メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

父から娘へ



 相当かわいがっていた過去を知っていました。乗るだけではなく、コンポの組み合わせなどを研究し尽くして、理論的にはこれにはこれが付くはずなんだ、やってもらえませんか?と持ってこられて、十年以上経ちますかね。

 旧店舗の杉並時代からのお客様であります。当時は、荻窪の温泉のコック長さんをされていましたね。玉ねぎは野菜の基本です・・・というお言葉をいただきました、さすが洋食のシェフ。

 通勤で自転車を始めてから、乗ることもいじることもお好きになったようですね。しかも内角ギリギリをえぐってくるようなセッティングをご所望で。

 アチコチのサイトから、成功例や理論値を集めたものを持ち寄って当店にご来店、さて、本当について動いてくれるのか?という実験として、だいぶやらさせてもらいましたね。

 こういう内容に手を出すことは、パーツ類にも各種、種類が必要になりますし、当然無駄も相当出る覚悟でやらないといけません。

 なので、営業ベースでは、余り損が出来ないということで、手前手前の試作で終わってしまうのですが、それを持ち込みで思う存分やらせてもらうということで、手間は大変かかるんだが、非常に勉強になるという施工となりますね。

 199800739_4152175028194967_3243761636274303243_n_convert_20210618201513.jpg

 ゲーリフィッシャーの渋めのフレームに、ここぞ!というパーツを集めて一台組んでいる、それもそこまでやるか?という内角をえぐるようなセッティング・・・。

 例えば、

200090595_4152175358194934_6072991465263223001_n_convert_20210618201522.jpg

 これを見よ!オオ!と思ったあなたは、相当です。ンン?当時のマウンテンコンポをダブルで使ってんの?現在の先取りだね・・・、ンン?何だ、ダブルじゃない?・・・トリプル?ええ?

 通常の反応は後者じゃないかしら?店主も、ただ撮影しただけなら、頭にクエスチョンマークで、はて?なんなんだ?となりますね、多分。

199590508_4152175288194941_1223467427822071688_n_convert_20210618201504.jpg

 横から見ると、こうなっています。

 トリプルなんですが、なんと前ギアをクロスレシオにセッティングしているんですね・・・意味不明でしょ?でもこの頃マウンテンコンポで前にダブルなんてほぼなかったから、街乗り仕様として、クロスレシオにしてみたいという、アルシュのいたずら心から出た発想を見事に実現してしまっているんですね。

 トリプルのフィキシングボルトを使うと、インナーが小さくなってしまうので、センターインナー貫通のフィキシングボルトを持ち込んで・・・依頼された記憶があります。

202165987_4152175184861618_3412744993628472205_n_convert_20210618201549.jpg

 スプロケも、街乗り仕様のためにクロスレシオ・・・、街道走るなら、これで十分でしょ、昨今流行りのデカイスプロケなんてナンセンスでしょ!という粋が伝わってきますね、確かにそうだわね。

 201986091_4152175501528253_5490227764305038060_n_convert_20210618201539.jpg

 このホイールだって、悪いもんじゃないぞ!結構手間と銭をかけている。

 それより何より、手塩にかけて、この一台を育てていた印象があったなあ。

 202375470_4152175411528262_5930308553691443519_n_convert_20210618201600.jpg

 このシフター兼ブレーキレバー・・・、出たては画期的と言われながらも長続きしなかったという意味では失敗作?とも取れるんだが、街乗りには洒落ていた最高だよね。

 そういう意味ではフルのマウンテンコンポ、しかも最高級クラスのコンポを使って、しれっと街乗り仕様にしていたということがわかりますね。しかも手間かけて・・・・。

 200442613_4152175108194959_1428924811700910598_n_convert_20210618201530.jpg

 そんな手間ひまかけて、銭かけて、手塩にかけたこの一台を、若いご自分の愛娘にサラッと譲ってしまった。

 乗ってはいるんですが、大事にしないんですよ、だからアチコチサビがでちゃって・・・、消耗品等交換してオーバーホールしてください・・・と。
 
 娘は知ってか知らずか、それなりに乗っているようだが、当然お父さんほどの愛情も気合もなく、便利で使わせてもらっています・・・ということで、大学通いの足として、駅にとめている・・・という。

 直接大学までいけよ!!!といいたいが、都心を突っ切るんで、まあ、それはやめたほうがいいね。

 でも、まあ、この自転車の真価はわからなくても、きっと娘として、何か知らないけどお父さんが大事にしていて、私にくれたのに、小うるさく管理の干渉してきて、そういう意味で良い自転車なんだろうな・・・ということには薄々気づいているだろうと思うなあ。

 で、何十年後かに、もし遺品として受け継ぐなんてことになったら、とても愛おしい愛車となるんじゃないか?と思いますね。そういう意味で、すでにお父さんの分身のような自転車なんだろうなあ、逆にそれだけに、照れなどから、今のところ無頓着な扱いなのかもしれない、とも思えますね。

しかしまあ、今後が楽しみだよねえ・・・色々と。

10スピードから11スピードへ



 当店オリジナルの650Cの車体であります。650Cはフルトライアスロンの時代には結構用いられていたんですが、オリンピックディスタンスが登場し、自転車部門でのドラフティングが許可されてから、ロードレースの様相をきたし、700Cが主流になってしまって・・・、何故かそれがまたフルトライアスロンにも広がっていった。

 また、650Cに戻らないかな?と思いつつもその傾向は見当たらない。盛んな競技で用いられると、フレームも、ホイールもタイヤの種類も増えるという利点があるが、そうでないとまあ、縮んでいくばかりである・・・。

 アジア系の人間には650Cは選択肢としてあって、絶対にいいと思いながらも、風前の灯に近い状態・・・、160センチ台に運動神経のいいやつが多いアジア系になんで?・・・と思うが、仕方がない。

 そこに追い打ちをかける、世界的パーツ不足が650Cのリムに向いてしまった・・・。今や650Cのリムがほぼ欠品・・・、フレームはあってもホイールがないなら話にならないよね・・・、ということで650cにいい話がない・・・。残念だなあ・・・本当に残ねん。

 そうなる前に、当店から出ていった、650Cオリジナル、いいよこいつは・・・。

DSC_8152_convert_20210616211422.jpg

 出ていってから、アチコチかえられているなあ。革サドル・・・。

DSC_8150_convert_20210616211401.jpg

 ステムが日東になった。元々革バーテープをつけていたんで、革サドルとの相性はいいね。

DSC_8151_convert_20210616211412.jpg

 ボトルケイジにも革系が使われていて、大部可愛がられているようですね、いいことです。

DSC_8128_convert_20210616211215.jpg

 で、今回は10速で出ていったコイツを11速にしたいという、ご要望・・・。スプロケを一枚増やせばいいんだが・・・構造上そうかんたんには行かない。

 なので、フリーを加工しないと。

DSC_8129_convert_20210616211224.jpg

 旋盤に取り付けて、刃を研いでアチコチセッティング!

DSC_8131_convert_20210616211234.jpg

 それ!回転!加工開始!ってもんで二十分以上かかったかな?途中で刃物研ぎ直したり・・・。

 DSC_8133_convert_20210616211244.jpg

 で、こうなった・・・。わかりづらいだろうなあ、でも良い子の皆さんは真似しないほうがいいので、まあこんなもんか程度に見ていてください。

 DSC_8134_convert_20210616211253.jpg

 そのままでは十一枚の最後の一枚が遊んでしまうので、削っては外して装着して、これを何度か繰り返して、トップギアの遊びがなくなったところで、終了!

DSC_8135_convert_20210616211302.jpg

 フリーをホイールに戻して、再度11速スプロケを装着する。

 DSC_8136_convert_20210616211314.jpg

 ロックリングが、ハブナットの内側に来ていることを確認・・・、これロックリングの厚みによって、内側に入ってしまうことがある・・・。そうなったら、面倒だよ・・・。反対側のスペーサーを薄くして、その分こちら側にスペーサーを移さないといけない、それでハブナットの内側に来たら、今度はズラした分ホイールのセンターを出してやらないといけない・・・。


 まあやらずに済んだけど。

 DSC_8145_convert_20210616211333.jpg

 はい、車体に装着!ちょっとした調整をしたら、機嫌よくくっついたよ。元々謎コンポの11速用を10速用にしていたんで、余った1速分が曖昧な展開になっていたことがあったが、それが全くなくなって、一捻りにつき1速シフトという当たり前の安定感に戻ったわけだ。

 DSC_8146_convert_20210616211342.jpg

 謎コンポ・・・といってももう謎でもなくなってきているが、健在である!

DSC_8148_convert_20210616211351.jpg

 150ミリのディズナのクランク!

 DSC_8155_convert_20210616211442.jpg

 ブレーキだけカンパのスケルトンが付いている、これはどうもいずれ・・・遠い将来、シルバー計画があるようだな。74デュラエースを持っているとか言ってたし・・・。

 でも待てよ、今回は10速を11速にしているという意味では逆行だよね。

DSC_8153_convert_20210616211432.jpg

 でもまあ、アッチ行き、コッチ行きしながらも、自分の色と好みに少しずつ染めていく感じは、その先がちょっと楽しみになるね・・・。

 買っておしまいじゃない・・・自転車は買ってからなのだ!

幻のカンパマウンテンコンポ マウンテンには手を出すな!



 ちょっとした修理できたんだが、これで当店二回目だったかな?付いているコンポがスゲーんだな。

DSC_8161_convert_20210616185619.jpg

 カンパね、しかもマウンテンコンポなんだな。幻に近いコンポとも思えます。今までほんの数回しか取り扱ったことはない、しかも全てが持ち込みもんでね。

 DSC_8165_convert_20210616185642.jpg

 マウンテンバイクにこんなクランクが付いているぜ!ちょっと・・・というか大部羨ましいね。

DSC_8166_convert_20210616185651.jpg

 ピスタほどヒトデ型はしていないが、でもいいねえこの曲線とシルバーが。

DSC_8163_convert_20210616185632.jpg

 たるみ止がついているぞ。

DSC_8168_convert_20210616185701.jpg

 このカンチも・・・、

DSC_8169_convert_20210616185713.jpg

 カンパだな。先日もツーリング車体に付いているカンチがカンパだったが、これはそこそこ効くブレーキだよね。

 DSC_8171_convert_20210616185729.jpg

 カンチが効くなんて、カンパにもそこそこの知見があったと思うんだが・・・。

 DSC_8172_convert_20210616185738.jpg

 意外と思うかもしれないが、このある意味子供っぽいカンパマウンテンシフターなんだが・・・と言ってもどこにシフターがあんの?と思うかもね。

DSC_8174_convert_20210616185748.jpg

 反対から見るとわかるが、ハンドルのグリップ全体がシフターになっているのだ。これって・・・店主には使い勝手いいんだな・・・。なんかバイクみたい・・・。

 ガキの頃、自分の自転車をバイクに見立てると、このグリップを動かないのに、ひねってみたりしたもんだが、それを思い出す操作ね。

DSC_8175_convert_20210616185759.jpg

 左右共々、少なくとも店主の流し用自転車としては、問題はない、どころか意外と快適で、嫌いでない。

 でもなんで?カンパのマウンテンコンポはほとんど定着しないで、廃盤になってしまい、その後再登場しなくなってしまったのか?

 出来が悪かったから?マウンテンバイクという競技には使えなかったから?シマノと比較して相手にならなかったから?やはり、ロードコンポのイメージを守りたかったからか?

 理由はわからないが、カンパのマウンテンコンポはほとんど伝説のものとなっている。

 かつて国内で、シマノとロードコンポを二分した・・・とは言っても内情はどうだったんだろう?実質3対7くらいかどうかは知らないが、サンツアーというコンポメーカーがあった。

 ここのシュパーブプロと言うやつは、今でもたまに見るが、いい出来なんだなあ。今の日本国内で、同じものつくれるのか?と悲しくもなるが・・・。

 このサンツアー、根強くファンもいたようだが、なんでシマノ一強になってしまったか?いくつの説もあるようだが、それはエクシープロというマウンテンコンポに手を出してしまい、それが失敗で会社がコケてしまったという・・・という説も有力だ。

 マウンテンコンポに下手に手を出してしまうと、ヤバイことになる・・・。カンパもこれはシマノにどう逆立ちしても追いつかない・・・と思ったからか・・・、更に深追いしなかったのかな?

 うん・・・。

 そういえば、今を去る・・・十数年前のシマノの展示会でのこと。技術系のシマノの社員に「マウンテンコンポはもうシマノさんの一人勝ちでしょ?敵なんかないよね・・・」といったところ、「イエ・・・、そんなことはないんですよ・・・、ダウンヒルものなんてウチよりもスラムさんのほうが・・・」と実に真面目に深刻そうな顔して言っていたのを印象深く思い出す。

 あの飛ぶ鳥を落とす勢いのシマノさんの技術系がなんで、スラムなんかを恐れているのか?その深刻さに、もしやこれってマジなのかも・・・と思ったことも思い出しますね。

 今やマウンテンコンポの主流はどこなんだろう?マウンテン業界のことはほとんど知りませんが・・・、いまロードも含むコンポ類の設計思想の主流は、その源がスラムからでているんじゃないの?ということ。シマノじゃないような。

 フロント一枚のリアの巨大化・・・、この路線・発想でどこまで行けるか?なんてことを各コンポが試作を含めて競い合っているような気がします。

 シマノの技術屋さんが、危惧していたことって、この辺のことも含まれていたのかな?とも今更ながら感じます。

 ということは・・・、マウンテンコンポに下手に手を出したらヤバイことになる・・・という「原則」は、実はシマノ自身にも通用する説だったりして、なんて思えなくもない。

 コンポの設計思想はカンパに始まり、シマノが継承し、そして最後はスラムにまとまっていくのだろうか?なんて夢想してみたくなる、マウンテンコンポの悲喜こもごもなのだ!

変なブレーキの変な調整



 この手の子乗せ自転車の前ブレーキに、ちょっと高い確率で変なブレーキがついているのです。何が変か?というと調整が面倒で、やりにくい。

 なんかカンパの失敗カエルブレーキの酷似している構造で、効かなくなるとトコトン効かなくなるブレーキなんだよね。

 通常のキャリパーブレーキで培われた調整法が全く通じない、困ったもんだよ。

DSC_8110_convert_20210614185934.jpg

 わかる人が見ると、アア、これね、ハイハイ、そう、大変調整しにくい糞ブレーキね・・・と思うだろうなあ。カバーが付いていたり、そのカバーを外そうと思っても、

DSC_8111_convert_20210614185944.jpg

 子載せの足置きとかに邪魔されるし、もうふんだりけったりという感じなんだな。

 ブレーキ内部の干渉で、引きが弱くなって、ほとんど効かなくなることもある。効く領域範囲が狭い、と言えるんじゃないかな?なので、その域を超えると、もう効かなくなる。効かなくなると通常のブレーキならば、ワイヤーの簡単な調整でなんとかなるんだが、コイツはなんとかならなくなる場合が多い。

 DSC_8113_convert_20210614185953.jpg

 これがカバーを外した状態、ネ、何かあのカンパの失敗ブレーキに似ているでしょ?センタープルなんだがな。

 で、効かなくなってからの調整というのができにくいので、こうした場合にはブレーキシューの交換を他のブレーキよりもこまめにやってやる必要があるようだ。

 で、今回も交換なんだが・・・、通常の似たようなブレーキシューに交換するの早めにする。もっと効くブレーキシューのしてやろう。

 DSC_8116_convert_20210614190003.jpg

 これじゃ!ブレーキシューの面積がデカイので、これは効く・・・。ただし、ポン付けは出来ない、加工が必要だ。

 DSC_8117_convert_20210614190011.jpg

 はい、このような加工が必要なんです・・・・てわからない?では、並べてみましょうか?一発でわかるでしょう。

DSC_8118_convert_20210614190020.jpg

 手前が加工後、その反対がデフォルト、見比べるとわかるよね。スペーサーの厚みが逆になっているでしょ?もともとはVブレーキ用に開発されたブレーキなので、開きはでかい想定で作らている。

 そこをチョボイセンタープルブレーキにするので、引きシロが少ない、そうなるとスペーサーが邪魔になるので、厚いやつと薄いやつを交換してやるということね。

 DSC_8119_convert_20210614190029.jpg

 取り付ける、あたりまえだが・・・左右にね。

DSC_8122_convert_20210614190041.jpg

 そしてこのシューは角度の設定もできるので、トーインにして、雑音がでないようにします。

 これをやったあと、ワイヤー調整ということになります。調整範囲が狭い・・・一定超えると調整不能で効かなくなる・・・、これがこのブレーキの特徴というところかな?

 なので、迷ったらシュー交換・・・をしたほうがいい、変に構造を見て工夫する時間がもったいない、シュー交換して、その範囲でワイヤー調整をしてやる・・・これでいいんじゃない?

 DSC_8123_convert_20210614190052.jpg

 ここに電池を入れられる設計なのかな?子載せ自転車なんだから、ブレーキはよく効く、調整の楽なものにしてほしいもんだよね・・・、いつまでつづくんだろう?各メーカー・・・まさか使い切ったあと、同じタイプのものを発注する気かね?だとしたら・・・、気が狂ってとるよ!

類は友を呼ぶメイトの登場 第二弾



 たしかこれと同じ車体が来ていたのが、1月ぐらい前でしたかね?こちらの記事が見つかった。そう一月前ですね。コイツに両足スタンドと、子乗せと、前カゴを付けてくれという話でありました。

 その際、こうした特殊な車両の取扱なんか始めたら、その後続くかもしれないなあ、と思っていた勘が、ちょっと当たってしまったようですね。

 持ち込まれたのがこの車体、来たよ、同じじゃない・・・。まさかまた両足スタンドかよ?と思ったら、違ったわ。

 まず・・・、

DSC_8087_convert_20210613215956.jpg

 前後ブレーキの調整。特に前がほとんど効かなかったね。直接購入したものではなくて、購入した人からもらったか譲ってもらったというので、詳細はわからない。

 ただ・・・、仮に、もし仮に、7部組とかで発送されて、残りの3部を購入者が組まなければならないとして、その3部にブレーキ調整が入っているとしたら、ちょいと問題有りじゃないか?とも思えますね。

 わかっている人からすれば、ワイヤー引いて、六角で取り付けるだけ・・・なんだが、どの位置でどう取り付けるかで、ブレーキのタッチは変わってしまう・・・。

 そこまで微妙なセッティングをしないとしても、まあ制動に関わる所に素人の手を入れなければならない、というのは、もしそうだとすればなしだと思うけどなあ・・・。

 仮の話なので、実際はどうかわかりませんがね。

 同業の方の名言を思い出します。「素人にトルク管理をさせるようなもの売ってはいけません」。これはカーボン車体にある指定トルクの話で、特に低トルクのことなんですね。締めすぎると割れるぞ!というカーボンからの脅しがあるので、ちゃんとトルク管理しましょう、それはいいんだが。

 それ一般の人にさせるか?という基本的疑問については、確かにそうだろうと思いますよ。特にカーボン率の非常に高いトライアスロン系の方々などは、ただでさえ三競技の練習に追われているのに、自転車の管理にまで手が回らない方が多いように思われますね。

 たまたまかもしれませんが、当店回りではそうだったように思います。どこかの大学のトライアスロン部員にも低トルク管理のためのトルクレンチ部室にある?と聞いたら、ポカンという顔されたことがありましたな。

 あと、この車体でありがちなお話ですね。

 DSC_8089_convert_20210613220007.jpg

 このリアディレーラー回りでありますね。まず、これで実は三台目ですが、まともにシフトのセッティングが出来ていない傾向が有りますね。

 これって電動アシスト部分が強いために、それほどシビアにシフトが決まらなくても不便がないからか?とも思われますが、まあ、シフト調整がなっていない。

 DSC_8092_convert_20210613220020.jpg

 ワイヤーの調整でどうこうなる問題ではない、そもそもハンガー自身が曲がっている場合もある。これだけデカい、重い車体だから、それはよろけただけでリアメカに対する負担は大きいだろうね。

 あとは、運送の際のトラブルも大いに考えられますね。まずはここを修正してやらないと話しにならないくらい精度が出ていない。

 このハンガーを修正して、再度ディレーラーを装着して、今度はワイヤー・・・ではなくて、その前にインデックス調整をしないといけないようですね。そしてその後ワイヤーを見るという感じ。この辺はショップに任せないと難しいのではないかな?と思いますよー。

 ただ、繰り返しますが、この車体のアシスト機能が良すぎるので、シフトの調整不足に気づかない利用者が多いのではないか?というところが気にかかります。

 DSC_8086_convert_20210613215943.jpg
 
 そんでもって、今回の依頼の一つが、これ。フットレストっていうのか?BMXなどに付いているやつですね。なるほど、メイトのようなとんがった自転車?をご所望なさる方って、例えばこうしたものを取り付けたい!という遊び心を持っていても当然だろうなあ・・・

 見た目だけでいいなら取り付けられるよう努力してもいいわい。

DSC_8093_convert_20210613220032.jpg

 ボルトを外してシャフトを見ると十分に長さがあるように見えるが・・・、実はこのフットレストの取り付け部分が分厚く出来ていた。さすが体重かけても壊れないよう作られているだけはある。

 DSC_8094_convert_20210613220050.jpg

 そしてそもそもがシャフトが12ミリあるんだが、この穴には通らない・・・なので、拡張してやらないといけないね。

 DSC_8096_convert_20210613220119.jpg

 見た目だけの遊びパーツにここまでしてやるか?とも思われなくもないが、この手の車体にはこうしたパーツは必要なのだ!という気持ちもよーくわかる・・・。

 DSC_8097_convert_20210613220131.jpg

 12ミリの拡張工事完了!

 DSC_8098_convert_20210613220146.jpg

 元々付いているのが奥のワッシャーナット、これだとワッシャー部分の幅とネジしろの空きがあるので、手前の通常のナットを使うことに。コイツも入手大変なんだぞう・・・、12ミリの1.25ピッチのネジなんて、探してもなかなかないぞ!

 さて、下準備が出来た!あとは取り付けだ!と思ったんだが・・・

DSC_8099_convert_20210613220205.jpg

 なんと、ドミノ発生・・・。ディレーラーの一部分と干渉してしまって、これだけではつかないよ・・・、トホホ。

 そこで諦めるという手もあるがね、なぜって遊びパーツなんだから・・・、でもここまでやって引っ込めるか?

 ディレーラーをズラすか・・・。

DSC_8100_convert_20210613220220.jpg

 ズラすには、下下駄を履かせないといけません。このパーツも購入以来大分使っていますね・・・、助かっています!

 でもコイツが付いたら、またここを中心にハンガーの修正をしてやらないといけません・・・。

DSC_8101_convert_20210613220236.jpg

 長い延長を取り付けて、19ミリレンチで締め付けていきます!

 DSC_8105_convert_20210613220304.jpg

 取り付け完了!!!と思いきや・・・。再度、またドミノ発生・・・。ディレーラーが下にズレた分チェーンが短くなってしまって、ローギアにチェーンがかかりにくくなってきている・・・。

 というよりも、そもそも・・・、店主好みのセッティングからすると、コイツのチェーンは短すぎるような気がするね、キュンキュンに引っ張っているので、どうも落ち着かない。この辺の見立ても一体誰がやるんだろうなあ・・・。

 なので・・・

DSC_8104_convert_20210613220251.jpg

 思い切って、伸ばした分以上のチェーンを足して調整してやる。これで思った以上のシフトの安定が得られましたとさ。
 
 DSC_8108_convert_20210613220321.jpg

 ブレーキよし!シフトよーし!遊び心もよし!

 しかしすごい車体を作ったもんだね、それも吉祥寺あたりに代理店があるとかないとか、パンク修理やタイヤ交換なんかはバイク屋さんだろうなあ、シフトや制動なんかの自転車部分は自転車屋、そういう意味で昔からの輪業(自転車・バイク)が担当すべき車体だろうなあと思います。そういう意味で自転車だけを取り扱う当店の出番じゃないんだろうな。

 この車体の購入を考えている方は、自分の利用地の近くに、自転車とバイク両方をみる輪業さんがあるかどうかをよく調べてからにしてもいいかもね。そうでもしないと、衝動買いしたあと、その後のメンテが大変になるぞよ!

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター