20190214234023.jpg

 まあ、こんなやつを加工して、前後ともリムに当てて、制動させるしかない。

 しかし、コレそのものがポン付けできるわけではないので、こいつにも相当の加工が必要だろう。

 課題はいくつか見えてきた・・・後は試作を繰り返していくしかないかな?

 DSC_1711_convert_20190214233719.jpg

 結論からすれば、最低限の手を入れるとするものは、前後ホイールにブレーキを取り付けること・・・しかない。

 ホイールを組み直してサイドブレーキをあてがう、なんてことも可能だが、できるだけこのテイストを残したい。

 ちょいと、工作が必要そうだ、でも完成したら、これまた目をひく一台になるにちがいない。

 昔の実用自転車改造・・・数日前に言っていたことが、こうして現実化してくるということの驚きたるや。いえいえ、もっと自覚的に、実用自転車の今日的活用による改造の数々を今後お見せしていかないといけませんね。


 そのために、この車体は、絶対に超えないといけないハードルであるに過ぎない、こいつを克服して、新ジャンルに・・・、あってもいい展開だな。


メンテ 特殊パーツにご注意を!



 こういうガチのカーボンレーサーなんかも来るんですねえ。

DSC_1713_convert_20190214012550.jpg

 ドイツのレーサー、フォーカスです。今までの所、あまり思い出なし・・・、いいに決まってんでしょうがね。

 今までほとんど放っておいた分、ここでメンテをという事でやって来たわけだ。

DSC_1710_convert_20190214012519.jpg

 チェーンの交換をしました。10速チェーンなんで、6600アルテのものを使ったかな?とうぜん・・・、

DSC_1720_convert_20190214012640.jpg

 いいケミカルを一コマ一コマに染ませる、音がなくなる・・・、でもってムオンとなるわけでありますな。

DSC_1712_convert_20190214012540.jpg


 ワイヤー類すべて交換。当然ブレーキ、シフトの具合をすべて見ることになります、自転車の神経にあたりますね。

DSC_1716_convert_20190214012609.jpg

 ワイヤーを張るときの注意。このようにバーテープ下に配置することになりますが、このワイヤーがハンドルのどこを這わせるか?という事で、結局はハンドルの形状が変わってしまうということなのであります。最悪なのが、左右のワイヤーの這わせ方が異なるもの。同じハンドルでありながら左右の形状が違うハンドルになってしまうのであります。

これは気持ち悪い・・・。

DSC_1711_convert_20190214012531.jpg

 ワイヤーを張り直すとことはシフトを見直すことなので、スプロケなどの洗浄もやることになります。

DSC_1717_convert_20190214012620.jpg

 ちょいと問題ありだったのが、ローターのクランク。これは最近人気なの?確かにこのごっつさで、軽いんで、すごいできのいいものなんだろうなあ、という事はわかる。

 今回このクランクの横振れ取るパーツに破損が見つかった。

DSC_1785_convert_20190214012650.jpg

 こんな小さな華奢なパーツなのであります。まあ割れることもあるよねえ・・・。

 この辺のものはシマノでどうこうできるものではない、一般部品ではないからね。となると、ローターの取扱店から、引っ張ってこないといけない。

 今回はこのお客さんが、取扱店舗から取り寄せて、再度持ってきてくれた。

DSC_1718_convert_20190214012631.jpg

 取り付けクランクのガタをこのパーツがねじ山を滑って外に広がり、ガタがとれた段階で、六角で締め込んで、完成。

 この手のいいパーツのスモールパーツは、できればスペアとして持っているにこしたことはないね。もし今回こいつが手に入らなければ、このローターのクランクを適正に使い続けるのは難しい・・・、もったいないですよね。

 これは特殊系のパーツをあえて使う際には気をつけておきたいところですね。

DSC_1714_convert_20190214012559.jpg

 今回、それまで使っていたフルクラムのホイールをDTのホイールに交換した。これはチューブレスのホイールなので、近日中にチューブレスタイヤに交換するということだ。


DSC_1708_convert_20190214012509.jpg

  乗ってみたら、走るね。

 いくつかあるカーボンの特徴に、孫悟空のキント雲のように、フワッとワワッと走るタイプのカーボンフレームですね・・・、ってわかんないか?

 まあ、機嫌が相当良くなったという感じは伝わってくる、レースに出るんだったら、ホイールバランスだとか、他に見ることはあるが、まずはこれにて!

 新車以上に持っていくメンテ、レーサーには必需だよ!
 


プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター