メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

音がする 音が鳴る



 もらった自転車なんだが音がするんだ。確かにする・・・。

 その異音をとって欲しいという依頼。来たよ・・・。しかもどこからか?というと。

 同級生の青山君からなのだ。彼は知る人ぞ知る、青山自動車工業という、非常にマニアックな施工依頼も断らない、非常の希有な自動車屋さんなんだよね。

 引っ越しの時も軽トラ貸してもらったりと大変世話になっている古い友人なのだ。

 二人とも杉二小出身。なんと親同士も同じ小学校の同級生同士という仲なのだ。青山君は、小さいときから絵が上手、歯と歯の間からスーヒー音出しながら、サッサッサと描く絵がもう学年を越えていたね。

 絵だけじゃない、冗談のセンスもあったなあ。お絵かき帳をもじった「とえたぴ帳」というのを作っては、連載で学校での出来事をパロって描いた漫画は大受けだったのを思い出す。

 なかでも、星ピュン(星雄一君)と音楽教師木山先生とのからみをいじった作品は最高だった・・・。

 そんな側面を持つ彼だったが、お父さんの家業を継いでエンジン・機械の方に行ったというので、最初は驚いたよ。てっきりイラストとか漫画家になるかと思っていたからね・・・。

 そんなこんなで、結構年いってからまた絡むようになって、彼は彼で、店主が自転車屋をやっていること自体が不思議でならなかったようだ。確かにねえ・・・、末はサオ師かエロ作家・・・のはずだったが。

 でも分野もレベルも、向こうは車でこっちは自転車で違うんだが、ちょっとした機械の話なんかで今結構盛り上がるし、彼から学ぶところは非常に多いんだが、まさかこんな話をできるようになるなんて、お互い驚いているとろこはあるなあ。

 先日も、例の油圧ブレーキの件では、随分時間を使わせてしまった。ペーパーロックの話なんてすべて彼からのパクリなのだ。

 彼がフェイスブックなどで上げている仕事ぶりは、既に板金では超人的だわ。車というより、カエルの遊具の修理かと主ったら、イタリアのなんとかっていうスクーターだったかの修理とか。アチコチ回って結局杉並の青山自動車に来るということらしい。

 そんな彼から音鳴りの依頼ときたら、コチラもなんとか沽券をかけてと気合いは入る。なんとかより良くして戻してやらないとな、と。

 DSC_1276_convert_20171117223557.jpg


 しかし何度も書いてきたが、音鳴りというのは難しい。まずどこから出ているか?というのを走りながら特定するのが難しいのだ。大体はわかるが、押さえるのが難しい。走りながらだしね。車体はつながっているしね。

 そういう時は、締めるところを締めて。交換できるもんは交換するに限る。チェーン交換。音鳴りは少し収まるが・・・なれば・・・。

 DSC_1277_convert_20171117223608.jpg

 ボスフリーか?この手の柔らかいボスフリーを変速しないで使い続けるとピッチの関係で歯飛びや音鳴りの原因になり得る。高くもないので、交換してみると。なんか静かになったような・・・・ね。

 今回はクランク回りのBBのグリスなんかも入れ替えてみた。そうしたら、静かになったような・・・・。。踏み方によっても、体重によっても音鳴りは変わる・・・、厳密にいえばなんだが、でも普通に乗る人にはほとんど関係ない、音鳴りはしないに超したことはない。
 DSC_1278_convert_20171117223618.jpg

 シフターもリアディレーラーも緩いといえば緩いんで、その間のワイヤー交換して、両サイドを締めてみる・・・。音鳴りはまあ多少は・・・。

 ちょっとした原因がアチコチに点在している場合には、一気に激的に解消するのではなく、徐々に徐々に静かになっていく様な場合もある。

 そうした場合困るのが、どこで落としどころとするか?ということ。通常なら、まあこんなもんか?で済むもんも、青山君のものとなると・・・。誤解を避けると、彼がクレーマーのようにうるさいやつでは全くないということ。むしろ受け入れタイプ。

 だからこそ、有無を言わさない解決を見たいところなんだが・・・。

 DSC_1273_convert_20171117223549.jpg

 仕上がって、何度も乗る。急ブレーキかけたり、荒めにシフトしたり、体重かけて踏んでみたりと色々やってみて、まあ、合格ラインかな?というところで、終了。

 彼が乗って帰って、「調子よかったよ!」というメールでホッとする。いわゆるクレーマーなどの対応なんかよりも、機械を知り尽くしているやつの無言や、OK!の方が数倍脅威であり、うれしいもんだ。

 本当良かった・・・、車でお困りの時には、杉並の青山自動車へ、自転車でちょっと困っている人は、西東京の狸サイクルへ、これを称して、杉二連携!といいましょうか?

思えばヘイズ・・・から



 ヘイズ、なんかハーレーのブレーキを作っているんだそうだ。

 油圧ブレーキネタが続きますが・・・。このヘイズの調整から始まりました、今回の油圧騒動、まあ一台で終わるかと思いきや、いきなり台湾のテクトロ工場見学までやってしまい、テクトロテクニカルサービスセンター(仮名)にまで一気に上り詰めるに至るとは・・・。

 マウンテンどうでもいい派の典型的な店主。ディスクブレーキ?な・・・なんで?ってなもんでしたよ、今でも半分・・・かもね。

 それが今は、いくつかの油圧コンポで何組もうか?と画策している、しかもそれ楽しんでいるのだから、その変わり身が自分でも面白い・・・。

 まあ、できなかったことが、できるようになるになるというのが一番刺激的か?その内、サスペンションの調整にまで手を出したりしてね・・・。

 まあ、あんまり好きじゃあねえけど、やってやるよ・・・なんてちょっとかっこいい・・・かも。

 DSC_1446_convert_20171116224251.jpg

 パッドの交換はメカニカルも同じ・・・、油圧のデメリットと言われるように、調整がきかない・・・とか、その辺にもっと食い込んでいきたいね。

 DSC_1448_convert_20171116224259.jpg

 ディスクは使っている内にキャリパー自身が高温になる、摩擦でね。そうなるとオイルが沸騰して気泡ができる、ブレーキが甘くなり、聞かなくなることもある、ペーパーロックというのだそうだ。

 車で下りの峠で、エンジンブレーキかけないで、ブレーキ踏んでいると起きる現象なのだそうだ。となれば、沸点の高いオイルが高級という事になる。

 そういうことがあるとすると、例え、止まった状態で最高の引き調整をしたとしても、下りに入るやいなや、ブレーキが甘くなってしまうのはどうしても避けたいわけだ。

 となると、空気を絶対に噛まさないというやり方が、王道となるのはわかる。だから、調整がきかない・・・というのだろうか?

 他にやり方無いのか?しつこく考察は続くのであった・・・。

 DSC_1449_convert_20171116224308.jpg

 チェーンの交換・・・。

 DSC_1450_convert_20171116224315.jpg

 スプロケの掃除など、ドライブトレインをちょっと調整。

 DSC_1451_convert_20171116224333.jpg

 シフトワイヤーの交換・・・。もし油圧ブレーキと、電動シフトになるとワイヤー類は一切いらなくなるんだね。

 まあ最先端はそうなるんだろうが、自転車が身近な乗り物である限りワイヤーが滅びることはないな。

 DSC_1455_convert_20171116224353.jpg

 今回は小技があった。最初に言っておくが、これはアンテナじゃないよ。

 これはクランクの部分なんだが、ペダルと共締めになっている。

 こいつを下ろすとどうなるか?

DSC_1453_convert_20171116224343.jpg

 はい、スタンドに早変わり!という事です。でもあくまでもこれは簡易ものですね。ちょっと力をかけたりすれば、即破損になりかねないくらいに、華奢であります。だから、粋に見えるということもありますが。

 DSC_1443_convert_20171116224233.jpg

 パープルならぬ、グレーンヘイズのクラインなのであった。ちょっと、フロントブレーキなんかの調整の実験もさせてもらいました。原理は一緒でも、細かいところが違う、それをいくつ消化したかで、今後のキャリアが変わってくる・・・、ありがとう!その分最初より大分良くなったよ!

一進一退とはこのことね・・・



 相変わらず、楽しく油圧ブレーキに忙殺される毎日です。

これはテクトロ工場から解体用に持ってきたブレーキとレバー。しつこく内容を聞くもんで、自分でバラしたいと言ったら、快諾してくれた。

 なので、内部を知るためにバラす。構造を知らないと、本当に応用というものができない。ブラックボックスは嫌いなのだ。だから電動はいじらない・・・。

 いやも応もなしに、これからはロードだって油圧式になるだろうな、キャリパーブレーキだって油圧になるかも・・・。なので、構造はどうしても押さえておきたい。

 DSC_1292_convert_20171115190954.jpg

 こいつがレバーで・・・、

 DSC_1293_convert_20171115191002.jpg

 その反対がディスクのキャリパー、こいつがディスクを挟んで制動するというしくみ。

 まずは、キャリパーをバラそう。

 DSC_1294_convert_20171115191009.jpg

 ブレーキパッドを外してみた。これに関してはメカニカルも油圧も同じだね。真ん中にあるやせた金具は、多少ともこの二枚のパッドを開く様に作用しているが、いかんせんその力は小さい。

 DSC_1299_convert_20171115191037.jpg

 高級なものにはワンピース構造のものがあるようだが、こいつはツーピース、二本のボルトを外すとこんな具合に簡単に二個に分解される。この銀のピストンが裏からオイルで押されパッドを通じてディスクを挟むという構造だ。実に単純。

 DSC_1306_convert_20171115191148.jpg

 ピストンを抜いてみる・・・といっても簡単に抜けるものではない、半端のない密着なもんでね。キャリパー本体にブルーのシーリングのようなものが見える、この間からオイルが漏れたら、ブレーキは効かないのと同じなので、その密着は厳密なのだ。

 因みにこのピストンなんだが・・・、

DSC_1304_convert_20171115191130.jpg

 直径22ミリ程度・・・。そして、

DSC_1305_convert_20171115191139.jpg

 ホースの穴が直径2ミリほど、面積の差は約120倍なのだ。正確にこのホース穴と比較すべきか否かは別に、この断面積の差と、オイルの移動距離との間に、あたかもテコの原理のような法則がある、つまり小さい力で、大きな力を生む形式ね、それを称してパスカルの原理というそうだ。

 パンセのパスカルなら多少はわかるが、あのパスカルはホモ・ウニベルシタスの典型のような人、つまり普遍人、超人的何でも屋なんで、店主のまったく預かり知らん側面があってもまったく不思議でない。ほぼ同時代のデカルトしかり、ライプニッツしかり、ニュートンしかりなのだ。

 かつて気圧の単位をミリバールと言った、今でも自転車の空気圧にはバールが使われているのもあるが、最近の天気予報なんかでは、ヘクトパスカルという言いますね、こんなところにも生きてますな。

 人間は考える葦である、という名言を残している、それを言ったら、自転車乗りは考える足を持っている・・・。

 話を戻すと100キロ近い速度で下っている自転車を指一本で止めることができるのは、このパスカルの原理を応用した、油圧ディスクのお陰という事になる。何トンというトラックを足一本でとめるのも同じ・・・。

 キャリパーは意外に単純な構造をしていることがわかる。では今度はレバー側と行こう。しかし、バラすには新しいものに限る・・・。古いものはどうも、ねじ類やブッシュらがさび付いたり劣化しているため、一度外すと、以後元に戻らない、から、そもそも外せない、などと言うことも起こる。

 ここで一つ変なことに気づく。オイルを抜いているはずなんだが、つまりブレーキ内部や、ホース、レバー内部に圧はかかっていない状態なのだが・・・。

 DSC_1297_convert_20171115191017.jpg

 このように、レバーを引いて・・・離すと

 DSC_1298_convert_20171115191028.jpg

 レバーが戻るという現象が起きている。これは最近悩まされている、AVIDとはまったく異なっている、あいつはオイル抜いたら、空気の抜けた風船のように、押したら押しっぱなし、引いたら引いたっぱなしなんだが・・・。

 よし、分解を進めよう!

DSC_1300_convert_20171115191045.jpg

 イモねじを外すと、レバーは簡単に外れた。中にレバーを押していたピストンが見える。その奥にはCリングがあって、それを外さないとその奥にはいけない。

 DSC_1301_convert_20171115191053.jpg

 なんとかCリングを外すとピストンを押す棒と皿が出てきた。

 さらに外すと・・・

DSC_1302_convert_20171115191114.jpg

 小さいピストンの本体が出てきた・・・そして・・・、

 DSC_1303_convert_20171115191121.jpg

 そしてその奥から出てきたのが、このスプリング・・・やはり、オイルの無い状態でもレバーが戻っていたのはこいつのお陰だったわけだ・・・、一つわかってスッキリ!

 ただし、このスプリングがないと、油圧ブレーキは機能しないのか?というと、どうもavidはそうじゃないんじゃないか?とも思えるんだが・・・。

 このバネ外して実験してみるか?

 水の入った風船を外から押せばそこだけへこみ、へこんだ部分はその他の容積に加算される、つまり中の量は変わらない分、へこんだ分、他へ移動しているはずだ。このように加圧されているものは、押した分、他に作用するが、押すのをやめると、元に戻るという性質はあるだろう。

 テクトロはそれプラスバネの力で戻している元の考えられるが。それがなくても戻る・・・じゃないか?とすら思えてくる。

 そしてまだ疑問は残る。油圧ブレーキはパッドが減っても、調整いらずという。確かに、挟む物の厚みに応じて(反転するに、挟む方の厚み(パッドの減り)に応じて)、一定程度後退してくれる性質があるようだ。

 実際、挟む物の厚みを変えてやってみると、薄くなったらなったに応じて、ピストンが追いかけてくる様に見える。そして最初の厚みの物を挟もうとしても、ドライバーなどで広げてやらない限り、挟むことはできない。ある意味薄くなるものに応じて、自動的に、ブレーキをオープンにした際の、パッドのとどまる距離まで狭まってくるようだ。

 しかし、中に入っているオイルの量が変わらないのに、ブレーキをオープンにした際、なんで最初にセットした位置より前で、とまる様になるのかわからない・・・。オイルが増えたのならわかる、その分ピストンも前に出ざるを得ないからね。増えてもいないのに、なんでピストンがより前に出た状態で、とどまることがができるのか?

 リザーバータンクというところに秘密があるのかな?ダイヤフラムという風船のようなものが、加圧時、ぬけたオイルの空間を埋めるという働きがあるようなんだが・・・。

 または戻りに自体に一定の距離を決める構造があるとか?とか?

 基本を知らないと、応用が利かない、ましてやブレーキなんて勘所中の勘所なんで、この独り言、八つ当たりは、当分続くかも知れないが・・・、退屈しないでね!

 それなりに辿っていくんで・・・。

 何より老化防止じゃ!

DSC_1290_convert_20171115190937.jpg

 しかしこぼしたオイル、捨てたオイルの上をサンダルで行き来するものだから、床はまあ、こんな調子。暫く続くぞ、潤って悪くない!と思おう・・・。

修行は続くよ オイル引き



 この秋、ひょんなことでお誘いを受けて、台湾のテクトロ工場見学なんて行かせてもらったもんだから、それまでディスクブレーキといえば、ワイヤー引きのメカニカルディスクが主だったんだが・・・、いきなりオイル引きのブレーキに手を染める展開となってしまった。

 まあ、どんなに拒否ろうと、時代の流れはオイル引きディスクに行くんだろうから、覚えておいても損はない、くらいに思っていたんだが、なかなか重い腰はあがらない。

 こんなご縁でもないと、ディスクへの関心は行かないだろうなあ、と店主という人間を熟知している店主は思うのであった。

 でも開いてみると面白いもんだ、自らの面白がりや的性格も手伝ってか・・・、後そうだなあ、テクトロという企業自体の面白さも存分に思い知ったこともあってね、今や、店主はオイル引きブレーキに関しては、かなりオープンになってきている・・・。

 まさかそれでも、店主自身がディスク車に乗るとは今でも半信半疑なんだが、オイル引きシングル固定なんて、いつの間にか乗っていたりしてね・・・、気づくとディスク台座付きカーボンフォークなんかを探していたりして・・・。

 あとディスク用のそこそこハブって何だ?なんていつの間に疑問に思っていたり・・・変な兆候だな。

 それはともかく、狙ったわけでないが、不思議と関連の仕事なんかが来るようになる。

 DSC_1435_convert_20171114212118.jpg

 パッドの交換と、ローターの音鳴りの件でやってきた。

 パッドの交換だが、種類あるねえ・・・。パッドがすり減ると、通常ならローターとの間が広がるはずだが、ローター自身が曲がることもあるので音が鳴る。

 ローターの曲がりを矯正するいい方法・・・、振れ取り台を使ってできそうだよね。別にセンサーを取り付ける台座を作れば簡単にできそうだ・・・。

 あとはパッド交換の時に、調整もかねてオイルの入れ替えもしてみる。

 DSC_1442_convert_20171114212154.jpg

 オイルの圧送、循環器。ただし、ブレーキオイルには二種類があるんだそうだ。一つの機械で二種類は扱わない方がいいだろうなあ。

 DSC_1438_convert_20171114212136.jpg

 この手の機械を使うと時間の短縮は相当のもんだ。
 
 DSC_1439_convert_20171114212145.jpg

 ただ、当店の今後の扱いから考えると、ドットオイルが主流にはなりそうにないので、この機械だけではない、別の方法もしっかり身につけておかないとな。

DSC_1277_convert_20171114212102.jpg

 練習もかねて、何度かやってみることに。

DSC_1276_convert_20171114212053.jpg

 今度は自分の手で圧送する。注射器ってなんか遊んでいるみたいだな。水鉄砲ならぬ、油鉄砲だ。

 DSC_1275_convert_20171114212043.jpg

 押した分コチラは引くはずなんだが、最初は注射器自身も固いのか、動いたり止まったり・・・。

 できるとこまで分解したり、原理を先輩格に習ったり・・・。

 そもそもなんでオイル引きのブレーキ、握りから手を離すと戻るんだ?という疑問があったんだが、テクトロの製品でわかった!と思ったことがエイビッドでわからなくなったり。

 高校の物理か?パスカルの原理なんてのを教わったり・・・。

 もうちょっとしっくりくるまで、チト時間はかかりそうだが、とりあえず、取り扱いのイロハはわかってきたような感じだ。

 これからが調整の妙をだしていくとこだろう、挟む板、厚みの違いを何枚用意するか?なんてことがね。それこそコンマ何ミリの調整なんだがな。

 老化しつつある頭には、こうした新たな分野は、刺激になる、そういう意味でも取り入れていくことに怠慢にならんようにしないとな・・・、次はサスペンションか?いや・・・そちらは・・・、中国語・英会話くらいで勘弁してくれ・・・。

あっぱれ!進化形!このつぎは・・・?



 つい最近の改造例で、こいつが・・・

DSC_1253_convert_20171105203916_201711132235581e1.jpg

 こんな風に変身したという、話はちょっと前ですが、やりました、覚えておられる方もいるかと思います。

 まあ、暫くはこれで行くか?次はホイール・・・あたりかな?半年後?なんて考えていたんでありますが・・・。

 DSC_1260_convert_20171105204038_201711132235593aa.jpg

 レレレてなもんで、もうすでに交換の要求がやってきました。それまでと同じギア比だったのに、この形に改造してから、距離を乗るようになった。

 西荻から、浅草まで・・・。途中であまりの軽さに、足が疲れたと・・・。

 なるほどね、回りすぎた訳か。回転技が身につくまでにちょっと時間がかかるが、それまで待てない・・・というのであれば、クランク交換かな?という事で話が進んでいたんだが。

 後日こんなものを持ってきた。

 DSC_1266_convert_20171113223336.jpg

 ジャイアントをシングルで乗っていたらしいが、こいつに付いている、クランク。

 DSC_1267_convert_20171113223346.jpg

 これを移植できないか?と相談にやってきた。いやいや、すごい進化形だよね。自転車パーツの移植という発想は、自転車を完成物ではなく、構成物としてみられるようになったということを意味します。これからの伸びしろが楽しみだよね。

 なので、その発想を体感させるため、改造実用車のクランクと、こいつを入れ替えてやった。

 つまりジャイアントに実用車のちっさいクランクが付けてだ・・・、

 DSC_1272_convert_20171113223414.jpg

  こうなったという訳なのね。材料費がほぼかからないという、掛かるのは手間代だけ・・・。いいぞ!いいぞ!その調子だよね。

 DSC_1273_convert_20171113223424.jpg

 ただ、クランク形状が変わったことで、リアブレーキと干渉を起こしたので、別物に交換です。

 DSC_1274_convert_20171113223438.jpg

 後はチェーンをちょいと長くしないとダメでした。

 DSC_1269_convert_20171113223403.jpg

 中心に金のクランクなんて、ちょっとかっこいいよね。

 これで、一踏みで前に出る距離はグーンと増えるんで、進む!という感覚は得られると思いますよ。

 西荻から浅草まで、少林寺拳法の修行にどうぞ使ってください!

 やっぱり、異分野であっても体を使っている人に、自転車を伝えるのは、非常にやりやすい。

 乗り手としても、いじり手としても、改造主としても、今後この人は伸びていくよー、すさまじい展開をしそうだわ。そう、こういう方をどんどん増やしていけば、自ずと自転車も成熟化していくだろう、店主一人がどうこうではない、人を増やすこと、人が増えていくこと・・・だな、これからは・・・。

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて十年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp
  tohke@pdx.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター