メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

車いす事情に今が見える?



 これは自走式・・・というか、そういうタイプではなく、人に介助してもらうタイプの車いすですね。自分で動くタイプのものは、後輪が大きく、ワッパに回すための取っ手が円上に付いていますね。

 かつて、よりアクティブに動けるタイプの車いすは何度かいじったことがありますね。こちらも勉強してこの分野へと広がっていこうか?と動いたんですが、やはり車いすのメンテなどには、こちらから移動しなければならない場合がほとんどのため、車を乗用しない店主からすると、ちょいと実現化は不可能・・・と泣く泣く判断したわけであります。

 まあ、持ってきてもらえばなんとかできるかもしれませんし、できる限りなんとかするよう努力いたしますが、そもそも足が悪いので車いすを利用しているわけで、調子の悪い車いすで、当店まで来てね、というのはかなり酷だと思いますね。

 今回は、持ってきていただいたんです。というのは・・・スペアがあるというわけでなく、この車いすをご自分の部屋でいす代わりに使っているという方でした。

 DSC_0611_convert_20170523195528.jpg

 いわゆる、一般的な車いすに比べて、幅が狭いんだそうだ。なので、狭いマンションでの小回りがよく、亡くなった旦那さんが、これをトイレ専用に利用していたということだ。

 バリアフリーでもって最初から設計されていない住まいで、途中から来るいすというのは大変でありましょうな。

 DSC_0602_convert_20170523195504.jpg

 なので相当使い込んでいるようです。ご本人は足は悪くなく、当店まで持ってこられるくらい足は達者。ただ、これをいす代わりに使っていると、何かと楽だと、おっしゃってました。

 ちょっとずらして移動するだけで、座ったままものが取れる。・・・なるほどね・・・、確かに、回りをちょいと整理するなどして、車いす移動の環境を整えると、これはある意味極楽だろうなあ・・・。一メートル範囲はこれで十分移動して、用を足してとできそうだしね。

 これはかゆいところに手の届く、車いすの使い方かもしれませんね。

 どうもパンクしたらしいので、タイヤ交換ということでした。

 DSC_0608_convert_20170523195512.jpg

 14インチのHEタイプのタイヤでした。取引している業者が持っていたので取り寄せて取り付ける。取り付けは至って簡単だね。

 DSC_0609_convert_20170523195520.jpg

 普段自転車を置いて撮影しているところに、置いてみた。

 人生の無常のようなものを感じないこともない。幼児は遊具の車のようなものにまたがり、三輪車に乗り、ストライダや補助付き自転車、そして成長して、人生の長い期間自転車に乗る。そして、それもままならなくなってきたときに、これに乗るときも来るかもしれない。

 一人住まいのお宅に、手押ししながら、お届けにあがった。お年寄りの一人暮らしが手に取るようにわかるお宅でした。何というか、一人で一生懸命生きておられる痕跡がアチコチに散見されましてね。

 感傷に浸っている暇はない。

 DSC_0612_convert_20170523195537.jpg

 早速、あの攻めの掲示板に、車いすもと、書き込んでみた。

 何でも来い!自分が動けるうちはできるだけのことをやろう、感傷に浸っている場合では・・・・、ないのだ。

斜視 ガチャ目 その後・・・



 先日お話ししましたように、実は四十半ばより、ちょっと出ていた症状がありましたということで。

 それは目についてのことでありました。暗くなると、左右の目の画像の総合が取りにくくなるというのか、なんともいえない違和感のようなものにさいなまれていたんであります。

 もちろんその症状が出てきても、自転車は乗り続けられるし、焦点も合っているので、なんともいえない乗りにくさはあるものの、その違和感の状況を説明するのがとても難しく感じられたんで、放っておいたんでありますが。

 五十を超え始めて、なんと昼間にもそれが出るようになったというのが昨年のこと。ちょっとこれには参ったが、これまた乗れないこともないので・・・何だろう?これ?と思っていたんですわ。

 それがそれが、今度は昼の日中自転車に乗って二十分ほどすると、この症状に。片目つぶるなり、何度も瞬きするなり、色々やって診るんですが、進みこそすれ、治ることがない・・・。

 左右の焦点が合っていないのでは?というヒラメキから、後ろにいたかみさんに「今この目ロンパリになっていない?」と聞いてみると、正面からみると・・・そうかも・・・といわれた。

 そうか・・・この違和感は、左右の目のずれ・・・から来るもの?ということが説明の材料として使えるんじゃないか?ということで、柳沢の名店、マイスターメガネさんに行ってみたという、前回はこの辺までの話だったんじゃないか?と。

 色々計測した結果、左目が横ずれ、右目が縦ズレを起こしていて、これじゃあ大変でしょう・・・ということで、プリズム矯正という方式で何とかしようということになった。

 二年前の計測ではその辺に関する数値は0.5・・・、無視可能な数値なんだそうだ、それが今は1.8と三倍以上にまでなったという。

 老眼が進んだためか、近視がよくなっているとのこと、乱視もしっかり入れて、そして今回外れ矯正のプリズムという新たなメガネの発注をして、一週間待つ。

 DSC_0596_convert_20170522232620.jpg

 早速できたメガネをかけて、ちょいと二十キロほど走ってみる。

 昨日までは、すでに二十分すると出てきた左右のズレとその矯正のための眼精疲労のようなものが、今回に関しては・・・、

 ほぼ一切なし!

 実は乗って時間がたつほどに、ハラハラしていたんであります、いつ出やしないかとね。もし万が一出たとしたら、これ以上の対応がメガネでできるんだろうか?なんていう心配もあったんですが・・・。

 とりあえず、二十キロでは全く問題なし。

 逆に困ったことに、このメガネを外すと横ずれ縦ズレの自覚が、普通の状態でわかるようにもなった。イヤー、目は年取ってんだねえ・・・、いたわらないとな。

 ということで、快適に自転車に乗る!ということに関して、自転車屋だけじゃあダメなんだ!と強く思った次第であります。

 結構な高齢者でも、自転車で飛ばしている方もいらっしゃいますが、皆さん!大丈夫ですか、視力やメガネの調子は?

 若い選手だって、あのサングラス内メガネや、顔のカーブに沿うようなサングラスの独特なフレームでの矯正って、本当違和感なく、安全に乗り続けられるかい?

 眼性疲労は起きていないかい?

 というような、ところにも、配慮していかないと、自転車だけをメンテしていても、安全に走れるとは限らない。

 当店近くにあるマイスターメガネさん、今お使いのメガネをお持ちになって、まずは相談だけでもしてみる価値はあります。いったいこれほどの検査の方法があったのか?と驚くほどの精度の高い検査と見識の中より、最適な提案をしてくれると思いますよ!

 まあ、見えるから大丈夫じゃなくて・・・まずは目をかけてみませんか?

sunglass_convert_20170522232645.jpg

 実際スゲー快適!絶対おすすめ!

因縁の車体 アランに化けられる レイダック登場



 よほどのへんてこな企画でも持ち上がらない限り、二度と登場しないであろう、アルミパイプの接着フレーム。

 DSC_0607_convert_20170522014032.jpg

 これはブリジストンのレイダックで、当店因縁のフレームではあるんですが、これほどきれいなのもちょいと珍しいかもね。ジョイント部分をマスキングして、他をキャンディーブルーとかで塗装してやると、フランスの名車、アラン見紛うそのパイプの状態であります。

 こいつをどこから落としてきて、持ち込まれてきたんだが。

 DSC_0522_convert_20170522013903.jpg

 シマノ600がコンポとして付いている。これはやり方によっては、嫌みのないビンテージにも変身するなあ・・・、従って盗難対策も必要になるかもね。

 DSC_0524_convert_20170522013919.jpg

 最初チューブラータイヤが付いていたので、ホイールもチューブラー用かと思っていたので、まずはクリンチャーリムで組み替えるか?なんて思ったんだが、よく見たら、そもそもがクリンチャーでやんの。

 DSC_0526_convert_20170522013927.jpg

 前後ともに、クリンチャーリムで組み替えて・・・なら、リアハブも8速以上にして・・・手元にするか?どうしようか?なんて考えていたんだが、当初の計画はおじゃん。基本メンテとなりました。

 DSC_0523_convert_20170522013912.jpg

 チネリ系のハンドルが付いていたりして、結構前の持ち主はこだわっていたようですな。

 DSC_0602_convert_20170522013944.jpg

 タイヤ交換は新品のものにして、いつもの調整だよね。

 DSC_0603_convert_20170522013953.jpg

 チェーン洗浄やワイヤーの張り替えなど、いつも通り。

 DSC_0604_convert_20170522014004.jpg

 スプロケ・・・これはまあ、7速ものシマノの字が邪魔だが。これは次の課題ということに。リアディレーラーだって、まだまだきれいだよね。あまり乗っていないのかもしれないね。

 DSC_0605_convert_20170522014015.jpg

 シューの調子を見て、ブレーキ調整すると、まあ動く、止まるよね。いいもんというのはこういうもんだ。

 DSC_0606_convert_20170522014023.jpg

 サドルも白いし、夏に向かうのでバーテープも白にしてみた。

 DSC_0601_convert_20170522013936.jpg

 まずは乗れるように、ということで、今回はここまで。Wレバーをまずは使ってみるというのも悪くはない、そのご手元変速等に替えてもいいしね。

 アラン化計画も捨てがたい・・・。手元変速は、シマノ600から探してやれば、きっとマニアには垂涎の一台になるだろうなあ・・・。いやいや、乗るだけでない、いじり手のこちらもワクワクする伸びしろがあるなあ・・・。

 やっぱりレイダックは因縁の車体ではある・・・、次来たらどうしてやろうか?覚悟してろ!

経営方針転換!守りから攻めの経営へ!



 このまま座して死を待つよりも・・・、攻めて、攻めて攻めまくって討ち死にした方がましだ・・・なんてことはないんだが。

 当店も、よりこの地域に根付きながら、しつこくやっていこうということの方向転回に入っていこうと思います!

 今この写真、気づくことありますか?

 ぐっと寄ってみましょう。

 DSC_0604_convert_20170520204017.jpg

 これです!わかります?掲示板ができました!金属工房の錬さんより、取り付けていただきました。

 DSC_0605_convert_20170520204026.jpg

 当店および、響き床から地域に向けての発信の場として、この掲示板がアナログバージョンとして今後活躍してくれると思います。ちなみに21日の日曜日、またフリマやりますよ!

 DSC_0610_convert_20170520204113.jpg

 夜になると、ライトも付きます!やる気満々、本気でしょ?これぞ攻めの経営だ!

DSC_0607_convert_20170520204042.jpg

 そして、ここにも・・・。

 DSC_0608_convert_20170520204052.jpg

 木枠に、アクリル板がはめられています・・・。こいつは・・・、

DSC_0609_convert_20170520204102.jpg

 このように、店主のアナログバージョンの掲示板として、今後地域に発信されることになるます。

「子供のヘルメットのかぶり方十中八九間違いです!厳しくご指導いたします!」
「自転車は大抵は治るだけどねえ・・・」
「ホイール替えると世界が変わるって・・・知ってる?」

 相田みつをかよ!ってほどでもないかな、でもそんなつぶやきなどを書いては貼り、剥がしては書き換え・・・なんてことやっていきます。直接ブログを読んでもらうための、あのラーメンマーク?QRコードなんかも貼り付けようかな?

 DSC_0603_convert_20170520204008.jpg

 幟も復活!今のところ二枚、あと二本立てられます!まさに、これぞ攻めの経営!

DSC_0601_convert_20170520204000.jpg

 当店の井戸、自販機であります!ここにも、攻めの姿勢が現れているね。確かに伊藤園ものの自販機では、地域最安なんですね、そういう意味で嘘ではない!

DSC_0600_convert_20170520203951.jpg

 公園に行く道からもしっかり見えるように、側面にも展開。最近公園内の真ん中に、ライバルの伊藤園販売機ができたので、そいつにケンカを売るためさ!

 ということで、今まではネット系を中心にデジタル広報なんぞをやってきた当店でありますが、今後はこのように、店回りにはえぐいくらいのアナログ攻めをしていこうかと思っています。

 あと一月の間に、二年越しのでかい看板ができる予定です!これぞ攻めの経営!

 ということで、21日日曜日、先週はプレ開催でしたか、今週は本開催で、フリマと投げ銭ライブなどを展開して参りますよ

 DSC_0512_convert_20170520204334.jpg

 クラフトビール屋さんも昼前後より

DSC_0511_convert_20170520204326.jpg
 当店からもより手が凝って出し物が出ます!

000 75b95e_06e32ebe912f42ea9365340fdc280eab~mv2_d_3508_2480_s_4_2
 ブラック系のモッチンさん、この人の歌はこれまたすごい!投げ銭なんで、お代は見てのおたのしみだよ!

 ということで、攻めながら、より地域にくいこんでいきます!!!って、看板くらいさっさと作れよ・・・てことなんだがね・・・。

超コンパクトで困ったの巻!



 カーボンのコルナゴの登場。こういうのって、高額ということもあってちょいと緊張しますね。でご要望は何だ?

DSC_0466_convert_20170519205012.jpg

 すんでいる土地柄、山坂しかなく、コンパクトクランクでは足が回らない。そこで46*30なんていうチョーコンパクトクランク取り付けたい、というご希望なんだが。

 このフレーム、カーボンにありがちな、直づけ台座がとりついているタイプなんであります。

 DSC_0467_convert_20170519205020.jpg

 そこで取り付けてみたものの、最も低い位置に取り付けても、これだけチョーコンパクトクランクとの間に隙間が出てしまうという、大問題にさしかかったという。

 さーて・・・ね。

 ならチョーコンパクトは諦めて、かっこの善し悪しは別として、でかいスプロケでもはきますか?マウンテンみたいな、とね。これなら、スプロケ交換だけで、他いじる必要はありません。

 ただ・・・、

DSC_0542_convert_20170519205130.jpg

 すでにでかいスプロケが付いている・・・、これだけのやつ付けても、足が回らない・・・というところから、チョーコンパクトに来たというから・・・、これはやはりスプロケ交換では話はすまない・・・という展開になった。

 でもねえ、カーボンフレームにリベットで直づけ台座が付いているわけで、それを外して、それ自体を下に付けるなんてことは・・・、したくない。リベットの穴が残ってしまう・・・フレームの強度も心配だしね。

 あとは、リベットの穴は既存のものを利用しつつ、今よりさらに下に付くような台座を作って取り付ける・・・という手もなくはない・・・。

 いずれにしろ、カーボンフレームに手を入れるなんていうのは・・・、もし失敗したら・・・どうしましょ?ごめんじゃすまないでしょ?

 参ったね・・・。

 なんかもっと安全に、フロントディレーラーの位置を下げるなんていう方法はないかしら?と考える。

 考えるだけじゃあダメで、現場をきちんと見る、観察ですね。
 DSC_0468_convert_20170519205027.jpg

 じっとパーツを見ていて、ひらめいた・・・。かつて自分のレーサー組むときに、この取り付け台座のねじ山が、全く役に立たず、中身をいじった経験があったのを思い出した。本来なら返品ものなんだが、そんな暇がもったいないから、再度ねじ山を一回りデカイもので切り直して、その日のうちに組み付けて乗った記憶があった。

 何のかんのと、アルミだしね・・・。さらに失敗してもだ、ポテンザのフロントディレーラーなんて安いもんだ・・・よね。俄然元気が出た!んで、加工開始!

DSC_0530_convert_20170519205034.jpg

 ちょいと角度的に複雑なめんがあったので、細かい工程は省きますが、単純に言えば、フロントディレーラーを固定して、ボール盤で穴を開けて、ねじ山を従来の穴の上に切り直すということです。

DSC_0536_convert_20170519205048.jpg

 こんな具合にね、上の銀の穴が店主の開けた穴。取り付け台座に当てる部部も結構な長さと密度があるもんで、その上五ミリのところ再度穴を開けることで、フロントディレーラー自身を五ミリ下げられるという、ことですね。単純な発想です。

 DSC_0532_convert_20170519205041.jpg

 こうしてねじ山切って、今回はご丁寧にリコイルをしましたよ。ちょっと手がかかっていますが。

 DSC_0541_convert_20170519205120.jpg

 そうすることで、ごらんのようにフロントメカの位置がドカンと下げられることができ、

DSC_0539_convert_20170519205104.jpg

 このチョーコンパクトクランクでも、変速が可能になる・・・というね。

DSC_0544_convert_20170519205138.jpg

 あとは、調整して、エルゴでのベストシフトを目指しつつ、完成と来ましたわ。

 DSC_0537_convert_20170519205056.jpg

 相模原の方だと聞きました。確かに回りは坂だらけですね。そういう方にはチョーコンパクトクランク・・・、大いにありでありましょう。

 あとは、そこで実際に使ってみて、フロントメカに不具合が出ないか?強度に問題はないか?耐久性はどうか?などちょいとばかり神経使って、綿密な管理が必要になると思います。

 地域もあるし、年齢もある。それらに合わせた、ギア比なり何なりを作るとき、どうしてもこうした無理筋系の改造も必要になることもある。

 それは依頼者と話し合って、施工内容の説明や、施工後の管理など、今はやりの自己責任!以上の関係を作りながらやっていくものだと思いますね。すでにメーカーの補償など全く期待できなくなっています。

 あとは、依頼者さんとショップとの綿密な関係の中で、今後どうなっていくのかをしっかり見極めながら、今後の技や知識の中に組み込んでいくしかないですね。

 たぶん今回の改造は、カーボンフレームには最もダメージの少ない、リスクの少ない選択だったと思います。

 カーボンフレームと、この直づけ台座のトラブルは、かなりあると思いますし、その対策としては、できる限り直づけものを使わず、バンド式のフレームものを選ぶ方がいいと思いますが、それもまあ、うまくはいかないんでしょうな。乗りたい!と思うフレームが、バンド式とは限らない、むしろ逆の方が多い・・・というようなね。

 とまあ、カーボンフレームには冷たい印象の当店かもしれませんが・・・、でも入ってきてものには、有縁となったカーボン車には、できる限りのことは、するんですよ!ドンと来い!とはいいませんが、本当に困って、他にやってくれくれるところがない、ということが証明できたら、やらないこともない・・・くらいにしておきましょうかね。

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター