メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
FC2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

ちょこっとダメダメサイクリング 北京郊外の巻



 せっかく北京に来たんだから、少し走ってみてはどうか、といわれてその気になったはいいが、まあ走り込んでいないもので大変だわ。

 通常週末の店イベントのサイクリングをやっているんだが、十一月後半になると、相当寒くなるので、これから春までどうしましょう?というところ。確かに寒いといえば・・・

IMG_0143_convert_20181203111154.jpg
 
 これ霜が降りて凍っているんですね、マイナスプラス前後つまり零度くらいだったかな?

 ちなみにここからちょこっと山岳に入ったところなど、なんと川が凍結していた・・・。なので、これからサイクリングをするとすれば、装備をしっかりしないと喉やられ、膝やられて大変だろうね・・・。

 そういうことで集まったのが、店の人たちのみ・・・。みんなチョコマカ走っているんで、これはどうか?と思ったが、走り始めの500メートルで、お先にどうぞ!という展開に。

 IMG_0136_convert_20181203112842.jpg

 ちなみに店主のために用意してくれた、してくれた車体がこれだ、店員の李さんの元職場のよしみでトレック、しかもマドンときた。ごめんなこんな足で・・・と反省しきりだ。

 IMG_0137_convert_20181203110748.jpg

 なんだこのダイヤル?これ回すと何かのアシストになるのか?最後まで謎だった。

 IMG_0168_convert_20181203111937.jpg

 ちょっくらストレッチをやって走り出す・・・。

IMG_0170_convert_20181203112026.jpg

 早々に、一人サイクリングに。しかし、海外の山道といっても、ハッとするくらい日本そっくりなところがある。相模原かどこかは知っている錯覚に陥ることがある、看板も漢字でね、全く日本と同じ、というところがあると思えば、川がすでに凍結しているなんて・・・、岐阜や長野じゃあるまいし・・・この季節これは日本ではあり得ない。

 と同時に、そっくりの藪と山があると同時に、その正面には・・・

IMG_0157_convert_20181203111503.jpg

 岩だけのこんな山がドシッとあったりする。天気によっては山水画に見えるだろうなあ、というところもあった。

IMG_0144_convert_20181203115844.jpg

 ここが第一峠のポイント。店主早々にリタイア・・・。しょうがねえよ、一人サイクリングならいるらでもやるが、車もついてきてくれたしと、店の開店もあるので、文明の利器に乗り込む。

 IMG_0170_convert_20181203112026.jpg

 車の窓からボトルを出して、サポートのまねごと、みんな頑張れよーってなもんだ。

 しかし、北京郊外といっても、そんな遠く離れていない中、里山地区などにはまだまだ、アレー・・・・というような家が沢山あった。まだこんな生活してんの?なんてね。百年くらい前?といっても佇まいはさしてよくなく、あれあれ・・・だいじょうぶ化?と思えるような家の群れもまだ多く見られましたわ。

 そこから、ちょっと都心に近づくと、昔日本でいう多摩ニュータウンのような集合住宅が増築中で、先の住人達には、もう少し待ってくれよ、そしたら近代住宅提供するからなあ・・・という感じが伝わってきた。

 新旧の入り交じり・・・大変だわ、まだね。

 IMG_0158_convert_20181203111754.jpg

 下りきったところで、その地域での有名なフライドチキンをいただく。近距離にケンタッキーがあったが、その地域では、閑古鳥。一方こちらの方が大繁盛、一口食べて納得。

 八角の下地の使い方がうまい、あちらには行かないはずだわ。

 IMG_0169_convert_20181203112005.jpg

 イヤー、うまかった、骨の髄までいただきました。

  店主の走り自身はダメダメだったが、いい経験になった。いろんな人を見た、山を見た、そして河南省のプロチーム育成現場にも遭遇した。みんな強そうだ。

 ちなみに河南省だけで日本と同じ人口を抱えているそうなので、そこからのより抜きだとしたら、ほぼ全日本か?というレベルかな?わからんが。

 同じ峠をなん往復していた。下りに入ると、車からダウンを下ろして羽織っては、下って、また登りを繰り返す。東京五輪とかで来るかな?

 本当いい経験になったダメダメサイクリングでありました。

 


インタビューを受ける それが・・・



 プレスの前で通訳付きで話す機会は幾度かあったが、対面でインタビューを受けるのははじめてだったなあ。

 しかもかなり濃厚な内容となった。紙媒体とウェブ上で公開されるものらしい、詳しくは後ほど聞くことになるが・・・。

 事前に申し出があって、軽い気持ちで引き受けたんだが、その前日・・・、

IMG_0124_convert_20181130160051_20181130160636b89.jpg

 なんと24項目にもおよぶ、事前質問の紙が寄せられてきたのにはおどろいた。自転車雑誌ではなく、自転車に詳しいわけではないようだが、すべての質問が実に鋭いところをついてきたんだよね。

 店主がかつて自転車屋専業になる前、いろんなことして食いつないできたんだが、その中で雑文書きという仕事があったんだが。

 虚実色々なものを書いてきたが、中にインタビューを起こして書き付けるというものがあった。ここでは、いい質問をしないと、まず相手が乗ってきてくれない、実にじみな内容で終わってしまうことになる。いい質問をするには、相手を知らなければならない。そのために、その相手に関する情報をできる限りかき集めないといけない。

 まだウェブなど盛んでなかった時代、調べるにはかなり時間がかかったものだった。

 そうしてかき集めた情報から選択して、相手が聞いてほしいと思うことを質問として考え、それを複数用意して、インタビューに向かうことになる。これが当たれば、文字お越ししてもワクワクするような展開になる。書いていて楽しいのは、読んでいて楽しいのと相即的だと思う。

 そして、そこまで調べてきたおまえになら、この話もしてやろう、とそ子まで乗せてることができたら、インタビュアー冥利二つきるといっていいだろう。

 そういう中で、「今日はもう時間で、次の予定があるからダメだが、よければ別の日にも時間を取ってやるよ」といわれたときなどは、天にも昇る気分であったわけだ。

 今回店主は逆の立場で、うまく乗せられてしまったらしい。

 壮大な構想があるその一部を、少しだけだがしゃべってしまった・・・。公表できるまで練りに練ってからと思っていたが、思わず載せられて、さわりの部分だけだが、話す羽目になってしまった。

 IMG_0125_convert_20181130161508.jpg

 雑誌や本にまつわる仕事全般に関わっているらしい。その中で、自分でテーマを見つけて、こうした冊子も作っているようだ。

 IMG_0126_convert_20181130161522.jpg

 北京の都市開発で、移転を余儀なくされた、小売りの店の思い出を綴っているらしい。

 IMG_0127_convert_20181130161534.jpg

 イヤー、しかし聡明な方でした。実に、明快な質問に、切り返しも見事。こちらももう少し中国語ができたらなあ、とまた思うはめに。

 地道に勉強するしかないね。

 IMG_0129_convert_20181130161607.jpg

 冊子の小型バージョン、

IMG_0128_convert_20181130161554.jpg

 実はこの細かい質問に対して、粋に感じた店主が、また事細かにすべてに回答したわけだ。

 その時間三時間以上・・・。

 なので、実際のインタビューと合わせて、そいつを渡せば、かなりいい補強になるだろうね。
 
 さてどんな感じで、どこに掲載されるかはまだわからないが、その際にはこの場で連絡いたします。実は話したいことのうち、まだ十分の一くらいなんじゃないかな?と、自分でも北京展開の話の内容の量に改めて驚かされたわけである。長い、長い目を持ってみるやり方と、同時に間近をきちんと捉えなくてもいけない。

 まあ店主の役割は、実のところ前者的なものなので、今後この手の内容にも十分詰め込んでいくことにもつながる。次回以降の北京訪問の際にも、また会う約束をした。ちょっと息の長いインタビューになりそうだなあ・・・。

チタンかよ!パッソー二かよ!



 ダウンチューブの肌なんですが、細かいヘアラインが入っています。大森社長のお仕事・・・ではありません。地金で勝負していると言うところからすると、もしかして、チタン?なんて思う人もありましょう。

IMG_0118_convert_20181130154116.jpg

溶接部はTIGですね。この具合を見ると、ここで鉄フレームということがわかりますね。しかし、大森研魔か疑似チタンかわからないくらいの完成度、これは低くはない。

 IMG_0116_convert_20181130153018.jpg

 各所というか要所要所が締まっているんですね。どこかに手抜きはないか?と探しますが、なかなか見つからない。

 IMG_0112_convert_20181130112630.jpg

 驚いたのが、なんとテーパーヘッドというやつですね。下が1.5インチというやつ・・・、いやまずい、先超された感、満載なのだ。実は企画はしていたんだが・・・。

 IMG_0113_convert_20181130112754.jpg

 このトレックというヘッドバッチは、ふざけてつけているもので、実はノーブランドもの。値段はこの出来にして、そこまで安いの?と驚くほど。

 まあ、多分、向こうも玄人相手ということと、5本一気に取ったということで、この価格になったのか?と思うが、それにしても安い。

 IMG_0114_convert_20181130150813.jpg

 カーボンフォークが付いているが、日本でいえば、高級カーボンフォークの値段でフレーム一式が手に入る・・・。

 今時こんなことがあるのかね?

 IMG_0115_convert_20181130152134.jpg

 この仕上げでねえ・・・、大したもんなんだが・・・。

 IMG_0117_convert_20181130154002.jpg

 こいつに105フルで乗せて走っているのは、北京REのメカニックの李さん。

000DSC_1976_convert_20180324184403.jpg

 この若者なんですが、彼がこの秋に出た、ツーリングのイベントで追突か何かをされ、フレームが曲がってしまった。フレーム交換しないとと、ネットと知己を訪ねて探し出したのがこの、疑似チタンかよ、というこのフレームだんったんだそうだ。

 中国にある深圳という、所から5本取り寄せて、仲間内で分けて乗ってみたという。その値段と仕上げとスペックと走りに驚いたというんだな。

 実際店主も短い距離だが、ロックバイクスさんのシックスコンポーネントのカーボンリムを前後に履かせたバージョンのものを試乗したが、もちろんホイールが最高なのはいうまでもないながら、素材とスケルトンの出す、前に出る感じには正直驚いた。

 あるいみこれでいいじゃない?という。

 フレームフォークでおこれだけ押さえられるとしたら、コンポとホイールで、下駄履かせたら、スペック的にも値段的にも、丁度いいものができるんじゃないか?と思ったね。

 もし1本余っていたら、東京に持ち帰って、スケルトンなどの内容分析なんかもしてみたいと思ったよ。

 IMG_0109_convert_20181130112436.jpg

 スローピングなんだが、なんかこいつには、未知の何かが詰まっているようにも感じる。もちろん彼らの人脈から出てきた所をきっかけにたどり着いたものなんで、それなりに中国でも沈潜していないと、この深圳ものには近づくことはできそうにもないが・・・。

 なかなかいい嗅覚持っているじゃないか?と感心した1本、台湾だけでなく、本土の方でも探せばまだ何かあるんだろうなあ・・・。そうもう明日から来月だ・・・、来月というと十二月。十二月といえば、今年九月に台湾で知り合った、シフターの工場のサンプルができてくるという時期だった・・・、あいつが使えるようになれば、これまたちょっと変わるところも出てくるだろうという展開、その予感である。

 池の鯉のように、投げられる餌を口を開けて待っているだけじゃあダメだ・・・、積極的に探し出さないとね。

 この場合のように、人脈等からの協力を得ると、一体どこに何が隠れているかわからない、ネットだけじゃあダメなんだね。

 このフレーム1本ほしいなあ・・・、聞いてみよう、余っていないか?または次入荷の予定はないか?なんてね。

 さて自転車部門の本腰の時期が来たぞ、アチコチ整いつつある、今からだろうね、今から。

低くて広い町 高くて狭い町



 北京の古い佇まいが残っている地区なんでしょうね。この辺には大使館がいっぱい建て込んでいる、キューバ、シンガポール、スリランカ、ベトナム、ブルガリアと。その正門には緑の制服を着た警備が凜と立っている。ちょっと緊張感のある場になっているね。

 かつてのこの町は、丁度このくらいの高さの建物だったんだろうなあ、という雰囲気は伝わってくる。背の低い町、その分空が広い。そして低い町には、低いながらの特徴が見えてくる。

 IMG_0082_convert_20181129193217.jpg

 まあ、お決まりのこいつらですわ・・・。どこにでも居る・・・とはいえ、こうした低い町の片隅が心地いいんでしょうね。大使館なんで、不法侵入されないように手前に金網があるんですが、それをいいことにひなたぼっこしています。

 IMG_0083_convert_20181129194039.jpg

 しかし、どこへ行っても、こいつらときたら、日向で丸くなってボーッとしていますな、シャキッとするのはネズミを見つけたときぐらいだろうな・・・。

 でも、こいつらがのんびりしている町というには決して悪くはない・・・。

 IMG_0095_convert_20181129200204.jpg

 アレ?靴の修理か何かをやっているようだ・・・。

IMG_0093_convert_20181129195902.jpg

 かなりの高齢の女性が、靴の修理をこうした辻でやっている。開発で追われ追われてここまで来たか?もう今更これ以外の仕事はできないから、開き直って漬け物石のようにデーンとここに居続け居てるのかはわからないが、町の雰囲気をいい意味で、手作りしてくれているように思えるのは、店主がすでに古い人間からなのか?

 とその脇を見て驚いた。

IMG_0092_convert_20181129195548.jpg

 電動自転車に、箱が付いている。その扉には「修車」と書かれている。

 IMG_0089_convert_20181129195305.jpg

 屋根にはタイヤが置かれている、新品だ。バイクの修理の兼ねているのか?

 IMG_0087_convert_20181129194959.jpg

 裏の扉は開かれて、営業中のようだが、らしき人が見当たらない。そもそも電動自転車のチェーンも外れているので、もうこでの固定営業になっているのかな?

 女性が一人立っていたが、どうしてもここを切り盛りしているようには見えない。いわゆる、町の自転車屋というのはまだ見たことがない、路面でのかつては移動修理屋として活躍していただろうか?何回か、ここを通って、観察し続けてみよう・・・。

 とまあ、町がまだ手作りで人それぞれのぬくもりのようなものが伝わってくる、ちょっとロジ入ると、しはしなかったが、立ちションだってできそうだ・・・。そういう町はなんか居心地がいい、古い人間からするとね。

 と、デカイ通りを一つ挟むと・・・

IMG_0086_convert_20181129194702.jpg

 現代的な建物群がこちらに迫ってくるような威圧的な佇まいに見て取れた・・・。土壁のような手触りから、ガラスとメタリックの冷たい印象となって見えてくる。

 IMG_0102_convert_20181129201109.jpg

 ブタ猫たちにも愛想をつかれ、立ちションもできないような清潔な町であります。

 IMG_0098_convert_20181129200422.jpg

 とそんな中で、出たよ・・・。トレックショップだ。「ちょっと急用ができて留守にしますが、すぐに戻ります」というような張り紙がなんとも情け深いが・・・、天下のトレックショップここにありだ。

 IMG_0099_convert_20181129200620.jpg

 イヤー、スゲー・・・というスペックの車体。

 IMG_0100_convert_20181129200820.jpg

 すでに朝は零下になっているこの町でも、走っている人を散見する。いやいや、北京のREにとって強敵なのか?

 何感傷に浸っているんだ?ってなわけではないが、かつてアラーキーだったか、六本木界隈の裏路地なんか入ると、エエ、マジでこんなとこあるの?なんて暖かな、ネコがロゴロゴしていそうなところが各所に隠れていながら、散在していたような写真集を出していたんだが。北京もモロ近代化のメタリックな町から、洗濯物がどーっと干してある裏路地まで、まあ色々あるようだが、すごい勢いでその転換が起こっているのはわかる・・・。

 この町に出入りして一年ちょっとしか経っていないながら、ウソ・・・・・・と思わず立ちすくんでしまう、開発の風景に何度かであったことがあった。レレレ?昨年までは、半年前までは・・・、ここ・・・それが更地になっている、別の建物が建っている・・・なんてこともある。

 その善し悪しは簡単にはいえないことかと思うが、一方で規模の異なるこまい安物建て売りがちょこまか乱立する今の東京とくらべると、ちょいとめまいのする展開であるには違いない。
 
 東京も北京も本当大丈夫なのか?と思うこと、しきり。

 しかし、どっちのネコどもも相変わらず、悠々自適である、それは救いかな?とも思う。

 
 

目鼻の仕事から 柱作りへ



 今回の北京の空の機嫌はあまりよくなかったようだ。常に黄砂に包まれているような感じね。おかげで、通る車がみんな汚い・・・。埃で汚れている、落書きができるくらいの埃の層がボンネットに張り付いている。

 砂漠帰りのようだな。コンビニではマスクが売れているようだわ。

 季節か?国際会議などがないからか?はわからぬが、ここまで汚れている北京を見るのははじめてかもしれない。一度北京の蒼穹の空を見てしまうと、この黄砂まみれ?の北京が嘘のように思うがねえ・・・。

 原因は何かわからないが、スモッグ系だったとしたら、車を自転車でどのくらい減らせるか?なんてことが一つの挑戦になることだろうなあ。まあ、あの国は突然デカイ力が一気に動くこともあって、すべて電気自動車!なんてことにほんの数年で展開することだってあるだろうね・・・。効果的にはそうした政治の力なんだろうが、じんわり長く太く層を作っていくということも重要だ。

 さて、今までは目鼻を作って、店として立ち上げることがメインだったが今後はその本隊をしっかり動かして、目鼻という外見から、柱の一角という所まで立ち上げていく必要もあろう。

 いつまでも同じ店の異分野におんぶにだっこでは済まされない、自転車部門も独立できるくらいの勢いを持っていきたいもんだ。

 そんなこんなで、今回のミッションは北京のRE、自転車部門の再活性化をどうやったら実現できるか?ということを中心に改善案を討議していくということであった。

 まあ、詳細などはいずれまた・・・。

 その前、近くのショッピングモールにライバル店が出たという噂を聞いて・・・、出たよ・・・と思いつつも偵察に行くことにした・・・。

 国貿、国際貿易の略なんだろうが、この国貿地区というのが北京でもどでかいショッピングモールが数珠つなぎのように延々と連なっているところななんだな。

 どうもその中にライバル店ができたということ、予想はしていたが、こちらが一年経たないうちに早すぎじゃね?と内心焦ったわけだが・・・。

 IMG_0078_convert_20181129000446.jpg
 
 上がったり下がったり、行き止まりと思ったら、更に上につながるエスカレーターがあって・・・とまあ、迷路さながらなショッピングモールなんであります。

 トータル設計というより、増築に次ぐ増築だからか?とも思ったが、実際のとこrはわからない。

 これか・・・。確かに自転車のディスプレイに、鞄など用品が展示してあるな。

 しかし、一見してこいつは敵じゃあない・・・と一発でわかる。

 まず!

 IMG_0079_convert_20181129000539.jpg

 ディスプレイとしての、自転車の向きが全く逆で、わかっていない。つまり自転車のことなどなにも把握していないということがわかる。

 そして、極めつけはこれだ。

 IMG_0077_convert_20181129000348.jpg

 ドロップハンドルの自転車を意識したのかね?

 しかし、なんだ?このブレーキの位置は?上下逆じゃない・・・。

 自転車のディスプレイとしては失敗ですよ・・・ね。まあ、ライバルの域には来ていない・・・と一安心。

 すると、いや、ここじゃあない・・・その先なんだという・・・。一難去って、また一難?マジかよ・・・と歩を先に進める。

 すると・・・、

IMG_0075_convert_20181129000113.jpg

 なんだこの大小のホイールのディスプレイは・・・?まずいことにセンス高いじゃない・・・、ライバルというよりも、すでにコンテンツで抜かされている?まさか・・・

 IMG_0076_convert_20181129000228.jpg

 スペースサイクルとある、そして、上を見てほしい・・・。オレンジ色のシャンデリア?

 もっとよく見てほしい・・・。よーく・・・、ほら、よーく・・・。

 これは自転車のフレーム数台をオレンジに塗装して、放射線状に配置した、再利用型のシャンデリアだったのだ・・・。

 これは負けたわ・・・、正直白旗だ・・・。と思った矢先、ここが自転車屋ではなく、自転車販売もしてない、単なる自転車をイメージとして使っているブティック・・・のようだった・・・。

 しかし、前者は論外としておいても、後者に関しては、その遊び心など、むしろこちらが借りたいくらいのセンスを持っているようにも思う。

 モールといえば、出店料も相当高いだろうし、ある意味確立されたブランド店の広告費のようなものだというのが通例なんじゃないか?と思われるが・・・。

 イヤイヤ、まあ今後は次から次へとハイセンスな新たな業種の新たな店舗が出てくるであろうことは、想定しておいた方がいいだろう。単なるパクリではなく、ハイセンスなパクリ、現物を超えるパクリなんてものも出てくる可能性は大だと覚悟しておいた方がいい・・・。

 そのために、どんなにパクられてもパクりきれない源泉を持つことが重要となる・・・。そのために必要なことは何か?なんてことも合わせて考えていかないとね・・・。

 目鼻から柱へ、柱を太く、より高くしていくためのバックアップだ、さて何から取りかかろうか?

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター