メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

プレス発表



 花も出て、グランドオープン手前の日、今回の渡航で最大の山場かな?と思えるプレス発表の日が来たんだな。

 大体始まりの時間を聞いていたんだが、プレスの人らしき方々が集まっていない。

 R0018100_convert_20170721170433.jpg

 会場は二階なんだが、一階に店のお客さんはいるんだが、プレスの方々は?

 DSC_0798_convert_20170721170316.jpg

 ウーン、どうしたんだろう?40人ほど呼んだと聞いていたんだが・・・。

 暫くすると・・・、下のお客さん達がドヤドヤと二階のプレス会場に上がってきた。イヤ、まずいよね・・・。コッチの人って、そういうことほとんど配慮しないし、店側も来たなら来で仕方ないか・・・という対応だし。

 と思っていると、それぞれが着席し始める。・・・・・・・、もしかしてこの方々って・・・・・、そのプレスの人たちなの?

 聞いてみるとそうだった・・・。実にラフなかっこで来ているのよ・・・と。

 それにしても、ラフすぎるだろう、カラフル、カジュアル、思い思い、中にはトンボ取りに行った格好のまま出席かよ!というような人たちまで・・・。

 プレスというよりも、学生の軽いのりのセミナー参加者という感じだな。大体若いよみんな。

 そういえば・・・、このRE第一店舗の回りはソーホーオフィス街で、投資銀行なんかがひしめいている。朝出勤時間、地下鉄駅から湧いてで来るような人の波は、みんな学生のノリの服装なんだ、いや・・・もっといえば、普段着過ぎ。

 これからレジャーに行くんだが、会社に忘れ物したんで、それを取りに行ってから遊びに行く・・・といってもおかしくない人だらけ。

 そこで考えたんだが・・・、日本の方がずっと、自主的社会主義なんじゃねーの?ってね。昨今ではようやくクールビスなどと言って、夏の間はノータイ・・・になってはきたが、日本の労働者諸君は縛りすぎ、縛られすぎなんじゃない?と思えてくるくらい、この国の服装は自由なんだな。

 ある意味みんなが傍若無人、聞いたところによると、流行なんてあまりないようだ、各自がそれぞれ好きな格好しているらしい。この傍若無人というのも、ちょいと慣れると、こうなる、つまりそっちがそっちなら、コッチもそうするよ・・・となる。それに慣れると、逆に居心地いいもんだ。

 ためる必要も無い、遠慮もしないし、仮面もいらない素顔でいられる・・・。最初は何だよこりゃ・・・と思っていたのが、そういうもんならそういうもんと思うしか無いな・・・、から、裏表ねーから、そっちの方がスッキリすらーとさえ思えてくる。口調がべらんめー、になってくる感じだ。

 初日は、鳴らされるクラクションにイラっとしたが、二日め以降はカエルの面にションベンになった、ハイよハイよ・・・うるせーなあ・・・ってな具合に。

 もしかしたら、この店主すら、かなり傍若無人な方だと思うが、日本では仮面をかぶってがんばっていたんだ・・・とおもったね。向こうにいた時の方が確かに楽だもんなあ・・・。

 日本人の自殺の多さなんかも、もしかしたらこうしたことと無関係ではないのかもしれない、と思うと、ちょっと悲しくなってくる事もある、そんなに思い詰めなくたって、この程度でいいんだよ・・・、誰も俺のことなんかなんとも思っちゃいないんだから・・・。

 ただし!勘違いしてはいけないのが、日本人特有の「旅の恥はかきすて」と紙一重かもしれないので、それとの違いに関してはしっかり自己監視しておかないとと思う。

R0018097_convert_20170721170523.jpg

 そんなこんなで始まったプレス発表だが、最低限申し上げたいことは伝えられたと思う。

 自転車だけなら、すでに北京は貸し出し自転車であふれている。にもかかわらず、なぜにまた自転車を持ってくるのか?それは単にものを持ってきているのでは無く、併せて考え方、とらえ方、振る舞い方をも含めての提案なんですよ、という事なんであります。

 つまり、今は単なる移動「手段」でしかない自転車を、今度は乗ること自体を「目的」とするあり方へ、という提案なんであります。

 三段階にわけました。

 その1、乗ること自体が目的。移動することはむしろ乗ることからすると副次的になるようなあり方。自転車に乗りたいがために、後から目的地を決めるサイクリングなんかがその典型であります。

 その2、持っていること自体が目的。これは物欲を満たすということとはちょっと違う、自分の体や用途やセンスにあった、この世で唯一の自転車ということ。つまり取り替えのきかない自分の自転車と生きる、という事でしょうかね。

 その3、自転車を自らが選択していること自体が目的。自転車を自分の足として、生活やひいては人生に積極的の織り込んでいく、いわば生き方の主義としてのあり方。これを通じて、数十年後にはまた空気のきれいな、またあの蒼穹の空を子ども達に戻してやる、というより高次の理想と希望へとつながるものなんであります・・・というはなし。

 亡くなった師匠じゃないが、一人の人が真剣に聞いてくれたら、そのことの意味はある。会場からそういう視線をチラチラ感じた次第、行ったこと自体は無駄にはならかなった、と思いたいですね。

 そのほかにも、事前にしたためたペーパーは、中国語翻訳いてもらって、配られたようなので、その内の何枚かは、何かの琴線に触れるかもしれない・・・と信じよう。

 いやいや、まだまだ続くというか、始まったばかりだな。

本日プレス公開 ディスプレイあれこれ



 一昔前のサイクルジャージが展示されています。ここには、ロード選手のでかい写真展示なんかの話もあったんだが、今回のオープンに合わせて、これになった。

 懐かしいチームジャージだらけ、かつての迷選手、パンターニ、チッポリーニ、トンコフ、ウルリッヒ、サストレ、アームストロングらの顔が浮かぶ。

 トップがドーピングで失格したなら、繰り上がるのが筋で、それが公式記録になるべきであろうが、米国人のみが罰せられ、あとは忘却なのかな?

そろそろ終了なのかな?今年のツールは、応援する時にはプロレスを見る感覚で!くらいでいいと思う。

 しかし、色使いは華やかである。

DSC_0789_convert_20170720111751.jpg

 フレームができるまで・・・をテーマにした柳サイクルさんの展示。動いてくれば、実際のオーダーにあわせて、次は○さんの製作予定!としても面白いだろう。横には等身大の設計図を重ね貼りして、臨場感を出す・・・なんて言うのもね。

 DSC_0788_convert_20170720111829.jpg

 下枠には、関連商品を掲げたが、できれば、クランク、BB、ペダル、ブレーキ、ディレーラーなどの自転車パーツを中心に展示した方がよかったと、反省。次回以降の展開へ、ということで。大森社長の磨き一式とか・・・たまんないね・・・。是非実現させていきたいわな。

 DSC_0767_convert_20170720112023.jpg

 全体として、こんな感じかな?階段付近は。

DSC_0790_convert_20170720111725.jpg

 緑カーボン車の展示もやってみました。実際ハンドピックで今回持って行ったもの。貸し出し状態ね。これも時間の関係上、仕方なくなんだが、この車体にはすごい飛び抜けた利点があった。

DSC_0792_convert_20170720111634.jpg

 タイフーンカメラの皆さんが当店のPVを作ってくれた際に、組み付けた一台。この一台の組み上がる製作過程がこのPVにはほぼくまなく記録されているのであります。自転車一台がどういう過程を経て組み上がってくるか?それが完成車を目の前に、鑑賞できるという最大の利点を今回は採用させてもらった。

 このヴェノブにアップされている映像がここ北京では見えないので、原資料をタイフーンカメラの皆さんから許可を経てダウンロードさせてもらった、彼らには感謝、感謝である。

 DSC_0791_convert_20170720111702.jpg

 ちなみに、二歳に満たない子狸が登場している・・・。

DSC_0797_convert_20170720111905.jpg

 足下の箱置き、その上の商品展示にもまだ再考の余地はあるが、とりあえず、ということで、これプレス公開に突入だ!

 さて、これから通訳の方との折衝だ・・・、どうせ思うとおりには行かないにきまっているんで、泰然と行くことにしますわ!

 帰国報告なんてのもできれば、面白いかもです、では!再見!

大陸より!



 しかし、久々の飛行機でした。でもずいぶん小さいですね。席は左右に三列ずつ、なんか長距離バスのようです。

乗っている時間が四時間ないんじゃないかな?とにかく近い、時差がない。

 北京に着いて、タラップ降りたら、東京かよ!と思うくらい蒸し暑い。現地に長い人に聞いたら、異常だそうだ。

そして・・・、

DSC_0746_convert_20170720005507.jpg

 振り向いてみると、乗ってきた飛行機の窓枠にアルミテープが貼ってある・・・。乗る前に気づかずによかった・・・。

 DSC_0755_convert_20170720005359.jpg

 北京の印象ですが、まだ整理が付いていないので、語れません。

 レンタル自転車の普及がすごい。

DSC_0754_convert_20170720005442.jpg

 スマホからアプリ登録すると、即使える形式ができているようです、もちろん有料。民間がやっているとか。どこから乗って、どこに降りてもよい、という。

確かに、とんでもないところに乗り捨てられているのも散見するが・・・・。

 DSC_0760_convert_20170720005239.jpg

 地下鉄は乗るたびに荷物検査を受けるなど、やはり自転車は手軽で使い勝手がいいらしい。

DSC_0759_convert_20170720005326.jpg

 乗り捨て自由なために、こうした均しの作業も必要になる。このワゴン自体は電動で動いているようだ、音がしない。

DSC_0762_convert_20170720005206.jpg

 そして自転車道は整備されている。手前が自転車道、隣が車道。逆走している人もいるが、基本巡行の向きは守られている。

ただし、車がかなり乱暴な運転をするように、日本人には見える。強い車が一番!というのがここの流儀らしい。その了解を共有すれば、自転車も実に強かに走っているのが、アチコチで見える。

 このように自転車の使用は、庶民の足としては定着している、これはある意味どこの家にも自転車のある日本と同じ、定着であるには違わない。

 しかし、日本にはこのあと自転車ブームが来たことになっている。そもそも自転車が定着しているにもかかわらず、なんで自転車ブームが来たのか?

それは、歩行の延長としての自転車の定着に対して、車両としての自転車がブームを起こしたと言い換えていいだろう。

 ということは、ここでも車両としての自転車定着の可能性もまた大いにあるということだ。

 そのためには、車両としての自転車のイメージをより豊かにしていくこと、そして、車両としての自転車に触れる機会を作っていくことなどを通じて喚起していかねばならないだろう。すでに北京ではピストブームに似たような動きがあるようだ、そうしたものとの連動というのもあるだろうなあ。

 そして、ここに元々あったものとのリンクということも忘れないで行きたいと思う。

 明日がプレス発表の本番だという。店主の独断場でないので、思うような展開にはならないと思うが、まあ、五十年先を見据えて、ドッシリと構えていこうと思う。

このFC2は、規制の対象らしく、そのままでは接続はできないのだが、なんとかいろんな技をくぐって、投稿できたようだ。帰国前に、またお目にかかりたいと思う!

三台ひっさげて・・・ちょいと行って参ります!

000 DSC_0330_convert_20170318174205

 こいつと。

 000 DSC_0262_convert_20170131194354

こいつと、

000 DSC_0068_convert_20170126180211

 こいつら三台ひっさげて、ちょっと隣の大陸まで行って参ります!

 三時間半ぐらいで着くらしいですね。北京です。週末には戻ります、ただ店自体は分担で誰かはいるように・・・しておきたいですが、若干空白時間もあるかもしれません。

 店のグランドオープンのためのディスプレイと、プレス対応、それとメインのグランドオープン、この三つが今回の主たる目的ですが、どうもプレス対応が一番ウェイトが重いかな?なんて思っていますが、まあ、行ってみないとなんともね。

 すでに、公表すべき原稿は送ってあります。

 終了後、完全原稿公開と行きますが・・・、まあ普段この場で書いているようなことなので、別段新しいことを申し上げるようなことではありません。

 まず、単なる物売りに来たんじゃないよ、ということ。自転車を軸に、自転車との関連についての提案のような・・・、それも単に種をまきに来たのでもないというね、いろんな仕掛けを考えての発表になりそうですね。

 もちろん、自転車の改造、リサイクルの提案なんかも混ぜての展開です。

 受けるか?反発食らうか?キョトンとされるか?でも、スイッチは押さないとわかりませんから・・・。

 とりあえず、行って参ります!

 北京からのブログ更新ですが、裏技使えばできそう・・・なんだそうだ、できればやります!

 それでは!

アルミの悲劇ブリッジが取れた・・・



 おしゃれ系で名だたるメーカーのアルミ号なんですが、チェーンステーブリッジが折れてしまったという。

 元々はもろ構造というよりも、一本足スタンドを付ける台もかねているので、これはなくとも、強度にはさして問題は無いだろう・・・という事で継続使用を決めた。ただし、ホイールの緩みの際などには注意!

 その前に、この辺のアフターケアなどどのような対応があるか?業者に問い合わせてみたら?と提案。

 案の定だが、何もなし・・・。

 スタンドがなくなってしまうと困る自転車、なれば、付けるしかあるまい。

 DSC_0753_convert_20170717200440.jpg

 できれば幅広の安定感のある物に越したことはない。という事で、通常の実用車になら問題なくほぼポン付けできるものながら、海外のおしゃれ系の物にはそうはいかない。

 DSC_0752_convert_20170717200431.jpg

 以前、BMXのエンド板に溝を切ってスタンドの爪を食い込ませた施工があったが、あのアルミエンド番。

 アルミだけに穴開け加工は楽だったが、アチコチ小物や形状の相性が大変で、かなり時間はかかったが・・・。

 DSC_0751_convert_20170717200418.jpg

 両サイドつめの溝を刻んで、後はエンドの形状に合わせて、曲がりを強制したり、伸ばすところ伸ばしたり、切るとこ切ったりと、なんやかんややりましたが、無事取り付け完了。

 DSC_0750_convert_20170717200406.jpg

 そうなんです、保育園の送迎に使う自転車なんで、スタンドは必需、できれば安定感のあるもの、ということでこいつはドンピシャだったわけであります。

 トップチューブがヘッドチューブを貫通していて、そこにライトが付いているなんて、凝った作りしてあるんだが、こういうおしゃれ系は何かあった時大変なんだよね。

 なので、ものを選ぶ時には、トラブルフリーを重視するなら、面白くないものを選ぶ、見た目最優先なら、それなりの準備(スモールパーツや消耗パーツを多めに取っておくとか)と覚悟(どうしてもダメな時諦める・・・)が必要だという事であります。

 もちろん、当店としては後者にならないよう、できる限りのことは努力させていただきます!

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター