メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

300きろでやめときな!



大師匠クラスの作られたフレームがやって来たんだが・・・。

 DSC_2385_convert_20180615210833.jpg

 実は満身創痍。原因はブルベなんだそうですよ。

 DSC_2386_convert_20180615210841.jpg

 リアディレーラーにトラブルが発生。一度に600キロ走るブルベの途中で、段差を見誤って、引きゴケをして、自転車に覆い被さってしまった。

 DSC_2387_convert_20180615210850.jpg

 その結果、こんなことになった。コケてから、暫く走ったそうだ、が峠の途中でガラガラっと音がしてみると、リアディレーラーがへし折れていたという。

 DSC_2388_convert_20180615210900.jpg

 おお、デュラエースなのに?と思わず口をついて出たが、いや、コケてからへし折れるまで相当時間がかかったそうで、さすがデュラエースという評価だった。

 そこで、どうしたか?通常途中辞退だろうとおもうが、後続の人がチェーン切りを持っていたんで、つないで、シングルのままブルベを続行、なんと600キロ走りきってしまったという・・・、すごいのなんのって・・・。

 そういえば、かつて長岡駅について、タンデム組もうと思ったら、ディレーラー台座がへし折れて・・・、同じくチェーンカッターを購入しつなげたことがあったのを思い出す。

 デモまあ、過ぎたるは及ばざるがごとしというのは、本当で、店主の感覚からいって、ブルベは300キロでやめときな・・・と思っている。

 それ以上走るからブルベなんだ!というのはわかる。でも、ちょっとブルベに興味がある・・・という人はまあ上限300キロでやめておくことをお薦めしますね。それ以上だと、睡眠の管理が入るんで、ヤバイ話はグンと増えるような気がするよ。

 そこですべて外して、柳さんにフレームのゆがみを診てもらう。あった・・・、そして修正。

 DSC_2389_convert_20180615210910.jpg

 クランクまわりの音点検などかねて、再度組み直す。

 DSC_2410_convert_20180615211000.jpg

 新たに持ち込まれた78デュラ。この頃までがデュラエース・・・のような気がする、古い人間なんですね。

DSC_2407_convert_20180615210936.jpg

 店主は使わなかったが、この頃までのデュラエースなら、使えたかも知れない、と思う。

 そういう感覚が、この自転車には表れている。

 DSC_2413_convert_20180615211030.jpg

 これは74デュラのハブ。クイックも鉄で、好きな作りである。

DSC_2412_convert_20180615211019.jpg

 形もいいよね。そして本当にいいものって、いいんだな、と思う。だって、中のベアリング玉押し未だにスモールパーツとして、入手できますもん。ひょっとして半永久的なもんなんじゃない?と思えるくらい、何万キロ乗っても大丈夫・・・というのが、デュラエースの本領なんだろうと思うね。

 DSC_2411_convert_20180615211008.jpg

 そして、いいものは、時代を既に超えていたという、感覚をもたらしてくれる。未来のものそのものだったような気がするんだよね。
 
 あの天下の失敗作、カンパのデルタブレーキも、制動力は横置いて、あのアルミのプレートを持ったとき、あの時代にこんな軽くて固いアルミがこの地球上にあったとは思えない、オーパーツ、宇宙人によってもたらされたんじゃない?と思わせる力がある。

 今一番潜在的に求められているのは、そういうパーツなんじゃないか?とふと思う。いわゆる最先端、なんて言う「ブランド」なんかをヒョイと越えて、未来永劫改良の余地のないもの、大事に使っていけば、世代も越えていくかもしれぬもの。

 そういうパーツ類があってもいい。レースや、需要喚起という名目から全く自由な、ものがあってもいい。型落ちデュラエースなんてその典型かも知れないね。

DSC_2409_convert_20180615210952.jpg

 そしてしっかりシマニョーロ。

DSC_2405_convert_20180615210927.jpg

 それから、独特の試乗ポジションの原理をもっておられます。このサドルも端上がり、これも計算されつくしている。

 DSC_2403_convert_20180615210919.jpg

 これで大丈夫かな?大丈夫でしょう。

 しかし、人の数だけ自転車はある・・・、そんなことを痛感する一台です。パーツ選定にしろ、フレーム設計にしろ、ポジショニングにしろ・・・、色にしろ・・・ですね。

さすが大手だ!



 アルミレーサーが、群馬から送られてきた。

 けっこうやる気レーサーで、第一線ではなくても、これで負けたからといて、絶対車体のせいにはできない、そうした代物です。

 DSC_2398_convert_20180615171241.jpg

 ティアグラ10速がついている。改良点といえば、エイドブレーキを外してやった。まあ、色々乗って、自分のコースや用途を知った上で、再度ついているといいなあ・・・と思ったら、戻せばよし。最初からついている必然性はない、ロード乗るならそのデフォで乗ろう、という事で外す。

 まあ、ポテンシャルは相当ある乙女なのだ。というのも、既にこんな記録を持っている・・・。

35210614_1953655444665035_6093253348167778304_n_convert_20180615171156.jpg

 先日行われたツールド宮古で、レースを始めツーリングイベントなども参加したことのない乙女が、なんと年代別順位で入賞!なんて快挙です!

 その練習方がまたすごい、自分の持っている27インチでひたすら走る・・・それだけ。まずは持っているもので、身近にあるもので、という原則をモロ実践してのこれですから、すごいよね。

宮古の歌姫さんなんで、向こうには知己が沢山いる、中にはもと競輪選手もいるようで、大変かわいがられているようだ、さすが乙女じゃ。

 その選手と背格好が似ているということで、ガンウェルのガチピストフレームまでもらっている・・・、今塗装待ち。

 そして、この大会で凱旋してくる西東京に、こいつ、上のレーサーが待っている、という事なんですねえ。

DSC_2400_convert_20180615171305.jpg

 統一コンポとしての、過不足のないティアグラ10速。面白くもおかしくもないといえばそれまでだが・・・。

DSC_2401_convert_20180615171316.jpg

 9速のソラとの違いはよくわからないまでも、10速パーツのために今はこいつ一人でがんばっている。
DSC_2402_convert_20180615171327.jpg

 多分、このフロンディレーラーもある意味、設定しづらいという意味では、失敗作とは言わないまでも、実際改良されているんで、それがいつ、ここまで降りてくるか?

 DSC_2395_convert_20180615171224.jpg

 ちょっと前まで、これが標準ブレーキだったわけで、実際使えますね。

 DSC_2396_convert_20180615171233.jpg

 なるほど、ここが抜きどころですね。そうか、という事は、足回りを整えると、こいつは確実に化けるということだな。

DSC_2394_convert_20180615171217.jpg

 アルミで、各所溶接しろもデカイし、三角も小さいので、固いよね。最初からこんなもんだと思って踏む人にはなんともないかも知れないが、要所が締まりすぎているので、疲れるかも知れないね。

 もう少し隙のある自転車に乗ったとき、緊張から解放される感覚を持てるんじゃないか?などと遠く鉄フレームへの誘いなんかをやってみる。

 しかし、お立ち会い!これが少なくとも同封されていた請求書によると両手いかない・・・、なにか訳ありなのか?型落ち?良くあるのがでか過ぎる車体と、小さすぎる車体は売れ残る・・・というものかな?

 その素性わからないが、大手のできることは値段に関してはすごいよね、という事はそこで競ってもダメということですわ。

 縮こまるつもりは毛頭ありませんが、小さい店だからこそできることを真剣に考えています。大手が手を出さない、出せないところにこそ、隙間は存在する、そこを深めること・・・。

 大手と違うところにいくことで、自転車全体が豊かにもなる・・・、小さいが故にできることはなにか?まずはそこだね、そこ。

最新 RE現状 プレオープン



 ここ数日で、ここまで仕上げたようです!北京のケリーセンターです。

 ここは自転車エリア、写真は小さいですが、背中を向けている田さん、彼の横にはパークツールの工具類がかかっている。

 この辺で作業をするところ、という事です。

 IMG_0259_convert_20180612223335.jpg

 下の衣類と、上の自転車。主にビンテージ系のものです。売ってはいますが、これを乗ることを前提に売るとなると、まだまだ、お伝えしないといけないことがイッパイありますね。

 IMG_0261_convert_20180612223345.jpg

 この辺の前面に出ているのが、先日店主が組んでいた、オリジナル系の車体となります。照明というものの威力を思い知りますね。かけてあるパーツ類なんかは、けっこう見慣れているものが多い。

 IMG_0263_convert_20180612223353.jpg

 このプロムナードハンドルの車体、トップチューブにかかっている鞄はREオリジナルのようですよ。タブレット、薄めのPCが入るようです。

 IMG_0264_convert_20180612223402.jpg

 ディスプレー用に、昨年作成した柳さんフレーム、狸サイクル塗装のコラボが飾られていました。

 IMG_0267_convert_20180612223410.jpg

 ここはサブナード並みの通路を挟んだ、向島に当たるブース。ここはその他にブロンプトンも置かれる予定だそうです。ある意味、まだプレオープンなものなので、アチコチ修正しては動かし、動かしては修正し、の繰り返しでしょうね、暫くは。

 IMG_0269_convert_20180612223419.jpg

 工具もそろいつつある中で、やはりお客も多く、注目されているここで、若いメカニックの彼らは活躍したいんじゃないかな?まあ、そうだよねえ・・・。

IMG_0276_convert_20180612223428.jpg

 その他飲食もある、店内には広々とテーブルや椅子が点在している。この外も、REの管轄だそうで、陽気のいいときはここは最高でしょう。

 IMG_0277_convert_20180612223438.jpg

 天才バリスタ、ジュンジュンさんの持ち場のコーヒーエリア。ここでハンドドリップなどの技を目の前で見ながらコーヒーを楽しめる、ということだね。

 IMG_0278_convert_20180612223447.jpg

 このケースには、努力の天才パティシエ、バウさんの作るケーキ類が並ぶことになる。ヘトヘトになってサイクリングから帰ってきた際、アイスコーヒーと甘味はまさに命の糧となるでしょう。

 当初、この場に決めようか?という話し合いの際に、ちょっとものがデカすぎないか?という事で店主は反対した経緯があったんですわ。ただその際、「やはりやります、ボクには根拠のない自信があります」という返事が来たんですね。

 やはり、現代中国、その首都北京という所において、全く店主とは違い風と熱気を感じていたんだろうなあ・・・と今となっては思う。

 ただし、開店後祝儀ということが場あるように、売れても油断してはならないし、そしてその逆売れなくても過ぎる落胆ではなく、次やるべきことを冷静に考えることが重要になります、いずれにしろ・・・であります。

 やはり、店にはバックヤードが大事ですね、空間的なバックヤード、仕事連携のバックヤード、そして何よりも波状攻撃という意味でのアイデアのバックヤード・・・。

 少なくとも、自転車部門については、4手先ぐらいまでのバックヤードはある!

 なんて偉そうなこといってんなら、もっと狸サイクル盛り上げろよ!?いえいえ、同じ京でも、東と北は全く違うのよ。東は東のやり方がある、北とは全く異なったね・・・。

意外や意外のかっこよさ!24インチでござい!



 実用車改造にしてはデカイ歯が付いてます。

 というのも・・・、

DSC_2400_convert_20180612212746.jpg

 小ギアもデカメな内装3段ギアだからであります。

DSC_2395_convert_20180612212710.jpg

 丘陵地・・・レベル以下であるところなら、3段を効率よく使えば、意外と乗れるものであります。

DSC_2398_convert_20180612212729.jpg

 ありものなんだが、この手には十分の制動力を示しますね。シューとその角度で、そこそこ効かせます。

DSC_2399_convert_20180612212737.jpg

 リアが重要。こうしたワイヤーワーク、下引きなんかをして、スタッカート系のフレームに沿わせる工夫をすると、キレイに見えますね。そして、こうしたキャリパー化は車輪の着脱を楽にしますので、パンク修理、タイヤ交換など自分でできるようになりますよ。

 DSC_2394_convert_20180612212702.jpg

 女子の所に行きますので、やはりカゴはね、重要ですが、背の低いタイプのもので、バランスを取ります。

 DSC_2397_convert_20180612212719.jpg

 ハンドル形状の関係でカゴを前に出す必要がありますが・・・、こうしたH形状の金具が登場しているんですね、かつていくつ鉄板を加工してこんなものを作ってきたことか?

 既に専用金具が出ている、隔世の感があるなあ・・・、時代が当店に着いてきている・・・。

 という事で、今まで改造ママチャリとか、改造実用車なんて言ってきましたが、「意外」というシリーズにしようかなあ・・・。

 DSC_2393_convert_20180612212653.jpg

 どうよ!24インチのホイールで、これが意外にかっこいい!そして意外と走る!

 ママチャリ改造、実用車改造して、「シリーズ意外」と昇華する・・・。時間と手があったら、この辺は核になるべく存在だと思うが・・・、まあ人も集まりつつあることだし・・・、自転車だけでなく、人をも再生できるような仕組みを考えましょうかね。

 これには、7月より新たな世界にデビューする、とある女子が乗ることになります、きっといい足になることでありましょう!

驚異の突貫工事?



 今年の3月後半にお邪魔したとき・・・、イヤーまだまだだなあ・・・という印象を得ました、北京ケリーセンターであります。まあ、無理もないか?2月の春節終わって一月経ったか否かの時期だからなあ・・・と思っていたのでありましたが・・・。

 5月の後半に行ったとき、正直・・・、まだこの進み具合?あのー、3月の状態をあまり変わりないんですが・・・。確かに厨房施設は進んではいましたが、その他があまり変化がないように見えたんですねえ。

 さて、6月前半どう化けているか?

 IMG_0220_convert_20180611223707.jpg

 REの外敷地になるところはまだ、このような状態とはいえ・・・、あと少し・・・かな?生け垣系はちょっと枯れ始めたとか言われていたが・・・。

 中に入りますか?

IMG_0224_convert_20180611223721.jpg

 オオ、コーヒーカウンターができている・・・、先日はまだまだったようだが・・・。若いバリスタ達が、なにやら様子を見たりしていますね。

IMG_0226_convert_20180611223734.jpg

 店内には、お花部門があるようです。切り花には全く反応できない店主としては、その理由については理解はできていませんが、まああっても邪魔には全くならない、どころかやはり植物があると空気がすがすがしいですね。ディスプレイが一番進んでいたのが、このお花部門かしら?

 さて、我らが自転車部門はどうかな?と

IMG_0230_convert_20180611223803.jpg

 何だよ、ちゃんと形になっているじゃないの・・・。数週間前とは全く違うね、まだレンガが見えていたよね、天井もなかったし。商品のストライダも搬入されている。

IMG_0229_convert_20180611223752.jpg

 角度を変えてみると、こんな感じ。さすが母体は建築事務所だけに、見せるところは見せていますね。その辺は西東京の店主らとは真逆であります、反省・・・。しかし、さすがの突貫工事のできる国なんでありましょう。施工管理していた人が、この期間でこんだけできるんなら、もっと前からやってもおかしくはないんだが・・・と不思議がっている。

 そういえば、当初の完成予定は5月15日だったっけね。

 IMG_0231_convert_20180611223815.jpg

 ちょっと奥に入ったところ、会員制の自転車預かりの場ということになっているようですが、これも今後どうなるかわからない。意外と第二の作業場になるかも知れませんね、展開によっては・・・。

IMG_0232_convert_20180611223826.jpg

 作業カウンターの奥。この左の暗いところなんだが、一条くらいの水作業ができるようになっているらしい、自転車等の洗浄にはここを使うとか、ちょっとした以上の作業ができる訳ね・・・、意外と使えるかもね。

 IMG_0237_convert_20180611223837.jpg

 そういうしている間に、どんどん荷物が搬入されてくる。ソロソロだよね、人の店ながら、こういう高揚感はいいものだ。

 IMG_0239_convert_20180611223847.jpg

 いくつかあるディスプレイの一つに、ズノウのレーサーを飾ってみる。改めて自転車は絵になる乗り物だな。その他、このケリーセンターの広い通路、サブナードのような所をイメージしてくれるとわかりやすいんだが、その通路の対岸にも離れ小島のように一房がある、そこにはブロンプトンが置かれるようだ。

 そしてその離れ小島の間の通路にまた浮島のようなディスプレイスタンドを置くらしい・・・。企画商品などを展示するということだ。

 そういえば、十年近く前に当店は伊勢丹に二枠のディスプレイをやったことがあった。あの辺の仕事はそれほど不得意ではないかもしれないね。

 そろそろプレオープンを経て、今月二十二日は本オープンを迎えるらしい。まずは打ち上げ、そして軌道にと、まだまだやることはありそうですね!
 

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター