メールフォーム
一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り tp://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=45871&aff_siteid=43545&aff_shopid=63" target
fc2ブログ

一癖創作自転車家 狸サイクル 西東京 青梅街道 新青梅街道 伏見通り

ロード・ピスト系自転車に興味のある人。買い方乗り方が分からないという人。持っている自転車を改造してみたいという人。自転車のイベントに参加したいと思っている人。ご来店お待ちしています!

自分のギア比と仕様は用途と足で自ら決めよ!!!



 ちょっとゴッツメのツーリング車か?と思われるかも知れないが、これはかなり骨太の車体ということが言える。

fc2blog_20221130224251cc3.jpg


 ディスクブレーキを使用しているから骨太というのではない。

fc2blog_2022113022424968f.jpg


 今やディスクブレーキは、スポーツ自転車としては当たり前になってきてるんでね。

 317497315_5734666146612506_3511952097111130966_n_convert_20221130220223.jpg

 オ!TRPだ!!!TRPといえば、当店が一推しするパーツでもあるし、テクニカルサポートをしているメーカーなんだが・・・、だからといって、この車体が骨太というのでもない。

 317354482_5734666659945788_6433502483175890974_n_convert_20221130220254.jpg

 そのハンドルが、裾野が広がったかつてのツーリングドロップ、今風でいうとグラベルドロップだから!骨太というのでもない・・・。

 317462729_5734666363279151_5033596937658503158_n_convert_20221130220326.jpg

 そして、27.5のホイールをハイているから、骨太いうのでもない。ないないづくしだな・・・。

 では一体どこが骨太!!!というのであろうか?さあ、どこでしょう・・・?

 316685547_5734666316612489_4552579569216277680_n_convert_20221130220151.jpg

 答えはここだ・・・。

 わかるかな?

 このクロスレシオ・・・以下のスプロケたったの6枚で13Tー23Tというスプロケにロードのリアディレーラー・・・。
ここが店主が骨太と思う一番の特徴なんだな。

 ついでにいうと、

317392805_5734666069945847_9155134504476002958_n_convert_20221130220135.jpg

 ナンジャコリりゃ?というクランクね。

 これ何を意味していると思います?これは自分の自転車の用途とその使用範囲と限界と、そして自分自身の足を知り尽くしている奴だからこそできるスペック!という意味で、骨太といっているのであります!

 今通常売られているスプロケって・・・ご存知でしょ?最大で50台のバカでかいスプロケですよ。遠くから見るとそのデカさに電動アシスト車の電動部分かと思うくらい・・・。

 そして、それに合わせて、下に伸び切ったリアディレーラー・・・。

 この傾向はスラムが火をつけて、あのシマノすらも追随せざるをえない流れとなっていますね。マウンテンバイクの中でならいざ知らず、それが今のロード車体にまで影響を与えている・・・。

 かつてはよほどでない限り、ロードで23T以上の歯が付くことなんてなかったように思いますな。それが今は・・・。

 そうした傾向に対して、この骨太号というと、最小のスプロケで対応している、それをフロントのクランクの歯数でカバーしているということも考えられる。今手頃に購入できるパーツ類などには目もくれず、この自転車で行くべきコース、そして自らの脚力との相関関係を熟知して、これで良し!!!と自ら判断して組み付け、そして実際にアチコチこれでいっては無事帰ってくる・・・。

 かっこよくない?

 ある意味ロードのショートリーチのリアディレーラーは、岩場などを走るのには向いているかも知れない。長いとアチコチぶつける可能性も高くなるからね。

 そして、古い店主のような人間はあのデカイスプロケの傾向にはちょっと辟易気味・・・。むしろ絶滅危惧種であるトリプルクランク・・・、あのQファクターには目をつぶって、スプロケを美しいクロスレシオのものにして走りたい・・・、とすら思うくらいだね。

 そんな中で、時代遅れも何のその、自分の経験を信じて、わざと古いものを有効利用してる姿勢には共感できるものが非常に多くある!

 こういう骨太の自転車乗りが増えることが・・・、自転車界自体を面白くする、ある意味それ以外にないだろうな。メーカー都合でものが開発され、それを池の鯉のごとく口をパクパクして、唯々諾々と消費するしかないとしたら、こんなつまらないことはない。

 オ!ちなみに、シフターは・・・

fc2blog_2022113022424827a.jpg

 フリクション系のWレバーを利用したもの。そう、この手のレバーなら、大抵の歯数・・・9枚くらいなら対応できるでしょうね。

 316958218_5734666446612476_6455907762273792833_n_convert_20221130220310.jpg

 敵を知り己を知れば百戦危うからず・・・というらしいが、コースや環境という自然を知り、自らの経験と脚力総合力を知れば、このような自転車も組み付けることができる・・・、まさに百戦危うからずどころか、また楽しからずや・・・であろうな。

ペダル穴がグズグズ ペダル穴ヘリサート修理



 ザスカ!という車体があるそうで、カーボンフレームのマウンテンなんだそうだ。

 これが大きなトラブルに見舞われた。

317682584_5735642709848183_6494586924437411757_n_convert_20221130210739.jpg

 装着のゆるい状態のペダルで踏んでいたら、このようにペダル穴のネジ山がグズグズになってしまった、ということだ。

 317086798_5735643013181486_1187904721519915005_n_convert_20221130210757.jpg

 ペダルはもう普通に装着はできない。そうなるともうクランク交換しかないか?ということになる、大方そうだろうな。

 ものにもよるが、クランクというパーツは自転車パーツの中でも相対的に高価なものだ、なので、こうしたトラブルでお釈迦にするというのは、殊に高級コンポということになると大変つらいだろうね・・・。シマノならまだ片方だけとかでも出してくれるだろうがね・・・。

 通常なら、クランクを諦めて、新品やら、スモールパーツやら、中古パーツを探すことになるだろうな。

 ところが、なんと当店がかつてこの大問題を修復させていたと、店主はすっかり忘れていたんだが、その持ち主の方がいう。ええ?当店がやったって?

 ホレ!と見せられたのが、本当だこれは紛れもない当店のブログであります。。本当だ・・・すっかり忘れているわ・・・。

 なるほど・・・それはあれを使ったんだ・・・。

316831571_5735643813181406_7242538241568995235_n_convert_20221130210832.jpg

 桐箱・・・ではないが、この中には相当高価で高精度工具が入っている!!!当店の秘密兵器のようなもんだ。

 317081534_5735644399848014_3712465616403478250_n_convert_20221130210853.jpg
 
 これなんだが、開いてみるのも久しぶりだ。

 317383093_5735643419848112_2531852766713029901_n_convert_20221130210815.jpg

 改めて、外してみるともうツルツルだね。で、こいつをどうするというのか?

317602000_5735644763181311_7179899768981281387_n_convert_20221130210912.jpg

 このならしネジ山タップを使います。

317084352_5735645199847934_4922218557232972308_n_convert_20221130210931.jpg

 まず、緩いペダルと体重以上の力でほじられたペダル穴の内部をならします。

 316963996_5735645566514564_5014910346301174847_n_convert_20221130210956.jpg

 なれたらそれに続く、タップがネジ山を刻んでいきます。相手がアルミなんで基本柔らかいんだが、でもまあ、手回しなんで大変といえば、大変です。

 316943893_5735645936514527_5310688956182748532_n_convert_20221130211015.jpg

 できた!新しいネジ山が切れたかな?

313441087_5735646283181159_2073792361866340891_n_convert_20221130211034.jpg

 流石にアルミだけにきれいに削れたね、ただし、このネジ穴は、元のペダル穴よりもならされた分、だいぶ大きくなってしまっている。当然、元のペダルをはめることは不可能であります。

 そこで・・・

317383908_5735646623181125_8779090508953066950_n_convert_20221130211050.jpg

 この隙間を埋めるためのリコイル、ヘリサートというネジ山が切られている金具(コイルのような)を手回しで入れていきます。

 317565915_5735646953181092_1319490968688558473_n_convert_20221130211106.jpg

 はい!これで元のペダル穴と同じ大きさのネジ穴ができたということであります。当然ここには、

316804613_5735647439847710_8574642878161258158_n_convert_20221130211122.jpg

 ハイ、装着完了・・・、出来ちゃったよ・・・。

316956349_5735647846514336_8485898335874395264_n_convert_20221130211138.jpg

 クランクごとザスカに戻してやる。これにて一件落着。

 イヤー、こんなことが当店でもできるんだ・・・と、改めて思い出した。これって意外と重要な修正じゃないかな?レース用の高級コンポを思わずしくじって、ネジ穴グズグズなんてこと、起こりうるよね。

 そして、捨てるに捨てられなくて、見てはため息・・・なんて言うパーツ日本全国に50個はあるんじゃないかな?なんてね。

 するとこうした施工例を公表すると、我も我も・・・という展開もありそうだなあ・・・。問題はヘリサートそのものではなくて、左クランクの逆ネジようのヘリサートが、潤沢に入手できるか?ということが勝負になりそうだ。

 ドイツの工具屋に問い合わせるか、国内のネジ屋等を虱潰し探すか・・・だな。

 迷えるペダル穴グズグズクランクよ!ゆっくりおいでなさい、なんとかなるかもよ!!!

オヤジエスケイプ号のはずだったんだが・・・



 マーリンのフレームが入ってきて、日常からオヤジたちが逃げるための自転車を作ろう、ということで組んだんだが。

 よくよく見ると青年エスケイプ号でもあるなあ・・・ということで、再確認しよう!

317080680_5732896646789456_5498677540008236483_n_convert_20221129220025.jpg

 フレームはアルミで、フォークがカーボン。まあ、よろしい。

316679612_5732896770122777_5946275223751236832_n_convert_20221129220042.jpg

 ラジアルタイヤをはかせてみた。ダートも行きたければいけばよし。ただし!

317449266_5732896720122782_7191064846802841193_n_convert_20221129220059.jpg

 ディスクブレーキではなく、前後ともにVブレーキでよろしい。

316544060_5732896373456150_2959098807319253982_n_convert_20221129221954.jpg

 クランクもちょっと今風のホローテックもの、二枚です。

316959414_5732896220122832_4469838348296756322_n_convert_20221129215842.jpg

 105レベルのものでちょいとまとまっていて、不足はないね、まったく。そしてシフターは・・・というと、

316955078_5732896580122796_6050161460562260417_n_convert_20221129215957.jpg

 このドロップハンドルにエアロブレーキレバーが付いて、バーコンという形式でのシフターであります。

317082770_5732896313456156_6071652312046579387_n_convert_20221129215912.jpg

 バーコンというのは、バーエンドコントロールの略で、ドロップハンドルの先に埋め込む形式のもの、仕組みが単純なものなので、壊れにくいね。

 ただ、この位置についていると、自転車が倒れたり、落車した時、アチコチにぶつかり壊れる可能性も低くはない、という弱点もある、ということは憶えておいていいだろうね。なので倒さない、そして落車しないことだ。

 316835160_5732896180122836_4033605711945607082_n_convert_20221129220117.jpg

 オヤジより、少年上がりの青年なんかのほうが向いているかも・・・なんて転向することもありだなと。

 とはいえ、昨日の間の自転車としてのマーリンじゃないが、ターゲットをこちらで設定したんだが、結局はその上を行くことなんてことも大いにあるんで、まあ、この自転車も縁のあった人のものに落ち着いて行くんだろうと思う。

 たとえば、山登りの好きなおばさまとか、絶賛引きこもり中の中学生とかのところにいかないとも限らない・・・。

 ということで、コイツ、よく見るとそこそこのスペックだ、そしてどこまでも行けるタイプの自転車なんだろうな。さて、試乗してみたい方大募集だ!

 今は公務員と大企業くらいしか適応されず、そのうち死語になるかも知れない「ボーナス」なる時期も、そろそろだったような気がするね・・・。

 不愉快?店主ももう三十年くらいもらっていないわね。だったら、年末セールとかにしましょうか?クリ○○スプレゼント・・・なんて言うのもあったか。

 でもまあ、そうじゃないよね、本質的には、時も場合も全て縁、ご縁なのでありましょう、そのほうがいい。

滋賀県なんですが三台盗まれたよ!お見かけの方はこちらまで!!!



 コイツはスゲー特徴のある自転車なんであります。

 というより、しばし使っていなかったカテゴリー、盗難車情報を発動することになりました、不愉快極まりない。

 場所は滋賀県です、当店から離れていますが、有縁の方のお宅より、なんと三台一度に盗まれるという、非常に不愉快かつ気味の悪い事件が起こりました。

 離れてはいますが、かつて当店からの盗難情報より、なんと大阪で発見!ということも実際にあったので、世はネット時代、そう簡単に犯人逃してなるものか!ということで、情報共有よろしくお願いします!



 ご本人曰く「昨夜(11月28日から29日朝にかけて)滋賀県草津市の自宅の玄関先から盗まれました。どなたか似ている自転車を見かけたら、教えてほしいです。
人通りも多い場所にある自宅でしたので、まさかとタカをくくってしまっておりました。みなさんカギはちゃんと固定物と結束してダブルロックでかけましょう。
自転車が消えるって、一緒に思い出も持って行かれるんだな、とあらためて痛感。」



317565889_10225095411365145_6207988872099652686_n_convert_20221129191424.jpg

 この車体についての説明です・・・。

「Scott Speedster 30 2016年式、写真はメーカーのサイトから拝借しました。ここから、ホイールがシマノ・デュラエースに代わっています。」


 そして、

317546218_10225095412325169_3775902104441981642_n.jpg

 ウワ!これは痛いな・・・。クロモリのエディーメルクスに、シマノ74デュラエースという仕様・・・。

「Eddy Mercxx 30年ほど前の車体です。この写真からはホイールがBontrager Racing Liteに代わっています。写真のサドルにはカバーがかかっていますが、革製のBrooksのサドルになっています。」

 イヤ、これ本当きつですねえ・・・。さぞガッカリされていることでありましょう、聞いているこっちも落ち込みますわ。

 そして三台目が・・・

277102413_5022666971145764_8686644597122047530_n_convert_20220320222858.jpg

 これですねえ・・・。この車体もだいぶ色々面倒見てきたんで、ここで盗難となると、実に悔しいですわ。

 しかし!コイツにはスゲー特徴があるんで、誤魔化したって誤魔化しきれないぞ!!!!

276314498_5022667671145694_1008267114867892123_n_convert_20220320223105.jpg

 車体とは別にしつらえた、カーボンフォーク、これもまあ、色々あったんだが、これに落ち着いたんだ!!!

 そして、ハンドルがこれがまた・・・、

276232102_5022667507812377_5622567079186679674_n_convert_20220320223024.jpg

 ドロップハンドルの下ハンを切り取った、ブルホーン仕様に、105のSTIがこんな感じで付いている。こんなのそんじょそこらじゃ、走ってないからな。

 あとは、フレームのあちこちに修復の跡がある。

276145454_5022667747812353_1700120761646148974_n_convert_20220320223126.jpg

 これは持ち主の方が、カーボンシートで補修されたあと、チェーンステーにしっかりある。そして、

276141209_5022667827812345_7971951180062344175_n_convert_20220320223144.jpg

 シートステーにもしっかりとあるぞ!これは隠せないね、動かぬ証拠として、よーく憶えておいください。

 そして、より細かな施工内容については、こちらで詳細に紹介していますので、合わせてご覧ください!

 さあ、これから、ヤフオク、メルカリ、ジモティーその他で監視が始まるぞ!何か情報がありましたら、当方までお知らせください。即、滋賀県のご本人にお伝えします。

 317565889_10225095411365145_6207988872099652686_n_convert_20221129191424.jpg
317546218_10225095412325169_3775902104441981642_n.jpg
277102413_5022666971145764_8686644597122047530_n_convert_20220320222858.jpg

 よろしく!犯人を追い込みませう!!!

間の自転車・・・さらに深く・・・



 もう作って暫く経つんで、元々がどういう車体だったかすら忘れたんだが・・・、そもそもこのメーカーがどういうつもりで、どこを狙って作ったのか?すら忘れている・・・、まあいいか。

 316834637_5730283363717451_5079076230905216538_n_convert_20221128232618.jpg

 20インチのホイール小さいから子供用・・・というほど話は単純ではありません。いわゆる大人用の小径車ってありますからね。

 317315179_5730282643717523_1682969157125587851_n_convert_20221128232536.jpg

 この辺なんかはガキチャリの臭がしますね。元々はそのコンセプトなのかしらね?

316535910_5730283017050819_6188239340233020831_n_convert_20221128232602.jpg

 この辺なんかもほとんどいじっていないんだが、まあ子供用として作られたのかな?

 で、このフレームが相当頑丈に作られているように見えましたんで、大人というか、体の小さい人用の自転車として組んだであります。

 317364421_5730280010384453_8288139895079879275_n_convert_20221128232520.jpg

 この超長いステムなんかに、その願いが見えますね。で、一体誰が乗るんだ?ということになったんだが。

 317088418_5730276570384797_4781233764175189678_n_convert_20221128232451.jpg

 で、置いておいたんだが、そこに体の小さい5年生のガキンチョがやって来たんだな。

 そしてまたがってみると・・・それが何ともかっこいい。一応大人仕様ということなんで、漫画なども描かれていないし、黒なんで渋い。

 そこに少しサドルを下げて乗ってみたんだが、変にチビのくせに大人びてそれがカッコがい良いんだな。

 ということで、子供がかっこよく乗れる自転車!!!ってなんだ?という隙間が見えたんだが・・・。話はそれで終わらなかった。

 「おい、それかっこいいじゃないか!!!」と声をかけたのが、そのお父さん。

 このお父さんも成人男性としては小柄な方なんだが、おれが乗ってみる!!!ということで、またがったら、これまたかっこいい。

 おいおい、小学校5年生とそのお父さんが乗っても両者ともにかっこいい自転車だってことに、作った店主の方が驚いたということだ。

 ということは、この自転車は当初店主が考えていた、大人と子供の間の自転車!と思っていたそれ以上の何かがあるということがわかったということなんだよね・・・。それが何かはわからないままだが・・・。

 なるほど・・・、自転車は深い、物事は実に深いもんだ・・・。

 間の自転車ね・・・。出尽くしている自転車の中でも新たな自転車を作るとすれば、それは間の自転車ということになりそうだ。

 男性女性の間の自転車、大人と子供の間の自転車。若者と老人の間の自転車・・・・・。実に漠然とはしているが、これは使えそうな発想が新たに強化されたような感じだわね。

 しかし、世の中銭が回っていないね・・・、そこにあらたな発想と手を動かして、銭回していこうかね・・・、と思います。

プロフィール

狸サイクル 店主 遠山健

Author:狸サイクル 店主 遠山健
狸サイクルと書きまして、リサイクルと読みます。
中古フレームは化かしますが、お客は化かしません。自転車提供を始めて17年。
今までは口コミ中心でしたが、今後はこうしたメディアを利用しながら、求められるところを彷徨していきます。

 店の所在
〒202-0014
東京都西東京市富士町6-6-13
TEL・fax042-445-0487
携帯070-5083-6962
アドレス to.ke@mx1.ttcn.ne.jp

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ

カウンター